↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

PFM

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

PFM『電気羊の夢を見た』日本盤10/27発売!

イタリアのロックバンドの中で世界一の知名度を誇るPFMことPremiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)が4年ぶりのスタジオ録音オリジナル作品アルバム『電気羊の夢を見た(原題:Ho soganto pecore elettriche / I dreamed of electric sheep)』のリリースを発表し、日本盤がイタリア本国とほぼ同時期の2021年10月27日発売となります。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021)

PFMといえば、1970年代に世界的な名声を獲得し、イタリアの偉大なカンタウトーレFabrizio De Andre’(ファブリツィオ・デ・アンドレ)とのコラボ・ライヴなどを敢行するなど、イタリア音楽史上に燦然と輝く実績を残したバンド。

2002年の来日公演を収録したライヴ盤をきっかけに世界中にプログレッシヴ・ロック・ブームを再燃させることとなったのも、日本人としては押さえておきたいポイントです。

今回は映画『ブレード・ランナー』(1982)シリーズの原作となったSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を基にしたコンセプトアルバム。原作は現在形の疑問形なのに対し、本アルバムは、1人称が主語の過去形になっているのもポイントです。

原作は、進化したAIを持つアンドロイドなら自分を人間と信じ込んでしまう、というロジックの世界感で、夢を見るのが人間であって、見ないのがアンドロイドという定義ならどうだろう?という正解の判らない主題が提示されていました。それに対して、本アルバムは「自分は夢を見た」と回答している訳です。

ブレードランナー

とはいいつつ、アルバムの中で歌われているのは、まさに現実の現代社会を背景に、そこで生きている私たちの生活様式やモノの考え方に一石を投じる内容です。データに追われ、SNSに縛られ、大事なことを忘れちゃいないか? とリスナーにひしひしと問いかけてきます。

高度な演奏テクニックを持つミュージシャン集団ながら、現代では常識となったクリック音を聴きながら演奏することを拒み続けるPFMらしさを深く感じ取れること間違いありません。

サウンドはいい意味でプログレ臭さが無く、現代的。冒頭のインスト曲は、まるで生オーケストラが奏でる序曲のようですし、ロック曲はベースの存在が派手過ぎずながらテクニカルで、実に心地よいサウンドを奏でており、アルバム1枚を素直に楽しめる構成になっています。

参加したゲストも多彩で、元オリジナルメンバーのFlavio Premoli(フラヴィオ・プレモリ/Key.)を始め、イアン・アンダーソン(フルート/ジェスロ・タル)、スティーヴ・ハケット(Gt.)といったインターナショナルなビッグ・ネームに、新進のLuca Zabbini(ルカ・ザッビーニ/Gt./バロック・プロジェクト)、お馴染みのLucio Fabbri(ルーチョ・ファッブリ/Violin&Viola)などなども話題満載。

イタリア語盤&英語盤の2枚組ですが、歌詞の内容が異なり、片方の歌詞を単に他方に翻訳しているものではないので、両方とも必聴です。日本盤にはもちろん、歌詞対訳と日本語解説が付き、ほぼ同時発売なら日本盤を買うのが正解だと思います。ちなみにイタリア語詞の対訳とイタリア語解説文の翻訳は当サイトのYoshioAntonioが担当いたしました。

ソニー・ミュージックのリリース文

※当サイトでのPFMの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/PFM

SHOP ITALIA『Spotifyで「絶対聞きたいイタリア秋の音楽」プレイリスト配信開始!』

SHOP ITALIA -WEB MAGAZINE-」に当サイト主催のYoshioAntonioの音楽コラム第5弾が掲載されました!

※「SHOP ITALIA -WEB MAGAZINE-」は2020年10月1日、「ITALIANITY -WEB MAGAZINE-」と名称変更されました。URLも変更となりましたが、この記事内のURLをクリックすると新サイトに自動的に誘導されます。(旧記事も新サイトに掲載されております)


今回はタイトルに9月、10月、11月を入れ込んだ楽曲や、秋そのものを歌ったイタリア語詞の楽曲のうち、いわゆる秋らしい、落ち着いたメランコリックな雰囲気のものを中心にプレイリストを組みました。自宅でひとり読書にふける時、移動中の電車の中で、行楽途中のドライブのお供にもぴったりなプレイリストを作りました。Buon ascolto!(ブオン・アスコルト / 意:聴いてね!)

プレイリスト収録曲のうち、特にイタリアの秋を代表する2曲「29 Settembre」(Lucio Battisti / Equipe 84)と「Impressioni di Settembre」(PFM)にスポットを当てて解説しています。

Lucio Battisti

※当サイトでのLucio Battistiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Battisti

pfm-storia-di-un-minuto-album-cover

PFM

※当サイトでのPFMの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/PFM

毎月中旬と月末にコラム掲載していく予定です。お楽しみに!

