大御所歌手Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア/67歳/Roma出身)が企画&主宰を務めた音楽特番『La musica che gira intorno(意:周囲を廻る音楽)』は、2021年1月中旬に2週に渡って放映され、大きな話題となった。多くの歌手たちがパンデミック下で音楽活動が大きく制限されていたことが、多数の大物歌手から注目の若手までが一堂に会することに功を奏したのだ。
Fiorella Mannoia - La musica che gira intorno(2021)

今回は2021年1月22日に放映された第2週目の回を紹介する。
※第1週目については以下を参照のこと。

番組タイトルはIvano Fossati(イヴァーノ・フォッサーティ)の1983年の作品名をそのまま冠したもので、オープニングはもちろんFiorella Mannoiaによるその楽曲のカヴァーから始まる。第1週目とデュエット相手を変え、 俳優Marco D'Amore(マルコ・ダモーレ)が務めた。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Fiorella-Mannoia--canta--La-musica-che-gira-intorno---22012021-74d054d4-2c0e-4434-997a-c8f5333af3f3.html

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia

メインゲスト格となるZucchero(ズッケロ)が早くも最初に登壇し、自身の1989年の楽曲「Overdose [d'Amore](意:愛の過剰摂取)」をFiorella と共演。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno---Zucchero-e-Fiorella-Mannoia-cantano-Overdose-damore---22012021-72bddf41-0251-435d-84b5-53e2f5bdefb6.html

続いてZuccheroは自身の最新曲「Facile(意:容易い)」を披露。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Zucchero-canta-Facile--22012021-815886c3-2b08-4e66-9344-d67916f094a0.html

※当サイトでのZuccheroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

Alessandra Amoroso(アレッサンドラ・アモローゾ)が登場し、故Lucio Battisti(ルチォ・バッティスティ)の代表曲のひとつ「Pensieri e parole(意:想いと言葉)」(1971)をFiorellaと一緒にカヴァー。

※当サイトでのAlessandra Amorosoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alessandra_Amoroso

次いでEmma(エンマ)が登場し、Fiorellaもレパートリーに取り入れているVasco Rossi(ヴァスコ・ロッシ)の「Sally(サリー)」(1996)をFiorellaと共演。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Emma-e-Fiorella-Mannoia---Sally---22012021-521a2489-95a2-4cb1-a1cc-6398267a9b64.html

※当サイトでのEmmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

そして再びAlessandra Amorosoが現れ、Emmaとのコンビでリリースした新曲「Pezzo di cuore(意:心のかけら)」(2021)。ソーシャル・ディスタンスを徹底して収録されている時期にも関わらず、2人の距離感が近すぎるのは、姉妹みたいなものだからw

Giorgia(ジォルジァ)は自身の楽曲「Oronero(ゴールドブラック)」(2016)をFiorelaとデュエット。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Giorgia-e-Fiorella-Mannoia-cantano-Oro-Nero---22012021-000169f4-9594-4f23-80be-3bb91cbabd88.html

※当サイトでのGiorgiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giorgia

Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)を迎えて、Fiorellaの大ヒット曲「Quello che le donne non dicono(意:女たちが言わないこと)」(1987)をデュエット。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Ornella-Vanoni-e-Fiorella-Mannoia-Quello-che-le-donne-non-dicono---22012021-0d5ce61e-fd83-4c16-9d79-36c35b4fea39.html

8年前に新曲録音はやめる、と半ば引退宣言をしたOrnellaだったが、2021年になり突然新曲「Un sorriso dentro al pianto(意:涙の中の微笑み)」を発表。サンレモ音楽祭優勝者でもある気鋭のカンタウトーレFrancesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)と作詞家として著名なカンタウトーレPacifico(パチフィコ)との共作で、Ornella自身も楽曲づくりに参加している。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Ornella-Vanoni-canta-il-singolo-Un-sorriso-dentro-al-pianto---22012021-eaf077b2-3fe5-4968-a33e-e878d80e8c94.html

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)を迎えて、Fiorellaとの共演タイムが始まる。Riccardoは80年代にFiorellaのアルバムに楽曲を提供していたことがあるり、FiorellaもCoccianteの楽曲を事あるごとにカヴァーもしているという関係だ。まずはCoccianteの「Celeste nostalgia(意:神々しい郷愁)」(1982)。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Riccardo-Cocciante-e--Fiorella-Mannoia-Celeste-nostalgia---22012021-f6b3a7af-f661-4fc9-aa26-6fbf14f49dda.html

2人は話の流れで、サンレモ音楽祭1952年で2位となった「Papaveri e papere(意:ケシとガチョウ)」を即興で口ずさむシーンも。同曲はその後も童謡的な位置づけとなったイタリアのスタンダード曲となっている。

