↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Zephiro

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

Zephiro / Baikonur(2022)レビュー (recensione)

Japanツアー経験も豊富なローマのバンドZephiro(ゼーフィロ)の2022年新作アルバム『Baikonur(バイコヌール)』(2022)が届いた。ギター+ベース+ドラムのトリオ編成という、最小編成バンドではあるが、相変わらず存在感のある確かな演奏を聴かせてくれている。
Zephiro - Baikonur(2022)

メンバー:
Claudio Todesco(クラウディオ・トデスコ)Guitar+Kaoss pad、Backing vocals
Claudio Desideri(クラウディオ・デジデーリ)Vocals、Bass
Leonardo Sentinelli(レオナルド・センティネッリ)Drums + Electronic drum pad

今回のアルバムタイトルとなった『バイコヌール』とは、中央アジアに位置するカザフスタン中部にある都市名で、ソ連時代からの重要な宇宙開発基地があることで知られている。このアルバム名に象徴されているように、今回の彼らのアルバムのコンセプトは、中央アジアや宇宙開発となっており、歴史上の人物クビライ・ハン(モンゴル帝国・第5代皇帝&元朝・初代皇帝)を冠した楽曲まで収録しているところが注目ポイント。

そしてアルバム発売に先行して発表していた数曲もアルバムに収録しており、アイスランドでロケされたMVあり、Japanツアー中に収録されたMVあり、というところも押さえておきたい。

アルバム収録曲:

  • Amelia(アメリア)

    ロケ地:アイスランド

  • Crisalide(クリサリデ/意:さなぎ)
    ロケ地:アイスランド

  • Kublai Khan(クブライ・カン/意:クビライ・カン)

  • Berlinauta(ベルリナウタ/意:ベルリン航海者)

    ライヴ@ローマ

  • Cosmorandagio(コスモランダージョ/意:宇宙遺民)

  • a colpa(ラ・コルパ/意:罪)

    ロケ地:日本

  • Se scavo piu` a fondo(セ・スカーヴォ・ピュウ・ア・フォンド/意:もし僕がもっと徹底的に掘り下げるなら)

  • Fino alla fine(フィーノ・アッラ・フィーネ/意:最後まで)

  • Di nostalgia [ft.Miro Sassolini](ディ・ノスタルジア/意:郷愁の念)

※当サイトでのZephiroの紹介記事 Articoli sugli Zephiro nel sito
https://piccola-radio-italia.com/tag/Zephiro

Zephiro公式サイト:http://www.zephiro.org

Zephiro公式インスタ:https://www.instagram.com/zephiro_official

第137回イタリアPOPSフェスタ(2016年12月)レポート(第2部:2016年来日アーティスト&物故者)

2016年は日伊国交150周年ということもあり、近年中、最多の来日アーティストラッシュとなった。ここでは非クラシック系のアーティストを列挙して紹介する。

1月29日、Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッスィオ/ジジ・ダレッシオ)来日公演。
Gigi D'Alessio a Tokyo

北米でも大成功に収めて正真正銘の世界的なスターとなり、伝統的なナポレターナをGigi流に料理したアルバムを掲げたワールドツアーの一環で日本公演を敢行した。公式ヴィデオクリップ「'A citta` 'e pulecenella(意:プルチネッラの街) ft. Dear Jack」は、バンドメンバーもステージの形態も来日時とほぼ同様。https://youtu.be/Y7JhyGwecDQ

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio

Gigi D'Alessioが引き連れて来たバンドメンバーも豪華で、ドラマーにはAlfredo Golino(アルフレード・ゴリーノ)がっ!
DSCF0203

※当サイトでのAlfredo Golinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/ORO

3月12・13日はNicola Conte(ニコラ・コンテ)来日公演。これはジャズ・バンドを率いたリーダー&ギタリストとしての公演。同年9月11日はDJとして年内2度目の来日公演も果たしている。
Nicola Conte - BluNoteTokyo2016

3月24・25日はClaudio Filippini Trio(クラウディオ・フィリッピーニ・トリオ)来日公演。
Claudio Filippini Trio - Bulgari2016

5月28日、日伊国交150周年記念『Italia, amore mio』の筆頭イベントとして、超大物Zucchero(ズッケロ)が来日し、布袋寅泰ら日本人バンドと共演。

DSCF0342

その後、Zuccheroのイタリアやロンドン公演にも布袋がゲスト参加したお礼参りとして、11月30日・12月1日の布袋寅泰のNHKホール公演のアンコール時にZuccheroが2曲ほど客演の再来日を果たしている。来日記念盤もリリースされ、日本盤限定のボーナストラックも追加されている。

