その2はコチラ


第3部


image 112第2部の最後に紹介したMal(マル)のように、非イタリア人でありながらイタリア語で歌って活躍するアーティストが何人か、イタリア芸能界には存在しています。

Malと同じ時代を駆け抜けたアメリカ生まれの黒人アーティストWess(ウエス/1945-2009)は、この9月FESTAの6日前となる2009年9月21日に帰らぬ人になってしましました。64歳でした。

Wessはもともとベース奏者としてイタリアにやって来たものの、やがてリードヴォーカルを取る事が多くなり、ソロ・シンガーとして成長していきます。Malが育ったRomaのPiper Club(パイペル・クラブ)でもWessは英米のヒット曲をイタリア語でカバーするパフォーマンスで人気を集めていたようです。

しかしなんといっても彼をイタリアのお茶の間に浸透させたのは1972年、Wess e Dori Ghezzi(ウエス・エ・ドリ・ゲッツィ)として、男女のデュオとして活躍するようになってからと言えるでしょう。

お人形さんのように美しいDori Ghezzi(ドリ・ゲッツィ)とのコントラストが印象的というだけでなく、Wessの外国人離れした違和感のないイタリア語ヴォーカルが、イタリア人社会に正当に評価されて受け入れられたと言えるでしょう。

現在でさえ、黒人に対して閉鎖的なイタリア社会ですから、40年前にWessが切り開いた道は、超人的なものだったと思えます。

9月FESTAでは、そんなWessに哀悼の意を表し、Wess & Dori Ghezzi時代の活躍を追ってみる事にしました。

"Un Corpo e Un'anima(身体と魂)"(1974)は、1974年のCanzonissimaで優勝をさらった、彼らの代表曲のひとつ。またこの曲はデビュー直前のUmberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)が作曲しており、この曲の成功がTozziにとっても大きなステップになったのは間違いありません。

2曲目は翌1975年にイタリア代表としてEurovision(ユーロビジョン/Eurofestival)に出場し、3位を勝ち取った楽曲"Era"。作曲者はイギリス人ながらイタリアで活躍したShel Shapiro(シェル・シャピロ)です。

続きを読む(leggere la continuazione)