↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Annalisa

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第202回イタリアPOPSフェスタ(2022年9月)レポート(日本盤CD・対訳の世界)

イタリアPOPS日本盤の歌詞対訳や原文翻訳、解説などの実績を持つ当フェスタ主宰のYoshioAntonio。その経験の中から、特に心に残った歌やその歌詞のポイント、知っておきたいアーティストのエピソードやこぼれ話を紹介するスペシャル企画となった9月Festa。楽曲が表現している世界観を説明するだけでなく、一聴しただけでは聞き漏らしてしまうような細部にもスポットを当て、公共の場所では発言したり書けないことにも言及した内容となり、参加者の満足度がかなり高い回となった。
YoshioAntonio CD

このWebレポートでは、(閉ざされた空間ではない故)要点だけを簡単に触れるだけに留めておく。


まずは2022年8月に待望の初来日を果たしたManeskin(マネスキン)の『テアトロ・ディーラ Vol.I(Teatro d'ira Vol.I)』(2021)から。日本盤ではアルバムタイトルも収録曲も原曲をカタカナ表記するだけに留める方針でリリースされたので、何を歌っているか?は日本盤を入手しないと判らないはず。
Maneskin - Teatro d'ira(2021.2022Japan tour edition)

「イン・ノーメ・デル・パードレ(In nome del Padre)」は、アルバム収録曲中、最も激しいロック調の楽曲で、直訳すると“父の名において”だが、“父”に値する“Padre”が大文字で始まっているところに注目。これは肉親の父のことではなく、キリスト教における“創造主たる神”を意味している。

そしてカトリック教会の教義の根幹となっている《三位一体説》では、父なる創造主、その子たるイエス・キリスト、そして聖霊が三者でひとつであるという教義となっており、それを象徴する祈りの締めのフレーズが“in nome del Padre del Figlio Spirito Santo(意:父と子と精霊の御名において)”であり、このフレーズの直後に“アーメン”で締めくくられる定番フレーズだ。

マネスキンは敬虔なクリスチャンが毎日クチにするこのフレーズを歌の中で繰り返し叫んでいるが、その他の部分は放送禁止用語や隠語を多用して他者を口汚く罵っている、という対比を味わうのがポイント。なぜならばこのアルバムのタイトル『テアトロ・ディーラ(Teatro d'ira)』の“ira”とは“怒り”を意味し、キリスト教における“七つの大罪”のひとつ“憤怒”でもあり、アルバムのテーマは彼らが味わってきた“憤怒”の感情を歌に変えて収めているというコンセプトアルバムでもあるのだ。

では、弱冠20歳ちょっとのマネスキンの面々が抱く“憤怒”とは何なのだろうか?主には、自分たちを見くびっていた周囲の大人たちへの怒りだ。マネスキンの面々がそういう大人たちが作った壁にぶち当たっては打ち破ってきたことが、自分たちの人生にどのように影響したのか?をこの楽曲に描き出している。

余談ではあるが、この楽曲タイトルの“In nome di...(〜の名において)”という言い回しのうち、有名なもののひとつを紹介したい。

Sono venuta fin qui per punirti in nome della Luna(ソノ・ヴェヌータ・フィン・クイ・ペル・プニルティ・イン・ノーメ・デッラ・ルーナ/意:私はここまで来た オマエを罰するために 月の御名において)

そう、これは日本産の漫画&アニメの金字塔的作品のひとつ『美少女戦士セーラームーン』の決め台詞“月に代わってお仕置きよ!”のイタリア語版での言い回しだ。
Sailor Moon


次にPFMことPremiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)の『電気羊の夢を見た(Ho sognato pecore elettriche)』(2021)から。
PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021)

SFファンならタイトルからピンとくる通り、SF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(1968)の世界観を踏襲したコンセプト・アルバムで、同小説を題材にした作品で他に有名なのには映画『ブレードランナー』(1982)シリーズもある。
ブレードランナー

