↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Gianni_Morandi

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第197回イタリアPOPSフェスタ(2022年4月)レポート(その2:Tocca a Noi - Musica per la pace)

急遽4月FESTAの演目に追加した『Tocca a noi, Musica per la pace(意:私たちの番、平和のための音楽)』(2022)は、2022/4/5に開催されたウクライナの戦災孤児たちへの基金を集めるためのチャリティコンサート。開催地はBolognaのPiazza Maggiore。
Tocca-a-noi-Musica-per-la-pace

発起人はla Rappresentante di Lista(ラ・ラップレゼンタンテ・ディ・リスタ)の2人。
la Rappresentante di Lista

登壇するアーティストたちは何らかのメッセージを感じさせる楽曲を選んで披露しているのもポイント。それにしても既にイタリアでは9割を超す観客がノーマスクで、密集して集まり、大きな声援を上げるわ、ステージと一緒に歌うわ、アーティストも煽って歌わせるという、すっかりコロナ前のイタリアに戻っている様子が見て取れる。これがウイズ・コロナの覚悟を決めたイタリア社会の姿なのかも。

最初の音楽パフォーマンスを務めるのは、サンレモ音楽祭出場歴もあるZen Circus(ゼン・チルクス)で「Catene(意:鎖)」(2018)

続いて、Diodato(ディオダート/41歳)が「Alveari(意:ミツバチの巣箱=集合住宅)」(2020)を披露。冒頭の映像の中で、戦災を受けたウクライナの集合住宅が両方向の壁が崩れ落ちて、まさにミツバチの巣のようになっていたのと重なって感じられる。そしてサンレモ優勝曲「Fai rumore(意:音を立ててくれ)」(2020)。

※当サイトでのDiodatoの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Diodato

タレント発掘番組アミーチで優勝してシーンに躍り出たGaia(ガイア/25歳)が「Alma(意:魂)」(2021)を歌う。

※当サイトでのGaiaの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Gaia

インディーロックバンドFast Animals and Slow Kidsは「Cosa ci direbbe(意:僕らに何を言うのか)」(2021)を披露。同曲のオリジナルはWillie Peyote(ヴィリー・ペヨーテ)とのコラボでリリースされたテイク。

Noemi(ノエミ/40歳)は意図をもって過去の楽曲「Acciaio(意:鋼鉄)」(2014)を捧げる。そして開催地のボローニャに捧げて「Vuoto a perdere(意:使い捨ての瓶)」(2011)、そしてサンレモ音楽祭出場曲「Glicine(意:藤)」(2021)と3曲続けて披露。

※当サイトでのNoemiの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Noemi

渋いカンタウトーレBrunori Sas(ブルノリ・サス/45歳)は「Canzone contro la paura(意:恐れに対する歌)」(2017)を。

※当サイトでのBrunori Sasの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Brunori_Sas

Elisa(エリーザ/45歳)は最新のサンレモ音楽祭出場曲「O forse sei tu(意:あなたかもしれない)」(2022)と英語曲「No hero」(2016)の2曲。

※当サイトでのElisaの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

重鎮カンタウトーレになりつつあるPaolo Benvegnu`(パオロ・ベンヴェニュ/57歳)は「Pietre(意:石)」(2020)。

※当サイトでのPaolo Benvegnu`の紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Paolo_Benvegnu`

Rancore(ランコーレ/33歳)「S.U.N.S.H.I.N.E」(2015)

スーパーモデル級のルックスを持つElodie(エロディー)は「Bagno a mezzanotte(意:深夜のバスルーム)」(2022)

※当サイトでのElodieの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Elodie

そしてコンサートの発起人la Rappresentante di Listaは「Resistere(意:抵抗すること)」(2021)を。途中みんなで叫んでいるのは、「No armi! No guerra! No violenza!(意:武器はいらない!戦争反対!!暴力反対!)」。そしてサンレモ音楽祭出場曲「Ciao ciao(チャオ・チャオ)」(2022)。この“Ciao”は出会いの時ではなく、別れる時の言い方なので、戦争に別れを告げるの意図。

そしてオオトリは“もうひとりのボローニャ市長”という枕詞を付けて紹介されるレジェンドGianni Morandi(ジャンニ・モランディ/78歳)で、サンレモ音楽祭出場曲「Apri tutte le porte(意:すべての扉を開け)」(2022)

