↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→https://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

Piccola RADIO-ITALIA公式facebookページ (facebook ufficiale)
https://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第194回イタリアPOPSフェスタ(2022年1月)レポート

2021年に他界したイタリア人アーティストの中で、一番多くの人々に哀悼された感のあるのがFranco Battiato(フランコ・バッティアート/1945-2021/76歳没/シチリア州カターニア近郊出身)。直近50年間の活動で、最もたくさんの人々に影響を与えた音楽家のひとりとして、崇められていたマエストロ格の大物。
Franco Battiato

実験音楽から電子音楽、カンツォーネ、シャンソン、プログレ、イタリアンポップス、歌無しのクラシック音楽に至るまで、実に幅広い音楽ジャンルを変幻自在に手掛け、英語や仏語・西語でも歌い、自身で楽曲を書けるのに、カヴァーも積極的に行い、後進も育て。。。という音楽界だけに留まらず、映画監督、画家や政治家としての活動歴も持つまさに天才肌の偉人。

※当サイトでのFranco Battiatoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Franco_Battiato

亡くなった同年9月、 ローマ時代の遺跡をそのまま野外音楽場として整備したArena di Verona(アレーナ・ディ・ヴェローナ)に彼を慕う幅広い世代と立ち位置のアーティストが一堂に会して、彼をトリビュートするコンサートが行われ、2022年1月初旬に編集されてTV特番『Caro Battiato(意:親愛なるバッティアート)』として放映。本Festaでは、そのTV放映分のうち、ステージパフォーマンス部分をピックアップして紹介した。
Caro Battiato (2022)

放映はYouTube上でも配信されて、そのアーカイヴは残っているものの、配信トラブルが多発していたような記録となっており、完全版映像は既に放送局のオンデマンド配信からは削除されてしまったので、ここでの紹介は割愛する。YoTube上には現在、非公式アカウントから一部の映像がUPされているので、気になる方は早めにチェックされたし。

ライヴ音源化はされているので、プレイリストとして紹介する。本ライヴテイクの前にバッティアートの元ヴァージョンを収録したプレイリストとしている。

Arisa(アリーザ)がカヴァーする「Perduto amor(意:失われた愛)」(2003)は、バッティアートの映画監督第1作のテーマ曲。

※当サイトでのArisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa

Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)はバッティアートの代表曲のひとつ「La stagione dell'amore(意:恋の季節)」(1984)をしっとりとカヴァー。原曲のピコピコアレンジとはガラッと雰囲気が異なるのも聴きどころ。

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia

Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ)が登場して歌うのは、「Che cosa restera` di me [Mesopotamia](意:僕の何が残るのかな)」(1988)は、バッティアートがモランディに書き下ろした楽曲。

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi

Mahmood(マームッド)が歌う「No time no space」 (1985)

※当サイトでのMahmoodの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mahmood

Paola Turci(パオラ・トゥルチ)「Povera patria(意:貧しき祖国)」(1991)

※当サイトでのPaola Turciの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Paola_Turci

Emma(エンマ)は「L'animale(意:生き物)」(1985)を選択。

※当サイトでのEmmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

Max Gazze`(マックス・ガッゼ)は「Un'altra vita(意:もうひとつの人生)」(1983)を。

※当サイトでのMax Gazze`の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Gazze`

バッティアートの愛弟子Alice(アリーチェ)が登場。デビュー後今ひとつの立ち位置にいたものの、バッティアートのプロデュースで3度目の改名デビューでようやくサンレモ音楽祭で優勝して一流歌手の仲間入りをした経歴を持ち、その後も度々バッティアートとのコラボやジョイントライヴを敢行したアーティスト。有名なバッティアートとのデュエット曲ではなく、選んだのは「La cura(意:治癒)」(1996)。そのタイトルがぴったりハマったのか、コロナ禍のイタリアで最も多くのアーティストにカヴァーされて歌われた楽曲と言っても良いだろう。

※当サイトでのAliceの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alice

Morgan(モルガン)とFabio Cinti(ファビオ・チンティ)は、一時期バッティアートのバックミュージシャンを務めるなどしていたコラボ繋がり。「Segnali di vita(意:命のシグナル)」(1981)

※当サイトでのMorganの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Morgan

バッティアートが発掘した同郷の若手カンタウトーレGiovanni Caccamo(ジョヴァンニ・カッカモ)は、すっかり髪を伸ばし、髭はさっぱりと落として若々しくなって登場。「Gli uccelli(意:小鳥たち)」(1981)をピックアップ。