※当サイトでのZuccheroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

日伊国交150周年記念『Italia, amore mio』には、Sugar Musicから2人の若手歌手も送り込まれ、そのひとりはまさに2016年初春にアルバムデビューしたばかりのMarianne Mirage(マリアンヌ・ミラージュ)。彼女は来2017年サンレモ音楽祭新人部門出場が決まったので、イタリア本国で全国区の知名度を得る前に、日本で生で観る事ができる恩恵に預かれた訳だ。Marianneは5月29日の『Italia, amore mio』ステージ後も、5月30・31日と異なる場所でステージを披露してくれた。
Marianne Mirage

※当サイトでのMarianne Mirageの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marianne_Mirage

もうひとりのSugar Music所属の若手歌手がGiovanni Caccamo(ジォヴァンニ・カッカモ)。サンレモ音楽祭2015新人部門優勝、同音楽祭2016総合3位の若手の最注目株のひとり。5月29日の『Italia, amore mio』ステージ後、翌30日にはMarianneとの合同コンサートを披露してくれた。
Giovanni Caccamo
Giovanni Caccamo e Marianne Mirage

※当サイトでのGiovanni Caccamoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giovanni_Caccamo

5月31日〜6月11日、Mario Maglione(マリオ・マリォーネ)日本ツアー公演。正調ナポレターナの第一人者で、幾度も来日公演を実現する親日家でもある。東京・銀座x2回、新潟、東京・立川、埼玉、静岡を精力的に廻り、バラエティ溢れるステージで魅了した。
Mario Maglione2016

※当サイトでのMario Maglioneの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Maglione

6月9・10日、Rosario Giuliani "The Golden Circle"(ロザリオ・ジゥリァーニ)来日公演。
The Golden Circle - Bulgari2016

6月21〜30日、Giovanni Allevi(ジォヴァンニ・アッレヴィ/ジョヴァンニ・アレヴィ)日本ツアー公演。長野、名古屋、京都、東京、福岡、鹿児島を精力的に廻った。
Giovanni Allevi - JapanTour2016

7月1・4日、Alberto Pizzo(アルベルト・ピッツォ)来日公演。
Alberto Pizzo

9月5〜10日、Melody Fall(メロディー・フォール)日本ツアー公演。東京、横浜、名古屋、大阪を精力的に廻った。
Melody Fall - Japan Tour 2016
Melody Fall - Japan Tour 2016

9月9・10日、Paolo Fresu Duo(パオロ・フレーズ)来日公演。イタリアPops界でも多くのアーティストと共演している。例えば、Alice(アリーチェ)、Negramaro(ネグラマーロ)、Stadio(スターディオ)、FabiSilvestriGazze`(ファビ・スィルヴェストリ・ガッゼ)など。
PAOLO FRESU Duo - Bulgari2016

10月18・19日、Umbria Jazz日本公演の看板公演としてFabrizio Bosso(ファブリツィオ・ボッソ)来日。
Fabrizio Bosso - Umbria Jazz Tokyo2016

10月20・21日、Zephiro(ゼーフィロ/ゼフィロ)来日公演。https://youtu.be/OUpUSs7jX3Y
Zephiro

リーダー&ギタリストのClaudio Todesco(クラウディオ・トデスコ)は親日家で、2015年のLigabue(リガブーエ)来日公演、2016年のGigi D'Alessio(前出)来日公演、同年のMax Gazze`(マックス・ガッゼ/マックス・ガゼ)&Negrita(ネグリータ)来日公演(後出)を手引きした招聘コーディネーターの顔も持つ。

※当サイトでのZephiroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zephiro

10月20日、Max Gazze`(マックス・ガッゼ/マックス・ガゼ)来日公演。
Max Gazze` a Tokyo 2016N2

※当サイトでのMax Gazze`の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Gazze`

10月21日、Negrita(ネグリータ)来日公演。
Negrita a Tokyo 2016N2

※当サイトでのNegritaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negrita

10月21日、Latte e Miele(ラッテ・エ・ミエーレ)来日公演。ゲスト・ミュージシャンが多彩で、実質はNew Trolls(ニュー・トロルス)プロジェクトとの合同コンサートとなった。※訴訟の結果、New Trollsとは名乗れない都合がある。
Latte e Miele & New Trolls - ClubCitta`2016-2

