↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Marcella_Bella

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第190回イタリアPOPSフェスタ(2021年9月)レポート:Giancarlo Bigazzi

今回は1960年代から1990年代に渡って、作詞・作曲家・プロデューサーとして大活躍し、数々のヒット曲を輩出&スター歌手を育て上げ、“歌手のデザイナー” と呼ばれた奇才Giancarlo Bigazzi(ジァンカルロ・ビガッツィ/1940-2012/71歳没)の残した楽曲を振り返る。

Giancarlo Bigazzi!

2016年にTV放映された『Una serata... Bella - Per te, Bigazzi!(意:美しい…今宵 - あなたに、ビガッツィ)』から。同番組は、歌手Marcella Bella(マルチェッラ・ベッラ)の発案で構成されたTV特番で、イタリア音楽史に偉大な功績を残した楽曲の作者に焦点を当てて紹介していく全5回のシリーズとなった。

Una serata... Bella - Per te, Bigazzi!

TV局Mediasetのオンデマンド動画(無料)ログインすれば全編視聴可能
https://mediasetplay.mediaset.it/video/unaseratabellapertebigazzi/una-serata-bella-per-te-bigazzi-14-giugno_FD00000000242926

Festaでは冒頭から順番にほぼ全部の歌唱シーンを紹介した。

0:04:50から、番組発案者のMarcella BellaがStadio(スターディオ)のフロントマンGaetano Curreri(ガエターノ・クッレーリ)とのデュエットで、「Gente di mare(意:海の人々)」(1987)をカヴァー。オリジナルはUmberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)とRaf(ラフ)のデュエットで1987年ユーロヴィジョン・ソング・コンテストに出場し、3位となった楽曲。作曲は演者の2人、作詞をBigazziが担当している。本記事末尾のプレイリストには、ブラジル人歌手Fabio Jr.によるポルトガル語詞カヴァーも収録。

※当サイトでのMarcella Bellaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marcella_Bella

※当サイトでのStadioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Stadio

0:11:50から、Annalisa(アンナリーザ)によるMarco Masini(マルコ・マジーニ)「T'innamorerai(意:君は恋するだろう)」(1993)のカヴァー。

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa

0:25:25から、Massimo Ranieri(マッシモ・ラニエリ)「Se brucciasse la citta`(意:もし街が燃えたなら)」(1969)をDeborah Iurato(デボラー・イゥラート)がカヴァー。同曲は当時サンレモ音楽祭に勝るとも劣らない求心力を持っていたフェスティヴァルCanzonissima(カンツォニッシマ)で3位となったヒット曲。

※当サイトでのDeborah Iuratoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Deborah_Iurato

※当サイトでのMassimo Ranieriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Massimo_Ranieri

0:31:45から、故Mia Martini(ミア・マルティーニ)晩年の異色の楽曲「Gli uomini non cambiano(意:男たちは変わらない)」(1992)を再びMarcella Bellaが登壇してカヴァー。2人はほぼ同時期に新進の女性歌手として人気を分け合ったライヴァル関係でもあった。

※当サイトでのMia Martiniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mia_Martini

0:41:50から、Marco Masini本人が登壇し、自身の初期作品「Ci vorrebbe il mare(意:海が必要なら)」 (1990)を披露。同曲は60年代に3大プリマドンナと称えられ、後に大歌手となったMilva(ミルヴァ)がカヴァーしたことでも知られる作品。

※当サイトでのMarco Masiniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Masini

0:55:55からは、いよいよUmberto Tozzi自身が登場し、自身のヒット曲の一部をメドレーで披露。瑞々しい感性の作風が収録された1stアルバムから「Io camminero`(意:僕は歩くだろう)」 (1976)〜「Donna amante mia(意:僕の愛する女)」 (1976)、そして世界的な大ヒット曲となり、Tozzi旋風を巻き起こした「Tu(意:君)」(1978)〜「Ti amo(意:君を愛してる)」(1977)の4曲。最後の曲は彼の最初のインターナショナルなヒット曲となり、英語圏では“Mr.Ti Amo(ミスター・ティ・アーモ)”とまで呼ばれ、その後毎年世界的な大ヒット曲を連発していくきっかけとなった楽曲。本記事末尾のプレイリストにはLaura Branigan(ローラ・ブラニガン)の英語カヴァーも収録。