※当サイトでのGiovanni Caccamoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giovanni_Caccamo

サンレモ2021出場曲がスマッシュヒットして一躍売れたColapesce(コラペッシェ)とDimartino(ディマルティーノ)のカンタウトーレ・コンビは「Bandiera bianca(意:白旗)」(1981)と「Sentimiento nuevo(意:新しい感情)」(1981)をメドレーで。彼らもシチリア出身者

※当サイトでのColapesceの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Colapesce

※当サイトでのDimartinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Dimartino

Jovanotti(ジョヴァノッティ)がお抱えベーシストのSaturnino(サトゥルニーノ)を率いて傑作「L'era del cinghiale bianco(意:白イノシシの時代)」(1979)を披露。

※当サイトでのJovanottiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

Carmen Consoli(カルメン・コンソリ)が登場し、バッティアートとのデュエットでヒットした「Tutto l'universo obbedisce all'amore(意:全宇宙は愛に従う)」(2008)を独りで歌う。バッティアートの声が重ならないのが、寂しさを誘う。

※当サイトでのCarmen Consoliの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Carmen_Consoli

Angelo Branduardi(アンジェロ・ブランドゥアルディ)は「Il re del mondo(意:世界の王)」(1985)をカヴァー。

※当サイトでのAngelo Branduardiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Angelo_Branduardi

前出のMorgan(モルガン)が所属するバンドBluvertigo(ブルーヴェルティゴ)は「Shock in my town」(1998)をチョイス。

※当サイトでのBluvertigoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Bluvertigo

Diodato(ディオダート)は「E ti vengo a cercare(意:君を探しに行くよ)」(1988)を。

※当サイトでのDiodatoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Diodato

そしてバッティアートの楽曲の中で最も有名で最もノリの良い楽曲と言っても良い「Cuccurucucu`」(1981)はGianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ)がカヴァー。

※当サイトでのGianna Nanniniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianna_Nannini

バッティアートがアリーチェとのコンビでユーロヴィジョン・ソング・コンテストに出場して5位となった「I treni di Tozeur(意:トズールの列車)」(1984)は、前出のアリーチェではなく、Baustelle(バウステッレ)がカヴァー。なるほど、男女デュエットで歌うのが望ましいこの曲は彼らの方がハマリ役かも。

※当サイトでのBaustelleの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Baustelle

中近東に特に強い関心を抱いていたバッティアートがイラン=イラク戦争が勃発した年に発表したのが「Up patriots to arms(意:兵器への愛国心を高めろ)」(1980)。披露したのは前衛的なロックバンドSubsonica(スブソニカ)。

※当サイトでのSubsonicaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Subsonica

TV番組「Caro Battiato」内では割愛されたものの、Festaで特別に別枠として紹介したのはキャッチーなヒット曲「Voglio vederti danzare(意:君が踊るのを見たい)」(1982)。歌ったのは19世紀に流行したダンス音楽を現代に引き継ぐExtraliscio(エクストラリーショ)。

※当サイトでのExtraliscioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Extraliscio

そして「Centro di gravita` permanente(意:普遍の重心)」(1981)は大団円となった楽曲で、前出のCarmen Consoli、Colapesce、Dimartino、Giocvanni Caccamoに、Luca Madonia(ルカ・マドニア)、Mario Incudine(マリオ・インクーディネ)が加わって歌う。

そしてエンディングは遺作となった2019年のアルバムのタイトル曲となった新曲「Torneremo ancora(意:僕らは再び帰るだろう)」と生前のバッティアートの映像で締めくくられた。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2021年に達する年齢で表記。

2021年 イタリア・年間ヒットチャート

2021年の年間(2021/1/1 - 2021/12/30)イタリア国内でのヒットチャート。(FIMI / Gfk調査)

scheda_dati_top_of_the_music_2021

なお、イタリアのチャートは国内・国外混合のチャートなので、イタリアものだけを抜き出したランキングに手直しし、括弧内に本来のチャート内順位を入れておきます。
※イタリア人アーティストの英語歌唱曲もリストから割愛しています。

※ちなみにこのヒットチャートはあくまでも出荷ベースの集計結果であり、イタリア音楽界でのアーティストの重要度・名声とはイコールではありません。ひとつの参考値としてご覧ください。
※特にシングルチャートは夏向けのダンス曲が主流になりがちです。

