第3部

サンレモ音楽祭2012の新人部門で優勝を収めたAlessandro Casillo(アレッサンドロ・カズィッロ/16歳/Assago出身)。

※当サイトでのAlessandro Casilloの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Alessandro_Casillo

サンレモ曲をそのままタイトルに掲げた1stアルバム「E vero(それは本当のこと)」(2012)は、耳馴染みの良い良質な楽曲が満載のアルバムです。

Alessandro Casillo / e` vero

サンレモ音楽祭新人部門優勝曲"E Vero"の公式ヴィデオクリップから。

サンレモ音楽祭出場に先駆けて、アルバム収録曲の数曲がスタジオライヴ映像として公開されていました。

"Raccontami chi sei(君が誰なのか僕に語ってくれ)"

"Tu ci sei(君がいる)" 

"Quasi vivere(生きてしまおうか)" 

このAlessandro Casilloの1stアルバムには、Matteo Bassi, Emiliano Bassi, Maurizio BassiのBassi3兄弟が楽曲を書き下ろしたり演奏などを全面的にバックアップしているうえに、Laura Pausiniのプロデュース等で実績の高いGabriele Parisiがプロデュースを手掛けるなど、豪華なバックアップ体制が敷かれています。

Alessandro Casillo自身はその年齢故、このまま芸能生活に着き進むのか、学業との両立を目指すのか、岐路に立っているところのようです。


さてここでベテラン女性歌手のFiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア/58歳/Roma出身)が2012年1月24日に発売したアルバム「Sud(南)」を紹介しましょう。

FiorellaMannoia-Sud

ちなみに前作アルバム「Il tempo e l'armonia」(2010年9月14日発売)が、Wind Music Awards 2012でPremio CD Oro(ゴールド・ディスク賞)を受賞し、Fiorella Mannoia自身にもPremio Speciale Arena di Verona(アレーナ・ディ・ヴェローナ賞)が贈られています。

アルバムに先行して2011年12月9日に発表された第1弾シングル曲"Io non ho paura(私は恐れない)"。カンタウトーレのBungaro(ブンガロ)が元O.R.O.のCesare Chiodo(チェーザレ・キォード)らと共作した作品。Cesare Chiodoは、同曲のベース演奏も担当しています。

その1週間後の2011年12月16日に発表された第2弾シングル曲は"Non e un film(それは映画ではない)"。イタリア人ラッパーのFrankie HI-NRG MC(フランキー・ハイ・エナジー・エムシー/43歳/Torino出身)をフィーチャーしただけでなく、Fiorella Mannoia自身が華麗にラップに取り組んていることでも大きな話題を集めました。

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)