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi

大団円はお約束の出演者全員での大合唱。歌われる楽曲は、イタリアの反戦歌の代表格「C'era un ragazzo che come me amava i Beatles e i Rolling Stones(意:僕のようにビートルズとローリング・ストーンズを愛していた青年がいた)」(1966)。オリジナル歌手はGianni Morandiで作曲したのはカンタウトーレMauro Lusini(マウロ・ルジーニ)。

この楽曲に歌われている青年とはアメリカ人で、ギターを抱えて世界を放浪する旅をしていたが、ある日そのギターをあげる、と言ってくる。彼は国に呼び戻されてヴェトナム戦争に行かされることになったのだ。曲の途中で軽快に歌われる♪タタン・タッタンタン♪の部分は、ギターのリズムと、ヴェトナムで持たされた小銃の発射音の擬音だ。

その大団円が終わったというのに、Gianni Morandiはなかなかハケずに、ステージに残り、自身のヒット曲をアカペラで歌いつなぐという神対応を見せる。歌われるのは「Scende la pioggia(意:雨が降る)」〜「Fatti mandare dalla mamma a prendere il latte(意:ママにお乳を貰いに行っといで)」〜「Bella signora(意:美しいご婦人)」〜「Uno su mille(意:千にひとつ)」。ほぼ今から50年以上前の曲なのに、会場に集まった中心層の若い世代もが一緒に歌っているところが、まさにイタリアらしい。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2022年に達する年齢で表記。

第195回イタリアPOPSフェスタ(2022年2月)レポート:Sanremo2022

サンレモ音楽祭2022のハイライトシーンから。(Festaでは実際のサンレモ音楽祭の生ステージ映像で紹介)
LOGO_UFFICIALE_SANREMO_2022

なんといっても、視聴率がものすごく弾けた大会となり、平均視聴率:58%(前年比125.4%)、最高視聴率:最終夜後半72.09%(前年比115.3%)、瞬間最高視聴率:最終夜優勝発表時81.15%(前年比102.7%)という結果となったのが特筆する点。

まずは本選出場25組から、上位6位までをピックアップ。例年のサンレモは、最終夜に大きく順位が変動する大番狂わせが常態化しているが、今回はほぼ、途中経過の順位通りの結果となったのも大きな特徴といえよう。

6位は優勝経験者Emma(エンマ/38歳)が歌う「Ogni volta e` cosi`(意:毎回こんな感じ)」。ヒットメイカーのDardust(ダルダスト)らとエンマ自身が書き下ろした楽曲で、何よりも若手女性歌手Francesca Michielin(フランチェスカ・ミキェリン/27歳)が初めて指揮者として登壇したのが大きな話題となった。
Emma

※当サイトでのEmmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

※当サイトでのFrancesca Michielinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesca_Michielin

5位はSangiovanni(サンジョヴァンニ/19歳)が歌った「Farfalle(意:蝶々たち)」。2021年にタレント・ショウ番組Amici(アミーチ)で2位となり(歌手部門1位)、2021年の年間シングルチャートの首位を制する大躍進を果たした注目株だ。
Sangiovanni

※当サイトでのSangiovanniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Sangiovanni

4位はIrama(イラマ/27歳)「Ovunque sarai(意:君がどこにいても)」。共作者であり、同大会で指揮者を務めたGiulio Nenna(ジュリオ・ネンナ)の亡き父に捧げた楽曲で、惜しくもこの順位にとどまった。
Irama

※当サイトでのIramaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Irama

3位は優勝経験者にして、長年現役であり続けるレジェンドGianni Morandi(ジャンニ・モランディ/78歳)の「Apri tutte le porte(意:あらゆる扉を開け)」。コロナ禍でこの2年間も行動の自由を奪われた人々へに向けてのメッセージソングで、Jovanotti(ジョヴァノッティ/56歳)らが書き下ろしたことも順位に大きな貢献をした。ルチォ・ダッラ賞(記者クラブ賞)も受賞。
Gianni Morandi

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi

※当サイトでのJovanottiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

2位は優勝経験者Elisa(エリーザ/45歳)の「O forse sei tu(意:あなたかもしれない)」は、ピアノやストリングスの音色を生かした美しいラヴソングで、ジャンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀作曲賞)も受賞。
Elisa

