Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Syria

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第148回イタリアPOPSフェスタ(2017年11月)レポート(第1部:Mario Venuti)

20017年12月1日に在日イタリア商工会議所主催ガラ・パーティのゲスト出演のため来日が決定したMario Venuti(マリオ・ヴェヌーティ/54歳/Sicilia週Siracusa出身)。

最新アルバムは『Motore di vita(意:生きる活力)』(2017)は、ベテラン域に達しつつあるカンタウトーレの力量を充分に感じさせてくれる作品集であり、若手カンタウトーレのSeba(セバ/Sicilia州Catania出身)がキーボードやギターの演奏の他、5曲ほど作詞を中心に曲作りに参加しているのも注目するところ。
Mario Venuti - Motore di vita

※当サイトでのSebaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Seba

シングル第1弾「Caduto dalle stelle(意:星々から落ちたもの)」は、長年共作を続けているKaballa`(カバッラ)が補作詞に参加している。

シングル第2弾「Tutto questo mare(意:全てこの海)」も補作詞にKaballa`が参加。

「Non e` peccato(意:残念じゃない)」は、Venutiが2005年にSyria(シリア/当時28歳/Roma出身)に書き下ろしていた曲で、セルフカヴァーが今回アルバムに収録された訳だ。

ここからはDVD『materia viva(意:生き生きした題材)』(2006)からのライヴ映像での紹介とした。同ライヴはSicilia州TaorminaのTeatro Anticoでシュートされたもの。
Mario Venuti - materia viva

「Fortuna(意:幸福)」 (1993)は、Venutiのデビュー曲。

「Veramente(意:本当に)」 (2003)

「Crudele(意:残酷な)」(2004)は、サンレモ音楽祭2004で10位に終わったものの、栄誉あるMia Martini賞(ミア・マルティーニ賞=批評家賞)を受賞している。

Venutiは他の歌手に楽曲を提供する事や、他のアーティストと共演が多いことでも知られている。最も有名な「Mai come ieri(意:昨日のようには決して)」(1998)は、自身の同名のアルバムのタイトル曲で、Carmen Consoli(カルメン・コンソリ/当時24歳/Sicilia州Catania出身)とのデュエットで大きな話題となった。その2年前のCarmenの1stアルバム『Due parole(意:2つの言葉=ちょっとした言葉)』にVenutiが楽曲を提供したのがきっかけ。

※当サイトでのCarmen Consoliの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Carmen_Consoli

「Per causa d'amore(意:愛のせいで)」(2003)は、Patrizia Laquidara(パトリツィア・ラクィダーラ/当時32歳/Sicilia州Catania生まれVeneto州育ち)との共演。Patriziaの2ndアルバム『Indirizzo portoghese(意:ポルトガルの住所)』(2003)にVenutiが提供していた楽曲で、翌2004年、Venutiは自身のアルバム『Grandimprese(意:偉業集)』のサンレモ・エディションでセルフカヴァーをしている。

※当サイトでのPatrizia Laquidaraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Patrizia_Laquidara

Joe Barbieri(ジョー・バルビエリ/44歳/Napoli出身)がブレイクするきっかけとなった再デビュー作『In parole povere(意:貧しい言葉で/邦題:素直な気持ちで)』に収録された楽曲「Pura Ambra(邦題:無垢の琥珀)」でデュエット相手を買って出ている。

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe_Barbieri

※当サイトでのMario Venutiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Venuti


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

次回の月例FESTAは12月24日(日)開催予定。

第78回イタリアPOPSフェスタ(2011年11月)レポート (その2 / Raf, Syria, Dolcenera)

その1はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51976021.html


第2部

第2部は、男性ヴォーカル1人と、女性ヴォーカル2名のラインナップ。

男性ヴォーカル編では、ベテランの域に入りつつあるといえるカンタウトーレRaf(ラフ/52歳/Margherita di Savoia出身)が2011年5月にリリースした、オリジナルアルバムとしては3年ぶりとなるスタジオ録音盤「Numeri(数)」(2011)。

img116

そのCDを実際に手に取って見た時に、日本人として驚いたことは、アルバムジャケットに採用された日本語の看板が並ぶ繁華街の写真・・・・!

ステーキの名門「月光仮面」、麻雀「ウイナー」、「こいさん通り」・・・・って、これ、大阪ミナミの繁華街ではありませんか!

 

え"〜っ!Rafはこのアルバム制作時に、
大阪でロケを行ったの???

 

とびっくりしたのですが、良く見てみると、現実のミナミの街と、若干写真の構図などが異なるため、ようやく合成写真だという事に気が付きました。

アルバムのブックレットにも日本や大阪のことを記述したものがありませんので、どういう意図で大阪ミナミの写真を採用したのかが、謎のまま・・・・

しかしながらアルバム内の楽曲は、いつものRafらしい瑞々しい楽曲が並べられ、安心して聴いていられる小粋な作品集に仕上がっています。

アルバムに先行してリリースされたシングル曲"Un'emozione inaspettata(予期せぬ感情)"

これまた弦楽隊を大胆に導入したサウンドで、2011年秋口からのイタリアPOPS界の傾向である、ストリングス導入、またはオーケストラとの共演という構図を伺うことができます。

Rafの2曲目は本アルバムのタイトル曲でもあり、話題作でもある"Numeri(数)"。話題の要因は、Nathalie(ナタリー/32歳/Roma生まれ)とFrankie Hi-NRG MC(フランキー・ハイエナジー・エムシー)との共演です。

