↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Cristina_D'Avena

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第181回イタリアPOPSフェスタ(2020年12月)レポート

クリスマス・コンサート特集

2020-12EV

子供向け楽曲のコンクールZecchino d'Oro(ゼッキーノ・ドーロ/意:古い金貨)のクリスマスコンサート『Un Natale d'Oro Zecchino(意:古い金貨のクリスマス)』2018から。

まずはイタリアの元祖歌のお姉さんRaffaella Carra`(ラッファエッラ・カッラ)「Chi l'ha detto(意:それを言ったのだ〜れ?)」
https://youtu.be/d4GeC5Ypsq8

※当サイトでのRaffaella Carra`の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raffaella_Carra`

イタリアのアニソン女王Cristina D'Avena(クリスティーナ・ダヴェーナ)の「Jingle Bell Rock」

※当サイトでのCristina D'Avenaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cristina_D'Avena

大御所ラッパーJ-Ax(ジェイ・アックス)の「Tutto tua madre(意:すべて君のお母さん)」。子供向け番組なのに何のお咎めもなくタトゥ親父が登場するというイタリアらしい画が拝めます

※当サイトでのJ-Axの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/J-Ax

そして2021年サンレモ音楽祭に最年長(77歳)で出場するOrietta Berti(オリエッタ・ヴェルティ)のクリスマス定番曲「Astro del ciel(意:空のお星さま/サイレント・ナイトのイタリア語版)」
https://youtu.be/j6CjuFbb-mU

※当サイトでのOrietta Bertiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Orietta_Berti


ローマ教皇のお膝元で開催される『Concerto di Natale in Vaticano(ヴァティカンのクリスマスコンサート)』2018から。

Alessandra Amoroso(アレッサンンドラ・アモローゾ)の「Parlare perdonare baciare(意:話すこと・許すこと・キスすること)」

※当サイトでのAlessandra Amorosoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alessandra_Amoroso

Ermal Meta(エルマル・メータ)のサンレモ音楽祭2018優勝曲「Non mi avete fatto niente(意:君たちは僕に何もしてくれなかった)」、同音楽祭2017年カヴァーの部で優勝したDomenico Modugno(ドメニコ・モドゥーニョ)カヴァーの「Amara terra mia(意:悪しき我が大地)」、同音楽祭2017年で3位となった「Vietato morire(意:死ぬのは禁止)」の3曲。

※当サイトでのErmal Metaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ermal_Meta

他には、来日歴を持つ若きカンタウトーレGiovanni Caccamo(ジォヴァンニ・カッカモ)の「Eterno(意:永遠)」、イタリアのイカしたロック兄貴Edoardo Bennato(エドアルド・ベンナート)の「Pronti a salpare(意:出港準備よし)」、来日歴を持つジャズ系カンタウトーレRaphael Gualazzi(ラファエル・グァラッツィ)のサンレモ音楽祭2011新人部門優勝曲「Follia d'amore(意:愛の狂気)」を紹介。


そして『Concerto di Natale in Vaticano(ヴァティカンのクリスマスコンサート)』2019から。

サンレモ2001優勝歴を持つElisa(エリーザ)の「Tua per sempre(意:永遠にあなたのもの)」

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

他にはNoemi(ノエミ)の「Amen(アーメン)」、Simone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ)のサンレモ音楽祭2019で5位となった「Abbi cura di me(意:僕の手当をしてくれ)」、サンレモ音楽祭2019優勝者Mahmood(マームッド)の「Barrio(意:近所)」、人気YouTubeラッパーのFabio Rovazzi(ファビオ・ロヴァッツィ)の「Faccio quello che voglio(意:僕は自分がしたいことをする)」を紹介。


最後にこの『Concerto di Natale in Vaticano』の過去のアーカイヴから。

Paolo Vallesi(パオロ・ヴァッレージ)が歌うイタリアの定番クリスマス曲「Tu scendi dalle stelle(意:君が星々から降りて来る)」

そして若き日のRenato Zero(レナート・ゼロ)が歌う「Buon Natale(意:メリークリスマス)」は1991年の貴重な映像。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

第165回イタリアPOPSフェスタ(2019年5月)レポート(第1部:Federica Carta)

Federica Carta(フェデリカ・カルタ/20歳/Roma出身/両親はSardegna出身)の3rdアルバム『Popcorn』(2019)。チャート最高3位まで上がった。サンレモ音楽祭2019出場曲「Senza farlo apposta(意:わざとそうせず)」を収録している。
Federica Carta - Popcorn

この楽曲はラッパーのShade(シャーデー/32歳/Torino出身)と組んで披露され、結果は18位と振るわなかったものの、サンレモ音楽祭後のヒットチャートでは5位に食い込むスマッシュヒットとなった。ちなみにShadeは2018年に来日している。サンレモ第3夜はイタリアのアニソン女王Cristina D'Avena(クリスティーナ・ダヴェーナ)をゲストに迎えたトリオ編成で披露した

※当サイトでのCristina D'Avenaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cristina_D'Avena

Federicaはオーディション番組Amici2016-2017に弱冠17歳で出場し、卓越したピアノ弾き語りと愛らしいルックスで人気となり3位となって注目を集めた人物だ。

同アルバムに収録されている「Mondovisione(意:世界展望)」は映画『La befana vien di notte(ベファーナは夜にやってくる)』の挿入歌に採用された。カトリック教では1月6日のエピファニア(御公現の祝日)で1ヶ月に渡るクリスマスシーズンが終わるのだが、その日に子供たちにプレゼントを配りにやって来るのがベファーナという醜い魔法使いの老婆だ。昼間は小学校の先生が夜になると老婆ベファーナとなるという設定のコメディタッチの映画で、主演はPaola Cortellesi(パオラ・コルテッレージ)、監督はMichele Soavi(ミケーレ・ソアヴィ)。Federicaの公式ヴィデオクリップにもこの映画のシーンがたくさん使われている。