※当サイトでのUmberto Tozziの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Umberto_Tozzi

1:07:55から、再びMassimo Ranieriのヒット曲で「Erba di casa mia(意:我が家の若草)」(1972)をAnna Tatangelo(アンナ・タタンジェロ)がカヴァー。同曲はカンツォニッシマで1位となり大ヒットした。

※当サイトでのAnna Tatangeloの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Anna_Tatangelo

1:16:00から、Mario Tessuto(マリオ・テッスート)が登場し、自身のヒット曲「Lisa dagli occhi blu(意:青い瞳のリーザ)」 (1969)を披露。当時青春スター的爽やか青年だった彼のイメージにぴったりはまるほろ苦い初恋&失恋ソング。

※当サイトでのMario Tessutoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Tessuto

1:20:45から、Marcella Bella「Fa chic(意:シックであれ)」(2002)を本人が披露。1980年代以降、Bigazziの手から離れたMarcellaであったが、同曲のように時折提供を受けていたことが判る楽曲。

1:29:55から、Claudia Mori(クラウディア・モーリ)の代表曲「Non succedera piu`(意:もう起こらないわ)」 (1982)を再びAnnalisaがカヴァー。オリジナル歌手のClaudia Moriは、イタリア音楽界のドンとも言えるAdriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ)夫人で、この番組の司会を務めるRosita Celentano(ロジータ・チェレンターノ)の母。同曲はClaudia Mori自身が作詞し、Bigazziが補作詞&作曲を務めているのもポイント。後半は夫君Adrianoのソロヴォーカルが入って来るのだが、この番組では女性コーラスが務めている。

※当サイトでのClaudia Moriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudia_Mori

1:37:20から、Bigazziの事実上の遺作となった「Un'apertura d'ali(意:翼を広げて)」(2012)。作詞&作曲をBigazzi独りで手掛けており、未亡人が発掘したBigazzi自身によるデモ音源がまず公開され、Bigazzi没年にその楽曲を発掘して正式に録音したのがRenato Zero(レナート・ゼロ)で、同年のツアーの序曲に必ず流されていた楽曲。この番組ではSimona Molinari(シモーナ・モリナリ)がカヴァー。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

1:46:10から、Raf(ラフ)の「Ti pretendo(意:君を切望しながら)」(1989)は、同年のフェスティヴァルバール優勝を遂げたヒット曲。番組ではFrancesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)が登場してカヴァー。

※当サイトでのRafの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raf

※当サイトでのFrancesco Gabbaniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Gabbani

1:51:30から、番組発案者Marcella Bellaのヒット曲メドレー。70年代のブレイク時、彼女の多くの楽曲の詞を担当していたのがBigazzi。それまでのBigazziは単発的にアーティストに楽曲提供していたり、いくつかのアーティストのプロデュースも行っているが、専属に近い形でアーティストに関わって成功に導いた最初の実績といえるのがMarcellaだったともいえる。

ステージに先駆けて、Marcellaの実兄で、Bigazzi-Bellaのコンビで数々の名曲を手掛けたGianni Bella(ジァンニ・ベッラ)、そしてMarcellaの最初のマネージャーを務めたIvo Callegari(イーヴォ・カッレガーリ)が紹介される。前者はその後、ソロデビューを経て、大御所Adriano Celentanoにも楽曲を提供する大作曲家に成長し、後者はMarcellaの前にCaterina Caselli(カテリーナ・カゼッリ)やPatty Pravo(パッティ・プラヴォ)を育てた敏腕マネージャー。

披露したメドレーは「Io domani(意:私は明日)」(1973)〜「Nessuno mai(意:誰も決して)」 (1974)〜「Montagne verdi(意:緑色の山々)」(1972)〜「Rio De Janeiro(リオ・デ・ジャネイロ)」(1981)。2曲目はイタリア最初のディスコ曲と言われる曲で、ボニーMが英語でカヴァーしている。本記事末尾のプレイリストに収録。

