2012年4月27日〜29日に開催された『イタリアン・プログレッシヴ・フェスティヴァル〜春の陣2012:ロマンの誕生』の全3日間のステージに立ったPooh(プー/日本表記:イ・プー)の『初来日公演』を見て参りました。
※来日は何度かしているものの、コンサートは初めてなので、『初来日公演』という表記とします。

ItaloProgFes2012Primavera
※チラシのダウンロードはこちらからpdficon_large
http://piccola-radio-italia.com/ItaloProgFes2012Primavera.pdf

2012年時点で46年に渡って、活動休止期間もなく、1973年以来メンバーチェンジもなく(2009年に一人脱退したものの)、常にイタリアPOPS界の最前線を走ってきた実績を、まざまざと見せ付けてくれました。

Pooh-Giappone2

Pooh-Giappone1

Pooh-Giappone3

来日したPoohのメンバーは:

Roby Facchinetti(ロビー・ファッキネッティ/Key./68歳/Bergamo出身/1966年加入)
Dodi Battaglia(ドディ・バッタリァ/Gt./61歳/Bologna出身/1968年加入 )
Red Canzian(レッド・カンツィアン/Bass/61歳/Treviso出身/1973年加入 )
の3人に加え、サポートメンバーとして
Phil Mer(フィル・メール/Ds./Red Canzianの息子)
Danilo Ballo(ダニーロ・バッロ/Key./Poohの楽曲のアレンジやプロデュースを務める)
の5人。

イタリアではサポートギタリストとしてLudovico Vagnone(ルドヴィコ・ヴァニョーネ/Gt.) が入った鉄壁の6人編成でのライヴが多いのですが、何故か今回はLudovicoが来日しなかったため、ギタリストのDodiは高度なテクニックを駆使したリードギターとVocalを同時にこなす神業のオンパレードで、一番大変そうでしたが、変わることなくいつものライヴ同等のサウンドを奏でていたのが見事でした。

また足元にモニタースピーカーどころか、エフェクター類を一切置かないステージなので、ミキサー側で全てエフェクト処理や切替をしているはず。つまりステージに立っているミュージシャン同様に、楽曲理解度のあるミキシング担当者がしっかり付いていること感じさせる、Poohチームの一体感をひしひしと味わえました。ちなみに今回の来日ステージでは、最小スタッフ体勢の5〜6人だとか。

Pooh-Giappone-backstage

3日間のセットリストは変わらず、以下の通り。

1) Dove comincia il sole [parte 1° / parte 2°](太陽が始まる処/パート1&2)-2011年
2) L'aquila e il falco(ワシとタカ)-2011年
3) Isabel(イザベル)-2011年
4) Canterò per te(君のために歌うよ/邦題:あなた色の歌)-1980年
5) Io sono vivo(僕は生きてる/邦題:歓びのプレリュード)-1979年
6) Infiniti noi(限りなき二人)-1973年
7) Il tempo, una donna, la città(時、ある女、その街/邦題:ロマン組曲[幻想のミラノ])-1975年
8) Uomini soli(孤独な人々)-1990年
9) Viva(万歳/邦題:ヴィーヴァ)-1979年
10) Parsifal [parte 1° / parte 2°](パルシファル)-1973年
11) Eleonora mia madre(我が母エレオノーラ/邦題:エレオノーラの想い出)-1975年
12) Non siamo in pericolo(僕らは危機状態ではない)-1982年
-----bis(アンコール)-------
13) L'anno, il posto, l'ora(年、場所、時間)-1973年
14) Tanta voglia di lei(彼女がすごく愛しい/邦題:君をこの胸に)-1971年
15) Dammi solo un minuto(僕にほんの1分の時間をくれ/邦題:ひと吹きの夢)-1972年
16) Noi due nel mondo e nell'anima(僕らは世界で・心の中で二人/邦題:愛のルネッサンス)-1972年
17) Nascerò con te(あなたと共に生まれるの/邦題:初めての恋人)-1972年
18) Pensiero(考え/邦題:ペンシエロ)-1971年
19) Chi fermerà la musica(誰が音楽を止めるのだろう/邦題:永遠に向かって)-1981年

