↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Toto_Cutugno

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第176回イタリアPOPSフェスタ(2020年7月)レポート(第1部:Francesco Gabbani, Tosca)

サンレモ優勝歴(2017年)も持つカンタウトーレFrancesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ/38歳/Toscana州Carrara出身)の『Viceversa(意:逆に)』(2020)。全曲に自身が曲作りに参加し、単独または他者との共作で書かれている。チャート最高2位。
p72-3(3)

先行シングル「E` un'altra cosa(それは別のこと)」は2019年夏のヒットとなった先行シングルで、太陽・海・サーフの3つをテーマに往年のラテンポップのキーで製作されている。バウステッレのフランチェスコ・ビアンコ―ニが曲つくりに参加しているのも注目点だ。https://youtu.be/rPF9E4jHUL8

アルバムタイトル曲「Viceversa」は、サンレモ音楽祭2020で惜しくも2位となった楽曲で、2017年大会優勝曲「Occidentali's Calma」のキャッチ―さとは異なり、次第に盛り上がっていくバラード曲で、会期途中までは優勝曲候補の筆頭株のひとつで、サンレモ音楽祭期間中、オンライン最多再生回数賞に輝いた。

そのサンレモ音楽祭2020の第3夜カヴァー大会で披露したのは、「L'italiano(意:イタリア男)」。オリジナルはToto Cutugno(トト・クトゥーニョ/当時40歳・現77歳)で、1983年大会で5位となったものの、80年代を代表するイタリアの楽曲となるほどヒットし、イタリア人気質を歌うエヴァ―グリーン曲となった。https://youtu.be/J5Yty3yfgCw

※当サイトでのToto Cutugnoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Toto_Cutugno

Il sudore ci appiccica(意:汗が僕らにまとわりつく) は、2020年の夏向けにシングル化されたばかりの楽曲。 https://youtu.be/lnJ9GuQNbxQ

※当サイトでのFrancesco Gabbaniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Gabbani


サンレモ優勝歴(1996年)も持つTosca(トスカ/55歳/Roma出身)の『Morabeza』(2019)は、Targa Tenco(タルガ・テンコ)賞2020の最優秀パフォーマンス賞に輝いたアルバム。タルガ・テンコ賞とは、不世出のカンタウトーレ故Luigt Tenco(ルイジ・テンコ)の遺志に基づいて設けられた賞で、プロの審査員のみで評価・選出する栄誉ある賞である。
Tosca - Morabeza(2020)

アルバムタイトルに掲げた“Morabeza”とは、ブラジル風ポルトガル語の“サウダージ”と同じ意味を持つクレオール語。クレオール語とは、中南米で生まれ育ったヨーロッパ人たち(主にスペイン系たち)の言葉だ。“サウダージ”という言葉自体も他の言語に翻訳できないニュアンスを含む言葉で、郷愁や穏やかな環境で感じる幸せ、リラックス、憧れなどのニュアンスを含む感覚で、特にポルトガルのファドやブラジルのボサノヴァでは主要なテーマとして歌われている。

Tosca自身が発案した企画を受けて同アルバムのプロデュースを担当したのはカンタウトーレのJoe Barbieri(ジョー・バルビエリ)。なるほど、彼はイタリアで最も中南米音楽に影響を受けたスタイルで音楽表現を行っている第一人者だ。

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe_Barbieri

Toscaは中南米音楽のイタリア語カヴァーなどを中心に、4か国語(イタリア語・フランス語・ポルトガル語・アラビア語)で歌い分け、古典的作品には現代的な再解釈のメスを入れ、彼女の旅路の中で出会ったアーティストたちをゲストに招いて共演している。

「Giuramento(意:誓い・宣誓)」は、“ショーロの父”の異名を取ったPixinguinha(ピシンギーニャ/1897年4月23日 - 1973年2月17日/アフリカ系ブラジル人)の「Rosa(意:薔薇)」が原曲で、Joe Barbieriが書いたイタリア語詞で歌っている。クラリネット奏者Gabriele Mirabassi(ガブリエレ・ミラバッシ)のフィーチャリング。https://youtu.be/TmKpC7QDMII

「Normalmente(邦題:いつものように/意:普通に)」はJoe Barbieriのオリジナル作品。アルバムではブラジルの作曲家Ivan Linsとの共演だが、公式ヴィデオクリップではJoe Barbieriがギター演奏で参加している。