10月25日、東京国際映画祭で上映された『7 minuti(7分間)』の出演女優のうちOttavia Piccolo(オッタヴィア・ピッコロ)とAmbra Angiolini(アンブラ・アンジォリーニ)の2人が来日。Ambraはカルト的人気を誇ったTV番組『Non e` la RAI(ノネ・ラ・ライ)』に出演したのがきっかけで、同番組出演の数多のアイドルの卵たちの中で一番の成功を収め、アイドル歌手として活動していたが、女優に転向して大成する。
Ambra e Ottavia Piccolo a Tokyo

10月29日、Goblin(ゴブリン)来日公演。世界的大ヒット映画『サスペリア』の映画音楽として採用された彼らの楽曲を、今回は映画を上映しながら彼らが生演奏する企画となり、チケットがすぐに売り切れる好評の公演となった。
Goblin - ClubCitta`2016-2

※当サイトでのGoblinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Goblin

12月8・9日、L'Aura(ラウラ)来日公演。在日イタリア商工会議所主催ガラ・パーティのゲストとして来日し、一般公演も開催された。
L'Aura

※当サイトでのL'Auraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/L'Aura

12月9日、Enzo Moscato(エンツォ・モスカート)来日公演。
Enzo Moscato

12月15〜18日、イタリアジャズ界の巨匠Enrico Rava(エンリコ・ラーヴァ)日本ツアー公演。東京、京都、沖縄、大阪を精力的に廻った。
Enrico Rava


2016年を振り返ると、世界では大物アーティストが相次いで亡くなったものの、イタリア音楽界での大物物故者は数名に留まった。

3月30日、カンタウトーレGianmaria Testa(ジァンマリア・テスタ)、満57歳で逝去。
Gianmaria Testa

※当サイトでのGianmaria Testaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianmaria_Testa

3月31日、作詞家Giorgio Calabrese(ジォルジォ・カラブレーゼ)、満86歳で逝去。彼が書いた詞の中で最大のヒットとなったのは、「Arrivederci(意:さようなら/邦題:アリヴェデルチ)」https://youtu.be/69rLbpcOrPMや「Il nostro concerto(邦題:二人のコンチェルト/ノートル・コンチェルト)」https://youtu.be/_EWnbIco82U、いずれもジェノヴァ派カンタウトーレUmberto Bindi(ウンベルト・ビンディ)の作曲で、映画主題歌にもなり、Bindiの代表曲にもなった。他にもMinaにも数多の詞を提供している。
Giorgio Calabrese + Gianni Morandi

10月13日、劇作家Dario Fo (ダリオ・フォ)、満90歳で逝去。ノーベル文学賞受賞者として名高いが、作詞家としても活動し、特にカンタウトーレEnzo Jannacci(エンツ・ヤンナッチ)らとのコラボがイタリア本国では著名だ。
Dario Fo


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Max Gazze`、Negrita、Zephiro来日公演(2016年10月)

Max Gazze`(マックス・ガッゼ)とNegrita(ネグリータ)がそれぞれ初めての日本公演を敢行!両日ともゲストステージにZephiro(ゼーフィロ)が帯同!

Max Gazze` / "La vita com'e"

Negrita / ”Gioia infinita" e "Bambole"

Zephiro、日本語で歌う

【ご招待】抽選で両日5名様に無料招待券をプレゼント!
ご応募の方はコチラからお申し込みください。
※ご用件欄は“その他”、メッセージ欄に“10/20応募(マックス・ガゼ)”または"10/21応募(ネグリータ)"とお書き添えください。(ペア希望の方は"ペア希望"も)
※抽選の結果発表は、ご当選者本人様へ直接メールにて通知いたします。当日、会場受付にお名乗り頂きますので、会場受付の係員が認識し易いお名前でご応募ください。
※無料招待は入場資格のみとなります。会場でのドリンク代、会場までの交通費・宿泊費は各人でご負担下さい。
※当日は開場時刻より整理番号順にご入場いただくことになりますが、チケット購買者の方が優先入場となりますので、ご招待者の方はその後のご入場となります事をご了承ください。

Max Gazze'-Negrita-Zephiro a Tokyo 2016N

Max Gazze` a Tokyo 2016N2

Negrita a Tokyo 2016N2

【Max Gazze`公演スケジュール】
日時: 2016年10月20日(木)19:30より(18:45開場)

【Negrita公演スケジュール】
日時: 2016年10月21日(金)19:30より(18:45開場)

