Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Simone_Cristicchi

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第151回イタリアPOPSフェスタ(2018年2月)レポート(第2部:Ermal Meta)

Ermal Meta(エルマル・メータ/37歳)のアルバム『Vietato morire』(2017)から。
Ermal Meta - Vietato morire

彼はアルバニア国生まれのアルバニア人で、実父のDVから逃れるため、13歳時に母や兄弟とイタリアはPuglia州Bariに渡ってイタリアに帰化したという出自の持ち主。サンレモ音楽祭には早くも2006年の新人部門にAmeba 4(アメーバ・クアットロ)のメンバーとして出場、翌2007年にはLa Fame di Camilla(ラ・ファーメ・ディ・カミッラ)を結成して、サンレモ2010新人部門にも出場している。

2012年ごろからソロ活動を始め、Emma(エンマ)やAnnalisa(アンナリーザ)、Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)などの歌手仲間やベテランのPatty Pravo(パッティ・プラヴォ)らにたくさんの楽曲提供することで頭角を現して注目を集めるようになり、自身のサンレモ音楽祭初出場は、2016年の新人部門で結果は3位。

翌2017年の同音楽祭ではアルバムタイトル曲「Vietato morire(意:死ぬのは禁止)」で大賞部門に出場して3位に登る大躍進を果たす。同曲は自らの経験が元になったと想像できるDVを題材にしている。

彼がサンレモ音楽祭2017の第3夜のカヴァー大会で披露したのは、イタリア音楽の金字塔を築いたDomenico Modugno(ドメニコ・モドゥーニョ/1928-1994/66歳没)の隠れた名曲「Amara terra mia(意:悲痛の我が大地)」。14世紀のアブルッツォ伝承歌をベースにModugnoが1971年に発表した楽曲で、ひたすら暗く淡々と歌われるこの楽曲の後半を、まさかのオクターヴ上の歌唱で披露して、圧巻のカヴァー大会優勝を勝ち取った。

※当サイトでのDomenico Modugnoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Domenico_Modugno

同アルバムからのシングル第2弾「Ragazza paradiso(意:天国娘)」は、ラジオ105賞を受賞。

当初アルバムにはソロ歌唱ヴァージョンが収録されていた「Voodoo Love」だが、スペインの人気バンドJarabedepalo(ハラベデパーロ)をゲストに迎えたヴィデオクリップが公開された。

「Piccola anima(意:ちょっとした気持ち)」 は、Elisa(エリーザ)とのデュエット。

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

そんな大活躍した2017年を終え、翌2018年のサンレモ音楽祭には先輩カンタウトーレFabrizio Moro(ファブリツィオ・モーロ/43歳/Roma出身)とタッグを組んで出場し、共作曲「Non mi avete fatto niente(意:君たちは僕に何もしなかった)」で、遂に優勝を勝ち取った。

※当サイトでのFabrizio Moroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_Moro

第4夜にはサンレモ音楽優勝経験者Simone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ/41歳/Roma出身)をゲストに迎えて同曲を3人で熱唱した。

※当サイトでのSimone Cristicchiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simone_Cristicchi

※当サイトでのErmal Metaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ermal_Meta


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。

第101回イタリアPOPSフェスタ(2013年10月)レポート(その4/ Simone Cristicchi, Marco Masini)

第4部

Simone Cristicchi(スィモーネ・クリスティッキ/シモーネ・クリスティッキ/36歳/Roma出身)の4thアルバム『Album di famiglia(意:家族アルバム)』は、文字通り自身の家族に捧げられた内省的な作品集。サンレモ2007優勝の翌年に息子、2011年に娘が生まれていて、ジャケットに採用された子供が描いた絵には、モジャモジャ頭のSimone、長男、ママ、末娘、ネコが描かれています。

SimoneCristicchi-Album Di Famiglia

サンレモ2013で11位となった楽曲が「La prima volta [che sono morto](初めてのこと[僕が死ぬのは])」で、自分が突然死してしまったら・・・を仮定して歌った歌。