2:02:05から、サンレモ音楽祭1992新人部門でAleandro Baldi(アレアンドロ・バルディ)とFrancesca Alotta(フランチェスカ・アロッタ)のコンビで歌ったのが「Non amarmi(意:僕を愛するな)」(1992)。番組ではAleandro Baldi本人とAnna Tatangeloのコンビで披露。なお、同曲は後にJennifer Lopez(ジェニファー・ロペス)がスペイン語でカヴァーし、彼女のデビューアルバムに収録されたことで世界中に知られることとなった。本記事末尾のプレイリストに収録。

※当サイトでのAleandro Baldiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Aleandro_Baldi

2:09:00から、Aleandro Baldiが独り残り、サンレモ音楽祭1994で優勝に輝いた「Passera`(意:過ぎ去るだろう)」(1994)をギター弾き語りで披露。余談だが、同年のサンレモ音楽祭で新人部門優勝したのがAndrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)なので、大賞部門も新人部門も同じイニシャル“A.B.”を持つ盲目歌手の2人が優勝した奇跡の回となった。後年、オペラティックポップグループIl Divo(イル・ディーヴォ)がカヴァーして世界中に知られることとなった。残念ながらSpotifyにはオリジナルのAleandro Baldi版の収録が無かったので、本記事末尾のプレイリストにはIl Divo版のみ収録。

2:21:35から、サンレモ音楽祭1970出場曲「Eternita`(意:永遠)」(1970)。当時のサンレモ音楽祭はダブルキャスト制を採用していたため、オリジナル歌手は2組存在しており、Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)版はいかにも60年代のカンツォーネ的なアレンジで、Camaleonti(カマレオンティ)版はいきなりオーケストラの不協和音で始まるツウ好みのアレンジ。番組ではMarcella BellaとDeborah Iuratoがカヴァー。

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

※当サイトでのCamaleontiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Camaleonti

2:33:20から、Rafの「Cosa restera` degli anni 80(意:80年代の何が残るのだろう)」(1989)。再びFrancesco Gabbaniがカヴァー。

2:39:35から、Rafの出世曲「Self control(セルフ・コントロール)」(1984)は、原曲が英語詞という思い切った戦略を取り、まずはイギリスからヒットし、英語圏に広がり、本国イタリアに逆輸入の形でヒットした。Laura Braniganが同年そのまま英語でカヴァー。番組ではX Factor2014から躍り出た新人歌手Emma Morton(エンマ・モルトン)がカヴァー。

2:44:15から、Gaetano Curreriが再び登場し、自身のバンドStadioの「...E mi alzo sui pedali(意:…そして僕はペダルの上に立つ)」(2007)を披露。同曲は自転車競技界でイタリアの国民的英雄だった故Marco Pantani(マルコ・パンターニ)に捧げられた追悼曲。Marco Pantaniの強さの秘訣は上り坂にあったため、立ち漕ぎの姿勢が印象的。そこから付けられたタイトルと考えられる。パフォーマンスに先駆けて、Bigazzi没後、サンレモ音楽祭に“ジァンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀編曲賞)”が設けられ、初代受賞者となった(総合優勝も果たす)のがStadioという縁もある。

2:51:45から、Riccardo Del Turco(リッカルド・デル・トゥルコ)の「Luglio(意:7月)」(1968)をSimona Molinariがカヴァー。同曲はまだ駆け出しの作詞家だったBigazziが28歳の時に放った最初の大ヒット曲で、ヨーロッパでもヒットし、ジョー・ダッサンがフランス語で、ハーマンズハーミッツが英語でカヴァーもしている(本記事末尾のプレイリストに収録)。初夏の到来と共に繰り返し聞かれているエヴァーグリーン楽曲としてすっかりイタリア社会に定着している。

※当サイトでのRiccardo Del Turcoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Riccardo_Del_Turco

