第81回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて2/11(土)に開催されました。参加者の内訳は男性8名 女性9名(うち、初参加者3名、数年ぶりの参加者1名)。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。IMG_8843

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

2011年イタリア年間チャートのベスト10にランクインしたアルバムのうち、まだ当FESTAで紹介していなかった作品をピックアップしました。

2011年・年間アルバムチャート9位に入ったのは、Ligabue(リガブエ/52歳/Correggio出身)の3枚組ライヴアルバム「Campovolo 2.011」。暮れも押し迫った2011年11月22日に発売したものの、2011年の年間チャート9位に入ったのは、快挙と言えるでしょう。

011_cover

2010年の年間アルバムチャートでは、2010年の最新スタジオ録音アルバムが首位に輝いたLigabueですから、2012年のアルバムチャートでもかなりの成績を残すことが予測されます。

Campovoloとは、Ligabueの故郷Correggioにほど近いReggio Emiliaの郊外にある飛行場のことで、2011年7月16日にここを野外ライヴ会場に仕立てて行われたLigabueの大規模なライヴイヴェントを収録したものです。ちなみにLigabueだけのコンサートにも関らず、11万人の動員を記録しています。

2005年にもLigabueはここCampovoloでの歴史的なライヴイベントを開催しており、18万人という破格の動員を記録しているのですが、あまりにも動員が多過ぎて、数々のトラブルが発生した反省から、むしろ今回は11万人に抑えて敢行したライブだったようです。

ちなみに日本で最大級とされるフジロックが100組近いアーティストが出演し、3日間でのべ12〜13万人の動員ということですので、このLigabue単独の動員数がいかに桁外れの規模であることがお判りになれるかと思います。

今回はCD3枚組のみの発売となりましたが、映像の方は、イタリア本国では3D映像の映画として2011年12月7日より封切りされております。

また今回は、Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)やCorrado Rustici(コッラド・ルスティチ)らがバンドに加わってLigabueをサポートしている点も特筆する部分でしょう。

この3枚組ライヴCDには、スタジオ録音の新曲も3曲収められておりますので、そのうちの1曲"Ora e Allora(今とあの頃)"は公式videoclipも制作されています。

上記のようにライヴ映像は映画化されたこともあり、セル作品化されておらず、流出映像もまだロクに存在していない状況ではありますが、このCampovolo2.011の看板曲となっている"Il meglio deve ancora venire(最も良いモノは再びやってくるはずだ)"の映像の一部を紹介しておきましょう。

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue


第1部2人目のアーティストはTiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ/32歳/Latina出身)。2011年イタリア年間アルバムチャート6位にランクインした「L'amore e una cosa semplice(愛は単純な事)」は、2011年9月28日に発売されたアルバム。

front (2)

前作「Alla mia eta(僕の年齢で)」(2008)が、2009年の年間アルバムチャートで見事に首位を獲得したTiziano Ferroですので、これまた上位ランクインは当然、期待されていたことでもあります。

しかしながら今作は、ホモセクシャルであることをTiziano自身がカミングアウトした後に初めてリリースしたアルバムであることが、大きく異なるかもしれません。(2010年10月20日にカミングアウト)

シングルカット第1弾となった楽曲"La differenza tra me e te(僕と君の間の違い)"は、2011年10月14日にリリースされ、アーティストとしての苦悩を歌った作品になっているのですが、カミングアウト後の作品なので、その曲名はホモセクシャルの素養について言及しているというパロディのネタにもなっているようです。

2012年1月6日、同アルバムから第2弾のシングルカット曲されたのは"L'ultima notte al mondo(世界の最後の夜)"。

アルバムタイトル曲"L'amore e una cosa semplice"は、人気TV番組『Che tempo che fa』出演時の映像で。(15分20秒ぐらいから)

※当サイトでのTiziano Ferroの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Tiziano_Ferro


第1部3人目のアーティストは大御所Adriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ/74歳/Milano出身)。2011年11月29日にリリースされた5年ぶりの新作アルバム「Facciamo finta che sia vero(我々はあたかも本当であるかのようなフリをする)」は、2011年イタリア年間アルバムチャートの8位にランクイン。

Adriano-Celentano-Facciamo-finta-che-sia-vero

名実共にイタリアのミュージックシーンを牽引し続けているこのスーパースターは、ロックスターでありながら政治討論番組『RockPolitik(ロックポリティック)』を手掛けているように、今回のアルバムは、原子エネルギーの是非を問うた、かなり社会的な内容のアルバムに仕上がっています。もちろん、2011年3月11日に発生した福島原発事故に端を発する、世界的な原子力発電の是非もこのアルバムのコンセプト誕生に大きな動機をもたらしたのは言うまでもありません。

アルバム発売に先駆けて、2011年10月21日にリリースされた先行シングル曲"Non ti accorgevi di me(君は僕の事に気付いていなかった)"は、若手実力派ロックバンドNegramaro(ネグラマーロ)との共演で、コンポーザーもNegramaroのヴォーカルGiuliano Sangiorgi(ジゥリァーノ・サンジォルジ/ジュリアーノ・サンジョルジ)。

※当サイトでのNegramaroの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Negramaro

同アルバムからの第2弾シングルカット曲は"Non so piu cosa fare(僕はもう何も出来ない)"。Franco Battiato(フランコ・バッティアート)、Jovanotti(ジォヴァノッティ)、前出のGiuliano Sangiorgiの3人との共演が実現しています。

これだけ深刻な内容の楽曲を歌っていながら、その収録時に回された映像では、CelantanoとJovanotti、Giuliano Sangiorgiの3人はかなり能天気なパフォーマンスを示しているのが微笑ましいところ。

※当サイトでのAdriano Celentanoの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

※当サイトでのFranco Battiatoの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Franco_Battiato

※当サイトでのJovanottiの紹介記事はコチラ
https://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti


また、今回のFESTAのオープニングでは、日本人SAX奏者・田中靖人(たなか・やすと)氏の2012年2月15日発売予定のアルバム「モリコーネ・パラダイス」をかけました。

tanaka

タイトル通り、イタリアが誇る作曲家・Ennio Morricone(エンニオ・モッリコーネ/日本語表記:エンニオ・モリコーネ)の作品を、田中靖人氏がソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類のSAXを演奏して紡ぎあげた作品集で、イギリスのカリスマSAX奏者John Harle(ジョン・ハール)がプロデュースした話題作となっています。

余談ですが、筆者は学生時代、吹奏学部でテナーSAXを担当していたこともあり、SAXの音色には人一倍の愛着があります。

SAXは管楽器の中では新しい時代に誕生した楽器のため、通常のオーケストラ編成には存在しません。その一方、ポピュラー音楽の中では大活躍するわけなのですが、このスタイルでは、ハーモニックスを多用したり、頬を膨らませたり、喉声を出してダーティーな音色の出し方がもてはやされる傾向があります。

ところが田中靖人氏が奏でるSAXは、クラシカルなキレイな音色。こうした正当派の音色で奏でられるSAX音楽は、ありそうでなかなか耳にすることが出来ない貴重なものだと思います。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)