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

そして優勝したのは、優勝経験者Mahmood(マムッド/30歳) e Blanco(ブランコ/19歳)がタッグを組んで歌った「Brividi(意:おののき)」。
Mahmood e Blanco-vincitori2

内容は“愛の不確かさ”。間違いや不充分さ、脆さなどを恐れずに、逃げずに立ち向かっていこう、というメッセージソング。メタファーに富んだ歌詞なので、人それぞれの解釈が成り立つものの、直近の2年もの間、愛が確かめにくい状況に陥った誰もの心に刺さったことは間違いないだろう。美しい高音域のメロディをしっかりとした歌唱力で魅了したパフォーマンスだったことが勝利に繋がったようだ。

マムッドは2019年に優勝後わずか3年目に2度目の優勝という快挙となり、21世紀になってからは初めてのこととなり、ブランコは2020年にデビューしたばかりながら、2021年はチャート首位を獲得する曲を3曲も放ち、年間チャートも賑わせた赤丸注目株の存在。

※当サイトでのMahmoodの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mahmood

※当サイトでのBlancoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Blanco


第4夜に行われたカヴァー大会から、イタリア語歌唱で光るパフォーマンスだったものを紹介。

最優秀カヴァー賞に輝いたのは、Gianni MorandiがJovanottiをゲストに迎えて歌った彼らの持ち歌メドレー「Occhi di Ragazza(意:太陽の少女)」(1970) 〜 「Un mondo d'amore(意:愛の世界)」(1967) 〜 「Ragazzo fortunato(意:幸福な青年)」(1992) 〜 「Penso positivo(意:プラス思考)」(1994)。前半2曲はGianni Morandiの、後半2曲はJovanottiの持ち歌だ。デュエットとはいえ、それぞれの持ち歌を歌っただけなので、厳密にはカヴァーといえないじゃないか、という意見も集めたものの、余興コーナーなので、楽しければそれで良し、ということで。
Gianni Morandi con Jovanotti

MahmoodとBlancoがカヴァーしたのは、「Il cielo in una stanza(意:ある部屋の空/邦題:しあわせがいっぱい)」 (1960)。60年代にイタリア音楽界の革命を目指したジェノヴァ派と呼ばれるカンタウトーレたちの中で、現在、唯一の生存者であるGino Paoli(ジーノ・パオリ/88歳)が書いたエヴァーグリーン曲。尖がった音楽を奏でる現代の若者2人が60年以上前の楽曲をカヴァーして歌うところが実にイタリアらしい。
Mahmood e Blanco

※当サイトでのGino Paoliの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gino_Paoli

SangiovanniはFiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア/68歳)を迎えて、故Pierangelo Bertoli(ピエランジェロ・ベルトリ/1942-2002)の「A muso duro(意:断固として)」 (1979)をカヴァー。68年にデビューしたものの長い下積み時代を余儀なくされたフィオレッラが、ようやくヒット曲を放って注目を集めるようになったのが、ピエランジェロ・ベルトリとのデュエットで歌った「Pescatore(意:漁師)」(1980)だったので、まさにドンピシャのゲストというところがツボ。
Sangiovanni e Fiorella Mannoia

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia

※当サイトでのPierangelo Bertoliの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pierangelo_Bertoli

Massimo RanieriはNek(ネック/50歳)を迎えて故Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ/1955-2015)の「Anna verra`(意:アンナがやってくる)」(1989)をカヴァー。“アンナ”とはアカデミー主演女優賞(非英語圏で初となる快挙)の他、数多の国内外の賞を獲得したイタリアが誇る大女優Anna Magnani(アンナ・マニャーニ/1908-1973)を歌っている。
Massimo Ranieri e Nek

※当サイトでのNekの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nek

※当サイトでのPino Danieleの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pino_Daniele

AKA 7even(アカ・セヴン/22歳)は優勝経験者Arisa(アリーザ/40歳)を迎えて故Alex Baroni(アレックス・バローニ/1966-2002)の「Cambiare(意:変わること)」(1997)をカヴァー。
Aka 7even con Arisa

※当サイトでのArisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa

※当サイトでのAlex Baroniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alex_Baroni