そしてサンレモ音楽祭2020で6位となった「Ho amato tutto(意:私は全てを愛した)」を追加したのが『Morabeza』のサンレモエディション(2020)だ。同曲はサンレモでニッラ・ピッツィ賞(最優秀楽曲&パフォーマンス賞)&ジャンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀作曲賞)のW受賞に輝いた。そして後のタルガ・テンコ賞では、アルバムも受賞しただけでなく、同曲も最優秀楽曲賞を受賞している。その通り、重厚な曲調とトスカから溢れ出る格調のある声に深い感動を覚える作品だ。公式ヴィデオクリップは名映画監督フェルザン・オズペテクが担当している。

なお、サンレモ2020第3夜のカヴァー大会では、スペインの歌姫Silvia Perez Cruz(シルヴィア・ペレツ・クルツ)をゲストに迎え、故Lucio Dalla(ルーチョ・ダッラ)の「Piazza Grande(意:大広場)」(1972年大会8位)をカヴァーし、カヴァー大会の優勝を勝ち取った。同テイクはアルバム『Morabeza』には収録されていなかったが、後に単発シングルとしてスタジオ録音テイクがリリースされ、公式ヴィデオクリップも製作された。https://youtu.be/duzPCKJxmR4

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

FestaではToscaのサンレモ1996優勝を振り返り、Ron(ロン)と共演した優勝曲「Vorrei incontrarti fra cent'anni(意:百年の間に君と出会いたい)」を紹介した。Ronは前出のLucio Dallaの愛弟子で「Piazza Grande」を共作した人物でもある。Toscaは当時31歳。https://youtu.be/LUgzXDwgT9s

※当サイトでのToscaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tosca

第176回イタリアPOPSフェスタ(2020年7月)紹介曲PlayList


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

第94回イタリアPOPSフェスタ(2013年3月)レポート(その1/ Sanremo 2013 parte1)

第94回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて3/9(土)に開催されました。参加者の内訳は男性6名 女性11名(うち、初参加者1名)。

Tutti Insieme2013-03まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

イタリアの国民的音楽イヴェント『63°Festival della Canzone Italiana di Sanremo / 第63回サンレモ・イタリアの歌フェスティヴァル(通称:サンレモ音楽祭)』が開催されました。

司会&アート・ディレクターにイタリアの人気TV番組の司会者として著名なFabio Fazio(ファビオ・ファツィオ)が抜擢され、彼とTV番組でよく共演しているLuciana Littizzetto(ルチァーナ・リッティツェット)との息の合ったコンビでこのビッグイベントを盛り上げました。またイタリア音楽ファンには、イタリア音楽界のマエストロ、Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)が音楽監督&オーケストラ指揮を務めたことも特筆するところでしょう。

sanremo-2013-FabioFazio

SR2013-MC

MauroPagani

MusicaVita Italia n°1

平均視聴率が45%前後と好調で、会期後に悪く批評される点もなく(例年、多いのですが)、大成功のサンレモ音楽祭だったと言って良いでしょう。

このサンレモ音楽祭2013の全結果と詳細については、イタリア音楽情報誌『MusicaVita Italia』創刊号に掲載されますので、そちらをご参照ください。

※イタリア音楽情報誌『MusicaVita Italia』についてはこちら
https://piccola-radio-italia.com/archives/52063370.html

まずは新人部門(categoria GIOVANI)から。8組の新人部門から、例年通り4組が本選に進み、順位を争うルールで行われました。

sanremo-2013-giovani

新人部門第4位となった楽曲は"Dietro l'intima ragione(意:きわめて内面的な道理の後ろに)"、歌ったのはオルタナバンドのBlastema(ブラステマ/1997年Emilia-Romagna州で結成)。公式ヴィデオクリップで。

新人部門第3位となった楽曲は"Il postino[amami uomo](意:郵便配達人[ 男よ私を愛せ])"、自作して歌ったのはRenzo Rubino(レンツォ・ルビノ/25歳/Puglia州Martina Franca出身)。新人部門のMia Martini賞(批評家賞)も受賞。公式ヴィデオクリップで。

新人部門第2位となった楽曲は"In equilibrio(意:平衡して)"、自作して歌ったのはIlaria Porceddu(イラリア・ポルチェッドゥ/26歳/Sardegna州Assemini出身)。公式ヴィデオクリップで。

