↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

サンレモ音楽祭/Festival di Sanremo

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第73回サンレモ音楽祭2023年/ 73°Festival della Canzone Italiana di Sanremo 2023

Sanremo 2023

会期:2022年2月7日〜11日(5日間)
場所:サンレモ市アリストン劇場
総合司会:Amadeus(アマデウス/アートディレクター兼任)
Amadeus
オーケストラ指揮:Leonardo De Amicis(レオナルド・デ・アミーチス)
Leonardo De Amicis
平均視聴率:62.96%(前年比108.5% / 1995年以降の最高視聴率)
最高視聴率:最終夜後半73.65%(前年比90.6%)、瞬間最高視聴率:最終夜優勝発表時82.7%(前年比102%)

【参考記事】出場者の経歴紹介


■優勝:「Due vite(意:ふたつの命)」(di M. Mengoni, D. Petrella e D. Simonetta)
Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)
指揮:Giovanni Palotti(ジョヴァンニ・パロッティ)
Marco Mengoni
第4夜カヴァー:「Let It Be(レット・イット・ビー)」The Beatles(ザ・ビートルズ/1970)
ゲスト:The Kingdom Choir(ザ・キングダム・クワイア)
Marco Mengoni-The Kingdom Choir

■2位:「Cenere(意:灰)」(di D. Petrella, Lazza e Dardust)
Lazza(ラッザ)
指揮:Enzo Campagnoli(エンツォ・カンパニョーリ)
Lazza
第4夜カヴァー:「La fine(意:終わり)」Nesli(ネスリー/2009)
ゲスト:Emma Marrone(エンマ・マッローネ) e Laura Marzadori(ラウラ・マルザドリ/ヴァイオリン奏者) Lazza-Emma-Laura

■3位:「Supereroi(意:スーパーヒーローたち)」(di Mr. Rain, F. Abbate e L. Vizzini)
Mr. Rain(ミスター・レイン)
指揮:Enrico Melozzi(エンリコ・メロッツィ)
Mr. Rain
第4夜カヴァー:「Qualcosa di grande(意:何か大きなもの)」Lunapop(ルナポップ/2000)
ゲスト:Fasma(ファズマ)
Mr. Rain-Fasma

■4位:「Alba(意:夜明け)」(di Ultimo)
Ultimo(ウルティモ)
指揮:Will Medini(ウィル・メディーニ)
Ultimo
第4夜カヴァー:「Medley Eros Ramazzotti(メドレー・エロス・ラマツォッティ)」
ゲスト:Eros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ)
指揮:Celso Valli(チェルソ・ヴァッリ) Ultimo-Eros Ramazzotti

■5位:「Tango(タンゴ)」(di P. Antonacci, D. Simonetta, Tananai e A. Raina)
Tananai(タナナイ)
指揮:Fabio Gurian(ファビオ・グリアン)
Tananai
第4夜カヴァー:「Vorrei cantare come Biagio(意:ビァージョのように歌いたい)」Simone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ/2005)〜「Medley Biagio Antonacci(メドレー・ビァージョ・アントナッチ)」
ゲスト:Don Joe(ドン・ジョー) e Biagio Antonacci(ビァージョ・アントナッチ)
Tananai-Biagio Antonacci-Don Joe

■6位:「Parole dette male(意:悪く言われる言葉)」(di F. Roccati, Bianco, Big Fish e M. M. G. Fracchiolla)
Giorgia(ジョルジア)
指揮:Big Fish(ビッグ・フィッシュ)
Giorgia
第4夜カヴァー:「Luce [tramonti a nord est](意:光 [北東への落陽])Elisa(エリーザ/2001)〜「Di sole e d'azzurro(意:太陽と水色の)」Giorgia(ジョルジア/2001)
ゲスト:Elisa(エリーザ)
Giorgia-Elisa

■7位:「Il bene nel male(意:悪の中の善)」(di Bias, Brail e Madame)
Madame(マダム)
指揮:Luca Faraone(ルカ・ファラオーネ)
Madame
第4夜カヴァー:「Via del Campo(意:野中の道)」Fabrizio De Andre'(ファブリツィオ・デ・アンドレ/1967)
ゲスト:Izi(イズィ)
Madame-Izi