Achille Lauro(アキッレ・ラウロ/32歳)はLoredana Berte`(ロレダーナ・ベルテ/72歳)を迎えて、ロレダーナの初期の大ヒット曲「Sei bellissima(意:君はキレイだ)」(1975)をカヴァー。いつもド派手なルックスのアキッレがオトナシ目の衣装だったのに対し、見た目のインパクトが強いロレダーナが自分の持ち歌を歌う構造になったため、どちらが主役でゲストだか判らない絵となってしまった。
Achille Lauro con Loredana Berte'

※当サイトでのAchille Lauroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Achille_Lauro

※当サイトでのLoredana Berte`の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Loredana_Berte`

Rkomi(ルコミ/28歳)は、2021年の年間アルバムチャートの首位を収める快挙を成し遂げた注目株。カヴァー大会で披露したのはイタリアのロックの帝王Vasco Rossi(ヴァスコ・ロッシ/70歳)のメドレー。「Fegato, fegato spappolato(意:肝臓、ぐにゃぐにゃにされた肝臓)」(1979)〜「Deviazioni(意:逸脱)」(1983)〜「Cosa succede in citta`(意:街に何が起こっているのか)」(1985)の3曲を披露。なんといってもゲストにファンクバンドCalibro 35(カリブロ・トレンタチンクエ)が登場したことがツウには堪らん!キーボードにEnrico Gabrielli(エンリコ・ガブリエッリ)で、途中フルートに持ち替えて、エネルギッシュなパフォーマンスも!他の面々もそれぞれプロミュージシャンとして様々なレコーディングに参加しているプロ中のプロばかり。
Rkomi con Calibro 35

※当サイトでのRkomiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Rkomi

※当サイトでのVasco Rossiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vasco_Rossi

一転してIva Zanicchi(イヴァ・ザニッキ/82歳)が、同僚にして良きライバル関係にあった故Milva(ミルヴァ/1939-2021)のサンレモ出場曲「Canzone(意:歌)」(1968)をカヴァー。冒頭にサンレモで歌うミルヴァの映像&サウンドで始まり、まるでデュエットのような神がかったシーンとなった。同曲はモザイク・カンツォーネという異名をとった作風のDon Backy(ドン・バッキー)らが書き下ろした楽曲で、当時彼が所属していたレコード会社の長Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ)との間で紛争が巻き起こった曰くつきの楽曲でもある。
Iva Zanicchi

※当サイトでのIva Zanicchiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Iva_Zanicchi

※当サイトでのMilvaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Milva

※当サイトでのDon Backyの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Don_Backy

※当サイトでのAdriano Celentanoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

Giovanni Truppi(ジョヴァンニ・トルッピ/41歳)が死後もイタリア人たちの心の中でレジェンドであり続けるFabrizio De Andre'(ファブリツィオ・デ・アンドレ/1944-1999)の「Nella mia ora di liberta`(意:僕の自由時間に)」(1973)をカヴァー。しかもゲストにVinicio Capossela(ヴィニーチョ・カポッセラ/57歳)とMauro Pagani(マウロ・パガーニ/76歳)を迎える豪華なステージ。偉大な音楽家にしてマルチプレイヤーのマウロ・パガーニが神がかったヴァイオリンやフルートを演奏することが期待されていたものの、終始ハーモニカを吹くだけに留まったのは少々残念。
Giovanni Truppi, Vinicio Capossela e Mauro Pagani

※当サイトでのFabrizio De Andre'の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_De_Andre'

※当サイトでのVinicio Caposselaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vinicio_Capossela

※当サイトでのMauro Paganiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mauro_Pagani

Giusy Ferreri(ジューズィー・フェッレーリ/43歳)はBluvertigo(ブルーヴェルティゴ)のAndy(アンディ/52歳)を迎えて、イタリア人の心に残り続けるもうひとりのレジェンドLucio Battisti(ルーチォ・バッティスティ/1943-1998)のカヴァー「Io vivro [senza te](意:僕は生きる[君なしで]」(1968)をカヴァー。
Giusy Ferreri con Andy dei Bluvertigo

※当サイトでのGiusy Ferreriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giusy_Ferreri

※当サイトでのBluvertigoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Bluvertigo

※当サイトでのLucio Battistiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Battisti