※17)" Nascerò con te"では、予想通り『Stanotte a Tokyo coi Pooh(今夜は東京でPoohと共に)』って歌ってくれましたね。最終日は英語で『tonight in Tokyo with Pooh』って歌ってました。 

正味80分〜90分程度の内容ですから、本国での通常3時間を超えるライヴの半分の時間となるため、日本公演では披露されなかった定番曲がたくさんあったのも残念でしたが、逆に6)"Infiniti noi"や11)"Eleonora mia madre"は、イタリアでのコンサートでは普段演奏されておらず、仮に披露されるとしても、メドレーの中での短いヴァージョンに留まるとのことで、イタリアの筋金入りPoohファンからは羨望交じりの声も届いています。

ちなみにイタリアでのPoohのコンサートは、観客も一緒に歌い、応援メッセージ入りのボードや幕を掲げ、ステージと客席が一体化してコンサートを共同作業で完成させるのが定石です。

それを日本にも再現したいと思い、当Piccola RADIO-ITALIAでは、1月から毎月の課題曲を設定し、この4月の公演までに厳選6曲を歌えるように集中コーナーを設け、Poohのイタリアでのライヴ同様に歌える観客を養成した結果、今回のライヴ会場となったクラブチッタを、少しだけイタリアのライヴ会場に近づけることに貢献できたと自負しております。

もちろんその他にも、全国に熱心なPoohファンも点在しており、その多くが今回ライヴ会場に集結し、日本で演奏するPoohのメンバーたちがイタリアと同じように気持ち良く演奏して貰いたいと、一生懸命応援していたこともいうまでもありません。

IMG_0079

IMG_0078

IMG_2393

IMG_2461

Pooh-Giappone-fanclub

こうした熱心なPoohファンの想いは、しっかりPooh側にも伝わったようで、日を追うごとにPoohが客席にマイクを向けるシーンも目立つようになり、Poohのアレンジャーでもあり、サポートキーボーディストとしてステージに立っていたDanilo Ballo(ダニーロ・バッロ)は、自身のfacebookにこのような書き込みをしています。

Oggi il pubblico di Tokyo ha fatto il pieno di grande musica...
New Trolls-Ut al pomeriggio e Pooh la sera...
Due sventole di concerti! Pazzesco vedere in quanti cantavano!
Il Giappone è sorprendente... Calore, gentilezza e grande rispetto.
Fa effetto trovare un pubblico del genere a 9000 km da casa...
E domani si bissa!

今日(訳注:4/27-コンサート初日)東京のオーディンエンスは、偉大な音楽に包まれたんだ。
午後はニュー・トロルス-UT、そして夜はPoohにね・・・2つのコンサートでの平手打ちさ!
沢山の人たちが歌ってるのを見てると狂っちゃうぜ!日本って、スゴイね・・・
情熱的で、親切で、すごく配慮があるんだ
自宅から9000kmのところに こういう人たちを見つけたのは収穫だね・・・
明日もまた演るよ!


5 minuti di standing ovation per "Parsifal" ieri sera...
I cori del pubblico su "Pensiero"...
Una rappresentanza del "Pooh Fans Club" con regali e dediche...
Che dire? Giappone nel cuore!

昨夜(訳注:4/28-コンサート2夜目)は、"パルシファル"で5分に及ぶ『スタンディング・オヴェーション』だ!
"ペンシエロ"ではオーディエンスのコーラスが・・・
"プー・ファン・クラブ"の代表の女性が謝辞を添えたプレゼントを贈ってた
何か言うことがあるかって?心の中には日本さ!

Pooh-Giappone-backstage-Danilo-Phil

コンサート会場では、アーティストグッズも販売され、最終日にはPooh関連グッズは売切れ状態になっていました。特にブレスレットはイタリアの女性ファンから『イタリア本国に存在しないグッズがなぜそこで売られてるのー!』って、これまた羨望の嘆きが(笑)

IMG_0075
他に白・緑が販売されていて、3色揃えるとイタリア国旗色になる仕様。

IMG_2458

IMG_2459

IMG_2460

IMG_0076
Tatsuya Nanniniさんが獲得したサイン

これだけの人がPooh目当てに集まり、当初は対バン目当てのプログレファンの心も鷲掴みにしたので、次回はぜひイタリア本国同様3時間の単独公演が実現できる事を期待したいところです。

※当サイトでのPoohの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pooh