最後にCoccianteの出世作「Margherita(マルゲリータ)」(1976)を熱唱。

※当サイトでのRiccardo Coccianteの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Riccardo_Cocciante

Fiorella Mannoiaのソロで、持ち歌「Come si cambia(意:どのように変えられるのか)」(1984)。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Fiorella-Mannoia-canta-Come-si-cambia--22012021-7522b3c7-88b5-4774-a833-5828b7e89ccb.html

Brunori Sas(ブルノリ・サス)が登場し、自身のヒット曲「Canzone contro la paura(意:恐れに対する歌)」(2017)をFiorellaとデュエット。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Brunori-Sas-e-Fiorella-Mannoia-Canzone-contro-la-paura---21012021-4172c1dc-91f5-4b4b-af66-853fb85b54ed.html

元Thegiornalisti(ザジォルナリスティ)のフロントマンTommaso Paradiso(トンマーゾ・パラディーゾ)を迎えて、Antonello Venditti(アントネッロ・ヴェンディッティ)の「Ricordati di me(意:僕のことを覚えていてくれ)」(1988)をFiorellaとカヴァー。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Tommaso-Paradiso-e-Fiorella-Mannoia-Ricordati-di-me--22012021-73837d87-815d-4a90-aaea-addb81701732.html

※当サイトでのTommaso Paradisoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tommaso_Paradiso

Tosca(トスカ)が登場し、Fiorellaと共に故Lucio Dalla(ルチォ・ダッラ)の「Felicita`(意:幸福)」を共演。Lucio Dallaを敬愛し、イタリアで1位2位を争うほどの歌唱力を誇る2人のデュエットは見ものだ。

※当サイトでのToscaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tosca

俳優Massimo Ghini(マッシモ・ギーニ)とFiorellaが話の流れで突然歌い出すのはWess e Dori Ghezzi(ウェス&ドリ・ゲッツィ)の「Un corpo e un'anima(意:体と心)」(1975)。Wessは在伊の黒人歌手で、Doriは当時アイドル歌手的な位置付けだったがこのコンビでブレイク。後にFabrizio De Andre'(ファブリツィオ・デ・アンドレ)の後妻になり、晩年の彼を支える良き伴侶となった。同曲はブレイク前のUmberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)がLucio Battistiのブレインらと書き上げた楽曲で、あまり知られていないが、Tozziは世界的なブレイクの前に、BattistiのレーベルNumero Uno(ヌメロ・ウーノ)に所属してソングライターの仕事も多く手掛けていたのだ。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Massimo-Ghini-e-Fiorella-Mannoia-la-gag-Un-corpo-e-un-anima----22012021-d457ce99-f7ec-4695-b04b-9265eee8da7b.html

サンレモ2020で3位となり、全国区で名前が知られるようになったPinguini Tattici Nucleari(意:ピングィニ・タッティチ・ヌークレァーリ)は自曲「Ridere(意:笑う)」を披露。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Pinguini-Tattici-Nucleari-cantano-Ridere---21012021-e80c27f3-031a-4c70-aab3-b6f4fb8a588c.html

※当サイトでのPinguini Tattici Nucleariの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pinguini_Tattici_Nucleari

Antonello Venditti(アントネッロ・ヴェンディッティ)とFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)の大御所カンタウトーレ2人が、デビュー時のデュオTheorius Campus(テオリアス・キャンパス)に立ち返り、「Dolce signora che bruci(意:燃え上がる優しい婦人」(1972)を再現。長年のファンには嬉しいシーンだ。

※当サイトでのAntonello Vendittiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Antonello_Venditti

※当サイトでのFrancesco De Gregoriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_De_Gregori

番組の締めはパーソナリティを務めたFiorellaの「Chissa` da dove arriva una canzone(意:歌はどこからやって来るのだろう)」(2020)を独唱。書き下ろしたのは大ブレイク中の新星カンタウトーレUltimo(ウルティモ/25歳)だ。
https://www.raiplay.it/video/2021/01/La-musica-che-gira-intorno-Fiorella-Mannoia-canta-Chissa-da-dove-arriva-una-canzone---21012021-64892446-cb3b-49ba-840b-a6565d311675.html

一旦番組の幕は下りたが、すぐにエピローグとして番組のトップバッターを務めたZuccheroが再び登場し、自身の意欲作「Don't cry Angelina」についてFiorellaに説明をする。2人の若いパルチザンについて歌っており、Zuccheroが最近とても心を動かされたエピソードをもとに書き上げた曲とのこと。


第184回イタリアPOPSフェスタ(2021年3月)紹介曲PlayList(カヴァー曲はオリジナルヴァージョンも収録)


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2021年に達する年齢で表記。