サンレモ2013に持ち込んだもう1曲は「Mi manchi(意:君に会いたい)」

いつものSimoneらしいアイロニカルな視点を残しながら、この2曲のように包み込むような暖かな楽曲が多いのがこのアルバムの聴きどころです。ヴァイオリンには、New Trolls(ニュー・トロルス)来日時の指揮者&ヴァイオリン奏者を務めたRoberto Izzo(ロベルト・イッゾ)がクレジットされています。

※当サイトでのSimone Cristicchiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simone_Cristicchi


10月FESTAの最後はMarco Masini(マルコ・マズィーニ/マルコ・マジーニ/49歳/Firenze出身)の『La mia storia...piano e voce(意:僕の来歴…ピアノと声)』(2013)を。デビュー25周年を超えた自身の代表作をピアノの弾き語りを中心に再アレンジ&再録音した作品集ですが、一般的にオリジナルに勝てない再録音盤がほとんどですが、本作品集は、オリジナルとはまた異なった魅力を感じさせる素晴らしい仕上がりとなっています。

piano e voce

2曲の未発表曲も収録されており、シングル化されたのは「Io ti volevo(意:僕は君が欲しかった)」。

初期の大ヒット曲「T'innamorerai(意:君は恋する事だろう/邦題:恋におちて)」(1993)、Milva(ミルヴァ)にもカヴァーされた隠れた名曲「Ci vorebbe il mare(意:海が必要なのかな)」(1990)、「Bella stronza(意:美しきクソ女/邦題:愛しいお前)」(1995)をピアノの弾き語りで歌っているシーンを紹介しましょう。(歌が始まるのは6分50秒ぐらいから、ラスト曲は17分ぐらいから)

映像の中で、Marco Masiniは彼を見出した名作詞&作曲家&プロデューサーの故Giancarlo Bigazzi(ジァンカルロ・ビガッツィ)との想い出を沢山語っています。Masiniの作品には“Parolaccia(パロラッチャ:汚い言葉)”が多用される事が有名で、放送禁止扱いになることも度々あり、Masiniにはこの“パロラッチャ”のイメージが付いて回ることになりましたが、歌詞はBigazziが書いていたので、それがBigazziによるMasiniのプロデュース方針だったのでしょう。戸惑うMasiniに対して『勇気を持って歌え』とBigazziが促していたというようなことが語られています。

また彼のヒット曲「Cenerentola innamorata(意:恋するシンデレラ)」(1991)を題材にしたショートフィルムが最近制作されています。

※当サイトでのMarco Masiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Masini


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

次回のイベントは、11月9日(土)に東京・表参道のベリタリアで『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』で開催されます。詳細情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/52098395.html

11月の通常FESTAは、11月30日(土)に開催予定です。

第77回イタリアPOPSフェスタ(2011年10月)レポート (その3 / Targa Tenco 2011 - Patrizia Laquidara, Antonio Pascuzzo, Vinicio Capossela)

その2はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51967232.html


第3部

Premio Tenco(プレミオ・テンコ/テンコ賞)。28歳の若さでこの世を去った不世出のカンタウトーレLuigi Tenco(ルイジ・テンコ/1938-1967)を追悼して創設されたClub Tencoで、1974年より毎年、カンタウトーレ(シンガーソングライター)の活動や作品を評価するコンクール。イタリア国内のみならず世界中のカンタウトーレを対象にしています。

Traga Tenco(タルガ・テンコ/テンコ賞牌)は、上記のPremio Tencoの中で、イタリアのアーティストのみを対象にして審査・表彰されるもので、1984年から始まりました。

※当サイトでのLuigi Tencoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Luigi_Tenco

当10月FESTA開催日の数日前に、2011年のTarga Tencoの発表があり、日本のファンと関連の深い人物が受賞していたこともありましたので、急遽特集を組むことにいたしました。

