その3はコチラ


第4部

10月FESTAのフィナーレはClaudia Mori(クラウディア・モーリ/65歳/Roma出身)。
自身の女優&歌手としての活躍もさることながら、イタリアのスーパースターAdriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ/71歳/Milano出身)夫人としてよく知られています。

1959年(15歳)映画デビューし、1964年(20歳)には歌手としてもデビュー。

ところがその前年の1963年にAdriano Celentanoと出会ってしまいます。Celentanoは当時交際していた女性と突然別れ、Claudia Moriに求婚。そして1964年彼らは密かに結婚します。時にCelentano26歳、Claudia20歳。

翌1965年には長女のRosita(ロズィータ)、1966年には長男Giacomo(ジァコモ)、1968年にはRodalinda(ロザリンダ)と3人の子供が生まれますが、その間、彼らは世間に結婚も出産も隠し続ける生活をしていたそうです。

※ちなみに三人の子供たちも後に芸能界に入り、
長女は女優Rosita Celentano(ロズィータ・チェレンターノ/44歳)、
長男は歌手Giacomo Celentano(ジァコモ・チェレンターノ/43歳)、
次女も女優Rosalinda Celentano(ロザリンダ・チェレンターノ/41歳)
と、既に中堅芸能人として活躍しています。

若くして成功したロックスターと20歳になったばかりの美少女との電撃結婚生活は、往々にして長く続かない例が多いものですが、彼らはその後も夫婦それぞれ別々の活動しながらも、時には映画や歌で仲睦ましく共演する姿を見せ、互いに助け合いながら良い夫婦関係を築き上げ、いつしかイタリア芸能界随一のオシドリ夫婦として象徴的な存在になります。

Celentanoは反逆精神を売り物にしてきたロックスターですから、これまでイタリア社会で様々な摩擦を起こしてきています。

そのたびに壁を乗り越えて大きく成長し、いつしか人気&実力ともイタリア芸能界のトップに立ち、現在もその地位を後進に譲らない王者であり続けるのは、Celentano自身のズバ抜けた才能によるのはもちろんですが、Claudiaの存在も非常大きい事は容易に想像できると思います。

そんなことから想像するに、Claudia Moriは単に容姿が美しいだけの女性ではなく、きっと気立ても良いし頭も良い女性ではないかと思います。

img160そんなClaudia Moriの歌手活動をパッケージしたCD+DVDの2枚組「Claudia Mori Collection」(2009)が発売になりました。CDにはこれまでの主なヒット曲を中心に2009年Remixヴァージョンを2曲追加し、DVDにはプライベート映像とも言える未発表映像が満載されています。

Claudia Moriが放った最大のヒット曲と言えるのが"Non succederà più(もう起こらないわ)"。1982年のヒット曲で、後半には夫君Adrianoのヴォーカルが加わるご機嫌なナンバー。Claudia自身が作詞に挑み、名匠Giancarlo Bigazziが補作詞と作曲でバックアップしています。

FESTAではまず『DJ remix 2009』のNewヴァージョンで聴いていただきました。もちろんバックにはDVDの未発表映像を流しながら。家族でリゾート休暇を楽しむCelentano一家。三児の母とはいえ、20代のClaudiaの美しい肢体がまぶしく、まさしく浜辺のビーナスのよう。

そして同曲の発表当時(1982年)の映像で、オリジナルバージョンの"Non succederà più(もう起こらないわ)"をご覧頂きました。38歳のClaudia Moriですが、とても初々しい姿でびっくり。

続きを読む(leggere la continuazione)