【アルバム・チャート】
※プレイリストはアルバム中の代表曲1曲を収録

N°1 『TAXI DRIVER』RKOMI
《2019年間チャート5位》

RKOMI -  TAXI DRIVER

N°2 『SANGIOVANNI』SANGIOVANNI
《Amici2020-2021:2位》

N°3 『TEATRO D'IRA - VOL. I 』MANESKIN
《サンレモ音楽祭2021:優勝者》

N°4 『BLU CELESTE』BLANCO

N°5 『MADAME』MADAME
《サンレモ音楽祭2021:8位》

N°6 『PLAZA』CAPO PLAZA

N°7 『NOI, LORO, GLI ALTRI』MARRACASH

N°8 『AHIA!』PINGUINI TATTICI NUCLEARI
《2020年チャート58位》

N°9 『FAMOSO』SFERA EBBASTA

N°10 『FLOP』SALMO

N°11 『OBE』MACE

N°12 『GEMELLI』ERNIA
《2020年チャート6位》

N°13 『SIAMO QUI』VASCO ROSSI

N°14 『SOLO』ULTIMO

N°15 『FASTLIFE 4』GUE` PEQUENO & DJ HARSH

N°16 『OK』GAZZELLE

N°17 『PERSONA』MARRACASH
《2020年チャート1位》《2019年チャート5位》

N°18 『AKA 7EVEN』AKA 7EVEN
《Amici2020-2021:3位》

N°19 『FUORI DALL'HYPE』PINGUINI TATTICI NUCLEARI
《2020年チャート8位》《2019年チャート59位》

N°20 『IL CIELO CONTROMANO』DEDDY
《Amici2020-2021:3位》

N°21 『DISUMANO』FEDEZ
《サンレモ音楽祭2021:2位》

N°22 『IL BALLO DELLA VITA』MANESKIN
《2019年チャート22位》《2018年チャート5位》

N°23 『DON'T WORRY BEST OF』BOOMDABASH

N°24(25 )『UNTOUCHABLE』TONY EFFE

N°25(27)『EXUVIA』CAPAREZZA

N°26(28 )『SOLO TUTTO』MASSIMO PERICOLO

N°27(29)『ALI』IL TRE

N°28(31)『17』EMIS KILLA & JAKE LA FURIA
《2020年チャート17位》

N°29(32)『CHOSEN』MANESKIN
《2018年チャート50位》

N°30(33)『23 6451』THA SUPREME
《2020年チャート3位》《2019年チャート11位》

N°31(34)『GVESVS』GUE`

N°32(35)『1969』ACHILLE LAURO
《2020年チャート25位》《2019年チャート46位》

N°33(36)『MATERIA (TERRA)』MARCO MENGONI

N°34(37)『NUDA10』ANNALISA
《サンレモ音楽祭2021:7位》

N°35(38)『BV3』BLOODY VINYL
《2020年チャート11位》

N°36(39)『MR. FINI』GUE` PEQUENO
《2020年チャート5位》

N°37(41)『UNICO』FRED DE PALMA

N°38(44)『PLAYLIST LIVE』SALMO

N°39(45)『GHETTOLIMPO』MAHMOOD

N°40(46)『VITA VERA - MIXTAPE, ASPETTANDO LA DIVINA COMMEDIA』TEDUA
《2020年チャート10位》《2018年チャート41位》

