↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Tommaso_Paradiso

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第184回イタリアPOPSフェスタ(2021年3月)レポート(第2部:La musica che gira intorno第2週)

大御所歌手Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア/67歳/Roma出身)が企画&主宰を務めた音楽特番『La musica che gira intorno(意:周囲を廻る音楽)』は、2021年1月中旬に2週に渡って放映され、大きな話題となった。多くの歌手たちがパンデミック下で音楽活動が大きく制限されていたことが、多数の大物歌手から注目の若手までが一堂に会することに功を奏したのだ。
Fiorella Mannoia - La musica che gira intorno(2021)

今回は2021年1月22日に放映された第2週目の回を紹介する。
※第1週目については以下を参照のこと。

番組タイトルはIvano Fossati(イヴァーノ・フォッサーティ)の1983年の作品名をそのまま冠したもので、オープニングはもちろんFiorella Mannoiaによるその楽曲のカヴァーから始まる。第1週目とデュエット相手を変え、 俳優Marco D'Amore(マルコ・ダモーレ)が務めた。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Fiorella-Mannoia--canta--La-musica-che-gira-intorno---22012021-74d054d4-2c0e-4434-997a-c8f5333af3f3.html

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia

メインゲスト格となるZucchero(ズッケロ)が早くも最初に登壇し、自身の1989年の楽曲「Overdose [d'Amore](意:愛の過剰摂取)」をFiorella と共演。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno---Zucchero-e-Fiorella-Mannoia-cantano-Overdose-damore---22012021-72bddf41-0251-435d-84b5-53e2f5bdefb6.html

続いてZuccheroは自身の最新曲「Facile(意:容易い)」を披露。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Zucchero-canta-Facile--22012021-815886c3-2b08-4e66-9344-d67916f094a0.html

※当サイトでのZuccheroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

Alessandra Amoroso(アレッサンドラ・アモローゾ)が登場し、故Lucio Battisti(ルチォ・バッティスティ)の代表曲のひとつ「Pensieri e parole(意:想いと言葉)」(1971)をFiorellaと一緒にカヴァー。

※当サイトでのAlessandra Amorosoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alessandra_Amoroso

次いでEmma(エンマ)が登場し、Fiorellaもレパートリーに取り入れているVasco Rossi(ヴァスコ・ロッシ)の「Sally(サリー)」(1996)をFiorellaと共演。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Emma-e-Fiorella-Mannoia---Sally---22012021-521a2489-95a2-4cb1-a1cc-6398267a9b64.html

※当サイトでのEmmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

そして再びAlessandra Amorosoが現れ、Emmaとのコンビでリリースした新曲「Pezzo di cuore(意:心のかけら)」(2021)。ソーシャル・ディスタンスを徹底して収録されている時期にも関わらず、2人の距離感が近すぎるのは、姉妹みたいなものだからw

Giorgia(ジォルジァ)は自身の楽曲「Oronero(ゴールドブラック)」(2016)をFiorelaとデュエット。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Giorgia-e-Fiorella-Mannoia-cantano-Oro-Nero---22012021-000169f4-9594-4f23-80be-3bb91cbabd88.html

※当サイトでのGiorgiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giorgia

Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)を迎えて、Fiorellaの大ヒット曲「Quello che le donne non dicono(意:女たちが言わないこと)」(1987)をデュエット。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Ornella-Vanoni-e-Fiorella-Mannoia-Quello-che-le-donne-non-dicono---22012021-0d5ce61e-fd83-4c16-9d79-36c35b4fea39.html

8年前に新曲録音はやめる、と半ば引退宣言をしたOrnellaだったが、2021年になり突然新曲「Un sorriso dentro al pianto(意:涙の中の微笑み)」を発表。サンレモ音楽祭優勝者でもある気鋭のカンタウトーレFrancesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)と作詞家として著名なカンタウトーレPacifico(パチフィコ)との共作で、Ornella自身も楽曲づくりに参加している。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Ornella-Vanoni-canta-il-singolo-Un-sorriso-dentro-al-pianto---22012021-eaf077b2-3fe5-4968-a33e-e878d80e8c94.html

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)を迎えて、Fiorellaとの共演タイムが始まる。Riccardoは80年代にFiorellaのアルバムに楽曲を提供していたことがあるり、FiorellaもCoccianteの楽曲を事あるごとにカヴァーもしているという関係だ。まずはCoccianteの「Celeste nostalgia(意:神々しい郷愁)」(1982)。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Riccardo-Cocciante-e--Fiorella-Mannoia-Celeste-nostalgia---22012021-f6b3a7af-f661-4fc9-aa26-6fbf14f49dda.html