※当サイトでのNathalieの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nathalie

※当サイトでのRafの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raf


11月FESTAの女性歌手の1人目は、Syria(スィリア/34歳/Roma出身)。

1960年代に活躍した歌手Elio Cipri(エリオ・チプリ)の娘として誕生したSyriaは、1995年(18歳)の時にイタリアPOPS界の扉を叩き、翌1996年にはサンレモ音楽祭の新人部門に出場して、キャリアをスタートさせます。

自身も曲を書くカンタウトリーチェではありますが、Jovanotti(ジォヴァノッティ)やTiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ)らに提供してもらった曲を歌うというスタイルで、一定の評価を得ることになりました。

2000年代になると、次第にダンサブルな楽曲に傾倒するようになり、2009年には、自身の名前を逆に綴ったAirys(アイリス)名義でダンス音楽をリリースするに至りました。

2011年に再びPOPS路線に戻り、リリースしたのがアルバム「Scrivere al futuro(未来に手紙を書く)」(2011)。

img141

シングル曲第1弾となったのは、"Sbalzo di colore(色の跳躍)"。

公式ビデオクリップも制作されているのですが、日本からの閲覧はブロックがかけられてしまうので、ここではTVライヴの映像を貼っておきます。

後半には、Syriaの右腕全体に施されたタトゥについても言及しています。

Syriaの2曲目は、シングル第2弾となった"Innamorarsi senza accorgersi(気付かないうちに恋をする)"。


2人目の女性歌手は、Dolcenera(ドルチェネーラ/34歳/Lecce近郊出身)で、2011年5月にリリースした通算5枚目のアルバム「Evoluzione della specie(種の進化)」(2011)。

img124

カンタウトリーチェとしての才能に大きな注目を集めて来たDolceneraですが、デビュー当時のRock姉御風のイメージを、ロングヘアのお嬢様風にチェンジしたのが2009年でしたが、今回は髪をバッサリと切り落としてショートヘアに再度のイメチェンを図りました。

第1弾シングル曲は"Il sole di domenica(日曜日の太陽)"

イメージチェンジのついでに、Dolceneraはイタリア版Play Boy誌に大胆なヌード写真を披露して、大きな話題になりました。

296469_10150305828996235_29980166234_8290129_259822680_n

313399_10150305828696235_29980166234_8290124_2066252643_n

Dolceneraの2曲目は、同アルバムからの第2弾シングル曲に選ばれた"L'amore è un gioco(恋は遊び)"

※当サイトでのDolceneraの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Dolcenera


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第49回イタリアPOPSフェスタ(2009年4月)レポート (その2 / Dolcenera, Syria, Nek)

その1はコチラ



第2部

 

引き続きサンレモ音楽祭2009からですが、第2部はベテラン部門(Artisti)に出場したDolcenera(ドルチェネーラ/32/Lecce近郊出身)を。

2006年のサンレモ音楽祭出場&アルバム発売後、3年ほど音沙汰がなかったDolceneraですが、2007年はドイツでCDをリリースし、ドイツツアーも成功を収め、イタリアでは映画の世界で女優として活躍したりしていました。2008年になると、ZuccheroやVasco Rossiのヨーロッパツアーに同行するなど、自身の音楽やイタリアを超えた活動に精を出していたようです。

そしてサンレモ音楽祭2009で、久々にイタリアの音楽ファンの前に姿を現したのですが、多くのイタリア人をびっくりさせました。かつてはパンクロック風のルックスを好み、黒々としたアイメイクや真っ赤なルージュにTシャツにジーンズといったラフスタイルのイメージが強かったDolceneraが、一転してお嬢様風のメイクにフリルのワンピースといった外見に変わっていたから。『うゎ〜。Dolcenera、かわいくなったなぁ』とか『Doceneraの脚線美を始めて見たゾ!』といった声が上がったのです。Dolcenera/nel paese delle meraviglie

サンレモ出場に合わせて発売されたアルバムタイトルは「nel paese delle meraviglie(素晴らしさの国の中で)」(2009)。そしてその1曲目に収められた"La Più Bella Canzone D'Amore Che C'è(存在する最も美しい愛の歌)"は、文字通りとても美しいラブソング。FESTAでもこの楽曲から紹介を始めました。

2曲目はもちろん、サンレモ音楽祭出場曲の"Il mio amore unico(私の唯一の男友達)"をサンレモ後のTV出演時の映像で。

サンレモ音楽祭のゲストを招いてのステージでは、Syria(スィリア)とのデュエットを楽しませてくれました。

残念ながらサンレモ音楽祭では予選落ちしてしまい、最終日まで出場できませんでした。アップテンポながらとても聞き応えのある楽曲なのですが、明らかにサンレモに不向きの楽曲でしたね。

Dolcenera/Dolceneraさて、Dolceneraはまだアルバムを4枚しか発売していないアーティストなのですが、早くもベストアルバム「Dolcenera」(2009)が発売されました。CD2枚&DVD1枚の3枚組で、DVDは2ndアルバム「Un mondo perfetto(完璧な世界)」(2005)のSpecialエディションに付いていたDVDと全く同じものなので、彼女の作品をコンプリートで集めている方には無用の長物になってしまいますが、これからDolceneraに触れる方にはもちろん、文字通りベストな作品だと思います。

せっかくなので付属のDVDから、Dolceneraの作品の中で、最も美しい曲といえる"Mai più noi due(もう決して私たち二人では)"。Dolcenera28歳の時の傑作です。

続きを読む(leggere la continuazione)
Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