【会場情報】
場所:Club Phase
〒171-0033 東京都豊島区高田3-8-5 セントラル・ワセダB1F
  TEL:03-5911-2777
最寄り駅:高田馬場駅(JR線・西武新宿線・東京メトロ東西線)
アクセス:
JR線・西武新宿線から
早稲田口を出て目の前の大通りにある信号を渡ったら大通り沿いに右へ。パチンコエスパス手前の細い道を左に入ったら真っ直ぐ道なりに歩き、神田川にかかる橋(高塚橋)を渡った右手。
東京メトロ東西線から
4番出口(菊月ビル・高田馬場2-3丁目方面)階段を上り、出口を出たら左へ。パチンコエスパス手前の細い道を左に入ったら真っ直ぐ道なりに歩き、神田川にかかる橋(高塚橋)を渡った右手。
map

【料金】
10月17日18:00以降は、以下にご連絡のうえ、当日、会場にてお支払ください。
20日3500円+600円(1ドリンク代)
21日3500円+600円(1ドリンク代)
2日間通し券5500円+600円(1ドリンク代)
希望の日にち、お名前、予約人数、連絡先電話番号を明記のうえ、下記の連絡先までお知らせください。 Club PHASE: info@club-phase.comもしくは03-5911-2777(日本語対応)

Si puo' prenotare via e-mail e pagare il giorno del concerto:
Per il 20 Ottobre Max Gazze` + Zephiro 3500yen + 600yen(1drink)
Per il 21 Ottobre Negrita + Zephiro 3500yen + 600yen(1drink)
Per 20+21 ottobre prezzo speciale 5500yen + 600yen
Mandate una mail, scrivendo la data del concerto, il nome di chi prenota, il numero delle persone e il recapito telefonico.
Club PHASE: info@club-phase.com oppure 03-5911-2777(giapponese)
hamegg@doughnutsclub.com(italiano)

【e+(イープラス)前売り/2016/10/17(月)18:00まで】
2日通し券:5,500円
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002193445P0050001P006001P0030001
各公演:3,500円
Max Gazze`:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002193242P0050001P006001P0030001
Negrita:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002193244P0050001P006001P0030001

Max Gazze`はベースを弾きながら歌う特異のカンタウトーレ。ベーシストとして他のアーティストのサポートすることも多い、まさにミュージシャンズ・ミュージシャン。サンレモ音楽祭にも4度出場。

2015年のスマッシュヒット曲「La Vita Com'e`」

※当サイトでのMax Gazze`の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Gazze`

Negritaはイタリアで人気の実力派ライヴバンド。本質的にはオルタナ系だがブルーズやスカ、レゲエなどのエッセンスを取り入れ、とにかくノリのいいステージに定評がある。

2015年にチャート1位を記録したアルバム『9』の先行シングル「Il gioco」

※当サイトでのNegritaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negrita

Zephiroは何度も日本のライヴハウス公演を行った実績を持つインディーズ・バンド。今回は3年ぶりの日本公演となり、両日ともオープニング・アクトを務める。リーダーのClaudio Todescoは、本公演の企画者&仕掛け人でもある。

最新シングル「Crisalide」はアイスランドでのロケ第2弾の楽曲

※当サイトでのZephiroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zephiro

【主催】
HitWeek:イタリアのミュージック・シーンを世界に広める目的で行われているフェスティバル。現在までにアメリカ、カナダ、中国、ブラジルで開催。HitWeekを主催しているのはローマを拠点とするMusic Experienceとロサンジェルスを拠点とするMela Inc.。
日本では2015年初頭のLigabue(リガブーエ)、および2016年初頭のGigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ)を企画・実施しており、本公演は第3弾でもある。今回の日本公演も大成功となれば、今後もイタリアの大物アーティストの奇跡的な日本公演が実現する可能性が大きいので、ぜひ多くのイタリア音楽ファンに集まって貰いたい。

【後援】
イタリア大使館イタリア文化会館-東京イタリア商工会議所

【パートナー】
FIMI(イタリア音楽産業連盟)

【メディア・パートナー】※本サイトも参画!
エリオ・ロカンダ・イタリアーナFiat JapanAbarth JapanアクアパンナサンペレグリノExpoLive Projectミキトラベル・イタリアPiccola RADIO-ITALIATIG(日本インターンシップ)

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力(直近) / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati (capolavori)

Banco - Orlando -Le Forme dell’Amore バンコ『オルランド〜愛のかたち』(2022)
バンド創始者による解説原文の翻訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I(来日記念盤)』(2021/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『イル・バッロ・デッラ・ヴィータ』(2018/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『チョーズン』(2017/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

Banco - Orlando -Le Forme dell’Amore バンコ『オルランド〜愛のかたち』(2022)
バンド創始者による解説原文の翻訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I(来日記念盤)』(2021/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『イル・バッロ・デッラ・ヴィータ』(2018/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『チョーズン』(2017/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