2人は話の流れで、サンレモ音楽祭1952年で2位となった「Papaveri e papere(意:ケシとガチョウ)」を即興で口ずさむシーンも。同曲はその後も童謡的な位置づけとなったイタリアのスタンダード曲となっている。

最後にCoccianteの出世作「Margherita(マルゲリータ)」(1976)を熱唱。

※当サイトでのRiccardo Coccianteの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Riccardo_Cocciante

Fiorella Mannoiaのソロで、持ち歌「Come si cambia(意:どのように変えられるのか)」(1984)。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Fiorella-Mannoia-canta-Come-si-cambia--22012021-7522b3c7-88b5-4774-a833-5828b7e89ccb.html

Brunori Sas(ブルノリ・サス)が登場し、自身のヒット曲「Canzone contro la paura(意:恐れに対する歌)」(2017)をFiorellaとデュエット。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Brunori-Sas-e-Fiorella-Mannoia-Canzone-contro-la-paura---21012021-4172c1dc-91f5-4b4b-af66-853fb85b54ed.html

元Thegiornalisti(ザジォルナリスティ)のフロントマンTommaso Paradiso(トンマーゾ・パラディーゾ)を迎えて、Antonello Venditti(アントネッロ・ヴェンディッティ)の「Ricordati di me(意:僕のことを覚えていてくれ)」(1988)をFiorellaとカヴァー。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Tommaso-Paradiso-e-Fiorella-Mannoia-Ricordati-di-me--22012021-73837d87-815d-4a90-aaea-addb81701732.html

※当サイトでのTommaso Paradisoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tommaso_Paradiso

Tosca(トスカ)が登場し、Fiorellaと共に故Lucio Dalla(ルチォ・ダッラ)の「Felicita`(意:幸福)」を共演。Lucio Dallaを敬愛し、イタリアで1位2位を争うほどの歌唱力を誇る2人のデュエットは見ものだ。

※当サイトでのToscaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tosca

俳優Massimo Ghini(マッシモ・ギーニ)とFiorellaが話の流れで突然歌い出すのはWess e Dori Ghezzi(ウェス&ドリ・ゲッツィ)の「Un corpo e un'anima(意:体と心)」(1975)。Wessは在伊の黒人歌手で、Doriは当時アイドル歌手的な位置付けだったがこのコンビでブレイク。後にFabrizio De Andre'(ファブリツィオ・デ・アンドレ)の後妻になり、晩年の彼を支える良き伴侶となった。同曲はブレイク前のUmberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)がLucio Battistiのブレインらと書き上げた楽曲で、あまり知られていないが、Tozziは世界的なブレイクの前に、BattistiのレーベルNumero Uno(ヌメロ・ウーノ)に所属してソングライターの仕事も多く手掛けていたのだ。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Massimo-Ghini-e-Fiorella-Mannoia-la-gag-Un-corpo-e-un-anima----22012021-d457ce99-f7ec-4695-b04b-9265eee8da7b.html

サンレモ2020で3位となり、全国区で名前が知られるようになったPinguini Tattici Nucleari(意:ピングィニ・タッティチ・ヌークレァーリ)は自曲「Ridere(意:笑う)」を披露。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Pinguini-Tattici-Nucleari-cantano-Ridere---21012021-e80c27f3-031a-4c70-aab3-b6f4fb8a588c.html

※当サイトでのPinguini Tattici Nucleariの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pinguini_Tattici_Nucleari

Antonello Venditti(アントネッロ・ヴェンディッティ)とFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)の大御所カンタウトーレ2人が、デビュー時のデュオTheorius Campus(テオリアス・キャンパス)に立ち返り、「Dolce signora che bruci(意:燃え上がる優しい婦人」(1972)を再現。長年のファンには嬉しいシーンだ。

※当サイトでのAntonello Vendittiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Antonello_Venditti

※当サイトでのFrancesco De Gregoriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_De_Gregori

番組の締めはパーソナリティを務めたFiorellaの「Chissa` da dove arriva una canzone(意:歌はどこからやって来るのだろう)」(2020)を独唱。書き下ろしたのは大ブレイク中の新星カンタウトーレUltimo(ウルティモ/25歳)だ。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Fiorella-Mannoia-canta-Chissa-da-dove-arriva-una-canzone---21012021-64892446-cb3b-49ba-840b-a6565d311675.html