新人部門の優勝に輝いた楽曲は"Mi servirebbe sapere(意:知るのに役立つかな)"、自作して歌ったのはAntonio Maggio(アントニオ・マッジォ/27歳/Puglia州San Pietro Vernotico出身)。X Factor2008で優勝したAram Quartet(アラム・クアルテット)の元メンバー。公式ヴィデオクリップと、サンレモのステージで優勝する瞬間の映像で。

※当サイトでのAram Quartetの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Aram_Quartet

そして本選部門(categoria CAMPIONI)。今回は新ルールが導入され、それぞれの歌手が候補曲2曲を持ち寄り、2曲続けて披露し、第2夜目までに1曲に絞って、フィナーレに進む方式となり、その先は例年のように上位3組が上位入賞者としてフィナーレに進み、最終的に優勝を掛けて競い合う方式が採用されました。

sanremo2013_campioni

本選部門3位となった楽曲は"Se si potesse non morire(意:もし死ぬことが無いなら)"、歌ったのはModa(モダー/Milanoで結成)。フロントマンのKekko(ケッコ)は、昨2012年サンレモ音楽祭優勝曲"Non e l'inferno(意:地獄ではない)"の作曲者。公式ヴィデオクリップで。

※当サイトでのModaの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`

本選部門2位となった楽曲は"La canzone mononota(意:モノトーンの歌)"、歌ったのはElio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ/Milanoで結成)。メンバー全員が音楽院で教育を受けた実力派ながら、一貫してコミックバンドとしての体面を装い続けているベテランバンド。今回はタイトルが意味する通り、ほぼドの音だけで歌うというチャレンジングな楽曲ながら、Mia Martini賞(批評家賞)とSergio Bardotti賞(作詞賞)を独占。オーケストラ票を集めたり、記者団に大受けするなど、特にツウから絶大な評価を受けました。

※当サイトでのElio e le Storie Teseの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Elio_e_le_Storie_Tese

そして総合優勝に輝いた楽曲は"L'essenziale(意:本質的要素)"、自作して歌ったのはMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/25歳/Lazio州Ronciglione出身)。下馬評通りの結果となった。公式ヴィデオクリップと、サンレモのステージで優勝する瞬間の映像で。

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

以上のように、サンレモ音楽祭2013は、ベテラン部門優勝、新人部門優勝&2位をタレントショー番組『X Factor』出身者に牛耳られる形となりました。

また現在までのサンレモ音楽祭での活躍を『キャリア賞』として称えたサンレモ市賞が4人の功労者Toto Cutugno(トト・クトゥーニョ)、Ricchi e Poveri(リッキ・エ・ポーヴェリ)、Al Bano(アル・バーノ)、Pippo Baudo(ピッポ・バウド/司会者)に贈られました。うち、2人がゲストアーティストとしてステージを披露してくれました。

Toto Cutugno(トト・クトゥーニョ/70歳/Toscana州Fosdinovo出身)は、Albatros(アルバトロス)時代の出場を含めると15回のサンレモ音楽祭出場と、歴代最多出場者の3人(他2人:Milva、Peppino Di Capri)に名を連ね、うち優勝1回、準優勝6回を誇る活動を評価されました。

今回はロシアからil Coro dell'Armata Rossa(赤軍コーラス団)を招いて、1983年の名曲"L'italiano(イタリア男)"を披露。国際的なヒット曲であることを示唆してくれました。

※当サイトでのToto Cutugnoの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Toto_Cutugno

そしてAl Bano(アル・バーノ/70歳/Puglia州Cellino San Marco出身)は、サンレモ音楽祭出場14回を数え、うち優勝1回、準優勝2回、3位3回という戦績を残しています。今回は"Nostalgia Canaglia(意:郷愁感という悪者/1987出場曲-3位)"、"E la mia vita(意:これが僕の人生/1996年参加曲)"、そして"Felicita(意:幸福/1982年準優勝曲)"を歌ってくれました。

"Felicita"では、あまりにもAl Banoの地声が大きくて、デュエットした司会のLucianaが耳を塞ぐシーンが笑えます。

※当サイトでのAl Banoの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Al_Bano


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第88回イタリアPOPSフェスタ(2012年9月)レポート(その1/Annalisa Minetti, Toto Cutugno, Laura Pausini, Marco Carta, Italia Loves Emilia, MusicaVitaItalia)