原作小説&映画も、リアルの人間とアンドロイド(映画ではレプリカント)の区別や交流によって何が生まれるのか?をテーマにしているが、PFMはそれらへのアンサーソングのようなタイトルで“僕は電気羊の夢を見た(Ho sognato le pecore elettriche)”としている。

Festaではアルバム中でもっともpopで聴き易い「ミスター“それは知らない”(Mr. Non Lo So)」を紹介。アンドロイドの根幹となるAIの視点で、何も知らない状態から少しずつ学習していく様が歌われている。


BS日テレの人気番組『小さな村の物語 イタリア』のオープニングで必ずかかるテーマソングで、Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)が歌う「逢いびき(L'appuntamento)」(1970)。イタリア語の楽曲のうち、日本の公共放送で流れる回数はおそらくこの10年超でNo.1を続けているという存在だ。Festaではなぜこの曲が“不倫の歌”と呼ばれるのか?について、歌詞のあちこちに散りばめられたキーワードを指摘して解説をした。そして番組の生みの親のプロデューサーにインタビューをした時のエピソードもこぼれ話として紹介した。


同番組で流された楽曲のコンピレーションアルバムが何タイトルかリリースされていて、どれもがベストセラーとなっているが、その中から『小さな村の物語 イタリア 音楽集 II (ライフスタイル編) 』(2018)に収められたAnnalisa(アンナリーザ)のサンレモ音楽祭出場曲「星降る窓に (Una finestra tra le stelle)」(2015)。
小さな村の物語 イタリア 音楽集供淵薀ぅ侫好織ぅ詈圈

イタリアで大きな人気を獲得しているバンドModa`(モダー)のヴォーカリストKekko(ケッコ)が書き下ろした楽曲で、彼が紡ぎ出すメロディと詩の世界がイタリア人の若い世代のハートを捉えて離さないのが人気の秘密だ。それが歌詞のどういう部分に現れているのか?を解説。

また、MVのロケ現場となった建物の美しさと、タイトルに表されているように“窓”から見える景色の移り変わりを表現したアナログな演出も見どころ。

まるで美術館のようなクラシカルな様式美を持つ建物は、Veneto州Veronaにあるワイナリー“ヴィラ モスコーニ ベルターニ (ヴィラ ノヴァーレとしても知られる)”で、18 世紀の新古典主義様式で建てられている。


番組名こそ冠しなかったものの、そのジャケットデザインが『小さな村の物語 イタリア』のオープニング映像を思い起こさせるコンピレーションアルバム『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2018)。
瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス0

収録されたGianni Nazzaro(ジャンニ・ナッザーロ)のサンレモ音楽祭出場曲「道はひとすじ(A modo mio)」(1970)は、まだ駆け出しだった(後の大御所)カンタウトーレClaudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ)が、当時のスター歌手Nazzaroに書き下ろした楽曲で、現在もなおサンレモ音楽祭出場歴を持たないBaglioniが作曲者として初めてサンレモ音楽祭と接点を持った楽曲でもある。

タイトルに据えた成句“A modo mio(意:僕のやり方で)”の使い方が学べる楽曲であり、1番の歌詞は今までどんなことも自己流のやり方で乗り越えてきた主人公の生き様が描かれていて、2番の歌詞ではそんな主人公の人生観をガラッと変えた女性との出会いを歌っており、その対比の妙を味わえるところがミソ。

今ではBaglioniのセルフカヴァー版の方が有名な楽曲であるが、ナポリ出身のNazzaroの発音の違いを味わうのも一興だ。Nazzaroは“ア・モード・ミオ”ではなく、“あんもーど・みお〜”と“ん”が入る発音なのも聴きどころ。


BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」の公式音楽集の市販版第1作となったアルバム『逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編』(2011)。
逢いびき_J写

日本のプログレファンにも人気と知名度を持つNew Trolls(ニュー・トロルス)の最初期の楽曲「鉱山(Una miniera)」(1969)。石炭鉱山で労働の過酷さと、家族との愛の結びつきを歌い上げた傑作で、New Trollsならでの演奏力と美しい高音コーラスも聴きどころ。サビ部分がイタリア語の半過去で歌われているという解釈について解説。また前半の“scava scava(スカーヴァ・スカーヴァ/意:掘れ、掘れ)”の部分で鉱山をシャベルで掘る擬音を金属を打ち付ける音が重ねているところも聴きどころ。