ShopItalia-logo

あなたの知らないイタリアが、ここにある。
フード、ファッション、アート、デザイン、歴史、カルチャー……。
私たちを魅了してやまないイタリア。
Webマガジン「SHOP ITALIA」は、まだまだ知られていない、
プレミアムなイタリアの魅力をお伝えしていきます。

第161回イタリアPOPSフェスタ(2019年1月)レポート(第2部:Bruno Lauzi、PFM)

第1部に引き続き1980年代前後にスイスのTV局スタジオで行われたイタリア人アーティストたちのライヴ映像をDVD化したRSIシリーズから、ジェノヴァ派カンタウトーレのひとりBruno Lauzi(ブルーノ・ラウツィ/1937-2006/旧イタリア領・現エリトリア国(アフリカ)Asmara生まれ)の1979年ライヴから。
Bruno Lauzi - Live collection

「Ritornerai(意:君は戻って来るだろう)」、「Il poeta(意:詩人)」、「Gennova per noi(意:我らがジェノヴァ)」と彼の代表曲3曲から幕が上がる。2曲目の「Il poeta」では、自殺してしまった男が描かれており、彼はカード遊びがめっぽう強く、“この界隈の王”という異名を取っていた、というフレーズがある。ここで“王”に当たる言葉にはイタリア語の“Re(王)”ではなく“Ras”と言う言葉が使われている。この“Ras”とはLauzi自身が生まれ育ったアフリカ(現在のエチオピア周辺)で“王”に当たる言葉であることから、彼の出自をそれとなく表している点も興味深い。3曲目はLauziの自作ではなく、同じジェノヴァ派の仲間とも言えるPaolo Conte(パオロ・コンテ)作品だ。

彼は他の作家(特にカンタウトーレ仲間たち)が書いた作品も好んで積極的に歌うタイプのカンタウトーレで、特にLucio Battisti(ルーチョ・バッテスティ)が彼のために書き下ろした作品も多いので知られている。Battisti作品のうち「E penso a te(意:そして君を想う)」「Amore caro amore bello(意:親愛なる恋 美しい恋)」「L'aquila(意:鷲)」などは最初に録音したのはLauziだ。

また作家としても多くの歌手たちに楽曲提供をしており、特に作詞家としての活動が顕著で、オリジナル作品としてはMia Martini(ミア・マルティーニ)に書いた「Piccolo uomo(意:取るに足らない男)」「Almeno tu nell'universo(意:宇宙の中であなただけは」などが有名だ。

さらには外国曲のイタリア語詞でもたくさんの作品を残している。中でもOrnella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)のイタリア語歌唱でブラジル本国以上に有名になった楽曲「L'appuntamento(邦題:逢いびき)」は、日本でもBS日テレの人気番組『小さな村の物語 イタリア』のテーマソングとして、イタリア好きなら知らない人はいないぐらいの楽曲となっている。

またこのBruno LauziのライヴDVDには、当時新進気鋭のカンタウトーレとして売り出し中だったMarco Ferradini(マルコ・フェッラディーニ/当時30歳/Lombardia州Como出身)のパフォーマンスが2曲もおまけとして挿入されている。Lauziが後進の育成にも力を注いでいたのが良く判る。Marco Ferradiniは78年と83年にサンレモ音楽祭にも出場しているが、ソロ活動と並行して、セッションマンとして多くのアーティストのレコーディングに参加もし続けている。

※当サイトでのBruno Lauziの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Bruno_Lauzi


続いてはPFMことPremiata Forneria Marconi(プレミァータ・フォルネリア・マルコーニ)の1980年のライヴ映像から。
PFM - Live collection_25 Novembre 1980

1970年代に世界進出を果たし、世界で最も名の知れたイタリアのバンドだったPFM。英語盤を作ったり、英語専門ヴォーカリストを入れたり、主要メンバーだったMauro Pagani(マウロ・パガーニ)が脱退したりした時代を経て、1980年当時は再びイタリア語曲を主軸にし始めた頃。

当時オリジナルメンバーとして在籍していたのは、Franz Di Cioccio(フランツ・ディ・チォッチォ/Ds・Vo)、Franco Mussida(G・Vo)の2人。そして最初期のメンバーチェンジ後ずっと不動の準オリジナルメンバーPatrick Djivas(パトリック・ジヴァス)。脱退したばかりのオリジナルメンバーFlavio Premoli(フラヴィオ・プレモリ/Key)の代わりに新メンバーとして迎えられたLucio Fabbri(ルーチョ・ファッブリ)。そしてこの時期にドラマーのFranzがリード・ヴォーカルを務めるようになったため、サポートドラマーとして加入したWalter Calloni(ヴァルテル・カッローニ)の5人編成。従って楽曲によっては、ツインドラム編成の迫力あるサウンドが楽しめる。

しかしながらこのライヴで最も目立つのは新加入のLucio Fabbriの職人的パフォーマンスだ。キーボードはもちろんのこと、ヴァイオリン、ヴォーカル、ギターにと大活躍。彼は21世紀以降の来日公演にも参加しているので、その雄姿を拝んだ人も多いことだろう(現在はスキンヘッドだが当時はフサフサだ)。

そして彼は今ではプロデューサーとしても大成しているのだ。Dolcenera(ドルチェネーラ)、Giusy Ferreri(ジュズィ・フェッレーリ)、Lorenzo Fragola(ロレンツォ・フラーゴラ)らを成功に導いたのも彼だし、Roberto Vecchioni(ロベルト・ヴェッキォーニ)、Eugenio Finardi(エウジェニオ・フィナルディ)、Grazia di Michele(グラツィア・ディ・ミケーレ)、Cristiano de Andre`(クリスティア−ノ・デ・アンドレ)らベテラン勢のプロデュースも手掛けている。

※当サイトでのPFMの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/PFM


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