↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Diodato

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第197回イタリアPOPSフェスタ(2022年4月)レポート(その2:Tocca a Noi - Musica per la pace)

急遽4月FESTAの演目に追加した『Tocca a noi, Musica per la pace(意:私たちの番、平和のための音楽)』(2022)は、2022/4/5に開催されたウクライナの戦災孤児たちへの基金を集めるためのチャリティコンサート。開催地はBolognaのPiazza Maggiore。
Tocca-a-noi-Musica-per-la-pace

発起人はla Rappresentante di Lista(ラ・ラップレゼンタンテ・ディ・リスタ)の2人。
la Rappresentante di Lista

登壇するアーティストたちは何らかのメッセージを感じさせる楽曲を選んで披露しているのもポイント。それにしても既にイタリアでは9割を超す観客がノーマスクで、密集して集まり、大きな声援を上げるわ、ステージと一緒に歌うわ、アーティストも煽って歌わせるという、すっかりコロナ前のイタリアに戻っている様子が見て取れる。これがウイズ・コロナの覚悟を決めたイタリア社会の姿なのかも。

最初の音楽パフォーマンスを務めるのは、サンレモ音楽祭出場歴もあるZen Circus(ゼン・チルクス)で「Catene(意:鎖)」(2018)

続いて、Diodato(ディオダート/41歳)が「Alveari(意:ミツバチの巣箱=集合住宅)」(2020)を披露。冒頭の映像の中で、戦災を受けたウクライナの集合住宅が両方向の壁が崩れ落ちて、まさにミツバチの巣のようになっていたのと重なって感じられる。そしてサンレモ優勝曲「Fai rumore(意:音を立ててくれ)」(2020)。

※当サイトでのDiodatoの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Diodato

タレント発掘番組アミーチで優勝してシーンに躍り出たGaia(ガイア/25歳)が「Alma(意:魂)」(2021)を歌う。

※当サイトでのGaiaの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Gaia

インディーロックバンドFast Animals and Slow Kidsは「Cosa ci direbbe(意:僕らに何を言うのか)」(2021)を披露。同曲のオリジナルはWillie Peyote(ヴィリー・ペヨーテ)とのコラボでリリースされたテイク。

Noemi(ノエミ/40歳)は意図をもって過去の楽曲「Acciaio(意:鋼鉄)」(2014)を捧げる。そして開催地のボローニャに捧げて「Vuoto a perdere(意:使い捨ての瓶)」(2011)、そしてサンレモ音楽祭出場曲「Glicine(意:藤)」(2021)と3曲続けて披露。

※当サイトでのNoemiの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Noemi

渋いカンタウトーレBrunori Sas(ブルノリ・サス/45歳)は「Canzone contro la paura(意:恐れに対する歌)」(2017)を。

※当サイトでのBrunori Sasの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Brunori_Sas

Elisa(エリーザ/45歳)は最新のサンレモ音楽祭出場曲「O forse sei tu(意:あなたかもしれない)」(2022)と英語曲「No hero」(2016)の2曲。

※当サイトでのElisaの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

重鎮カンタウトーレになりつつあるPaolo Benvegnu`(パオロ・ベンヴェニュ/57歳)は「Pietre(意:石)」(2020)。

※当サイトでのPaolo Benvegnu`の紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Paolo_Benvegnu`

Rancore(ランコーレ/33歳)「S.U.N.S.H.I.N.E」(2015)

スーパーモデル級のルックスを持つElodie(エロディー)は「Bagno a mezzanotte(意:深夜のバスルーム)」(2022)

※当サイトでのElodieの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Elodie

そしてコンサートの発起人la Rappresentante di Listaは「Resistere(意:抵抗すること)」(2021)を。途中みんなで叫んでいるのは、「No armi! No guerra! No violenza!(意:武器はいらない!戦争反対!!暴力反対!)」。そしてサンレモ音楽祭出場曲「Ciao ciao(チャオ・チャオ)」(2022)。この“Ciao”は出会いの時ではなく、別れる時の言い方なので、戦争に別れを告げるの意図。

そしてオオトリは“もうひとりのボローニャ市長”という枕詞を付けて紹介されるレジェンドGianni Morandi(ジャンニ・モランディ/78歳)で、サンレモ音楽祭出場曲「Apri tutte le porte(意:すべての扉を開け)」(2022)

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事
https://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi

大団円はお約束の出演者全員での大合唱。歌われる楽曲は、イタリアの反戦歌の代表格「C'era un ragazzo che come me amava i Beatles e i Rolling Stones(意:僕のようにビートルズとローリング・ストーンズを愛していた青年がいた)」(1966)。オリジナル歌手はGianni Morandiで作曲したのはカンタウトーレMauro Lusini(マウロ・ルジーニ)。

この楽曲に歌われている青年とはアメリカ人で、ギターを抱えて世界を放浪する旅をしていたが、ある日そのギターをあげる、と言ってくる。彼は国に呼び戻されてヴェトナム戦争に行かされることになったのだ。曲の途中で軽快に歌われる♪タタン・タッタンタン♪の部分は、ギターのリズムと、ヴェトナムで持たされた小銃の発射音の擬音だ。

その大団円が終わったというのに、Gianni Morandiはなかなかハケずに、ステージに残り、自身のヒット曲をアカペラで歌いつなぐという神対応を見せる。歌われるのは「Scende la pioggia(意:雨が降る)」〜「Fatti mandare dalla mamma a prendere il latte(意:ママにお乳を貰いに行っといで)」〜「Bella signora(意:美しいご婦人)」〜「Uno su mille(意:千にひとつ)」。ほぼ今から50年以上前の曲なのに、会場に集まった中心層の若い世代もが一緒に歌っているところが、まさにイタリアらしい。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2022年に達する年齢で表記。

SHOP ITALIA『絶対に見ておくべき日本ロケのMV!サンレモ音楽祭優勝者Diodato(ディオダート)』

SHOP ITALIA -WEB MAGAZINE-」に当サイト主催のYoshioAntonioの音楽コラム第3弾が掲載されました!

