Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Umberto_Tozzi

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第61回イタリアPOPSフェスタ(2010年4月)レポート (その1 / Le Mani, Umberto Tozzi)

 第61回Festaは、19名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて4/24(土)に開催しました。参加者の内訳は男性7名 女性12名。

IMG_5994まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏



第1部

2006年にアルバム「In fondo」でデビューした南伊Matera出身の若手バンドLe Mani(レ・マーニ)ですが、デビュー曲"Stai bene come stai"が、翌2007年に新人部門の最優秀VideoClip賞に輝き、さらに注目を集めるようになりました。

※当サイトでのLe Maniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Le_Mani

そんなLe Maniが、3年後の2009年に発表したセカンドアルバムが「Anno luce(光の年)」。デビューアルバム同様、5人のメンバー全員が曲作りに参加しているクレジットになっています。

img189

デビューアルバム同様、またしてもアルバムから3曲もシングルカットされ、PVも制作されるという快進撃を続けています。

1stシングル曲は"Il giorno migliore(最良の日)"。スピード感のあるスリリングな楽曲でありながら、サビ部分のメロディは歌心溢れるイタリアのアイデンティティが感じられるゴキゲンな楽曲。

1999年に大ブレイクしたLunapop(ルナポップ)"の流れを汲むタイプのバンドといえますが、そのLunapopには、この曲のタイトルと定冠詞のみが異なる"Un giorno migliore"という大ヒット曲があるのも興味深いところ。楽曲のタイプは全く異なりますが。

2曲目は2ndシングル曲"Libera Da(〜から自由)"。これも1Stシングルと同タイプの楽曲。

続きを読む(leggere la continuazione)

第53回イタリアPOPSフェスタ(2009年8月)レポート (その3 / Enrico Nascimbeni, Roberto Vecchioni, Umberto Tozzi)

その2はコチラ



第3部

 

第3部はベテランカンタウトーレを2人ピックアップ。

1人目はEnrico Nascimbeni(エンリコ・ナシンベーニ/50歳/Verona出身)。

イタリア最大の発刊部数を誇る日刊紙Corriere della seraの第三面担当記者として活躍し、『第三面の紳士』という異名で親しまれたGiulio Nascimbeni(ジゥリォ・ナシンベーニ/1923-2008/84歳没)を父に持つ、社会派の一面を覗かせるカンタウトーレ。

1977年のデビューですが、1980年代前半に音楽界から去り、彼もまた父と同じジャーナリストとしてのキャリアに転身を図ります。20世紀末のバルカン戦争にも記者として従軍していたようです。ようやく21世紀を迎えてから、再び音楽界に復帰するという、とにかく異色な経歴を持つカンタウトーレ。

音楽活動歴に20年弱のブランクがあるため、同世代のカンタウトーレたちの中では知名度は今ひとつ、といった存在ではありますが、復帰後に発表したアルバム5枚のうち2枚がゴールドディスクに輝く、といった充実した活動を続けています。

Enrico Nascimbeni/Uomini Sbagliati8月FESTAで紹介したのは、最新アルバムであり、発売後2ヶ月でゴールドディスクを獲得した「Uomini sbagliati(間違った男たち)」(2008)。2009年初頭には、iTunesイタリアで数週間に渡って1位をキープしていたのも記憶に新しいところ。

このアルバムは、派手さは全くなく、キャッチーなシングル向きの曲があるわけでもありません。ただアルバム全体を通して聴いて、じわじわと彼の世界に身を委ねられる心地良さがある作品です。そういうアルバムがゴールドディスクに輝くという快挙は、日本では実感が湧きにくいものです。

FESTAでは、アルバムの冒頭に納められた楽曲"Modigliani(モディリアーニ)"から紹介しました。

2曲目は、大先輩カンタウトーレRoberto Vecchioni(ロベルト・ヴェッキォーニ/66歳/Monza郊外出身)をゲストに迎えた"L'ultima notte di un vecchio sporcaccione (みすぼらしい老人の最後の夜)"。2003年のアルバム「Amori disordinati(混乱した愛)」(2003) に納められていた同曲の再録版。
  
アメリカの詩人Charles Bukowski(チャールズ・ブコウスキー/1920-1994)の稀有な人生を歌いあげています。

続きを読む(leggere la continuazione)

第25回イタリアPOPSフェスタ(2周年記念)レポート (其の4 / Umberto Tozzi, Renato Zero)

(其の3はこちら)

今回のFestaは、我がPiccola RADIO-ITALIAプロジェクトの創始者Cristinaが、神戸から初参加していたので、第2部の最後に皆様にご紹介。これまでのPiccola RADIO-ITALIAプロジェクトの経緯などをかいつまんで話していると、

「お前はもういいから、本人の声を聞かせろ!」

という声が・・・・そう、イタリア的なプレイボーイ体質を持つ輩から、そうゆう要求が出るほど、Cristinaはチャーミングな女性なんです。

するとそこへ、2本のキャンドルが立てられたケーキが登場!