60年代に沸き起こった世界的なカンツォーネ・ブームを牽引して、世界の歌姫に登り詰めたGigliola Cinquetti(ジリオラ・チンクェッティ)の日本盤シリーズの中から、サンレモ音楽祭&ユーロヴィジョンのW優勝(イタリア人初)を果たした「夢みる想い (Non ho l'eta`)」(1964)。
Gigliola Cinquetti - Single Collection#0

易しいイタリア語で歌われている楽曲であるものの、サビの部分には接続法という高度な文法で綴らている点について着目し、なぜ接続法が使われているのか?についてを探求した。


『ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション』(2010)は、私YoshioAntonioが初めて歌詞対訳を手掛けた記念すべき作品集。
Viva Sanremo

収録曲の中から第2回サンレモ音楽祭優勝曲「飛べよ小鳩 (Vola colomba)」(1952)をピックアップ。Festaでは当時の映像で紹介したが、70年前のモノクロ映像ながら、綺麗に残されているのが驚異的だ。そして何と言っても、コーラス隊を起用せず、アンジェリーニ楽団の楽器演奏者たちがコーラスも担当しているのが素晴らしい。

一聴すると、切ない恋心を歌っているように聴こえる楽曲だが、歌詞のところどころに様々な違和感を感じる伏線があることから、別の意味が込められた楽曲であることを、その伏線をひとつひとつ回収して説明。そうこれはイタリア最北東の街トリエステに捧げられた歌である、というのが事実だ。

1952年という時代は、第二次世界大戦後の復興期であり、敗戦国であるイタリアはまだ“未回収のイタリア”と呼ばれる、イタリアに復帰できていない地域を抱えていたのだ。その代表的な街が国境の街トリエステ。東欧との接点となる位置の街ゆえに、東西冷戦の熾烈な対立が深まるという状況下を配慮し、国連管理下に置かれていたのだ。

“復帰していない”トリエステの街に捧げて、“生き別れになった愛しのひと、戻ってきて”と歌っているのだ。その願いが通じたのか、2年後の1954年にトリエステの半分がイタリアに戻るものの、全てがイタリアに復帰するのは1975年まで待たなければならない、というイタリアの近代史を学べる教材としても重要だ。


Festa最後の紹介曲となったのは、前出のPFMのアルバム『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(2008/日本盤は2014年発売)から。
PFM - Canta De Andre'

60年代から活動を開始し、次第にイタリア人の心を打つ偉大なカンタウトーレとなったFabrizio De Andre’(ファブリツィオ・デ・アンドレ)の作品をPFMがカヴァーしたライヴアルバムだが、単なるカヴァーアルバムという位置付けではなく、元々デ・アンドレのオリジナル録音のバック演奏を務めていたのがPFMという密接な関係性であるのが重要なポイント。

まるでラップのように早口で歌い綴られるタイプの楽曲が多いデ・アンドレの作品世界は、言語の壁がある異国人には容易に理解することはできないので、PFMによるカヴァーとはいえ、デ・アンドレ作品の日本盤が出て、その日本語対訳が正式に発表されたということが非常に大きな功績となったのだ。

Festaで取り上げたのは名作「薔薇の口(Bocca di rosa)」(1967)。タイトルはある娼婦の源氏名だ。デ・アンドレが歌った娼婦に捧げた楽曲のうち、有名な作品のひとつでもある。

“薔薇の口”が小さな町にやって来た。仕事モードではなく、情熱を込めて彼女の天職を務めるタイプの娼婦なので、すぐに町中の男たちを骨抜きにしてしまう。すると当然、町の奥様たちの反感を買い、薔薇の口は誹謗中傷され、在らぬ咎で警察に訴えられてしまう。結果、町を追放されることになった薔薇の口だが・・・という物語がシニカルな視点とコミカルな視点を織り交ぜて綴られていくという、デ・アンドレが得意とする物語的作品の代表作のひとつだ。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2022年に達する年齢で表記。