■8位:「Made in Italy(メイド・イン・イタリー)」(di R. Chemical, P. Antonacci, D. Simonetta e O. Inglese)
Rosa Chemical(ローザ・ケミカル)
指揮:Fabio Gurian(ファビオ・グリアン)
Rosa Chemical
第4夜カヴァー:「America(アメリカ)」Gianna Nannini(ジャンナ・ナンニーニ/1979)
ゲスト:Rose Villain(ローズ・ヴィッラン)
Rosa Chemical-Rose Villain

■9位:「Due(意:2)」(di Elodie, F. Abbate, J. Ettorre e F. Catitti)
Elodie(エロディ)
指揮:Carolina Bubbico(カロリーナ・ブッビコ)
Elodie
第4夜カヴァー:「American Woman(アメリカン・ウーマン)」Lenny Kravitz(レニー・クラヴィッツ/1999)
ゲスト:BigMama(ビッグママ)
Elodie-BigMama

■10位:「Splash(スプラッシュ)」(di Colapesce e DiMartino)
Colapesce Dimartino(コラペーシェ・ディマルティーノ)
指揮:Davide Rossi(ダヴィデ・ロッシ)
Colapesce Dimartino
第4夜カヴァー:「Azzurro(意:水色)」Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ/1968)
ゲスト:Carla Bruni(カーラ・ブルーニ/カルラ・ブルーニ) Colapesce Dimartino-Carla Bruni

■11位:「Lasciami(意:ほっといてくれ)」(di F. Silvestre e E. Palmosi)
Moda`(モダー)
指揮:Adriano Pennino(アドリァーノ・ペンニーノ)
Moda
第4夜カヴァー:「Vieni da me(意:僕のところにおいで)」 Le Vibrazioni(レ・ヴィブラツィォーネ/2003)
ゲスト:Le Vibrazioni(レ・ヴィブラツィオーネ)
Moda-Le Vibrazioni

■12位:「Quando ti manca il fiato(意:君に呼吸が足りない時)」(di G. Grignani ed E. Melozzi)
Gianluca Grignani(ジャンルカ・グリニャーニ)
指揮:Enrico Melozzi(エンリコ・メロッツィ)
Gianluca Grignani
第4夜カヴァー:「Destinazione Paradiso(意:行先地・天国)」Gianluca Grignani(ジャンルカ・グリニャーニ/1995)
ゲスト:Arisa(アリーザ)
指揮:Peppe Vessicchio(ペッペ・ヴェッシッキオ)e Enrico Melozzi(エンリコ・メロッツィ)
Gianluca Grignani-Arisa

■13位:「L'addio(意:惜別)」(di F. Zanardelli, F. Mesiano, F. Dale e C. Frigerio)
Coma_Cose(コマ_コーゼ)
指揮:Vittorio Cosma(ヴィットリオ・コズマ)
Coma_Cose
第4夜カヴァー:「Sara` perche' ti amo(意:あなたを愛しているから)」Ricchi e Poveri(リッキ・エ・ポーヴェリ/1981)
ゲスト:Baustelle(バウステッレ)
Coma_Cose-Baustelle

■14位:「Mare di guai(意:災いの海)」(di Ariete, Calcutta, Dardust e V. Centrella)
Ariete(アリエーテ)
指揮:Alberto Cipolla(アルベルト・チポッラ)
Ariete
第4夜カヴァー:「Centro di gravita permanente」Franco Battiato(フランコ・バッティァート/1981)
ゲスト:Sangiovanni(サンジョヴァンニ)
Ariete-Sangiovanni

■15位:「Se poi domani(意:そしてもし明日が)」(di L. D'Alessio, F. D'Alessio e A. Caiazza)
LDA(エッレ・ディ・アー)
指揮:Francesco D'Alessio(フランチェスコ・ダレッシオ/LDAの伯父)
LDA
第4夜カヴァー:「Oggi sono io(意:今日僕は)」 Alex Britti(アレックス・ブリッティ/1999)
ゲスト:Alex Britti(アレックス・ブリッティ)
LDA-Alex Britti

