↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Moda

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第132回イタリアPOPSフェスタ(2016年7月)レポート(第2部:Negrita)

第2部

2016年10月21日の来日公演が決定したNegrita(ネグリータ/1991年Arezzoで結成/1994年アルバムデビュー)特集。

Negrita a Tokyo 2016N

4年振り9枚目のスタジオ録音アルバム『9』(2015)はチャート1位に輝くヒット作となり、そのアルバムを掲げたツアーの中から2015年4月18日にMilanoのMediolanum Forum di Assago公演を収録したライヴアルバム『9 Live&Live』(2016)から、今回のFestaでは、『9』収録の新曲をピックアップして紹介。

Negrita - 9 Live&Live

まずはアルバム収録のスタジオ録音の2つ新曲のうち「I tempi cambiano(意:時代が変わる)」は、Ligabue(リガブーエ)が詞を書いた話題作。公式ヴィデオクリップには、Ligabueもカメオ出演している。

Negritaは既にLigabueの1997年のツアーに帯同していた経緯もあるが、最大の繋がりは何と言っても、Negritaのデビュー前から現在まで彼らを支え続けているマネージャー&プロデューサー、そして共作者でもあるFabrizio Barbacci(ファブリツィオ・バルバッチ/53歳/Arezzo出身)が、2000年代初頭のLigabueのプロデューサー&ギタリストを務めていたことだ。

Fabrizio Barbacciは、1980年代後半のニューウエイヴ・バンドModa(モーダ)のギタリストとして活動していた経歴の持ち主で、このバンドのヴォーカリストとして、後のソロ・カンタウトーレとして活動を始めるAndrea Chimenti(アンドレア・キメンティ/現57歳/Reggio nell'Emilia出身)が在籍していた事も注目点だ。

そんなModaの当時の映像から「Hey mama」(1989)を。

さて、本題のNegritaのライヴDVDのハイライトシーンはこちら。

Festaで紹介した楽曲は:「Mondo politico」、「Poser」、「Baby I'm in love」、「Se sei l'amore」、「1989」、「Il gioco」の6曲。このページでは公式ヴィデオクリップの映像を(公式ヴィデオクリップが存在する楽曲のみ)。

「Mondo politico(意:政治の世界)」

「Poser(意:気取り屋)」

「Se sei l'amore(意:もし君が愛なら)」

「1989」

「Il gioco(意:ゲーム)」

Negritaの結成当時から不動のオリジナルメンバーは、ステージでもフロントに立つ3人で、リード・ヴォーカルのPau(パウ)、リードギターのDrigo(ドリゴ/向かって右側)、そしてサイドギターのMac(マック/向かって左側)だ。

Drigoはロックギタリストとしては珍しく、ピックを使わずフィンガーピッキングのみでリードギターを弾くため、独特のサウンドを醸し出す。反面Macはロックギタリストらしいタイプ(風貌も)。それにPauのミドル音域の強力なヴォーカルが乗る。この3人が共作して楽曲のメインコンポーザーを務めている。

そして、2005年加入のCris(クリス/ドラム)と2014年加入のGiacomino(ジァコミーノ/ベース)のリズム隊は、Negritaが得意とする後ノリのグルーヴを生み出し、2013年加入のGhando(ガンド)はNegrita初のキーボーディストで、彼らのサウンドに新しい要素を付け加える役割を果たし、何曲かにも共作参加している。

2014年公演のイタリア版『ジーザス・クライスト・スーパースター(Jesus Christ Superstar) 』のピラト総督役としてヴォーカルのPauが出演し、このロックオペラの全編に渡ってNegritaが生演奏するという実力を見せつけていたことも特筆しておく。ちなみにマグダラのマリア役はSimona Molinari(シモーナ・モリナーリ)、カヤパ役はShel Shapiro(シェル・シャピロ/元Rokes)が務めている。

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

※当サイトでのNegritaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negrita

さて、Negritaの前作アルバム『Dannato vivere』(2011)より、楽曲を共作するようになったIl Cile(イル・チーレ/35歳/Arezzo出身)が、今回の『9』でも5曲を共作しており、しかも前出の「Poser」「Se sei l'amore」「1989」「Il gioco」と、公式ヴィデオクリップが製作されるほど、核となる楽曲を手掛けているのがポイント。

Il Cileは、Fabrizio Barbacciに発掘され、2012年デビュー(つまりデビュー前からNegritaと共作開始)。サンレモ音楽祭2013新人部門に楽曲「Le parole non servono piu`(意:言葉はもう役に立たない)」で出場。残念ながら予選で敗退して5位に留まるものの、Sergio Bardotti賞(最優秀作詞賞)を受賞する栄誉に輝いた。