CD『瞳はるかに 〜魅惑のイタリアン・ポップス〜』

第190回イタリアPOPSフェスタ(2021年9月)レポート:Giancarlo Bigazzi

今回は1960年代から1990年代に渡って、作詞・作曲家・プロデューサーとして大活躍し、数々のヒット曲を輩出&スター歌手を育て上げ、“歌手のデザイナー” と呼ばれた奇才Giancarlo Bigazzi(ジァンカルロ・ビガッツィ/1940-2012/71歳没)の残した楽曲を振り返る。

Giancarlo Bigazzi!

2016年にTV放映された『Una serata... Bella - Per te, Bigazzi!(意:美しい…今宵 - あなたに、ビガッツィ)』から。同番組は、歌手Marcella Bella(マルチェッラ・ベッラ)の発案で構成されたTV特番で、イタリア音楽史に偉大な功績を残した楽曲の作者に焦点を当てて紹介していく全5回のシリーズとなった。

Una serata... Bella - Per te, Bigazzi!

TV局Mediasetのオンデマンド動画(無料)ログインすれば全編視聴可能
https://mediasetplay.mediaset.it/video/unaseratabellapertebigazzi/una-serata-bella-per-te-bigazzi-14-giugno_FD00000000242926

Festaでは冒頭から順番にほぼ全部の歌唱シーンを紹介した。

0:04:50から、番組発案者のMarcella BellaがStadio(スターディオ)のフロントマンGaetano Curreri(ガエターノ・クッレーリ)とのデュエットで、「Gente di mare(意:海の人々)」(1987)をカヴァー。オリジナルはUmberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)とRaf(ラフ)のデュエットで1987年ユーロヴィジョン・ソング・コンテストに出場し、3位となった楽曲。作曲は演者の2人、作詞をBigazziが担当している。本記事末尾のプレイリストには、ブラジル人歌手Fabio Jr.によるポルトガル語詞カヴァーも収録。

※当サイトでのMarcella Bellaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marcella_Bella

※当サイトでのStadioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Stadio

0:11:50から、Annalisa(アンナリーザ)によるMarco Masini(マルコ・マジーニ)「T'innamorerai(意:君は恋するだろう)」(1993)のカヴァー。

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa

0:25:25から、Massimo Ranieri(マッシモ・ラニエリ)「Se brucciasse la citta`(意:もし街が燃えたなら)」(1969)をDeborah Iurato(デボラー・イゥラート)がカヴァー。同曲は当時サンレモ音楽祭に勝るとも劣らない求心力を持っていたフェスティヴァルCanzonissima(カンツォニッシマ)で3位となったヒット曲。

※当サイトでのDeborah Iuratoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Deborah_Iurato

※当サイトでのMassimo Ranieriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Massimo_Ranieri

0:31:45から、故Mia Martini(ミア・マルティーニ)晩年の異色の楽曲「Gli uomini non cambiano(意:男たちは変わらない)」(1992)を再びMarcella Bellaが登壇してカヴァー。2人はほぼ同時期に新進の女性歌手として人気を分け合ったライヴァル関係でもあった。

※当サイトでのMia Martiniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mia_Martini

0:41:50から、Marco Masini本人が登壇し、自身の初期作品「Ci vorrebbe il mare(意:海が必要なら)」 (1990)を披露。同曲は60年代に3大プリマドンナと称えられ、後に大歌手となったMilva(ミルヴァ)がカヴァーしたことでも知られる作品。