2:56:05から、番組最後の曲として披露されるのは、恐らくBigazziが手掛けた作品の中で最も世界中で聴かれた楽曲「Gloria(グロリア)」(1979)。作曲者&オリジナル歌手Umberto Tozziと、番組発案者Marcella Bellaのとのデュエットで披露。Laura Braniganの英語カヴァーは、アメリカ、オーストラリア、カナダのチャートで首位を記録し、英語圏での大ヒットの決定打となった。他の言語でも盛んにカヴァーされ、Sheilaによるフランス語カヴァー、Tanja Laschによるドイツ語カヴァー、Jo Vallyによるオランダ語カヴァー、Carolaによるスウェーデン語カヴァーなども存在することから、いかに世界中でヒットしたかが判ると思う(本記事末尾のプレイリストに収録。)。

1960年代のカンツォーネ黄金時代に活動を始めると同時に確固たる実績を残し、激動の70年代に突入すると、時代をけん引する存在となり、世界的なヒット曲を量産。90年代までに多くの歌手のプロデュースを手掛けて、何人ものスター歌手を育てた道程は、没後もイタリア音楽史に燦然と輝く存在であるといえよう。


第190回イタリアPOPSフェスタ(2021年9月)のPlayList(多言語でのカヴァー曲も含む)


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2021年に達する年齢で表記。

第190回イタリアPOPSフェスタ(2021年9月/公開オンライン)のお知らせ

Una serata... Bella - Per te, Bigazzi!

紹介予定:
『Una serata... Bella - Per te, Bigazzi!』
 1960年代から1990年代に渡って、作詞・作曲家・プロデューサーとして大活躍し、数々のヒット曲を輩出&スター歌手を育て上げ、“歌手のデザイナー” と呼ばれた奇才Giancarlo Bigazzi(ジァンカルロ・ビガッツィ)の残した楽曲を振り返ります。
出演:Marcella Bella(マルチェッラ・ベッラ)、Umberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)、Gaetano Curreri(ガエターオ・クッレーリ/スターディオ)、Marco Masini(マルコ・マジーニ)、Aleandro Baldi(アレアンドロ・バルディ)、Simona Molinari(シモーナ・モリナリ)、Annalisa(アンナリーザ)、Francesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)他

Giancarlo Bigazzi!

日時:2021年9月25日(土) 20:00〜23:00

使用ツール:ZOOM(要・予約
※セキュリティ保護のためID&PWは非公開とします。事前予約いただいた方に折り返し詳細お知らせいたします。
※カメラ&マイクOFFでご参加ください。TVを付ける/YouTubeを見る感覚でご参加OK!

参加申し込みはコチラからお願いします。

  • 会期1週間前の参加希望者が最少催行人数10名に満たない場合は開催延期となります。
  • 開催決定の場合でも、会期前日までにご予約願います。(会期当日や直前のご予約には、ID&PWのお知らせができない場合があります)

会費は設定なしですが、この活動を長く続けていくために、別途 "投げ銭・寄付金” を賜れれば幸甚です(目安として1,000円ぐらい)。投げ銭を頂いた方にはFESTA終了後、もれなく秘密のプレゼントをemail経由で送付いたします。(注:携帯メールアドレスではプレゼントが受け取れない場合があります)

第186回イタリアPOPSフェスタ(2021年5月)レポート(第2部:Loredana Berte`)

Loredana Berte`(ロレダーナ・ベルテ/70歳/Calabria州Bagnara Calabra出身)の70歳記念TV番組『Non sono una signora(意:私は婦人ではない)』(2021)は、ベテラン&大御所から新進気鋭までの多くのゲストが出演して話題となった。
Loredana Berte  - TV-Non sono una signora (2021)

ロレダーナはあの伝説の歌姫・故Mia Martini(ミア・マルティーニ)の実妹であり、ビヨン・ボルグ(テニス選手)の元妻でもあり、そして何よりもレディ・ガガがリスペクトし、そのパフォーマンスを度々踏襲している存在。

