ITALIANITY -WEB MAGAZINE-」に当サイト主催のYoshioAntonioの音楽コラム第31弾が掲載されました!

今秋のITALIANITYのテーマ「トスカーナ」に合わせて、州都フィレンツェ出身者で“フィレンツェ派”と呼ばれた音楽家集団を率いた音楽家(ジャンカルロ・ビガッツィ/ 1940-2012 / 71歳没)を紹介します。

Bigazzi

名作詞家としての側面が強いものの、作曲も行い、何よりも敏腕音楽プロデューサーとして数多のスター歌手の発掘&育成を手掛け、“歌手のデザイナー”の異名を取った、イタリア音楽界屈指の偉人と言える人物でした。

特筆すべきなのは、日本で“カンツォーネ”と呼ばれる時代の代表曲も手掛けながら、時代が求める楽曲のスタイルがガラッと激変した70年代以降も確かな存在感を示し、世界的なヒット曲も放ち続ける偉業を成し遂げたことです。いわば70年代以降から現在まで脈々と続く“イタリアン・ポップス”の道を切り開いた功績者とも言えます。

無料プレイリスト付き。

Buon ascolto!


毎月中旬と月末にコラム掲載していく予定です。お楽しみに!

ITALIANITY-logo

あなたの知らないイタリアが、ここにある。
フード、ファッション、アート、デザイン、歴史、カルチャー……。
私たちを魅了してやまないイタリア。
Webマガジン「ITALIANITY」は、まだまだ知られていない、
プレミアムなイタリアの魅力をお伝えしていきます。

※「SHOP ITALIA -WEB MAGAZINE-」は2020年10月1日、「ITALIANITY -WEB MAGAZINE-」と名称変更されました。旧記事も新サイトに転載されております。