↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Moda`

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第189回イタリアPOPSフェスタ(2021年8月)レポート(その1)

今回はITALIANITY-Web Magazine-に書いた『マネスキンを育んだイタリアのイカシタ夏のRock特集!』を映像で紹介するという趣旨。全部で4時間に及ぶので、抜粋して紹介。

Maneskin2

最初はタイトルにも掲げたManeskin(マネスキン)から。「ジッティ・エ・ブオーニ(Zitti e buoni/意:黙ってイイ子にしてな」はサンレモ音楽祭2021優勝&ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2021優勝曲で、一気に世界中の注目を集めることになった。平均年齢20歳の赤丸注目株だ。日本語字幕入りMVも公開された。

同じくManeskinで「イン・ノーメ・デル・パードレ(In nome del Padre/意:父の名において」。アルバム『テアトロ・ディーラ Vol.1(Teatro d'ira Vol.1/意:憤怒の劇場)』(2021)の中で、一番激しいロックサウンドの楽曲。タイトル名にある“父”は、肉親の父のことではなく、歌詞の中では“父と子と聖霊の名において”とカトリックの三位一体説の概念が繰り返し歌われている。そして放送禁止用語のオンパレード!10/13発売の日本盤には対訳が付く予定なので、どのように訳されるかお楽しみに。
https://youtu.be/utLgYCTNTxk

※当サイトでのManeskinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Maneskin

おそらくマネスキンが登場する道筋を切り開いたのがThe Kolors(ザ・コロルス)。彼らもオーディション番組出身(マネスキンはX Fctor出身、ザ・コロルスはアミーチ出身)。フロントマンのStash(スタッシュ)の豊かな才能(ギター・ピアノなどのマルチプレイヤー)と190cmに迫る高身長&イケメンの風貌が人気を牽引している。「Frida [Mai, mai, mai](意:フリーダ [決して、決して、決して])」はサンレモ音楽祭2018参加曲。
https://youtu.be/ykenKILgiLs

※当サイトでのThe Kolorsの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/The_Kolors

Pinguini Tattici Nucleari(ピングイニ・タッティチ・ヌークレァーリ/意:戦略核ペンギンたち)のサンレモ音楽祭2020で3位に輝いた楽曲「Ringo Starr(リンゴ・スター)」。ビートルズのリンゴ・スターをモチーフに、天才の中に埋もれがちなままスターになった人々の生き方にスポット当てた楽曲。そのMVは映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあのシーンを再現した秀逸なもの。その意図は、映画でも使われていた1950年代当時のヒット曲(MVでも冒頭に流れています)を歌っていたのがアメリカの“ペンギンズ”だったため、イタリア語で“ペンギンズ”を意味する名のバンドとして踏襲するという判る人には判るという仕掛けが隠されている。

※当サイトでのPinguini Tattici Nucleariの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pinguini_Tattici_Nucleari

Eugenio In Via Di Gioia(エウジェニオ・イン・ヴィア・ディ・ジョイア/意:喜びの道中にいるエウジェニオ / メンバーの名前の組み合わせで作られたバンド名)のサンレモ音楽祭2020新人部門参加曲「Tsunami」で、栄誉あるミア・マルティーニ賞(批評家)を受賞。日本語の“津波(つなみ)”をそのままタイトルにしている。
https://youtu.be/fwoJCAGTk_I

※当サイトでのEugenio In Via Di Gioiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Eugenio_In_Via_Di_Gioia

ボローニャのラジオDJたちが結成したバンドLo Stato Sociale(ロ・スタート・ソチァーレ/意:社会主義国)のサンレモ音楽祭2021出場曲「Combat pop(コンバット・ポップ)」。彼らが属するラジオ局の名は“ラジオチッタ・フジコ”で、フジコはルパン三世に登場する峰不二子から取られている。
https://youtu.be/2BbZ6ENxZCo

※当サイトでのLo Stato Socialeの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lo_Stato_Sociale

グラムロックの流れを現代に受け継ぐAchille Lauro(アキッレ・ラウロ)のサンレモ音楽祭2020出場曲「Me ne frego(意:僕は気にしないよ)」。何といっても、サンレモ音楽祭の会期中、毎晩凝った衣装とメイクで魅せた七変化をまとめたMVが見もの!