■16位:「Un bel viaggio(意:ある素敵な旅)」(di D. Silvestri, W. Perrini, V. Perrini, A. Colangelo, F. Abbate, J-Ax e Grido)
Articolo 31(アルティコロ・トレントゥーノ)
指揮:Valeriano Chiaravalle(ヴァレリアーノ・キァラヴァッレ)
Articolo 31
第4夜カヴァー:「Medley Articolo 31(メドレー・アルティコロ・トレントゥーノ)」
ゲスト:Fedez(フェデツ)
指揮:Franco Godi(フランコ・ゴーディ)
Articolo 31-Fedez

■17位:「Furore(意:激情)」(di P. Iezzi, C. Iezzi, F. Mercuri, G. Cremona, L. Grillotti, E. Maimone, J. Ettorre e A. La Cava)
Paola e Chiara(パオラ・エ・キアラ)
指揮:Nicola Fragile(ニコラ・フラージレ)
Paola e Chiara
第4夜カヴァー:「Medley Paola e Chiara(メドレー・パオラ・エ・キアラ)」
ゲスト:Merk & Kremont(メルク・エ・クレモント)
指揮:Luca Faraone(ルカ・ファラオーネ)
Paola e Chiara-Merk & Kremont

■18位:「Terzo cuore(意:3番目の心)」(di R. Zanotti, L. Gassmann, G. Pesenti e M. Paganelli)
Leo Gassmann(レオ・ガスマン)
指揮:Simone Bertolotti(シモーネ・ベルトロッティ)
Leo Gassmann
第4夜カヴァー:「Medley Edoardo Bennato(メドレー・エドアルド・ベンナート)」
ゲスト:Edoardo Bennato(エドアルド・ベンナート) e il Quartetto Flegreo(イル・クァルテット・フレグレオ)
指揮:Fernando Lopez(フェルナンド・ロペツ)
Leo Gassmann-Edoardo Bennato

■19位:「Duemilaminuti(意:2千分)」(di D. David, Thasup ed E. Brun)
Mara Sattei(マーラ・サッテイ)
指揮:Carmelo Patti(カルメロ・パッティ)
Mara Sattei
第4夜カヴァー:「L'amour toujours [I'll Fly with You](意:日常の恋 [私はあなたと共に飛ぶ])Gigi D'Agostino(ジジ・ダゴスティーノ/1999)
ゲスト:Noemi(ノエミ)
Mara Sattei-Noemi

■20位:「Non mi va(意:僕にはダメだ)」(di T. Bernasconi, T. Manzoni, A. Arminio, A. Malatesta, F. Lamperti e G. Pesenti)
Colla Zio(コッラ・ズィオ)
指揮:Carmelo Patti(カルメロ・パッティ)
Colla Zio
第4夜カヴァー:「Saliro`(意:僕は降りるよ)」Daniele Silvestri(ダニエレ・シルヴェストリ/2002)
ゲスト:Ditonellapiaga(ディトネッラピアガ)
Colla Zio-Ditonellapiaga

■21位:「Lettera 22(意:手紙 22)」(di V. Lucchesi, D. Mangiaracina e F. Gargiulo)
Cugini di Campagna(クジーニ・ディ・カンパーニャ)
指揮:Fabio Gargiulo(ファビオ・ガルジューロ)
Cugini di Campagna
第4夜カヴァー:「La forza della vita(意:人生の力」Paolo Vallesi(パオロ・ヴァッレージ/1992)〜「Anima mia(意:僕の魂)」Cugini di Campagna(クジーニ・ディ・カンパーニャ/1973)
ゲスト:Paolo Vallesi(パオロ・ヴァッレージ)
Cugini di Campagna-Paolo Vallesi

■22位:「Mostro(意:怪物)」(di Gianmaria, G. Manilardi, V. Petrozzino, A. Filippelli e V. Centrella)
gIANMARIA(ジャンマリア)
指揮:Daniel Bestonzo(ダニエル・ベストンゾ)
gIANMARIA
第4夜カヴァー:「Quello che non c'e`(意:存在しないもの)Afterhours(アフターアワーズ/2002)
ゲスト:Manuel Agnelli(マヌエル・アニェッリ/アフターアワーズのヴォーカリスト)
gIANMARIA-Manuel Agnelli