Federicaの2ndアルバム『Molto piu` di un film(意:映画よりもっと)』(2018)に遡って紹介して行こう。プロデュースはAndrea Rigonat(アンドレア・リゴナット)。Elisa(エリーザ)の夫であり、Elisaバンドのリーダー&ギタリストの他、多くのアーティストのセッションマンやプロデュースを務めている人物だ。FedericaはAmici出場時、Elisaチームだった事からの縁だ。アルバムチャート4位まで登った。
Federica Carta - Molto piu di un film

アルバムタイトル曲「Molto piu` di un film」。Federica自身も曲作りに参加している。

「Sull'orlo di una crisi d'amore(意:恋の危機に瀕して)」は2019年4月にサンレモ・ジョーヴァニ受賞アーティスト公演で来日したバンドLa Rua(ラ・ルーア)との共演だ。メインコンポーザーはLa RuaのヴォーカルDaniele Incicco(ダニエレ・インチッコ)だ。

「Tra noi e` infinita(意:私たちの間は無限)」

さてさらにFedericaのデビューアルバム『Federica』(2017)まで遡って紹介しよう。これも前出のAndrea Rigonatプロデュースだが、ほとんどのトラックがAmiciの番組内で歌っているものを収録したライヴテイクで、アルバムチャート2位まで登る大ヒットとなった。
Federica Carta - Federica

「Dopotutto(意:つまり)」は売れっ子の若手ソングライターFederica Abbate(フェデリカ・アッバーテ)がメインコンポーザーで書き下ろした楽曲。前出のサンレモ・ジョーヴァニ・ワールドツアーにカンタウトリーチェとして来日予定だったが、残念ながら来日しなかった。

「Forte e chiaro(意:強くて明るい)」はAmici出身者に多くの楽曲を提供し続けているFederica Camba(フェデリカ・カンバ)が書いた楽曲だ。

前出のShadeのアルバム『Truman』(2018)に収録の「Irraggiungibile(意:不条理)」にFedericaが客演し、これがスマッシュヒットし、双方の知名度UPに大きく貢献した。これがShadeとFedericaのサンレモ2019の共演に繋がったのだ。

※当サイトでのFederica Cartaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Federica_Carta


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

第149回イタリアPOPSフェスタ(2017年12月)レポート(余興編:Cristina D'Avena)

12月Festaには余興コーナーも設け、その題材として取り上げたのはCristina D'Avena(クリスティーナ・ダヴェナ/53歳)のアルバム『Duets - Tutti cantano Cristina(意:デュエット集 − 皆がクリスティーナを歌う)』(2017)。
Cristina D'Avena - Duets_Tutti cantano Cristina

現在も継続開催されている伝統ある子供歌コンテスト「Zecchino d'Oro(ゼッキーノ・ドーロ/意:金の古銭)出身で、その成長過程でずっとプロとして歌い続け、"歌のおねえさん"の存在となり、数々のアニメの主題歌を歌い、やがて"アニソンの女王"の異名を取るまで登りつめたCristinaだが、サンレモ音楽祭2016最終夜にスーパーゲストとして出演して、大きな喝采を浴びた際、ポップス界のスターたちとの共演のアイデアが生まれてこのアルバムの企画が固まったそうだ。

※当サイトでのCristina D'Avenaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cristina_D'Avena

企画がスタートするとすぐに様々なスターたちが参加希望を寄せて来て、中には"ぜひこの曲を一緒に歌わせて欲しい"という具体的な申し出もあったとか。

全16曲のうち、13曲が日本製アニメの主題歌ということで、日本のイタリアPOPS ファンとしては押さえておきたい作品集だ。『ワンピース』『キャプテン翼』『ベルサイユのばら』『キャッツ・アイ』『セーラー・ムーン』『魔法の天使クリィミーマミ』『魔法のスターマジカルエミ』『きまぐれオレンジ☆ロード』『愛してナイト』『アタッカーYOU!』『ママレード・ボーイ』『おちゃめ神物語コロコロポロン』『ななこSOS』といった作品群だ。

参加歌手も豪華で、J-AX(ジェイ・アックス)、Giusy Ferreri(ジゥズィ・フェッレーリ)、Francesca Michielin(フランチェスカ・ミキエリン)、Loredana Berte`(ロレダーナ・ベルテ)、Baby K(ベイビー・ケイ)、Arisa(アリーザ)、Annalisa(アンナリーザ)、Emma(エンマ)、Michele Bravi(ミケーレ・ブラーヴィ)、Elio(エリオ)、La Rua(ラ・ルーア)、Noemi(ノエミ)、Benji & Fede(ベンジー & フェーデ)、Chiara(キァーラ)、Ermal Meta(エルマル・メータ)、Alessio Bernabei(アレッスィオ・ベルナベイ)といった面々だ。

Festaでは、曲を聴いて、曲名とデュエット相手を当てて貰うのを余興とした。ここでは唯一映像が公開されているデュエット曲を貼っておく。Chiaraとのデュエットで「セーラー・ムーン」だ。Cristinaが巣立った現在のZecchino d'Oroにゲスト出演した時の映像だ。

※当サイトでのChiaraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara


余興の延長コーナーでは、イントロが特徴的なイタリアPOPSの代表曲たちの曲名あてクイズを楽しんだ。昔も今もイントロが印象的なイタリアPOPSの名曲が多いことを再認識することとなった。

次回の月例FESTAは150回を記念し、パーティ形式で1月27日(土)午後開催予定。ここでも曲名当てクイズなどの余興を盛り込もうかと画策中(笑)。

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