※当サイトでのMarco Masiniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Masini

0:55:55からは、いよいよUmberto Tozzi自身が登場し、自身のヒット曲の一部をメドレーで披露。瑞々しい感性の作風が収録された1stアルバムから「Io camminero`(意:僕は歩くだろう)」 (1976)〜「Donna amante mia(意:僕の愛する女)」 (1976)、そして世界的な大ヒット曲となり、Tozzi旋風を巻き起こした「Tu(意:君)」(1978)〜「Ti amo(意:君を愛してる)」(1977)の4曲。最後の曲は彼の最初のインターナショナルなヒット曲となり、英語圏では“Mr.Ti Amo(ミスター・ティ・アーモ)”とまで呼ばれ、その後毎年世界的な大ヒット曲を連発していくきっかけとなった楽曲。本記事末尾のプレイリストにはLaura Branigan(ローラ・ブラニガン)の英語カヴァーも収録。

※当サイトでのUmberto Tozziの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Umberto_Tozzi

1:07:55から、再びMassimo Ranieriのヒット曲で「Erba di casa mia(意:我が家の若草)」(1972)をAnna Tatangelo(アンナ・タタンジェロ)がカヴァー。同曲はカンツォニッシマで1位となり大ヒットした。

※当サイトでのAnna Tatangeloの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Anna_Tatangelo

1:16:00から、Mario Tessuto(マリオ・テッスート)が登場し、自身のヒット曲「Lisa dagli occhi blu(意:青い瞳のリーザ)」 (1969)を披露。当時青春スター的爽やか青年だった彼のイメージにぴったりはまるほろ苦い初恋&失恋ソング。

※当サイトでのMario Tessutoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Tessuto

1:20:45から、Marcella Bella「Fa chic(意:シックであれ)」(2002)を本人が披露。1980年代以降、Bigazziの手から離れたMarcellaであったが、同曲のように時折提供を受けていたことが判る楽曲。

1:29:55から、Claudia Mori(クラウディア・モーリ)の代表曲「Non succedera piu`(意:もう起こらないわ)」 (1982)を再びAnnalisaがカヴァー。オリジナル歌手のClaudia Moriは、イタリア音楽界のドンとも言えるAdriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ)夫人で、この番組の司会を務めるRosita Celentano(ロジータ・チェレンターノ)の母。同曲はClaudia Mori自身が作詞し、Bigazziが補作詞&作曲を務めているのもポイント。後半は夫君Adrianoのソロヴォーカルが入って来るのだが、この番組では女性コーラスが務めている。

※当サイトでのClaudia Moriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudia_Mori

1:37:20から、Bigazziの事実上の遺作となった「Un'apertura d'ali(意:翼を広げて)」(2012)。作詞&作曲をBigazzi独りで手掛けており、未亡人が発掘したBigazzi自身によるデモ音源がまず公開され、Bigazzi没年にその楽曲を発掘して正式に録音したのがRenato Zero(レナート・ゼロ)で、同年のツアーの序曲に必ず流されていた楽曲。この番組ではSimona Molinari(シモーナ・モリナリ)がカヴァー。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

1:46:10から、Raf(ラフ)の「Ti pretendo(意:君を切望しながら)」(1989)は、同年のフェスティヴァルバール優勝を遂げたヒット曲。番組ではFrancesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)が登場してカヴァー。

※当サイトでのRafの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raf

※当サイトでのFrancesco Gabbaniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Gabbani

1:51:30から、番組発案者Marcella Bellaのヒット曲メドレー。70年代のブレイク時、彼女の多くの楽曲の詞を担当していたのがBigazzi。それまでのBigazziは単発的にアーティストに楽曲提供していたり、いくつかのアーティストのプロデュースも行っているが、専属に近い形でアーティストに関わって成功に導いた最初の実績といえるのがMarcellaだったともいえる。

ステージに先駆けて、Marcellaの実兄で、Bigazzi-Bellaのコンビで数々の名曲を手掛けたGianni Bella(ジァンニ・ベッラ)、そしてMarcellaの最初のマネージャーを務めたIvo Callegari(イーヴォ・カッレガーリ)が紹介される。前者はその後、ソロデビューを経て、大御所Adriano Celentanoにも楽曲を提供する大作曲家に成長し、後者はMarcellaの前にCaterina Caselli(カテリーナ・カゼッリ)やPatty Pravo(パッティ・プラヴォ)を育てた敏腕マネージャー。