おぉ、僕とCristinaによるケーキ入刀??

Cristina & YoshioAntonioと勘違いしてドキドキしましたが、実はこれ、FESTAの2周年を祝うために、参加者のYukoさんが用意してくれたケーキとのこと。ちゃんと『2周年おめでとう!』というメッセージが入ったプレートまでデコレーションされているではありませんか! Grazie mille, Yuko-san!!!

20:30の新幹線で神戸に帰るCristinaを送り出し、再び40分の長い休憩時間に突入。早い人は5:00過ぎから飲み出していますから、そろそろ3時間飲み続けており、宴会モードに入りかかっている方も(苦笑)



さていよいよ最後の第3部。

 

2月FESTAでも紹介したUmberto Tozzi(55/Torino出身)は、世界的なヒット曲を持つビッグ・アーティスト。

Umberto Tozzi/Le mie canzoni in concerto1970年代から1980年代にかけて、世界的なヒット曲を多数放ち、1980年代にはイタリア国内でのヒット曲をいくつも排出したTozziの1991年、39歳の時のライヴVHS「Le Mie Canzoni」。

現在のところDVD作品を1枚もリリースしていないTozziのライヴ映像作品は、それだけで貴重ですが、ヒット曲を量産していた頃で、39歳という、若過ぎず&枯れ過ぎずのベストな年頃なので、言う事はありませんね!

まずは"Gli innamorati(恋する者たち)"。リヴァースヘッドのエレクトリック・ギターをかかえ、ウェービーなヘアーを肩まで垂らしたそのルックスは、まさにロックスター!

続く"Gli altri siamo noi(他人さ、僕らは)"は、ギターを下ろし、マラカスを手に歌うTozzi。耳馴染みが良く、初めて聴いても覚えやすいメロディ、繰り返し聞くと心に刷り込まれるメロディを得意とするTozziのライヴですから、会場全体が大合唱になるのは自然の成り行き。Tozziはところどころ歌うのを止め、リードヴォーカルを会場に任せます。


初期のヒット曲"Qualcosa, qualcuno(何かが、誰かが)"では、珍しくアコースティック・ピアノを弾くTozzi。愛らしいリズムに乗せた、柔らかで浮遊感あるメロディとヴォーカル、そしてコーラスとの掛け合いが心地良い楽曲です。

Festa会場では、開始時刻からブラインドで遮光してプロジェクターの映像を楽しんでいたのですが、充分に日も暮れたのでブラインドを全開。この会場は『スカイラウンジ』と名付けられているだけあって、19階建ての建物の最上階に位置し、2方向が前面ガラス張りという構造のため、ビルの灯りがキラメク美しい夜景をバックに、浮かび上がるイタリアPOPSの映像。そこはいつしか極上の空間と化しました。



2周年記念FESTAのオオトリは、Renato Zero(57/Roma出身)。2月FESTAでも紹介したZeroですが、VHS時代に数多くの映像作品がリリースされているものの、やはりDVD化による再発売が進んでいません。過去に遡るほど、ステージ衣装やメイクが派手になっていくZeroなので、ビジュアル作品向きだと思うのですが・・・

 

80年代の過渡期を過ぎ、90年代になると完全にメイクを落として素顔で勝負するようになったZero。1998年には、彼の最高傑作と言われているアルバム「Amore Dopo Amore」をリリース。イタリアらしい叙情性、Zeroらしいポップさ、バラードの妙、Zeroならではの演劇チックな世界観、豊かなオーケストラサウンド、遊び心たっぷりの特殊効果サウンドなどが、るつぼの様に凝縮されて収められたアルバムです。