第88回Festaは、19名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて9/22(土)に開催されました。参加者の内訳は男性8名 女性11名(うち、初参加者3名、イタリア人2名)。

目前に粋ヴァージョンでライトアップされた東京スカイツリーを臨む絶好のロケーションで極上の音楽を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

TokyoSkyTree
東京スカイツリー撮影
イタリア人俳優・ライター John Kaminari氏
https://www.f-w.co.jp/ex-art/john_kaminari.html

 

Tutti insieme
集合写真撮影
るりら こと 版画家・橋本尚美氏

 


第1部

第1部はいつもと趣向を少しだけ変えて、最近話題のトピックスのお知らせ、題してNovitaコーナー。

まずは2012年ロンドン・パラリンピックで、銅メダルを獲得した盲目のイタリア人歌手Annalisa Minetti(アンナリーザ・ミネッティ/36歳/Milano近郊Rho出身)から。

Annalisaは、歌手活動と並行して2001年からアスリート界に入り、この度パラリンピックの陸上1500m走(伴走者付きT12部門)で、銅メダルを獲得する快挙を達成しました。

AnnalisaMinetti-MedagliaBronzo2012

ティーンエイジャーの頃からピアノバールで歌っていたAnnalisa Minettiは、1995年(19歳時)にCDデビュー。1997年(21歳時)には出身州のMiss Lombardiaとなり、全国大会となるMiss Italiaに出場、最終選考に残り、Miss Azira Ragazza in Gambissime(最大努力の女子)賞を受賞しました。

annalisa-minetti-miss-italia

そして翌1998年(22歳時)のサンレモ音楽祭の新人部門に出場し、部門優勝しただけに留まらず、総合優勝まで勝ち取ってしまうという、サンレモ史上初の快挙を達成しました。(新人部門上位者が本選に参加、という同年の特別ルールの恩恵もありますが)。

AnnalisaMinettiVinceSanremo1998

Annalisa Minetti / "Senza te o con te(あなたなしで、もしくはあなたと共に)" a Sanremo 1998

※当サイトでのAnnalisa Minettiの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa_Minetti

余談ですが、1990年代のサンレモ音楽祭は、3人の重要な盲目の歌手を誕生させています。Aleandro Baldi(アレアンドロ・バルディ/1992年新人部門優勝、1994年総合優勝)、Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ/1994年新人部門優勝、1995年総合4位)、そしてAnnalisa Minetti(アンナリーザ・ミネッティ/1998年総合優勝、2005年Classici部門優勝)。ちなみに1994年は、総合部門優勝がAleandro Baldi、新人部門優勝がAndrea Bocelliと、両部門の優勝者が盲目で、奇しくもイニシャルが同じA.B.という偶然!

さて前出の通り、Annalisa Minettiは2005年のサンレモ音楽祭にも出場し、カンタウトーレToto Cutugno(トト・クトゥーニョ/当時62歳・現69歳/Toscana州Massa-Carrara県出身)とのペアで出場し、Classic部門優勝に輝いています。(同年のサンレモは従来と異なる部門を創設していました、Uomini/男性部門、Donne/女性部門、Gruppi/グループ部門、Classic/ベテラン部門、Giovani/新人部門)

AnnalisaMinetti-TotoCutugno-SR2005

Toto Cutugno e Annalisa Minetti / "Come noi nessuno al mondo(僕らのような人は世界に誰もいない)"

※当サイトでのToto Cutugnoの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Toto_Cutugno

Annalisaは2002年(26歳時)に、サッカー選手Gennaro Esposito(ジェンナーロ・エスポズィト/現・Perugia所属)と結婚し、2008年(32歳時)には息子Fabioを出産しています。

多彩な才能と魅力を発揮し続けるAnnalisa Minettiに大きな拍手を送りましょう。


そしてLaura Pausini(ラウラ・パウズィーニ/38歳/Faenza生まれ)が9月15日に突然発表したのは、ご懐妊のニュース!