N°41(48)『COLPA DELLE FAVOLE』ULTIMO
《2020年チャート12位》《2019年チャート1位》

N°42(49)『CREPE』IRAMA
《2020年チャート35位》

N°43(50)『RE MIDA (AURUM)』LAZZA
《2020年チャート18位》《2019年チャート12位》

N°44(51)『MILLENNIUM BUG X』PSICOLOGI

N°45(52)『DNA DELUXE X』GHALI

N°46(55)『TUTTO ACCADE』ALESSANDRA AMOROSO

N°47(57)『IL MEGLIO DELLO ZECCHINO D'ORO』

N°48(58)『EMANUELE (MARCHIO REGISTRATO)』GEOLIER

N°49(60)『LAURO』ACHILLE LAURO

N°50(62)『PETRICHOR』MR.RAIN

N°51(63)『QVC9-QUELLO CHE VI CONSIGLIO VOL.9』GEMITAIZ

N°52(64)『DISCOVER』ZUCCHERO

N°53(65)『RED BULL 64 BARS, THE ALBUM』

N°54(66)『ROCKSTAR (POPSTAR EDITION)』SFERA EBBASTA

N°55(67)『GIOVANE RONDO』RONDODASOSA

N°56(68)『PUNK』GAZZELLE
《2020年チャート22位》《2019年チャート12位》

N°57(69)『PETER PAN』ULTIMO
《2020年チャート26位》《2019年チャート4位》《2018年チャート7位》

N°58(71)『CORAGGIO』CARL BRAVE
《2020年チャート57位》

N°59(72)『20』CAPO PLAZA
《2020年チャート31位》《2019年チャート13位》《2018年チャート6位》

N°60(75)『ACCETTO MIRACOLI:L'ESPERIENZA DEGLI ALTRI』TIZIANO FERRO

N°61(76)『MACHETE MIXTAPE 4』MACHETE
《2020年チャート24位》《2019年チャート3位》

N°62(79)『LA VOCE DEL PADRONE』FRANCO BATTIATO
《1981年作品》

N°63(80)『FILTRI+NUDO』VILLABANKS

N°64(82)『7』LIGABUE
《2020年チャート14位》

N°65(83)『SURREALE』J-AX

N°66(84)『MENTRE NESSUNO GUARDA』MECNA

N°67(85)『DOLCE VITA』SHIVA

N°68(86)『RIVOLUZIONE』ROCCO HUNT

N°69(88)『SCIALLA SEMPER』MASSIMO PERICOLO
《2020年チャート39位》《2019年チャート32位》

N°70(89)『MULTISALA』FRANCO126

N°71(90)『PIANETI』ULTIMO
《2020年チャート36位》《2019年チャート10位》《2018年チャート41位》

N°72(91)『IRIDE』TANCREDI
《Amici2020-2021出場者》

N°73(92)『OCEANO PARADISO』CHIELLO

N°74(97)『DIARI APERTI (SEGRETI SVELATI)』ELISA
《2020年チャート47位》《2019年チャート15位》《2018年チャート15位》