Renato Zero/tour dopo tour翌1999年にはその大ヒットアルバム「Amore dopo amore」のツアーを収録したライヴアルバム「tour dopo tour」をリリース。本フェスタではその映像作品としてVHS2本組で発表された「tour dopo tour」のオープニングから3曲立て続けにご紹介。

1曲目は"L'italiana(イタリア女性)"。まるでクラシック組曲のオーヴァーチャー(序曲)のようなアレンジの楽曲で、オーボエのメロディやスネアドラムの響きが飛び交う中、ビートルズのサージェントぺパー風の派手な衣装に身を包んだZeroが、独特の低音で静かながらもエネルギッシュに歌い始めます。

徐々に盛り上がっていくにつれ、歌の後ろで鳴っているストリングス、粘りのあるエレクトリック・ギターの裏メロが良い味を出しています。サウンドに奥行きがある、非常にスケールの大きさを感じる曲です。

歌詞に

『dalla Sicilia fino in Piemonte(シチリアからピエモンテまで)』

という表現があるのですが、日本で言うならば、『北海道から九州まで』という言い方に当たるのでしょうか。イタリアでは最南端のSiciliaから始まるのですかね。そして何故か北端ではなく、むしろ西端のPiemonteが最後に来る・・・・Valle d'Aosta州の方が北西端のような気がしますが、日本でも沖縄が最南端だけど、よく『九州まで』という言われ方をするのに近い感覚なのかもしれませんね。

続いてシングルカットもされたヒット曲"Cercami(僕を探して)"。イントロのボンゴの響きが最高です。この曲を聴くと無性にラテンパーカッションを叩きたくなります。

"Cercami(僕を探して)"というタイトルなので、Zeroはどん帳から顔だけ突き出してささやくように歌いだします。そして曲が盛り上がるにつれ、どん帳から飛び出して来て熱唱! そして間奏の盛り上がりの部分では、

Zeroお得意の奇妙なダンス!!!

当時49歳という年齢にも関わらず、軽やかなステップを踏み、頭上で沖縄民謡のカチャーシィ(阿波踊り風)で振りを付けるZero。決してカッコイイ系の振り居付けではなく、むしろお笑い系のその振りがなんとも言えず奇妙で、Festa会場の参加者は大コーフン!!!! 映像に対して『ヒュー!ヒュー!』という野次や拍手まで沸き起こる始末。

続いて"La favola mia(僕のおとぎ話)"。顔だけにスポットを当てられたZeroが静かに歌い始めます。次第にスポットライトの輪が広がり、会場が明るくなっていくのですが、なんとZeroの衣装は、フラミンゴのようなピンクの羽でつむがれたワンピース(?)風の派手さ加減で、首から足元まですっぽりと包まれています。そしてステージに設置された、同じ衣装を着せられたマネキン(!)との絡みを始めます。

マネキンの足元に膝まづいてみたり、まるで母親に抱かれる幼児のようにマネキンの胸元にスリスリしてみたり・・・・対象が生きた人間なら問題ありませんが、相手がマネキンですからね! 倒錯感のあるアブノーマル、誤解を恐れずに言及するならば、

ヘンタイ

の香りがプンプン漂ってくるのは必至です!!! 初めてZeroのステージを見た人には強烈な印象だった事でしょう。

ラストは"Emergenza noia(緊急事態・退屈)"。初期のZeroの18番だったアップテンポでダンサブルな曲調ながら、Rockバンドのサウンドとオーケストラの掛け合いや、サウンドのキメが秀逸で、聴けば聴くほど味が出てくるタイプの楽曲です。

それは『退屈』さ 僕を決して容赦しないのは
ヤツは 間違いを冒しはしないのさ
そして お前がどんな男かお見通しなんだ
エキセントリックじゃないし 目立たないし
セクシーでもないし グラマーでもないけど 
そこには『退屈』のヤツが鎮座しているのさ

この『セクシーでもないし グラマーでもないけど』の部分で、Zeroはなんと、股間に手を当てて腰を怪しげに振るジェスチャー!

Che erotico è!!!(なんてエロティックなんでしょう!)