Laura Pausini Incinta 2012

※当サイトでのLaura Pausiniの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Laura_Pausini

お相手は2005年からLauraのバンドにギタリストとして加わり、今では彼女のプロデュースも務めているPaolo Carta(パオロ・カルタ/48歳/Roma出身)。

PaoloCarta-LauraPausini

この2人のパフォーマンスが素晴らしく収められた近年のライヴ映像から、"Le cose che vivi"。向かってLauraの右に立ち、最初のギターソロを弾くのがPaolo Carta。DVD「Laura Live World tour 09」(2009)から。

Paolo Cartaは、ギタリストとしてキャリアをスタートさせ、1986年(22歳時)にはBanco del Mutuo Soccorso(バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ)にもギタリストとして1年ほど在籍しています。

やがてカンタウトーレとしての活動を始め、1997年(33歳時)のサンレモ音楽祭新人部門にも出場しています。

作曲家としてもこれまで、Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ)、Eros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ)、Alexia(アレクスィア)、Fabio Concato(ファビオ・コンカート)、Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)、Max Pezzali(マックス・ペッツァーリ)、Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ)らに楽曲を提供しています。

彼が書いた楽曲の中で今まで最もブレイクしたのは、2009年サンレモ音楽祭に出場したMarco Carta(マルコ・カルタ/当時24歳・現27歳/Cagliari出身)の為に書いた"La forza mia(僕の力)"で、総合優勝を勝ち取る快挙となります。(ちなみに2人は同姓ですが、血縁関係はないそうです)ここでは公式ヴィデオクリップで。

marco_carta_2009

※当サイトでのMarco Cartaの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Carta

また近年、Paolo CartaはLaura Pausiniにも積極的に楽曲を提供しており、Lauraの近作「Inedito」(2011)にも多数の曲を書いています。Lauraとの共作で同アルバムのシングル第1弾となった"Benvenuto(ようこそ)"。公式ヴィデオクリップで。

同アルバムから第4弾シングルとなった"Mi tengo(じっとこらえているわ)"。公式ヴィデオクリップで。


そしてこの9月FESTA当日の2012年9月22日、イタリアでは歴史的なチャリティイヴェント『Italia Loves Emilia』が開催されることとなりました。同年5月20日と29日の2度に渡ってイタリア・エミリア地方を揺るがした大地震からの復興を目指し、14ものイタリアのビッグアーティストが一堂に会する夢の共演。

ItaliaLovesEmilia+14Artisti

出演者は、Biagio Antonacci(ビァジォ・アントナッチ)、Claudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ)、Elisa(エリーザ)、Tiziano Ferro(ティツィァーノ・フェッロ)、Giorgia(ジォルジァ)、Jovanotti(ジォヴァノッティ)、Ligabue(リガブエ)、Litfiba(リトフィバ)、Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)、Negramaro(ネグラマーロ)、Nomadi(ノーマディ)、Renato Zero(レナート・ゼロ)、Zucchero(ズッケロ)の13組で、出演予定だったLaura Pausiniは、前出の通り、会期1週間前に妊娠を発表し、ドクターストップがかかっているとのことで出演を断念しています。

会場となったのはEmilia州の飛行場Campovoloで、当初は10万人の集客を目指していましたが、最終的に15万超のチケットを販売してSold Outとしています。同会場では過去、Ligabueが2005年9月10日に18万人、2回目の2011年7月16日は安全面を考慮して11万人に抑えたコンサートを行っておりますので、15万超の集客はギリギリのラインだったのでしょう。

20時から4時間かけて行われて、無事大成功となったコンサートの模様は、早くも11月にCD/DVDとして発売予定という、イタリアにしては超ハイスピードで作業が行われるようです。

以下は、会期翌日のNews番組での速報映像。


そして日本では、イタリア音楽専門誌「Musica Vita Italia(ムズィカ・ヴィータ・イタリア)」の2013年1月創刊が発表されました。

MusicaVita

カンツォーネ、イタリアン・ポップス、イタリアン・ロック(プログレ)など、イタリア音楽のみにスポットを当てた定期刊行誌で、音楽プロデューサーの片山伸氏が発行人、我がPiccola RADIO-ITALIA主宰のYoshioAntonioが編集人という体制で取り組みます。詳細は今後、以下で順次発表して参ります。ご期待ください!

https://www.musicavitaitalia.com/(公式サイト)
https://www.facebook.com/musicavitaitalia(公式facebookページ)
https://twitter.com/MusicaVita_jp(公式Twitter)
https://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=280158(mixiページ)


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