披露したメドレーは「Io domani(意:私は明日)」(1973)〜「Nessuno mai(意:誰も決して)」 (1974)〜「Montagne verdi(意:緑色の山々)」(1972)〜「Rio De Janeiro(リオ・デ・ジャネイロ)」(1981)。2曲目はイタリア最初のディスコ曲と言われる曲で、ボニーMが英語でカヴァーしている。本記事末尾のプレイリストに収録。

2:02:05から、サンレモ音楽祭1992新人部門でAleandro Baldi(アレアンドロ・バルディ)とFrancesca Alotta(フランチェスカ・アロッタ)のコンビで歌ったのが「Non amarmi(意:僕を愛するな)」(1992)。番組ではAleandro Baldi本人とAnna Tatangeloのコンビで披露。なお、同曲は後にJennifer Lopez(ジェニファー・ロペス)がスペイン語でカヴァーし、彼女のデビューアルバムに収録されたことで世界中に知られることとなった。本記事末尾のプレイリストに収録。

※当サイトでのAleandro Baldiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Aleandro_Baldi

2:09:00から、Aleandro Baldiが独り残り、サンレモ音楽祭1994で優勝に輝いた「Passera`(意:過ぎ去るだろう)」(1994)をギター弾き語りで披露。余談だが、同年のサンレモ音楽祭で新人部門優勝したのがAndrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)なので、大賞部門も新人部門も同じイニシャル“A.B.”を持つ盲目歌手の2人が優勝した奇跡の回となった。後年、オペラティックポップグループIl Divo(イル・ディーヴォ)がカヴァーして世界中に知られることとなった。残念ながらSpotifyにはオリジナルのAleandro Baldi版の収録が無かったので、本記事末尾のプレイリストにはIl Divo版のみ収録。

2:21:35から、サンレモ音楽祭1970出場曲「Eternita`(意:永遠)」(1970)。当時のサンレモ音楽祭はダブルキャスト制を採用していたため、オリジナル歌手は2組存在しており、Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)版はいかにも60年代のカンツォーネ的なアレンジで、Camaleonti(カマレオンティ)版はいきなりオーケストラの不協和音で始まるツウ好みのアレンジ。番組ではMarcella BellaとDeborah Iuratoがカヴァー。

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

※当サイトでのCamaleontiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Camaleonti

2:33:20から、Rafの「Cosa restera` degli anni 80(意:80年代の何が残るのだろう)」(1989)。再びFrancesco Gabbaniがカヴァー。

2:39:35から、Rafの出世曲「Self control(セルフ・コントロール)」(1984)は、原曲が英語詞という思い切った戦略を取り、まずはイギリスからヒットし、英語圏に広がり、本国イタリアに逆輸入の形でヒットした。Laura Braniganが同年そのまま英語でカヴァー。番組ではX Factor2014から躍り出た新人歌手Emma Morton(エンマ・モルトン)がカヴァー。

2:44:15から、Gaetano Curreriが再び登場し、自身のバンドStadioの「...E mi alzo sui pedali(意:…そして僕はペダルの上に立つ)」(2007)を披露。同曲は自転車競技界でイタリアの国民的英雄だった故Marco Pantani(マルコ・パンターニ)に捧げられた追悼曲。Marco Pantaniの強さの秘訣は上り坂にあったため、立ち漕ぎの姿勢が印象的。そこから付けられたタイトルと考えられる。パフォーマンスに先駆けて、Bigazzi没後、サンレモ音楽祭に“ジァンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀編曲賞)”が設けられ、初代受賞者となった(総合優勝も果たす)のがStadioという縁もある。

2:51:45から、Riccardo Del Turco(リッカルド・デル・トゥルコ)の「Luglio(意:7月)」(1968)をSimona Molinariがカヴァー。同曲はまだ駆け出しの作詞家だったBigazziが28歳の時に放った最初の大ヒット曲で、ヨーロッパでもヒットし、ジョー・ダッサンがフランス語で、ハーマンズハーミッツが英語でカヴァーもしている(本記事末尾のプレイリストに収録)。初夏の到来と共に繰り返し聞かれているエヴァーグリーン楽曲としてすっかりイタリア社会に定着している。