それは『退屈』さ 僕らの中にある濃い霞の正体は
暗い道 どこで転ぶかお前には知る由も無い
クスリやいかがわしいことは自滅する
偽りの浮遊感さ お前のやることは
幽霊の揺りかごへようこそ
お前が再び目覚めるには遅すぎる

『幽霊』のところは、テルミンによるそれっぽいSEが入り、雰囲気が最高!Zeroも幽霊のように『うらめしや〜』的なポーズも取ってくれます。本当にエンターテイナーですねぇ。

そしてこの曲の歌詞にも、Zeroがイタリア社会で人気を博す理由のひとつである確固たる彼のポリシー、反ドラッグ、安易なセックス反対の姿勢が現われていますね。

さあ、これで2周年フェスタは終わり、とボリュームを絞り、締めのコメントを始めようとしたところ、参加者から

れ・な〜と! れ・な〜と!

と、まるで本物のライヴのようにリクエストが(笑)。

まだ時間の余裕があったので、続けてもう1曲"Siamo eroi(僕らはヒーロー)"をお届けしました。彼の代表曲でもある傑作"Il cielo(空)"に通ずる、実に美しい歌い上げ系バラードの楽曲でありますが、前の曲の衝撃的&セクシーな振り付けが頭から抜けていないもあ氏の口からボソッと出た

僕らはエロイ??

とイタリア語の発音をそのまま日本語に当てはめた発言に、一同大爆笑で、Festaはエンディングとなりました。

tutti insieme2ちなみにその後に撮影した集合写真で、頭上で手を振るポーズの輩が多いのは、Zeroの振りを真似しているからであります(笑)。

こうして、2周年記念のタイトルを冠した、ややお祭り的なノリのフェスタは終了しました。満足していただいた方が多かったようで、主宰としても感無量でした。

第23回イタリアPOPSフェスタレポート(第1部 / Umberto Tozzi, Marco Masini, Le Vibrazioni, Niccolo` Fabi, Fiorella Mannoia)

Burn_neon第23回Festaは「ミュージック・ラウンジ♪バーン」(東京・江東区)にて2/10(土)に開催しました。

参加者数21名+Yoshio@主宰の22名(男性12名+女性10名)。うち、新顔さん4名の参加となりました。

 

 


 

第1部

TozziMasini数々のヒット曲のコンポーザー&敏腕プロデューサーとして、1970年代から現在までイタリアの音楽シーンを導いてきたイタリアの名匠Giancarlo Bigazzi(67/Firenze出身)。彼が見出し育て上げた2人のスターUmberto TozziMarco Masiniで企画ユニットを組むアイデアから生まれたのがアルバム「Tozzi Masini」(2006)。

Umberto Tozzi(55/Torino出身)はBigazziと共に70年代に世界中で大ヒットした"Ti amo"や"Gloria"で一世を風靡しました。イタリアはもちろん、ヨーロッパや南米はもちろん、北米でも大ヒット。(注:北米ではLaura Braniganにより英語カバーで大ヒットしたので、作者として著名)まったくヒットしなかったのは日本だけかもしれません。

Tozziが世界的なビッグアーティストの証として1988年、ロンドンのRoyal Albert Hallで行ったコンサートのCDがリリースされていますが、当時無名だったMarco Masiniがキーボード奏者として参加しているのを発見できます。

Marco Masini(43/Firenze出身)は、母がプロ・ピアニストであった影響で、前出の通り職業ピアニストとして音楽業界のキャリアをスタートし、1990年のサンレモ音楽祭に新人歌手部門で優勝してからは、新世代を担うカンタウトーレとして注目され、日本盤CDも何枚かリリースされていたほどの期待の星。

「Tozzi Masini」という企画アルバムでは、2人の共作による新曲が3曲収録され、仲良くデュエットしています。そんな新作の中からよりイタリアらしさを感じさせる"Anima italiana(イタリア魂)"。メロウなメロディに乗せて、鼻に抜けるような高音でややコブシを回すTozziの声と、割れた声で暑い歌唱法のMasiniの個性の対比が面白いところ。

新作以外はそれぞれのヒット曲をカバーしあい、オリジナル歌手の方はところどころにコーラスに入る、といった試みでリメイクされています。

Masiniの曲を先輩格のTozziがカバーした作品の中では、2004年のサンレモ音楽祭の優勝曲Masiniの"L'uomo volante(飛ぶ男)"を選択。TozziはMasini風にいくぶん声を荒くして歌っていますが、高音部になるとTozziそのもので、メロウな雰囲気が漂います。

