第2部

サンレモ音楽祭2012出場者の中から、まだ当FESTAで紹介していなかったアルバムを。

Marlene Kuntz(マルレーネ・クンツ)は、1987年にPiemonte州Cuneoで結成され、1994年にインディーズレーベルから1stアルバムをリリースし、ノイズロックのジャンルで注目を集めた経歴を持つオルタナ系バンド。メンバーの年齢層が44〜46歳というロックバンドとしては既にベテラン域に入りつつある位置付けで、現在はデビュー当時からのオリジナルメンバー3名を正式メンバーとして活動しています。

※2004−2007の間には、プロデューサー&ベース・プレイヤーとして著名なGianni Maroccolo(ジァンニ・マロッコロ)が正式メンバーとして参加しています。

バンド名の由来は、ドイツの歴史的スターMarlene Dietrich(マレーネ・ディートリッヒ/1901-1992/90歳没)と、アメリカのオルタナ系バンドButthole Surfers(バットホール・サーファーズ)の楽曲"Kuntz(=女性器を意味するスラング)"から引用されているそうです。

こういうシモネタ系のバンド名を持ち、ノイズロックを演奏していたバンドが、イタリアの国民的な音楽祭であり、その客席はちょっとした社交界とも言えるサンレモのステージに立ったのは、ややミスマッチ感がありました。しかしながら、彼らのサンレモ音楽祭出場曲"Canzone per un figlio(息子への歌)"に込められたメッセージは、"La felicita non e impossibile(幸福は不可能なことではない)"という父子関係をモチーフにした直球のメッセージソングでした。

そして公式ヴィデオクリップ。

残念ながら予選で敗退してファイナリストには残れなかったMarlene Kuntzですが、サンレモ第3夜の特別企画『Viva l'Italia nel Mondo(世界の中のイタリア万歳)』(イタリア国外でもヒットしたイタリアの歌を披露する企画)において、大賞を取得する栄冠を勝ち取りました。

彼らが選んだ楽曲はPFMことPremiata Forneria Marconi(プレミァータ・フォルネリァ・マルコーニ)の"Impressione di Settembre(9月の印象)"(1971)。アメリカから『パンクの女王』ことPatti Smith(パティ・スミス)を招いての共演は話題性も充分でした。1974年に発表された英語版"The world became the world"の英語詩でPattiは歌いました。

※当サイトでのPFMの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/PFM

Marlene Kuntzのサンレモ音楽祭2012出場曲"Canzone per un figlio"のテーマである『父子関係』にポイントを置き、彼らの過去の楽曲の中から選曲&アレンジし直した楽曲12曲と未発表曲1曲、そしてもちろんサンレモ音楽祭2012出場曲の計14曲を収めたアルバム「Canzoni per un figlio(息子への歌々)」(2012)がリリースされています。

MarleneKuntz-CanzoniPerUnFiglio

なお、イタリアiTunesストア限定のボーナストラックとして、"Impressioni di settembre (live)"が追加設定されています。
※2012年8月時点では、日本のiTunesストアでの購入は不可。(イタリアiTunesストアからの購入は、イタリア国内で発行されたクレジットカードが必要)


8月FESTA第2部で紹介する2人目のサンレモ音楽祭2012出場者は、Arisa(アリーザ/30歳/Genova生まれBasilicata州Pignola育ち)。出場曲"La notte(夜)"は、総合2位に着くと言う大健闘を果たし、後のヒットチャートでも1位をゲットするヒット曲となりました。まずは公式ヴィデオクリップで。

サンレモ音楽祭2012の第4夜には、元La Crus(ラ・クルス)のMauro Ermanno Giovanardi(マウロ・エルマンノ・ジォヴァナルディ)を迎え、さらにこの楽曲のプロデューサーであり、サンレモ会期中でも指揮を務めたMauro Pagani(マウロ・パガーニ)がステージに上がってヴァイオリンを弾く夢の共演を果たしてくれました。

※当サイトでのMauro Ermanno Giovanardiの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Mauro_Ermanno_Giovanardi

※当サイトでのMauro Paganiの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Mauro_Pagani

※当サイトでのArisaの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa

このサンレモ音楽祭出場曲を含むArisaのアルバム「Amami(私を愛して)」もMauro Paganiがプロデュースとアレンジメントを手掛けており、サンレモ音楽祭2012の上位3名(Emma、Arisa、Noemi)のうち、唯一のフルオリジナルアルバムとなったことと、Arisaのイメージチェンジ後初のアルバムであったこともあり、アルバムチャートで最高6位まで上がる検討を見せました。

※Arisa以外の2人の上位入賞者は、前年のアルバムにサンレモ曲を加えた『サンレモ・エディション・アルバム』の発売に留まりました

Arisa-Amami

このアルバムに収められた楽曲"Il tempo che verra(やって来る時)"は、Arisaが作詞に参加しているだけでなく、イタリア映画祭2012で日本でも上映されたイタリア映画『Tutta colpa della musica(邦題:何もかも音楽のせい)』の挿入歌に採用され、さらにArisa自身が同映画に重要な脇役として女優デビューを果たし、同時にイメージチェンジにも成功するという、彼女に取っても大きなターニングポイントとなった楽曲となります。

ちなみにArisaは2011年にもう1本の映画『La peggior settimana della mia vita(我が人生最悪の週)』にも出演し、前作同様、挿入歌"L'amor sei tu(愛とはあなたのこと)"を歌っていますが、現在のところ同楽曲は未発売となっています。

Arisaの同アルバムから2012年5月4日に発表されたシングル第2弾の楽曲は"L'amore e un'altra cosa(愛はもうひとつの別のこと)"。

なおArisaはサンレモ音楽祭2012後も、CGアニメ映画『Monster in Paris(モンスター・イン・パリ)』(2012/仏Luc Besson制作) のイタリア語版吹き替え声優に選ばれたり、初めての小説を出版するなど、マルチなタレントぶりを発揮し始めています。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)