さて、ここからはゲスト出演者のシーンを紹介した。

前年の覇者Maneskin(マネスキン)はサンレモ2021優勝曲「Zitti e buoni(意:だまってイイ子ンいしてな)」、「Coraline(コラリーン)」を披露。このステージならではのオーケストラ入りアレンジは見事。パフォーマンスが終わった直後、感極まってヴォーカルのダミァーノは泣き出してしまっていたのも見どころとなった。
Maneskin0

※当サイトでのManeskinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Maneskin

サンレモ2021出場曲「Musica leggerissima(意:超・軽音楽)」が大ヒットとなったColapesce(コラペッシェ/39歳) Dimartino(ディマルティーノ/40歳)は、豪華客船コスタ・トスカーナの別ステージから船乗りの衣装でのパフォーマンス。
Colapesce Dimartino

※当サイトでのColapesceの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Colapesce

※当サイトでのDimartinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Dimartino

Laura Pausini(ラウラ・パウジーニ/48歳)は新曲「Scatola(意:箱)」を披露。
LauraPausini

※当サイトでのLaura Pausiniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Laura_Pausini

優勝経験者Ermal Meta(エルマル・メータ/41歳)は、サンレモ2021で惜しくも3位に留まった「Un milione di cose da dirti(意:君に言うことがたくさん)」を豪華客船コスタ・トスカーナから中継で見せた。
Ermal Meta

※当サイトでのErmal Metaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ermal_Meta

Pinguini Tattici Nucleari(ピングィニ・タッティチ・ヌークレァーリ)は初出場したサンレモ2020で3位に入賞した「Ringo Starr(リンゴ・スター)」を豪華客船コスタ・トスカーナから中継で。以降、アルバムも大ヒットして、大躍進となった彼らが演奏の途中で掲げたプラカードが大きな注目を集めた。そこに書かれていたのは「2年間コンサートができていない」「僕らに演奏をさせてくれ」という悲痛な叫び。彼らもまたコロナ禍の深刻な影響を受けていたのだ。
Pinguini Tattici Nucleari

※当サイトでのPinguini Tattici Nucleariの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pinguini_Tattici_Nucleari

優勝経験者Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/34歳)はMadame(マダム)とデュエットした「Mi fidero`(意:僕には自信がある)」(2021)、そしてサンレモ2013優勝曲「L'essenziale(位:かけがえのないもの)」をパフォーマンス。
Marco Mengoni2

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

※当サイトでのMadameの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Madame

Cesare Cremonini(チェーザレ・クレモニーニ/42歳)は「Nessuno vuole essere Robin(意:誰もロビンにはなりたくない)」(2018)、「Marmellata #25(意:マーマレード #25)」(2005)、「La nuova stella di Broadway(意:ブロードウェイの新星)」(2013)、「Poetica(意:作詞論)」(2017)、「La ragazza del futuro(未来の少女)」(2022)、そしてLunaPop(ルナポップ)時代の大ヒット曲「50 special(50 スペシャル)」(1999)と、6曲ものヒット曲をたっぷり披露した。
Cesare Cremonini

※当サイトでのCesare Cremoniniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cesare_Cremonini


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2022年に達する年齢で表記。

第182回イタリアPOPSフェスタ(2021年1月)レポート(第2部:L'anno che verra`2021)

2003年以来、大晦日から年またぎで放映されているイタリアのTV番組『L'anno che verra`(意:やって来る年)』。毎年、開催地を変え、開催都市の大広場で繰り広げられているが、2021年を向かえる今回はコロナ禍のため、感染症対策を施した無観客のスタジオライヴ仕様で放映された。

5時間に渡っての生放送で、いわば日本の紅白歌合戦の拡大版的な位置付けになるだろうか。日本では新年を迎える際は、厳かな気持ちの中で迎える風習があるためTV番組も『ゆく年くる年』だが、イタリアでは伝統的に賑やかに新年を迎えるという風習にのっとった番組編成となっている。

ベテランから若手、バラードからロック、ラップに至る多彩なゲストが出演し、2020年の年間チャート上位を勝ち取った楽曲も披露されているため、イタリア音楽界を牽引する面々の一角を知るのにも適した内容となっている。また歌詞の字幕が出るので、イタリア人ならきっと見ながら歌って楽しんでいることが容易に想像できる。