逆にTozziの曲を後輩のMasiniがカバーした作品の中では、1991年のサンレモ音楽祭出場曲"Gli altri siamo noi(他人さ、僕らは)"を。アコーディオンのバッキングが心地よく、メロディが耳に残り、Masiniは得意のだみ声&張り上げ唱法を抑え目にして曲のよさを引き出しています。改めてTozziの作曲能力に唸らせられました。

 


 

第1部2組目は、すっかりイタリアの若手バンドの代表格のひとつに成長した感のあるLe Vibrazioni。デビュー盤ではPOP/Rockな雰囲気でしたが、徐々に重たいサウンドを取り入れ、Rockバンドとしての色を濃くし、3枚目となる「Officine Meccaniche(機械工場)」(2006)では、ヘビーなRockサウンドがアルバム中に炸裂しています。

限定DVD付きNewアルバムですが、DVDは前編メイキングだったので上映を諦め、2004年のライブDVDの映像を重ねて紹介しました。

アルバム1曲目の"Fermi senza forma(形の無き留め金)"は、このアルバムを象徴するヘビーサウンド。重たいベースのサウンドと激しいドラム、ディストーションが効いたギターサウンド。サビ部分のメロディの浮遊感がイタリアらしさを垣間見せるアレンジです。

続いてヘビーサウンドアルバムの中に少しだけ散りばめられたクリアサウンドの曲の中から、ミドルテンポ曲の"Se(もしも)"。アコースティックギターのアルペジオから始まり、ヴォーカルのFrancesco(31/Milano出身)が切ない声で歌い始めます。次第にサウンドはリズム隊が入り、エレクトリックギターのアルペジオに代わり、だんだん派手なサウンドになっていきます。口ずさみやすいサビのメロディ、間奏ではストリングスが乗ってきて、「あぁ、イタリア♪」と感じさせる、なかなか素晴らしい曲でした。

イタリアには彼らのようにイギリス風のサウンドを追及するバンドが五万と居ますが、そこここに見え隠れするイタリア臭さが、彼らを他のバンドと一線を画していると思います。

 


 

第1部3人目はNiccolò Fabi(39/Roma出身)。Policeのコピーバンドのドラマーとして音楽のキャリアをスタート、Alberto Fortisのボウヤとしても下積みを積みました。やがてプロ・ベーシストであり、歌手としてもデビューを果たしたMax Gazzè(40/Roma出身)の協力のもと、とうとうNiccolòも28歳の時にソロシンガーとしてスタートを切ります。

当初は軽薄なエレPOP風の作品が多かったためか、その後も暫く、PFMのプロデューサーとして著名な父Claudio Fabiの七光り的に語られる事が多かったNiccolòですが、2003年ぐらいから円熟したカンタウトーレ風の作品が目立つようになり、もう父の名前を出さずに評価するに足るアーティストへと、大きく成長を遂げたと感じられます。

そんなNiccolòのデビュー10周年を機に、オリジナルベスト盤「Dischi Volanti 1996-2006(空飛ぶ円盤)」(2006)をリリースする運びとなりました。流行の3枚組仕様と2枚組の2種類がありますが、3枚組仕様の方は、2枚組CDにDVDを追加したもの。

当然FESTAではこのDVDから紹介。"il negozio di antiquariato(古物商店)"(2003)は、Africaを連想させる民俗音楽的なドラムのリズムに導かれ、浮遊感溢れるソプラノSaxの調べ。歌に入ると、清々しいNiccolòの声とメロディ。そのイメージにピッタリな緑あふれる戸外で、バンドを従えて、アコースティックギターを奏でるNiccolò。全編に渡ってソプラノSaxが大きくフィーチャーされていて、サビの部分はNiccolòのヴォーカルとSaxが交じり合って心地よい。

2月Festaは男性シンガーばっかりということもあり、女性シンガーFiorella Mannoia(53/Roma出身)とのデュエット曲"Offeso(腹が立った)"。ライブテイクとなっているDVD(CDではスタジオ録音)で楽しみました。

タイトルのイメージとは異なり、とても穏やかな曲調で、ストリングスがフューチャーされ、かすかに民俗音楽のエッセンスが散りばめられたミドルテンポの曲。

歌の後半からFiorellaがステージに登場。曲の後ろで僅かに刻まれていた独特のリズムが次第に前面に出てきて、ライブ会場の観客も一体となってそのリズムを刻んで盛り上がっていました。

Continua alla prossima puntata.(続く)

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

Bell'Italia11/8開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 6』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