■23位:「Vivo(意:私は生きている)」(di Levante)
Levante(レヴァンテ)
指揮:Daniel Bestonzo(ダニエル・ベストンゾ)
Levante
第4夜カヴァー:「Vivere(意:生きること)」Vasco Rossi(ヴァスコ・ロッシ/1993)
ゲスト:Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ)
Levante-Renzo Rubino

■24位:「Polvere(意:埃)」(di Olly, E. Lovito e J. Boverod)
Olly(オッリー)
指揮:Alberto Cipolla(アルベルト・チポッラ)
Olly
第4夜カヴァー:「La notte vola(意:羽ばたく夜)」Lorella Cuccarini(ロレッラ・クッカリーニ/1989)
ゲスト:Lorella Cuccarini(ロレッラ・クッカリーニ)
Olly-Lorella Cuccarini

■25位:「Sali [canto dell'anima](意:上がれ [魂の歌])」(di A. Oxa, F. Bianconi, Kaballa e F. Zanotti)
Anna Oxa(アンナ・オクサ)
指揮:Loris Ceroni(ロリス・チェローニ)
Anna Oxa
第4夜カヴァー:「Un'emozione da poco(青春/意:たわいもない感情)」Anna Oxa(アンナ・オクサ/1978)
ゲスト:Iljard Shaba(イルジャード・シャバ/アルバニアのチェロ奏者)
Anna Oxa-Iljard Shaba

■26位:「Stupido(意:バカな)」(di S. Cremonini, A. Pugliese e Will)
Will(ウィル)
指揮:Valeriano Chiaravalle(ヴァレリァーノ・キァラヴァッレ)
Will
第4夜カヴァー:「Cinque giorni(意:5日間)」Michele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ/1994)
ゲスト:Michele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)
Will-Michele Zarrillo

■27位:「Egoista(意:エゴイスト)」(di L. Fenudi, S. Noioso, Salmo e R. Puddu)
Shari(シャリ)
指揮:Carmine Iuvone(カルミネ・イゥヴォーネ)
Shari
第4夜カヴァー:「Medley Zucchero(メドレー・ズッケロ)」
ゲスト:Salmo(サルモ)
Shari-Salmo

■28位:「Cause perse(意:失われた理由)」(di Jiz e Sethu)
Sethu(セトゥ)
指揮:Enrico Melozzi(エンリコ・メロッツィ)
Sethu
第4夜カヴァー:「Charlie fa surf(意:チャーリーはサーフィンする)」Baustelle(バウステッレ/2008)
ゲスト:Bnkr44(ブンケル・クアランタクアットロ)
Sethu-Bnkr44


【副賞】
■最優秀カヴァー賞:「Let It Be(レット・イット・ビー)」The Beatles(1970)Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)
Marco Mengoni-Cover
■ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト出場権:Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)
■ミア・マルティーニ賞(批評家賞):「Splash」Colapesce Dimartino(コラペーシェ・ディマルティーノ)
■セルジォ・バルドッティ賞(最優秀作詞賞):「L'addio」Coma_Cose(コマ_コーゼ)
■ルチォ・ダッラ賞(記者クラブ賞):「Splash」Colapesce Dimartino(コラペーショ・ディマルティーノ)
■ジャンカルロ・ビガッツィ賞(最優秀作曲賞): 「Due vite」Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)
■エンツォ・ヤンナッチ賞(最優秀パフォーマンス賞):「Non mi va」Colla Zio(コッラ・ズィオ)
■ルネツィア賞(文学的歌詞賞):「L'addio」Coma_Cose(コマ_コーゼ)
■CoReCom賞(女性への暴力に対する賞):「Duemilaminuti」Mara Sattei(マーラ・サッテイ)
■サンレモ市賞(キャリア賞) : Maneskin(マネスキン)
Maneskin-Premio
■サンレモ市賞(キャリア賞) : Peppino Di Capri(ペッピーノ・ディ・カプリ)
Peppino Di Capri-Premio