MCは2年連続でサンレモ音楽祭の総合司会&芸術監督を務めるAmadeus(アマデウス/59歳/Emilia Romagna州Ravenna出身)と1960年代からトップスターを続けるGianni Morandi(ジァンニ・モランディ/77歳/Emilia Romagna州Monghidoro出身)の2人。
L'anno che verra 2021

特にGianni MorandiはMCだけでなく、随所で自身の曲や他者のカヴァーなどを披露し、いわばGianni Morandiのスペシャルなショウ番組に多彩なゲストが出演している、という感がある。2021年に77歳となる年齢ながら、そのエネルギッシュさには目を見張るものが。

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi

既に公式チャネルでは映像が削除されているため、以下に非公式ながら全編の映像をUPしているリンクを貼っておく。
https://youtu.be/mpXBMUxxIDg

以下にハイライトシーンの紹介と解説を書いていこう。

冒頭はGianni Morandiによる番組タイトル名となった「L'anno che verra`」のカヴァー。同曲は故Lucio Dalla(ルーチォ・ダッラ)の1979年作品で、いつの頃か年末の定番ソングとして定着し続けている曲。
Gianni Morandi - L'anno che verra 2021

続いて超新星のGaia(ガイア/23歳/Emilia Romagna州Guastalla出身)が登場。彼女はタレント発掘番組Amiciの2020年優勝者で、後のサンレモ音楽祭2021に初出場が決まっている。歌ったのは今夏ヒットした(年間チャート23位!)ポルトガル語詞の「Chega(意:足りている)」。彼女の母はブラジル人とのこと。
Gaia - L'anno che verra 2021

00:18:00あたりから登場するのはGigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ/54歳/Napoli出身)。「Quanti amori(意:どれほどの愛を)」、そしてベテラン人気ラッパーJ-Ax(ジェイ・アックス/49歳/Milano出身)を迎えてリメイクした「Annare`(アンナレ/=アンナレッラのナポリ風呼び名)」。
Gigi D'Alessio - L'anno che verra 2021
J-Ax - L'anno che verra 2021

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio

00:32:50あたりからは1960年代から活動する女性シャウト歌手Rita Pavone(リタ・パヴォーネ/76歳/Torino出身)のヒット曲「Come te non c'e` nessuno(意:あなたみたいな人は他にはいない)」〜英語曲「Heart (I hear your beating)」のイタリア語カヴァ―「Cuore(意:心)」のメドレー。この年齢&小さな細い体からみなぎるパワーには目を見張るものがある。
Rita Pavone - L'anno che verra 2021

※当サイトでのRita Pavoneの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Rita_Pavone

00:55:00からは、サンレモ2021にも出場が発表されたAnnalisa(アンナリーザ/36歳/Liguria州Savona出身)の「Tsunami(意:津波)」。日本語タイトルで嬉しいが、背後の波の映像は日本人にはまだ刺激が強すぎるのが残念。
Annalisa - L'anno che verra 2021

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa

01:09:55からはPiero Pelu`(ピエロ・ペルー/59歳/Firenze出身)のサンレモ音楽祭2020出場曲「Gigante(意:巨人)」、そして古巣のバンドLitfiba(リトフィバ)として発表した楽曲「Regina di cuori(意:心の女王)」のメドレー。孫ができたとのことで、MC陣から“ロックの祖父”という異名で呼ばれているのが笑いのポイント。
Piero Pelu - L'anno che verra 2021

※当サイトでのLitfibaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Litfiba

02:17:55からはArisa(アリーザ/39歳/Genova生まれBasilicata州Pignora育ち)のしっとりとしたバラード「La notte(意:夜)」。あのMauro Pagani(マウロ・パガーニ)プロデュースで大きな話題となった作品で、サンレモ音楽祭2012で2位となった。2014年の同大会で優勝を勝ち取ったArisaは2021年大会にも出場することが決まっている。
Arisa - L'anno che verra 2021

※当サイトでのArisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa

02:22:15からはサンレモ音楽祭2014新人部門優勝歴を持つ若手ラッパーRocco Hunt(ロッコ・アント/27歳/Campagna州Salerno出身)の「A un passo dalla luna(意:月から一歩)」。スペインの歌姫Ana Mena(アナ・メナ)とのデュエットで2020年イタリア年間チャート2位となる大ヒット曲となった。残念ながらAna Menaは出演せず、ヴォーカルトラックだけ流れた。
Rocco Hunt - L'anno che verra 2021

