web第73回Festaは、23名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて6/11(土)に開催されました。参加者の内訳は男性8名 女性15名(うち、初参加者1名)。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、間近
に東京スカイツリーを望みながら極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

集合写真撮影
るりら氏



第1部

200px-Amici_Logo2001年の放送開始から10周年を迎えた人気テレビ番組『Amici di Maria De Filippi(アミーチ・ディ・マリア・デ・フィリッピ)』は、すっかりイタリア音楽界の台風の目となる存在となり、様々な人気歌手やカンタウトーレ、ダンサーを排出する人気タレントショーとして定着するようになりました。

そんなAmici出身の歌手を3人ピックアップして、6月FESTAの第1部で紹介いたしました。

1人目はValerio Scanu(ヴァレリオ・スカーヌ/21歳/Sardegna州La Maddalena出身)。2008年の
Amiciで惜しくも2位となったものの(1位はAlessandra Amoroso)、その後、サンレモ音楽祭2010で優勝に輝く快挙を成し遂げたValerio Scanu。

2010年11月9日にリリースした3rdアルバム「Parto da qui(僕はここから出発する)」では、ヒゲを蓄えてイメージチェンジし、ボーナスDVDと24ページに渡るカラーブックレットを付け、イタリアのアルバムチャートで最高2位に付ける実績を残しました。
img275

付属のボーナスDVDには、自身の出世作"Sentimento(感情)"の他、アルバム未収録だったカバー曲数曲を歌っているスタジオライヴの映像が収められています。

2010年10月15日にリリースされた先行シングルは、"Mio(僕のもの)"。シングルチャートでは最高8位となりました。

Festaでは、CDに合わせて付属DVD収録のPhoto Galleryを楽しんで貰いましたが、ここではライブ映像を貼っておきます。


このアルバム「Parto da qui」を掲げたツアーを行ったValerioは、イタリア国内だけに留まらず、スイスやスロヴァキア、そしてカナダでもライヴする実績を残しました。

そして2011年4月19日には、元のアルバムにNewシングル"Due stelle(2つの星)"を追加し、新たにボーナスDVDを加えた「Parto da qui (TOUR edition)」を発表し、アルバムチャート6位に付けました。
img094

ボーナスDVD内には、『Love Show』と名付けられたミニライヴの様子が収められ、CDに追加されたNewシングル"Due stelle(2つの星)"は、同アルバムに収録されている英語曲"Chances"のイタリア語版となります。

FESTAではTVライヴ映像でご覧いただきました。後半はサンレモ音楽祭2010優勝曲"Per tutte le volte che...(…する度に)"も歌っています。


※当サイトでのValerio Scanuの紹介記事はコチラ



Amici出身歌手2人目は、Loredana Errore(ロレダーナ・エッローレ/27歳/ルーマニア国Bucarest生まれ→Sicilia州Agrigento育ち)。

彼女は2010年のAmiciで2位となった歌手で、実力&人気を誇るカンタウトーレBiagio Antonacciがプロデュース&楽曲を書き下ろすという幸運をつかみました。

プラティナディスクとなる大ヒットを記録したデビュー作がミニアルバムだったので、1stアルバムと呼べるフルアルバム「L'errore(意:エラー)」は、2011年3月8日に満を持してのリリースとなりました。
img053

今回もBiagio Antonacciプロデュースで、全曲Antonacci自身の書き下ろし・共作となっており、共作者としてLoredanaの名前がクレジットされた曲も2曲ほど収められました。

また演奏面では、売れっ子スタジオミュージシャンとして頭角を現してきたDavide Tagliapietra(ダヴィデ・タリァピエトラ)が、ギターもベースも弾き、アレンジにも参加と大活躍をしています。
※父は元Le OrmeのAldo Tagliapietra(アルド・タリァピエトラ)

先行シングル第1弾となった"Il muro(壁)"は、2011年1月21日リリース。Gigi D'AlessioのNew York公演に客演した際のライヴの映像で紹介いたしました。


そして先行シングル第2弾として2011年2月26日リリースされたのは、同じLoredanaという名前を持つ大先輩Loredana Berte(ロレダーナ・ベルテ/61歳/Calabria州Bagnara Calabra出身)とのデュエットで話題となった"Cattiva(悪い女)"。

※当サイトでのLoredana Berteの紹介記事はコチラ

FESTA会場では、映像無しで見た方が良い曲と判断してCD音源で聴いていただきましたが、その『見ない方がいいライヴ映像』がこちら。音質と画質の悪さもありますが・・・あまりにも見た目に注意が持っていかれてしまい、音楽自体を訊けなくなりそうな映像なので・・・(苦笑)


※当サイトでのLoredana Erroreの紹介記事はコチラ



そして2010年のAmiciで、Loredana Erroreを押さえて優勝したのがEmma(エンマ/27歳/Firenze生まれPuglia州Lecce近郊育ち)。

デビュー盤となったミニアルバム「Oltre」(2010年3月16日発売)は、イタリア年間チャートの2位に収まるという大ヒットとなり、一躍人気スターとなったEmmaは、2010年10月19日に待望のフルアルバム「A me piace cosi(私はこんなのが好き)」をリリース。前作同様、瞬く間にプラティナディスクを勝ち取りました。
img271

同アルバムからのシングル第1弾"Con le nuvole(雲と共に)"は、既に4月に開催した『イタリアPOPSスペシャル@イタリア文化会館』でご紹介しましたので、6月FESTAでは、シングル第2弾となった"Cullami(私を惑わして)"を公式videoclipで紹介いたしました。


上記2曲とも、カンタウトーレRoberto Casalino(ロベルト・カザリーノ/32歳/Campagna州Avellino出身)が書き下ろした楽曲で、彼は、Amiciと並ぶタレントショー番組X Factorで2008年にブレイクしたGiusy Ferreriの出世作"Non ti scordar mai di me"をTiziano Ferroと共作したことで脚光を浴びました。

Emmaは2010年11月になると、同アルバムに9曲を加えたSpecial Editionを追加リリースしました。

年が明けて2011年になると、EmmaはModa(モダー)と組んでサンレモ音楽祭2011に出場し、惜しくも2位となったものの、出場曲"Arrivera(やってくるよ)"は、5週間に渡ってヒットチャートの首位を続け、結果としては同年のサンレモ出場曲の中で一番のヒットとなりました。

そしてそのサンレモ出場曲を含む3曲をオリジナル盤に追加して15曲入りとしたSanremo Editionを2011年2月16日にリリース。
A-me-piace

新たに追加された3曲は全て、サンレモ音楽祭でパートナーを組んだModa(モダー)のvocalistのKekko(ケッコ)こと、Francesco Silvestre(フランチェスコ・スィルヴェストレ)のペンになる楽曲。

6月FESTAの第1部の最後の楽曲はそのKekko作の3曲の中から"Io son per te l'amore(私は愛するあなたの為にいる)"を公式videoclipで紹介いたしました。


※当サイトでのEmmaの紹介記事はコチラ


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。