一旦番組の幕は下りたが、すぐにエピローグとして番組のトップバッターを務めたZuccheroが再び登場し、自身の意欲作「Don't cry Angelina」についてFiorellaに説明をする。2人の若いパルチザンについて歌っており、Zuccheroが最近とても心を動かされたエピソードをもとに書き上げた曲とのこと。


第184回イタリアPOPSフェスタ(2021年3月)紹介曲PlayList(カヴァー曲はオリジナルヴァージョンも収録)


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2021年に達する年齢で表記。

第178回イタリアPOPSフェスタ(2020年9月)レポート(第3部:Elisa)

慈善コンサート『Una, nessuna, centomila』(2020/9/19開催予定→2021年に延期決定)に出演する7人の女性歌手が、新型コロナウィルスで自宅待機を強いられたイタリア国民のために、一人ずつ自身のライヴを紹介していくTV番組『7 donne acCanto a te』から、Elisa(エリーザ/Trieste出身)のAssago2016年公演(当時39歳)を紹介した。
7 donne acCanto a te

Festaでは、聞きどころ・見せ場となる場面をいくつか紹介したが、フル映像は既にネット上から削除されているため、ここでは公式Facebookに公開された短縮ヴァージョン動画をいくつか貼っておく。

番組冒頭では、放映時2020年現在(43歳)のElisaからメッセージが。

「L'anima vola(意:魂が飛んでいく)」(2013)

「Luce(意:光)」(サンレモ2001優勝曲/Zucchero作)

「A modo tuo(意:あなたのやり方で)」(2014/Ligabue作)

Festaでは他に「Eppure sentire(意:それでも聴くこと)」(2007)、「Gli ostacoli del cuore(意:心の障壁)」 (2006/Ligabue作)を紹介。

そして2020年春、外出禁止令下でリリースされた「Andra` tutto bene(意:すべてが上手くいくよ)」は、元Thegiornalisti(ザジォルナリスティ)のTommaso Paradiso(トンマーゾ・パラディーゾ)をゲストに迎えてのデュエット。

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

※当サイトでのThegiornalistiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Thegiornalisti

※当サイトでのTommaso Paradisoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tommaso_Paradiso

第178回イタリアPOPSフェスタ(2020年9月)紹介曲PlayList


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

第172回イタリアPOPSフェスタ(2020年1月)レポート(第1部:Maneskin, Thegiornalisti)

Maneskin(マネスキン/正式には"a"の上に〇印が付く綴り/Roma出身)は、オーディション番組X Factorの2017年で準優勝に輝いて躍り出たロックバンド。何といっても驚きなのは当時まだ16〜18歳というティーンズバンドながら、落ち着いた安定感のあるパフォーマンスで大人をも魅了するということだ。2020年1月現在でも最年長が20歳で他メンバーはまだ18・19歳だ。

一風変わったバンド名の由来は、デンマーク語で"月光"を意味するそうだ。紅一点のメンバーVictoria(ヴィクトリア/ベース)の発案で、彼女の親はデンマーク人だ(本人はRoma生まれRoma育ち)。ちなみにデンマーク語での発音は"モーネスゲン"に近いそうだが、イタリアではそのままローマ字読みで"マネスキン"と呼ばれている。

Victoriaはイタリア人らしからぬ金髪に透き通るような青い瞳と抜けるような白い肌で、まるでフランス人形のようなルックスながら、実にしっかりとしたベースラインを弾く。4人編成バンドだが楽器はドラム+ベース+ギターの3本なので、曲中におけるベースの存在感・役割も大きいのだ。

最年少のギタリストThomas(トーマス)も、控えめながら頭脳的なプレイ。ドラムスのEthan(イーサン)もアコースティック感あふれるドラミングで、一般的なティーンズバンドのような音ではないのが素晴らしい。20代後半以上の年齢層のバンドのようなサウンドだ。

そしてすべての曲の作詞・作曲を務めるのが最年長のヴォーカリストDamiano(ダミァーノ)だ。

そんな彼らの1stアルバムが『Il ballo della vita(意:人生の踊り)』(2018)だ。このタイトルが意味するのは“若さと自由に対する祝福”ということだそうだ。全12曲中5曲が英語曲で過半数がイタリア語曲なのもイタリア語曲ファンにはうれしい。多くの曲中に登場する女性名“Marlena(マルレーナ)”とは、バンドに存在する女神様のこと。発売年となる2018年の年間アルバムチャートで5位に入る大ヒット作となった。
Maneskin - Il ballo della vita(2018)