最初の楽曲はBoomdabash(ブームダバッシェ)の「Non ti dico no(意:あなたにノーとは言わない)」(2018)。ロレダーナをフィーチャリングしてリリースされた楽曲だ。
https://youtu.be/E9DmEcS0VZ4

※当サイトでのBoomdabashの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Boomdabash

そして早くも大御所Zucchero(ズッケロ)が登場して「Diamante (ディアマンテ/=ズッケロの祖母の名前)」(1989)を共演。ロレダーナも姉のミア・マルティーニもカヴァーしている楽曲だ。
https://youtu.be/sSKFhk--Vb0

そしてズッケロのソロで「Facile(意:容易い)」 (2020)
https://youtu.be/g6MNTTOcYcY

※当サイトでのZuccheroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

ロレダーナのソロで「Luna(意:月)」(1997)。
https://youtu.be/kGEyCBFPrlc

番組タイトルにも据えられた「Non sono una signora」(1982)は彼女の70年代後半から80年代を支えた実力派カンタウトーレにして敏腕音楽家&プロデューサーのIvano Fossati(イヴァーノ・フォッサーティ)の書き下ろし。
https://youtu.be/UVhxf3ATWrM

※当サイトでのIvano Fossatiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ivano_Fossati

「Dedicato(意:献身的な)」(1978)もイヴァーノ・フォッサーティ作。ギターのイントロが印象的な楽曲。
https://youtu.be/sLjdEOIDwC0

「Maledetto luna-park(意:忌まわしい遊園地)」(2018)
https://youtu.be/5SIJFu6FvKI

「In alto mare(意:航海中/解決にはほど遠い)」(1980)は同期生のMarcella Bella(マルチェッラ・ベッラ)との共演。同曲はギタリスト&カンタウトーレにして敏腕音楽家&プロデューサーのMario Lavezzi(マリオ・ラヴェッツィ)の書き下ろし。
https://youtu.be/BKlFlRFldsM

※当サイトでのMarcella Bellaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marcella_Bella

※当サイトでのMario Lavezziの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Lavezzi

「Amici non ne ho(意:友だちは私にはいない)」(1994)は、引き続きMarcella、そしてGiusy Ferreri(ジューズィ・フェッレーリ)と女優Asia Argento(アーシア・アルジェント/『サスペリア』のダリオ・アルジェント監督の娘)が登場し、タイトルに反して3人の盟友と共演で魅せる。
https://youtu.be/Zb7KJsEO7g0

※当サイトでのGiusy Ferreriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giusy_Ferreri

「E la luna busso`(意:そして月がノックする)」(1979)は、イタリア初のレゲエ曲と目されているヒット曲。ロレダーナはひと休みして、MarcellaとGiusyの2人に新たにGaetano Curreri(ガエターノ・クッレリ/Stadioのフロントマン)とClementino(クレメンティーノ/ラッパー)が加わったパフォーマンス。同曲もMario Lavezziの作曲。
https://youtu.be/iOxNPoivzO0

※当サイトでのStadioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Stadio

※当サイトでのClementinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Clementino

「Il mare d'inverno(意:冬の海)」(1983)は、カンタウトーレEnrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ)が作詞し、Ivano Fossatがプロデュース。
https://youtu.be/GqwpSE1UpWI

※当サイトでのEnrico Ruggeriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Enrico_Ruggeri

「Fotografando(意:写真を撮りながら)」(1986)は再びClementinoとの共演で、タイトルにちなんでAsia Argentoが父親譲り?のカメラワークを魅せつけるパフォーマンスも。同曲はカンタウトーレの故Mango(マンゴー)作でフェスティヴァルバール1986出場曲。まだスマホも自撮りやセルフィ―という言葉も存在していない時代に、パジャマ姿でポラロイドカメラで自撮りするロレダーナのパフォーマンスも話題となった。
https://youtu.be/bCOy7MzTO2Y

