その2はコチラ


 

FESTA第3部では、ベテランの域に達しつつあるアラウンドフィフティのカンタウトリーチェを2人ピックアップしました。イタリアでは貴重な存在の自作自演タイプの女性歌手で、偶然にも2人ともRoma出身です。

1人目はPaola Turci(パオラ・トゥルチ/45歳/Roma出身)。1986年にデビューするや5年連続でサンレモ音楽祭に出場。その後も5回ほど出場し、計10回出場、ゲスト出演1回という、80年代〜90年代のサンレモ音楽祭の常連出演者となっていました。

売り出し当時のキャッチコピーは『Ragazza con la chittarra(ギターを持った女の子)』で、その後も一貫してギター(アコースティック&エレクトリック)を弾きながら歌うスタイルを続けています。

4年ぶりのアルバム「attraversami il cuore(私の心を横切って)」(2009)を10月2日に発売。

img188

FESTAでは、第2弾シングルとなったアルバムタイトル曲"attraversami il cuore"をPVで紹介しました。深まる秋によく似合う、落ち着いた雰囲気の中にほんのりとノスタルジーが漂う楽曲です。

2曲目はアルバムに先行して6月19日にリリースされたシングル曲"La mangiatrice di uomini(男喰い女)"。オルタナRockバンドのBaustelle(バウステッレ)のリーダー&ヴォーカルFrancesco Bianconi(フランチェスコ・ビアンコーニ/36歳/Toscana州Siena近郊出身)のペンになる、奇抜なタイトルをつけられた楽曲ですが、その曲調はおだやかで、聴いていて気持ち良い楽曲です。

続きを読む(leggere la continuazione)