第86回Festaは、19名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて7/14(土)に開催されました。参加者の内訳は男性7名 女性12名(うち、初参加者1名)。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、ライトアップされた東京スカイツリーを眺めながら極上の音楽を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

Tokyo Sky Tree

Festa con la Tokyo Sky Tree

FESTA20120714写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏
https://musica.itreni.net/

集合写真撮影
るりら こと 版画家・橋本尚美氏
https://www.fantafonte.com/


第1部

サンレモ音楽祭2012出場歌手から2名。まずはIrene Fornaciari(イレーネ・フォルナチァーリ/29歳/Toscana州Pietrasanta出身)。

サンレモ音楽祭2010で4位となったDavide Van De Sfroos(ダヴィデ・ヴァン・デ・スフロース/47歳/Monza出身)がIreneに書き下ろした出場曲"Grande Mistero(偉大な神秘)"は、なかなか素敵な楽曲でした。

このサンレモ音楽祭2012出場曲をタイトルに据えたアルバムが「Grande mistero」(2012)

IreneFornaciari-GrandeMistero

サンレモ音楽祭2012では、惜しくもファイナリストに残ることが出来ず、会期途中で敗退を余儀なくされてしまったIreneですが、会期第3夜に企画された『Viva l'Italia nel mondo!(世界のイタリア万歳!)』(注:世界的に有名なイタリアPOPSを外国のアーティストを招いて披露する企画)では、イギリスから偉大なBrian May(ブライアン・メイ)とKerry Ellis(ケリー・エリス)を招いて、圧倒的なステージを見せてくれました。世界を股にかけて活躍するカンタウトーレであり、Ireneの父でもあるZucchero(ズッケロ)人脈での顔合わせであることは容易に想像できますね。

※当サイトでのZuccheroの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

披露した楽曲は、"Uno dei tanti(多くの人の中の一人)"。1961年にMogol-Donidaのコンビで書かれ、Joe Sentieri(ジョー・センティエリ)に歌われたこの楽曲は、英語でカヴァーされ"I who have nothing(何も持っていない私)"として、Tom Jones(トム・ジョーンズ)やShirley Bassey(シャーリー・バッシー)らに挙って歌われました。フィギュアスケートの安藤美姫選手もこの楽曲を演技に使っているそうです。演奏後は、観客はもちろん、オーケストラやコーラス隊も大喝采。Ireneは感極まって涙しているのも印象的でした。

そして、Queenの名曲であり、Kelly Elisが出演するミュージカルのタイトル名にもなっている"We will rock you"の演奏が始まると、観客席はさらに盛り上がりを示し、スタンディングオヴェーションが止まなかったのは、サンレモ音楽祭の長い歴史の中の伝説に残るパフォーマンスとなることは間違いないでしょう。

※当サイトでのIrene Fornaciariの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Irene_Fornaciari


サンレモ音楽祭2012出場歌手からの2人目は、Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ/44歳/Udine出身)。自作の楽曲"La tua bellezza(君の美しさ)"を歌って入賞しました。

こちらは公式ビデオクリップ

サンレモ音楽祭2012の会期第3夜に企画された『Viva l'Italia nel mondo!』では、スペインのシンガーソングライターSergio Dalma(セルジォ・ダルマ/48歳)を招いて、Jimmy Fontana(ジミー・フォンタナ)がGianni Meccia(ジァンニ・メッチャ)らと共作して歌った"Il mondo(世界)"を披露しました。Sergio Dalmaはスペイン語版の"El mundo"として歌っています。

またその後はSergio Dalmaが、イタリアのカンタウトーレたちの名前をいくつか挙げたうえで(Claudio Baglioni, Lucio Battisti, Gianni Bella)、Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)の1974年の楽曲"Bella senz'anima(魂のない美人)"をピックアップして披露してくれたのもイタリアPOPSファンにはとても嬉しい事でしたね。

Francesco Rengaは、サンレモ音楽祭2012出場曲に新曲2曲を加えたベストアルバム「Fermo immgine(僕はイメージを留める)」(2012)をリリースしましたが、その新曲2曲のうちの1曲"Senza sorridere(微笑みなしで)"を公式ビデオクリップで。

FrancescoRenga-Fermoimmagine-Deluxe

しかし、死体遺棄しに山に来た猟奇殺人犯のような風貌のPVが、『なんだかな〜orz』という声が・・・(笑)

※当サイトでのFrancesco Rengaの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Renga


さてここで、来日公演情報を。

昨2011年に日比谷野外音楽堂で開催された『プログレッシヴ・ロック・フェス 2011』に続き、2012年も企画された『プログレッシヴ・ロック・フェス 2012』が2012年8月25日(土)に開催される事となりました。

ItalianProgFes2012Summer

イタリアからはGoblin(ゴブリン)がやって参ります。Goblinは2011年11月4日〜7日に開催された『Italian Progressive Rock Festival秋の陣2011:夢のまた夢』で初来日を果たし、Dario Argento(ダリオ・アルジェント)監督のイタリアンホラー映画のサントラで有名な不気味なイメージを覆すような、エキサイティングで楽しいステージを楽しませてくれたのも記憶に新しいところ。

※当サイトでのGoblinの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Goblin


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)