【サブ司会者】
■全5夜:Gianni Morandi(ジャンニ・モランディ/歌手)
Gianni Morandi

■第1夜&第5夜:Chiara Ferragni(キアラ・フェッラーニ/インフルエンサー、モデル)
Chiara Ferragni

■第2夜:Francesca Fagnani(フランチェスカ・ファニャーニ/ジャーナリスト)
Francesca Fagnani

■第3夜:Paola Egonu(パオラ・エゴヌ/バレーボール選手)
Paola Egonu

■第4夜:Chiara Francini(キアラ・フランチーニ/女優)
Chiara Francini


【主なゲスト】
■第1夜:
Sergio Mattarella e Laura Mattarella(マタレッラ大統領夫妻)
Mattarella

Roberto Benigni(ロベルト・ベニーニ/俳優・映画監督)
Roberto Benigni

Mahmood(マムッド) e Blanco(ブランコ)(前年優勝コンビ)
Mahmood e Blanco

Piero Pelu`(ピエロ・ペルー)
Piero Pelu

Pooh(プー)
Pooh-

Salmo(サルモ)※第5夜も出演
Salmo-5a

■第2夜:
Al Bano(アル・バーノ)e Massimo Ranieri(マッシモ・ラニエリ)※第3夜にもソロで出演
Al Bano_Massimo Ranieri_Gianni Morandi

Nek(ネック)e Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ)
Nek-Francesco Renga

Fedez(フェデツ)
Fedez

Black Eyed Peas(ブラック・アイド・ピーズ/米ヒップホップグループ)
Black Eyed Peas

■第3夜:
Maneskin(マネスキン)con Tom Morello(トム・モレロ/米ロックギタリスト)
Maneskin con Tom Morello

Sangiovanni(サンジョヴァンニ)
Sangiovanni

Annalisa(アンナリーザ)
Annalisa

Gue`(グェ)
Gue

■第4夜:
La Rappresentante di Lista(ラ・ラップレゼンタンテ・ディ・リスタ)
La Rappresentante di Lista

Peppino di Capri(ペッピーノ・ディ・カプリ)
Peppino di Capri

Takagi & Ketra(タカジ・エ・ケトラ)
Takagi & Ketra

■第5夜:
Gino Paoli(ジーノ・パオリ)
Gino Paoli

Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)
Ornella Vanoni

Achille Lauro(アキッレ・ラウロ)
Achille Lauro

Depeche Mode(デペッシュ・モード/英ロックバンド)
Depeche Mode


サンレモ音楽祭2023・出場者の経歴紹介

サンレモ音楽祭2023に出場する全28組のアーティストの紹介記事をイタリア文化会館・東京の公式ブログに寄稿いたしました。

Sanremo 2023

Sanremo_2023

優勝経験のある出場者たち

過去出場歴のある出場者たち

初出場者たち

新人たち


第206回イタリアPOPSフェスタ(2023年1月)レポート(サンレモ2023予習編)

Sanremo_2023_logo

【サンレモ音楽祭2023】
会期:2023年2月7日(火)〜11日(土)の5日間(日本時間では翌日未明の時間帯)
※日本からもネット上でリアルタイム&後日のオンデマンドで視聴可能。

今回のFestaはサンレモ音楽祭2023の予習編。例年は新人部門に限って事前に出場曲発表が許されていたものの、サンレモ2023は昨年にひき続き新人部門なしの大会に決まったので、全28曲は会期前の現時点では紹介できない。Spotifyのプレイリストには、全出場者の代表曲を入れておいた。

【参考記事】サンレモ音楽祭2023最終結果:

Festaでは、サンレモ出場権をかけた新人コンテストSanremo Giovani(サンレモ・ジョーヴァニ)から、全28組の出場者紹介シーンを紹介。

まずは新人12組から6組が選ばれる過程を紹介。

【サンレモ音楽祭2023出場者:新人】
Shari(シャリ)
Colla Zio(コッラ・ズィオ)
gIANMARIA(ジャンマリア)
Sethu(セトゥ)
Will(ウィル)
Olly(オッリィ)

残念ながら出場叶わなかった6組にも、将来有望性を強く感じさせるアーティストがいたので、今後の活躍に期待したい。

【サンレモ音楽祭2023初出場者】
Ariete(アリエーテ)
Lazza(ラッザ)
LDA(エッレディア−)
Mara Sattei(マーラ・サッテイ)
Rosa Chemical(ローザ・ケミカル)
Mr. Rain(ミスター・レイン)
Articolo 31(アルティコロ・トレントゥーノ)
Cugini di Campagna(クジーニ・ディ・カンパーニャ)