1stシングル「Moriro` da re(意:僕は王のもとで死ぬだろう)」を公式ヴィデオクリップとアコースティックライヴの映像で。

サビで“Marlena(マルレーナ)”が連呼されるバラード曲「Torna a casa(意:(彼女が)家に帰ってくる)」

「L'altra dimensione(意:もうひとつの次元)」 は意図せず別次元にテレポートしてしまうヴィデオクリップだ。この曲でも“Marlena(マルレーナ)”が連呼されているが、アルバムタイトルである“Il ballo della vita”も連呼されているのもポイントだ。

「Le parole lontane(意:遠い言葉)」

※当サイトでのManeskinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Maneskin


Thegiornalisti(ザジォルナリスティ)は、デビュー10年のRoma出身トリオ(ヴォーカル+ギター+ドラム)。バンド名の意図はもちろん英語の定冠詞+イタリア語のThe Giornalisti(意:ジャーナリストたち)なのだろうが、敢えてスペースを入れずに続けて綴るため、イタリアではイタリア語の定冠詞を付けて“i Thegiornalisti”と書かれることが多い。

創設メンバー・トリオでの最後のアルバムとなったのが『Love』(2018)。翌2019年に全曲の作詞作曲をしていたヴォーカリストが脱退したのだ。彼は解散と発表したが、残された2人はバンド名を維持したままの活動継続を主張している。いずれにせよ同アルバムは多くのシングルヒットを放ち、2018年間チャート20位に入るヒット作となった。
Thegiornalisti - Love(2018)

「Questa nostra stupida canzone d'amore(意:僕らのこのバカげたラヴ・ソング)」は、ヴィデオクリップでは冒頭からメインに写されているグレンチェックのジャケットを着た男が歌っているように見えるが、彼はバンドメンバーではなく俳優のAlessandro Borghi(アレッサンドロ・ボルギ)だ。近作では日本でも公開された映画『Dalida(ダリダ〜甘い囁き〜)』(2016)でダリダの恋人だったカンタウトーレ故Luigi Tenco(ルイジ・テンコ)役を演じている。つまり彼のはクチパクで、本当のヴォーカリストは白タキシードのバーテンダーだ。

「Felicita` puttana(意:幸福娼婦)」は、女優Matilda De Angelis(マティルダ・デ・アンジェリス)をヒロインに迎えたヴィデオクリップ。男が女にモーニングコールして迎えに行くと告げるのが10:30ごろ。女は身支度に時間がかかり、階下で待つ男は痺れを切らしつつ待ち続けるも、ようやく彼女が出てきた時はもう夜(20:00頃)になっていたというオチ。約束の時間になってからシャワーを浴び始めたりするのはイタリア人あるあるだが、ここまで時間かけるのはいくらなんでもねぇw

そして「New York」もすてきな楽曲。ストリングスや管楽器隊を配し、サポートメンバーのピアニストとべーシストもスタンバイ、そこにThegiornalistiの2人のメンバー(ギター&ドラムス)が後入りし、演奏が始まるとヴォーカリストが階上から降りてくる。そして自分のパートの演奏を終えた演奏者から次々に退出してゆき、最後は誰もいなくなるという、奇しくもこの後の同バンドが辿る運命を暗示しているような映像だ。

※当サイトでのThegiornalistiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Thegiornalisti


さて2019年にThegiornalistiを脱退したTommaso Paradiso(トンマーゾ・パラディーゾ/37歳/Roma出身)はソロに転向し、シングル第1弾「Non Avere Paura(意:恐れないで)」を発表。その公式ヴィデオクリップには度肝を抜かれた。たくさんの俳優らが出演する中に有名なアーティストたちがたくさんカメオ出演しているのだ。ドラマーにFiorello(フィオレッロ)、ギターにTiromancino(ティロマンチーノ)のFederico Zampaglione(フェデリコ・ザンパリォーネ)、単に踊り狂っている人々の中には、カウボーイハットのJovanotti(ジォヴァノッティ)、黒いジャケットのFiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)、赤いジャケットのFrancesca Michielin(フランチェスカ・ミキェリン)、そして黄色いパーカーを着ているのがElisa(エリーザ)だ!

※当サイトでのThegiornalistiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Thegiornalisti

※当サイトでのTommaso Paradisoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tommaso_Paradiso

※当サイトでのFiorelloの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorello

※当サイトでのTiromancinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tiromancino

※当サイトでのJovanottiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia

※当サイトでのFrancesca Michielinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesca_Michielin

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