※「SHOP ITALIA -WEB MAGAZINE-」は2020年10月1日、「ITALIANITY -WEB MAGAZINE-」と名称変更されました。URLも変更となりましたが、この記事内のURLをクリックすると新サイトに自動的に誘導されます。(旧記事も新サイトに掲載されております)


本年2月に超ダークホースのままサンレモ音楽祭2020に優勝し、後にイタリア映画界の大賞をW受賞する快挙をも勝ち取ったDiodato。

しかもその前年には東京ロケのMVまで発表していたので、イタリア好き日本人ならば絶対に抑えておくべし。

※当サイトでのDiodatoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Diodato

毎月中旬と月末にコラム掲載していく予定です。お楽しみに!

ShopItalia-logo

あなたの知らないイタリアが、ここにある。
フード、ファッション、アート、デザイン、歴史、カルチャー……。
私たちを魅了してやまないイタリア。
Webマガジン「SHOP ITALIA」は、まだまだ知られていない、
プレミアムなイタリアの魅力をお伝えしていきます。

第175回イタリアPOPSフェスタ(2020年6月)レポート(第1部:Diodato)

サンレモ音楽祭2020優勝者Diodato(ディオダート/39歳/Aosta出身)のアルバム『Che vita meravigliosa(意:なんて素晴らしい人生だ)』(2020)から。
Diodato - Che vita meravigliosa(2020)

まずは先行シングル「Non ti amo piu`(意:僕はもう君を愛していない)」
https://youtu.be/qmPZ6Ely7OE

アルバムタイトル曲「Che vita meravigliosa(なんて素晴らしい人生だ)」は、映画『La dea fortuna(意:幸福の女神)』(フェルザン・オズペテク監督)の挿入歌に採用され、公式ヴィデオクリップはなんと日本で撮影されている。サンレモ音楽祭の後になって同曲は、イタリア映画界最高の賞となるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の最優秀オリジナル楽曲賞に輝く。映画タイトルの“幸運の女神”はDiodatoに微笑んだのだ。

そして出場したサンレモ音楽祭2020。下馬評と大衆の人気投票を覆し、優勝したのはDiodatoの「Fai rumore(意:君が物音を立てる)」だ。上位3者の決戦投票で、大衆票では彼はビリだったのだが、プロの審査員やとりわけオーケストラの票を重視した結果、優勝曲に選ばれたのだ。いわば70回記念大会に相応しいと、プロのお眼鏡にかなった楽曲ということになるのだ。なぜ大衆票ではビリだったのか? 多くのイタリア人にとって「彼は誰?」状態だったのだ。サンレモ音楽祭には3度目の出場ではあったのだが、イタリア人らしくない薄い醤油顔のせいか、人々の記憶に残っていなかったのだ。
https://youtu.be/tPv9ZPXmFWU

サンレモ優勝の結果、ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2020にイタリア代表としての出場権も得たのだが、コロナ禍真っ只中の5月開催予定だったので、敢え無く大会は中止=翌年に延期、となった。しかも来年は来年のサンレモ音楽祭優勝者が出場権を得るのがセオリーのため、Diodatoの「Fai rumore」のユーロヴィジョン出場はついえてしまった。しかしユーロヴィジョンに出場予定だった楽曲の披露はユーロヴィジョンの放送網で行われたため、Diodato陣営がシュートした映像は、無観客のArena di Veronaでの収録だった。逆にこれはこれで異様な雰囲気の相乗効果もあって見応えある映像だ。

この「Fai rumore」とは、同居人が立てる物音をうるさがるのではなく、そこに君がいる、ということを感じさせることなのだから、むしろもっと物音を立てて君を感じさせて欲しい、という内容だ。彼がサンレモ優勝した後に外出禁止令が敷かれたイタリア。同居人がたてる物音に日常的に触れることになり、この「Fai rumore」はまさにコロナ禍のライフスタイルを象徴するような歌にもなった。

サンレモ音楽祭2020で余興として行われた70周年記念カヴァー大会ではサンレモ1961年大会2位となった「24 mila baci(2万4千のキッス)」をNina Zilli(ニナ・ズィッリ)をゲストに迎えて披露した。同曲はAdriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ)とLittle Tony(リトル・トニー)がオリジナル歌手の楽曲で、当時の日本でも日本語カヴァーがヒットしている。

Diodatoの2ndアルバム『A ritrovar bellezza』(2014)が主に1960年代のイタリア語曲のカヴァーアルバムだったように、彼はイタリアの大先輩カンタウトーレたちに大きな影響を受けている。サンレモ優勝後もTV出演の度にいろいろなカヴァーを披露しているようで、例えば3月中旬のコロナ禍真っ最中だったころは、Franco Battiato(フランコ・バッティアート)の「La cura(意:ケア)」をカヴァーして、イタリア国民にエールを贈っている。

そしてコロナ禍の出口が見え始めた5/5には、Lucio Dalla(ルーチョ・ダッラ)の「Treno a vela(意:帆列車)」をカヴァー。早くもミュージシャンを集め、そこそこ近距離に集まって演奏するスタジオライヴで、6月現在の日本でさえ、必要以上に出演者同士が離れて、間にアクリル板を立てたりしている状況から考えると、「おいおい、まだ5月初旬なのに油断し過ぎだってば!」と言いたくなる(笑)

第175回イタリアPOPSフェスタ(2020年6月)紹介曲PlayList

※当サイトでのDiodatoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Diodato


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