※当サイトでのRocco Huntの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Rocco_Hunt

02:42:00からは年明けカウントダウンの一幕。お祭りモードで新年を迎えるイタリアの雰囲気が味わえる。それにしてもスタジオで花火をそんなにたくさん上げられるイタリアって。。。
L'anno che verra 2021-highlight

続いてヒップホップグループBoomdabash(ブームダバッシュ)が「Mambo Salentino(意:サレント地方のマンボ)」そして2020年イタリア年間チャート1位となった大ヒット曲「Karaoke(カラオケ)」。どちらも抜群の歌唱力を誇るAmici出身の歌姫Alessandra Amoroso(アレッサンドラ・アモローゾ)をフィーチャリングしている曲だが、残念ながらAkessandraは出場せず、ヴォーカルトラックのみ流された。
Boomdabash - L'anno che verra 2021

03:11:25からはRaf(ラフ/62歳/Puglia州Margherita di Savoia出身)とUmberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ/69歳/Torino出身)、国際的なヒット曲を持つベテランカンタウトーレ2人がタッグを組み、それぞれのヒット曲をデュエットしていく。「Self control」(Raf)〜「Stella stai(意:君は星)」(Tozzi)〜「Ti pretendo(意:君を切望する)」(Raf)〜「Gloria(意:栄光)」(Tozzi)。
Raf Tozzi - L'anno che verra 2021

※当サイトでのRafの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raf

※当サイトでのUmberto Tozziの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Umberto_Tozzi

04:04:20からは来日歴もあるラッパーShade(シャーデー)の「Autostop(意:停留所)」
Shade - L'anno che verra 2021

※当サイトでのShadeの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Shade

04:20:50からは人気ラッパーClementino(クレメンティーノ/39歳/Campagna州Avellino出身)のラップメドレーだが、冒頭でオーケストラへの感謝の言葉を口にしながら、いきなり歌い出すのはサンレモ音楽祭1988年の新人部門で2位となったTrio Melody(トリオ・メロディ)の「Ma che ne sai... [...Se non hai fatto il piano-bar](意:でも君はその何を知ってるの...[...もし君がピアノバーじゃないのなら])」だ。新人部門出場と言ってもTrio Melodyのメンバーは著名俳優Gigi Proietti(ジジ・プロイエッティ/当時30歳)、2度のサンレモ音楽祭優勝歴を持つベテランカンタウトーレPeppino Di Capri(ペッピーノ・ディ・カプリ/当時49歳)らからなっていた。そしてこのトリオのもうひとりが、Stefano Palatresi(ステーファノ・パラトレージ)で、彼はこのL'anno che verra`のバンドマスターを務めていた故、Clementinoから彼へのサプライズのパフォーマンスだったのだ。Clementinoの自国の音楽に対する造詣の深さが感じられる一幕だ。
Stefano Palatresi- L'anno che verra 2021
突然のことに驚くマエストロStefano Palatresi

Clementinoはその後、自曲の「La cosa piu` bella che ho(意:僕が持ってる最高に美しいもの)」〜「Cos cos cos(意:何、何、何)」〜「Chi vuole essere milionario?(意:誰が億万長者になりたいのか?)」〜「Dedicato a Pino Daniele(意:ピーノ・ダニエレに捧ぐ)」をメドレーで披露
Clementino - L'anno che verra 2021

※当サイトでのClementinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Clementino

続いて登場するのはErminio Sinni(エルミーニオ・シンニ/60歳/Toscana州Grosseto出身)がLucio Dallaをカヴァーした「La sera dei miracoli(意:神秘の夜)」。Erminioはタレント発掘番組The Voice of Italyのシニア部門で2020年に優勝して脚光を浴びた人物。1990年代にサンレモ音楽祭新人部門に出場したこともあったが、その後大きな知名度を得ることがないままだったカンタウトーレによる再チャレンジで返り咲くことに成功した。
Erminio Sinni - L'anno che verra 2021

04:40:35からのオオトリはやっぱりGianni Morandiで。かつてLucio Dallaと組んでヒットさせた「Vita(意:人生)」をここではAmadeusとのデュエットで。
Gianni Morandi Amadeus - L'anno che verra 2021

第182回イタリアPOPSフェスタ(2021年1月)紹介曲PlayList


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2021年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