※当サイトでのMangoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mango

「Re(意:王様)」(1986)も故Mango作品。同年のサンレモ音楽祭出場曲で、ロレダーナ自身もダンサーも全員妊婦を模した扮装で踊り狂うパフォーマンスを魅せ、大きな社会論争を巻き起こしたスキャンダルとなった。25年後にレディ・ガガがそのパフォーマンスを踏襲して披露したが、そのネタ元がロレダーナであることはイタリア以外にはほとんど知られていない。今回のTV番組ではダンサーのみ妊婦の扮装。
https://youtu.be/Cxp7ZZsybdg

Loredana Berte - Re (SR1986)
ロレダーナ・ベルテ(1986)

Lady_GaGa_bbc_big_weekend
レディ・ガガ(2011)

「Mi manchi(意:あなたが恋しい)」(1993)はロレダーナ自身が作詞を担当した楽曲。
https://youtu.be/sg-K8jYPi-Y

「Buongiorno anche a te(意:あなたにもこんにちは)」(1980)は偉大なカンタウトーレだった故Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ)提供曲。
https://youtu.be/CC104PvSHUA

※当サイトでのPino Danieleの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pino_Daniele

「Petala(意:花弁/※ポルトガル語)」(1984)〜「Jazz(ジャズ)」(1983)はブラジルのDjavan(ジャヴァン)作品。イタリア語詞はIvano Fossatiが書いている。後者は三たびGiusy Ferreriとの共演で魅せる。
https://youtu.be/Wd0RVKBXYks

「Anima carbone(意;石炭魂)」(2018)は、60歳以上限定のオーディション番組 『The Voice Senior 2020』の優勝者Erminio Sinni(エルミーニオ・シンニ)との共演。同番組でエルミーニオはロレダーナが率いるチームに所属して戦ったという間柄。
https://youtu.be/LDGL0wVURto

「Cosa ti aspetti da me(意:あなたは私から何を待っているの)」(2019)は、サンレモ音楽祭2019で惜しくも4位となった楽曲。書き下ろしたGaetano Curreriが再び登場しての共演。これは見もの。
https://youtu.be/Chhf9byfBNY

「Figlia di(意:…の娘)」(2021)サンレモ音楽祭2021のスーパーゲストとして登壇したロレダーナが披露した2021年の新曲。ロレダーナ自身も楽曲作りに参加している。
https://youtu.be/yhYAo1mg-9w

実姉ミア・マルティーニとナポレターナの第一人者だったRoberto Murolo(ロベルト・ムーロロ)のデュエット曲「Cumm'e`(意:どのように)」(1992)。作者でカンタウトーレのEnzo Gragnaniello(エンツォ・グラニャニエッロ)とロレダーナとの共演で再現された。

※当サイトでのMia Martiniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mia_Martini

※当サイトでのRoberto Muroloの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Roberto_Murolo

※当サイトでのEnzo Gragnanielloの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Enzo_Gragnaniello

故ミア・マルティーニの永遠の名曲「Almeno tu nell'universo(意:宇宙の中で少なくともあなただけは)」(1989)の実妹ロレダーナによるカヴァー。敏腕音楽家&プロデューサーMaurizio Fabrizio(マウリツィオ・ファブリツィオ)が作曲、カンタウトーレの故Bruno Lauzi(ブルーノ・ラウツィ)が作詞したものの、17年間もの間発表されずに引き出しの中で熟成されていたと言われる楽曲。
https://youtu.be/_X9ZKi_du1Q

※当サイトでのMaurizio Fabrizioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Maurizio_Fabrizio

※当サイトでのBruno Lauziの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Bruno_Lauzi

最後はロレダーナの最初のヒット曲「Sei bellissima(意:君は最高に美しい)」(1976)。楽曲アレンジはVince Tempera(ヴィンチェ・テンペラ)。当時プロミュージシャン軍団Il Volo(イル・ヴォーロ)のキーボード奏者やアニメ『UFOロボ』のイタリア版テーマ曲を作曲したりしていた人物だ。
https://youtu.be/hSjpnn9vWH8

※当サイトでのLoredana Berte`の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Loredana_Berte`


第186回イタリアPOPSフェスタ(2021年5月)紹介曲PlayList(カヴァー曲はオリジナルヴァージョンを収録)


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2021年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