※当サイトでのIl Cileの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Il_Cile


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

61°Sanremo 2011 / サンレモ音楽祭2011結果

優勝
"Chiamami ancora amore(もういちど僕を愛する人と呼んでくれ)" /
Roberto Vecchioni (ロベルト・ヴェッキォーニ/68歳/Monza近郊出身)
vecchionivinto

2位
"Arrivera(やって来るよ)" /
Moda con Emma Marrone (モダ−/Milanoで結成)(エンマ・マッローネ/27歳/Firenze出身)
moda01emma01



3位
Amanda e libera(アマンダは自由) /
Al Bano (アル・バーノ/68歳/Brindisi近郊出身)
albano01


[Giovani/新人部門]

優勝
Follia d'amore(愛の狂気) /
Raphael Gualazzi (ラファエル・グァラッツィ/30歳/Urbino出身)
raphael

2位
Fuoco e cenere(炎と灰) / Micaela (ミカエラ/18歳/Reggio Calabria近郊出身)
micaela02gra

3位
Come pioggia(雨のように) / Roberto Amade (ロベルト・アマデ/19歳/Piemonte州Vercelli出身)
robertoamade01

4位
Lontano da tutto(全てから遠く) / Serena Abrami (セレ−ナ・アブラミ/26歳/Marche州Macerata近郊出身)
serenaabrami02


[Premio miglior canzone per i 150o dell'Unita d'Italia/イタリア統一150周年・最優秀曲]

"Va pensiero(想いよ、行け/邦題:行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って)" / Al Bano (アル・バーノ/68歳/Brindisi近郊出身)


[Premio Golden Share della Sala Stampa Radio e Tv/ゴールデンシェア賞(ラジオ・TV報道局賞)]

"Chiamami ancora amore(もういちど僕を愛する人と呼んでくれ)" / Roberto Vecchioni (ロベルト・ヴェッキォーニ/68歳/Monza近郊出身)


[Premio Mia Martini della Critica Categoria Giovani/新人部門ミア・マルティーニ賞(批評家賞)]

Follia d'amore(愛の狂気) / Raphael Gualazzi (ラファエル・グァラッツィ/30歳/Urbino出身)



[Premio della Sala Stampa Radio e Tv Categoria Giovani/新人部門ラジオ・TV報道局賞]

Follia d'amore(愛の狂気) / Raphael Gualazzi (ラファエル・グァラッツィ/30歳/Urbino出身)


[Premio citta di Sanremo/サンレモ市賞]

Gianni Morandi (ジァンニ・モランディ/67歳/Bologna近郊出身) ※今回は司会者として出演
sanremo2011prima

[Premio regione Liguria/リグーリア州賞]

Raphael Gualazzi (ラファエル・グァラッツィ/30歳/Urbino出身)


[総評]

scenografia2011

昨2010年は当時19歳だったValerio Scanu(ヴァレリオ・スカーヌ)が優勝した反動か、2011年は68歳を迎える大ベテラン・カンタウトーレのRoberto Vecchioniが優勝しました。

また昨2010年は、予選落ちした後に敗者復活戦で返り咲いた組が、結局総合優勝と2位に輝くという、勝ち抜き戦の意味が無い本末転倒の結果を招いた反省から、Televoto(一般投票)のウエイトを低くするなどの調整が取られたそうです。

昨2010年は、結果発表の際、オーケストラのメンバーたちが不満を露わにし、楽譜を丸めてステージに投げ込むという暴挙に出る珍事が起こりましたが、今回の2011年は、優勝に輝いたRoberto Vecchioniのステージにはたくさんの花が投げ込まれるという微笑ましいシーンが拝めました。

また2011年は1861年にイタリア統一してからちょうど150年目に当たる年ということで、イタリア統一150周年記念の歌のコンテストが会期3日目に開催され、その中でも賞を競い合うという企画が盛り込まれ、Al BanoがVerdiの有名なオペラ「Nabucco」からの歌曲で賞を勝ち取りました。

2011terza

また、批評家賞などの副賞も、優勝者のRoberto Vecchioniと新人部門優勝のRaphael Gualazziに独占されるという状況で、特に新人部門のRaphael Gualazziは、権威あるMia Martini賞を始め、優勝も副賞も独占し、今年2011年から14年ぶりにイタリアが復帰するEurofestival(ユーロフェスティヴァル)の出場者にも選ばれるという大躍進を魅せました。

150周年記念イベントや国民的大スターのGianni Morandiが司会を務めたことなどが功を奏し、平均視聴率46.70%という高数字を叩き出しました。3日目の150周年記念行事の日は最高の50.90%の視聴率を獲得しています。
finale

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