※当サイトでのAchille Lauroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Achille_Lauro

Ultimo(ウルティモ)「Tutto questo sei tu(意:これ全部が君だ)」(2019)。24歳で2020年の年間アルバムチャートの首位を獲得し、自身の3枚のアルバム全てが年間チャート10位に入る快挙を果たし、イタリアで長らく続いていた熟年世代がチャートの上位を占める傾向を打ち破ることに貢献した逸材。
https://youtu.be/iDinXwBsQDM

※当サイトでのUltimoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ultimo

Moda`(モダー)「Passione maledetta(意:呪われた情熱)」(2015)。POP寄りの楽曲が多いが、この曲はツインギターバンドならではのギターリフがイカしたロックチューン。2009年頃にブレイクし、人気&実力で時代をけん引し続けているトップバンドで、ヴォーカルのKekko(ケッコ)の曲作りの才能が開花し、今では他の歌手にもたくさんヒット曲を提供する売れっ子メロディメーカーにもなってる。
https://youtu.be/Rb5jz3mliM0

※当サイトでのModa`の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`


第189回イタリアPOPSフェスタ(2021年8月)の元になったPlayList


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2021年に達する年齢で表記。

第189回イタリアPOPSフェスタ(2021年8月/公開オンライン)のお知らせ

Maneskin2

紹介予定:
マネスキンを育んだイタリアのイカシタ夏のRock特集!
 ITALIANITYに掲載されたコラムに沿って、映像で紹介&解説いたします。

日時:2021年8月21日(土) 20:00〜23:00

使用ツール:ZOOM(要・予約
※セキュリティ保護のためID&PWは非公開とします。事前予約いただいた方に折り返し詳細お知らせいたします。
※カメラ&マイクOFFでご参加ください。TVを付ける/YouTubeを見る感覚でご参加OK!

参加申し込みはコチラからお願いします。

  • 会期1週間前の参加希望者が最少催行人数10名に満たない場合は開催延期となります。
  • 開催決定の場合でも、会期前日までにご予約願います。(会期当日や直前のご予約には、ID&PWのお知らせができない場合があります)

会費は設定なしですが、この活動を長く続けていくために、別途 "投げ銭・寄付金” を賜れれば幸甚です(目安として1,000円ぐらい)。投げ銭を頂いた方にはFESTA終了後、もれなく秘密のプレゼントをemail経由で送付いたします。(注:携帯メールアドレスではプレゼントが受け取れない場合があります)

第172回イタリアPOPSフェスタ(2020年1月)レポート(第2部:Moda`, Renato Zero)

人気バンドModa`(モダー)のスタジオ録音アルバム『Testa o croce(意:表か裏か)』(2019)。数々のヒット曲のメロディメーカーでもあるヴォーカリストKekko(ケッコ/42歳/Milano出身)が人生の中で出会った人々について書いた楽曲集となっている。タイトルはコイントスして裏表を言い当てる行為を表す言葉だ。
Moda - Testao croce(2019)

「Quel sorriso in volto(意:顔に浮かんだあの微笑み)」は、Kekkoが両親の家から帰るときに目撃した結婚式の衣装のまま抱き合って道を歩いていた奇妙なカップルをモチーフにした話。周囲の人は奇異の目であざ笑っていたが、本人たちは一向に気にしていない。。。。人の目を気にし過ぎずに信念をもった生き方を応援するような歌だ。

「Quelli come me(意:僕のようなヤツら)」

「Guarda le luci di questa citta`(意:この街の灯りを見てごらん)」。極上のバラードに乗せて、タイムラプス撮影された彼らの出身地Milanoの夜景が見事だ。Milanoってこんなに素敵な街だっけ??と新たな発見となること間違いなし!

「Puoi leggerlo solo di sera(意:君は夜にだけそれを読む)」

アルバムタイトル曲「Testa o croce」 。Instagram風の正方形の画角から超横長のダブルヴィジョンや標準の16:9画面など1本のヴィデオクリップの中に様々なサイズの画角を取り入れているのも面白い。

※当サイトでのModa`の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`


Renato Zero(レナート・ゼロ/70歳/Roma出身)のスタジオ録音アルバム『Zero il Folle(意:狂人ゼロ)』(2019)は、英プロデューサーTrevor Horn(トレヴァー・ホーン)がプロデュース。ポール・マッカートニーやトム・ジョーンズを手掛けた敏腕プロデューサーだ。また4種類のアルバムスリーヴが存在する意欲作でもある。赤・青・緑・銀のそれぞれ異なる被り物で背景にZ・E・R・Oの一文字ずつが刻まれている。
Renato Zero - Il folle(2019)-2
Renato Zero - Zero il folle(2019_4copertine)
Renato Zero - Zero il folle(2019_4copertine-0)
Renato Zero - Zero il folle(2019)

「Mai piu` da soli(意:もう決して孤独ではない)」 はロンドンロケのヴィデオクリップ。

「La vetrina(意:ショー・ウィンドウ)」 は、誰しもの日常生活がショー・ウィンドウにさらされるリスクを負っていることを象徴するような映像作品だ。

アルバムタイトル曲「Zero il Folle」は、同アルバムを掲げたツアーのオープニング曲で、Zeroの歴史を振り返るような貴重な映像のコラージュとなっている。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