※当サイトでのRiccardo Del Turcoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Riccardo_Del_Turco

2:56:05から、番組最後の曲として披露されるのは、恐らくBigazziが手掛けた作品の中で最も世界中で聴かれた楽曲「Gloria(グロリア)」(1979)。作曲者&オリジナル歌手Umberto Tozziと、番組発案者Marcella Bellaのとのデュエットで披露。Laura Braniganの英語カヴァーは、アメリカ、オーストラリア、カナダのチャートで首位を記録し、英語圏での大ヒットの決定打となった。他の言語でも盛んにカヴァーされ、Sheilaによるフランス語カヴァー、Tanja Laschによるドイツ語カヴァー、Jo Vallyによるオランダ語カヴァー、Carolaによるスウェーデン語カヴァーなども存在することから、いかに世界中でヒットしたかが判ると思う(本記事末尾のプレイリストに収録。)。

1960年代のカンツォーネ黄金時代に活動を始めると同時に確固たる実績を残し、激動の70年代に突入すると、時代をけん引する存在となり、世界的なヒット曲を量産。90年代までに多くの歌手のプロデュースを手掛けて、何人ものスター歌手を育てた道程は、没後もイタリア音楽史に燦然と輝く存在であるといえよう。


第190回イタリアPOPSフェスタ(2021年9月)のPlayList(多言語でのカヴァー曲も含む)


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2021年に達する年齢で表記。

第190回イタリアPOPSフェスタ(2021年9月/公開オンライン)のお知らせ

Una serata... Bella - Per te, Bigazzi!

紹介予定:
『Una serata... Bella - Per te, Bigazzi!』
 1960年代から1990年代に渡って、作詞・作曲家・プロデューサーとして大活躍し、数々のヒット曲を輩出&スター歌手を育て上げ、“歌手のデザイナー” と呼ばれた奇才Giancarlo Bigazzi(ジァンカルロ・ビガッツィ)の残した楽曲を振り返ります。
出演:Marcella Bella(マルチェッラ・ベッラ)、Umberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)、Gaetano Curreri(ガエターオ・クッレーリ/スターディオ)、Marco Masini(マルコ・マジーニ)、Aleandro Baldi(アレアンドロ・バルディ)、Simona Molinari(シモーナ・モリナリ)、Annalisa(アンナリーザ)、Francesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)他

Giancarlo Bigazzi!

日時:2021年9月25日(土) 20:00〜23:00

使用ツール:ZOOM(要・予約
※セキュリティ保護のためID&PWは非公開とします。事前予約いただいた方に折り返し詳細お知らせいたします。
※カメラ&マイクOFFでご参加ください。TVを付ける/YouTubeを見る感覚でご参加OK!

参加申し込みはコチラからお願いします。

  • 会期1週間前の参加希望者が最少催行人数10名に満たない場合は開催延期となります。
  • 開催決定の場合でも、会期前日までにご予約願います。(会期当日や直前のご予約には、ID&PWのお知らせができない場合があります)

会費は設定なしですが、この活動を長く続けていくために、別途 "投げ銭・寄付金” を賜れれば幸甚です(目安として1,000円ぐらい)。投げ銭を頂いた方にはFESTA終了後、もれなく秘密のプレゼントをemail経由で送付いたします。(注:携帯メールアドレスではプレゼントが受け取れない場合があります)

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力(直近) / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati (capolavori)

Banco - Orlando -Le Forme dell’Amore バンコ『オルランド〜愛のかたち』(2022)
バンド創始者による解説原文の翻訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I(来日記念盤)』(2021/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『イル・バッロ・デッラ・ヴィータ』(2018/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『チョーズン』(2017/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

Banco - Orlando -Le Forme dell’Amore バンコ『オルランド〜愛のかたち』(2022)
バンド創始者による解説原文の翻訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I(来日記念盤)』(2021/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『イル・バッロ・デッラ・ヴィータ』(2018/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『チョーズン』(2017/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