Lazzaはアルバムが17週首位を続けるなど、今一番の売れっ子。LDAはベテラン歌手Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ)の息子で、親の七光りに頼らず、オーディション番組Amiciから勝ち上がった逸材。Mr.Rainは既にダンス音楽界で充分な実績を持つ実力者。Articolo 31はイタリア版ラップの黎明期(1990年代初頭)から活動していたベテランヒップホップ・デュオ。J-Ax(ジェイ・アックス)はソロラッパーとしても著名。2018年に12年ぶりに再結成。Cugini di Campagnaは1970年から活動を続けるハイトーン・ファルセットを駆使したヴォーカルが際立つベテランバンド。オリジナルメンバー2名は今大会出場者の最年長となる75歳!

【サンレモ音楽祭出場歴保有者】
Tananai(タナナイ/2022年出場)
Colapesce Dimartino(コラペッシェ・ディマルティーノ/2021年出場)
Coma_Cose(コマ_コーゼ/2021年出場)
Madame(マダム/2021年出場)
Elodie(エロディー/2020年出場/3回目)
Levante(レヴァンテ/2020年出場)
Gianluca Grignani(ジャンルカ・グリニャーニ/直近2015年出場/7回目)
Moda`(モダー/2013年出場/直近2013年出場/3回目)

【サンレモ音楽祭優勝経験者】
Leo Gassmann(レオ・ガスマン/2020年新人部門/2回目)
Ultimo(ウルティモ/2018年新人部門/直近2019年出場/3回目)
Paola e Chiara(パオラ・エ・キァーラ/1997年新人部門/直近2005年出場/5回目)
Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/2013年大賞部門/3回目)
Giorgia(ジョルジア/1995年大賞部門/直近2001年出場/5回目)
Anna Oxa(アンナ・オクサ/1989年・1999年大賞部門2回優勝/直近2011年出場/15回目)

Ultimoは2019年大会が今回同様の新人部門なし大会だったため番狂わせが生じ、新人Mamood(マムッド)に優勝をさらわれて2位に甘んじたものの、後に「真の優勝者」と言われた。その雪辱を果たせるか? Paola e Chiaraは2013年に解散したものの、2022年に再結成を果たした姉妹デュオ。Giorgiaは90年代のサンレモ音楽祭出場の常連で、優勝以外も上位入賞が多い実力者。実に22年ぶりの出場。Anna Oxaは2度の優勝歴を持つレジェンド。初出場はなんと1978年で、その後14回出場歴を誇る。今回は12年ぶりの出場。


Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力(直近) / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati (capolavori)

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

サンレモ音楽祭2023・出場者の経歴紹介 サンレモ音楽祭2023・出場者の経歴紹介
イタリア文化会館・東京の公式ブログに寄稿いたしました。

Maneskin - Rush! (2023-Japan) マネスキン『ラッシュ!』(2023日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

YoshioAntonioマネスキンを語るYoshioAntonioマネスキンを語る
YoshioAntonioマネスキンを語る@朝日新聞GLOBE+

Banco - Orlando -Le Forme dell’Amore バンコ『オルランド〜愛のかたち』(2022)
バンド創始者による解説原文の翻訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I(来日記念盤)』(2021/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『イル・バッロ・デッラ・ヴィータ』(2018/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『チョーズン』(2017/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

サンレモ音楽祭2023・出場者の経歴紹介 サンレモ音楽祭2023・出場者の経歴紹介
イタリア文化会館・東京の公式ブログに寄稿いたしました。

Maneskin - Rush! (2023-Japan) マネスキン『ラッシュ!』(2023日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

YoshioAntonioマネスキンを語るYoshioAntonioマネスキンを語る
YoshioAntonioマネスキンを語る@朝日新聞GLOBE+

Banco - Orlando -Le Forme dell’Amore バンコ『オルランド〜愛のかたち』(2022)
バンド創始者による解説原文の翻訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I(来日記念盤)』(2021/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『イル・バッロ・デッラ・ヴィータ』(2018/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Chosen (2017.2022-Japan) マネスキン『チョーズン』(2017/2022日本盤)
イタリア語歌詞対訳担当しました。

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