N°75(99)『LA GEOGRAFIA DEL BUIO』MICHELE BRAVI

N°76(100)『MATTONI』THE NIGHT SKINNY
《2020年チャート38位》《2019年チャート23位》


【シングル・チャート】

N°1 「MALIBU」SANGIOVANNI
《Amici2020-2021:2位》

SANGIOVANNI - Sangiovanni

N°2 「MI FAI IMPAZZIRE」BLANCO & SFERA EBBASTA

N°3 「MILLE」FEDEZ, ACHILLE LAURO & ORIETTA BERTI

N°4 「ZITTI E BUONI」MANESKIN
《サンレモ音楽祭2021:優勝》

N°5 「LA CANZONE NOSTRA」MACE, BLANCO & SALMO

N°6 「NOTTI IN BIANCO」BLANCO

N°7 「MUSICA LEGGERISSIMA」COLAPESCE & DIMARTINO
《サンレモ音楽祭2021:4位》

N°8 「NUOVO RANGE」RKOMI, SFERA EBBASTA & JUNIOR K

N°9 「LADY」SANGIOVANNI
《Amici2020-2021:2位》

N°10 「VOCE」MADAME
《サンレモ音楽祭2021:8位》

N°11 「PARTIRE DA TE」RKOMI

N°12 「UN BACIO ALL'IMPROVVISO」ROCCO HUNT & ANA MENA

N°13 「TI RAGGIUNGERO」FRED DE PALMA

N°14 「LOCA」AKA 7EVEN
《Amici2020-2021:3位》

N°15 「PARAOCCHI」BLANCO

N°16(17)「PISTOLERO」ELETTRA LAMBORGHINI

N°17(18)「MAKUMBA」NOEMI & CARL BRAVE

N°18(19)「SCRIVILE SCEMO」PINGUINI TATTICI NUCLEARI

N°19(20)「LA GENESI DEL TUO COLORE」IRAMA
《サンレモ音楽祭2021:5位》

N°20(22)「LUNA PIENA」RKOMI, IRAMA & SHABLO

N°21(23)「FERMA A GUARDARE」ERNIA

N°22(26)「CHIAMAMI PER NOME」FRANCESCA MICHIELIN & FEDEZ
《サンレモ音楽祭2021:2位》

N°23(28)「MAREA」MADAME

N°24(29)「MI MANCHI」AKA 7EVEN
《Amici2020-2021:3位》

N°25(30)「MOVIMENTO LENTO」ANNALISA FEAT. FEDERICO ROSSI

N°26(31)「SUPERCLASSICO」ERNIA

N°27(32)「SCOOBY DOO」PINGUINI TATTICI NUCLEARI

N°28(33)「A UN PASSO DALLA LUNA」ROCCO HUNT & ANA MENA
《2020年チャート2位》

N°29(34)「PASTELLO BIANCO」PINGUINI TATTICI NUCLEARI

N°30(35)「DESTRI」GAZZELLE

N°31(36)「YO NO SE’」RVFV

N°32(37)「BLU CELESTE」BLANCO

N°33(38)「TUTTA LA NOTTE」SANGIOVANNI
《Amici2020-2021:2位》

N°34(39)「MOHICANI」BOOMDABASH & BABY K

N°35(40)「TU MI HAI CAPITO」MADAME FEAT. SFERA EBBASTA

N°36(41)「VENERE E MARTE」TAKAGI & KETRA, MARCO MENGONI & FRAH QUINTALE

N°37(42)「LAS VEGAS」TANCREDI
《Amici2020-2021出場者》

N°38(44)「UNA DIREZIONE GIUSTA」YUNGEST MOONSTAR, NEFFA & THA SUPREME

N°39(45)「MA STASERA」MARCO MENGONI

N°40(48)「L'ULTIMA NOTTE」ARIETE

N°41(50)「FIAMME NEGLI OCCHI」COMA_COSE
《サンレモ音楽祭2021:20位》

N°42(51)「SALSA」J-AX & JAKE LA FURIA

N°43(52)「UN ALTRO BALLO」FRED DE PALMA FEAT. ANITTA

N°44(55)「KUMITE」SALMO

N°45(56)「0 PASSI」DEDDY
《Amici2020-2021:3位》

N°46(57)「BABY」SFERA EBBASTA & J. BALVIN
《2020年チャート62位》

N°47(59)「DIECI」ANNALISA
《サンレモ音楽祭2021:7位》

N°48(60)「TUTTECOSE」GAZZELLE & MARA SATTEI

N°49(63)「10 RAGAZZE」RKOMI, ERNIA & MACE

N°50(64)「RIDERE」PINGUINI TATTICI NUCLEARI
《2020年チャート29位》

N°51(65)「MELODIA PROIBITA」IRAMA

N°52(68)「KARAOKE」BOOMDABASH & ALESSANDRA AMOROSO
《2020年チャート1位》

N°53(69)「PARLAMI」FASMA & GG
《サンレモ音楽祭2021:18位》

N°54(70)「ALTALENE」BLOODY VINYL, SLAIT & THA SUPREME FEAT. MARA SATTEI & COEZ
《2020年チャート37位》

N°55(71)「ANGELINA JOLIE」BRESH

N°56(72)「BUONGIORNO VITA」ULTIMO

N°57(73)「VENT'ANNI」MANESKIN

N°58(75)「SHIMMY SHIMMY」TAKAGI & KETRA E GIUSY FERRERI

N°59(79)「NON FARE COSI`」CAPO PLAZA

N°60(80)「BELLA STORIA」FEDEZ
《2020年チャート43位》

N°61(82)「MEDITERRANEA」IRAMA
《2020年チャート3位》

N°62(83)「IN UN'ORA」SHADE

N°63(85)「LOVE」MARRACASH & GUE`

N°64(86)「LADRO DI FIORI」BLANCO

N°65(87)「FINCHE NON MI SEPPELLISCONO」BLANCO

N°66(88)「STUPIDO」MASSIMO PERICOLO & CROOKERS

N°67(90)「BAM BAM TWIST」ACHILLE LAURO FEAT. GOW TRIBE & FRENETIK&ORANG3
《2020年チャート34位》

N°68(91)「CONCEDIMI」MATTEO ROMANO

N°69(92)「UNA CANZONE D'AMORE BUTTATA VIA」VASCO ROSSI

N°70(94)「GLICINE」NOEMI
《サンレモ音楽祭2021:14位》

N°71(97)「LUCCIOLE」BLANCO

Piccola RADIO-ITALIA
公式LINEアカウント

友だち追加

Piccola RADIO-ITALIA
公式facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
読者登録
LINE読者登録QRコード
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

Twitter プロフィール
facebook di YoshioAntonio
記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【アーカイヴ】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato(archivi)

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

Opus Avantra Loucos (2021) オパス・アヴァントラ『ロウコス - 魔法の場所(ヴェネツィアの幻影)』(2021)
オリジナルメンバーによる解説文の和訳担当しました。

PFM - Ho sognao pecore elettriche (2021) PFM『電気羊の夢を見た』(2021)
歌詞対訳担当しました。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Maneskin - Teatro d'ira (2021-Japan) マネスキン『テアトロ・ディーラ Vol.I』(2021)
歌詞対訳担当しました。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)『愛おしき記憶(Tratto Da Una Storia Vera)』(2021/日本盤)ライナーノーツを担当

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD/2019)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