Targa Tencoには4部門が設けられ、それぞれの部門の首位(ハイライト表示)が、Targa Tenco獲得者となります。

Album in assoluto (アルバム総合部門/対象:カンタウトーレ作品)
 1.Vinicio Capossela(ヴィニーチォ・カポッセラ)/「Marinai, profeti e balene」
 2.Paolo Benvegnù(パオロ・ベンヴェニュ)/「Hermann」
 3.Marco Ongaro(マルコ・オンガロ)/「Canzoni per adulti」
 4.Mauro Ermanno Giovanardi(マウロ・エルマンノ・ジォヴァナルディ)/「Ho sognato troppo l’altra notte?」
 5.Le Luci della Centrale Elettrica(レ・ルーチ・デッラ・チェントラーレ・エレットリカ)/「Per ora noi la chiameremo felicità」
 6.Daniele Silvestri(ダニエレ・スィルヴェストリ)/「S.C.O.T.C.H.」

Album in dialetto (方言アルバム部門/対象:カンタウトーレ作品)
 1.Patrizia Laquidara e Hotel Rif(パトリツィア・ラクイダーラ・エ・オテル・リフ)/「Il canto dell'anguana」
 2.Yo Yo Mundi(イォ・イォ・ムンディ)/「Munfrà」
 3.Alfio Antico(アルフィオ・アンティコ)/「Guten Morgen」
 4.Davide Van De Sfroos(ダヴィデ・ヴァン・デ・スフルース)/「Yanez」
 5.24 Grana(ヴェンティクァランタ・グラーナ)/「La stessa barca」
 6.Mario Brai(マリォ・ブライ)/「Cuntinuitè」

Opera prima (最初の作品部門/対象:カンタウトーレ作品)
 1.Cristiano Angelini(クリスティアーノ・アンジェリーニ)/「L'ombra della mosca」
 2.Carlot-ta(カルロッタ)/「Make me a picture of the sun」
 3.I Cani(イ・カーニ)/「Il sorprendente album d’esordio dei Cani」
 4.Rossoantico(ロッソアンティコ)/「Rossoantico」
 5.Iosonouncane(イオソノウンカーネ)/「La macarena su Roma」
 6.Jang Senato(イァング・セナート)/「Lui ama me, lei ama te」

Interprete di canzoni non proprie(自作曲外のアーティスト部門)
 1.Roberta Alloisio(ロベルタ・アッロイスィォ)/「Janua」
 2.Filippo Graziani(フィリッポ・グラツィアーニ)/「Filippo canta Ivan Graziani」
 3.Gang(ギャング)/「La rossa primavera」
 4.Cristiano De André(クリスティアーノ・デ・アンドレ)/「De André canta De André 2」
 5.Musicanuda(ムズィカヌーダ)/「Complici」


以上のTarga Tencoの4部門のうち、我々日本人ファンにとって超ビッグニュースとなるのは、方言アルバム部門の首位に輝き、見事にTarga Tencoを獲得したPatrizia Laquidara(パトリツィア・ラクイダーラ/39歳/Catania生まれVeneto育ち)です。

なぜならば、2010年12月来日時に、当時はまだ正式リリース前だったにも関わらず、Patrizia自身の手から一部の関係者やファンに手渡されたアルバム「Il canto dell'anguana(アングァーナの歌)」が、Targa Tencoを受賞したからに他なりません。

※Patrizia Laquidara来日インタビューはコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51888190.html

HandyShareCaptureFile0

Il Canto dell'Anguana

※日本のiTunesストアでダウンロード購入可能です。

標準語で歌うカンタウトリーチェとして活躍するPatriziaが、自身のプロのキャリアを育んだ、民族音楽の経験を記録しておきたい、と一念発起して制作したアルバムが、Targa Tencoを獲得するほど評価されるとは、おそらくPatrizia自身も予測していなかったのではないかと思います。

当10月FESTAでは、受賞アルバム「Il canto dell'anguana(アングァーナの歌)」から、"L'anema se desfa"そして"La Tita Tata"を2曲続けて、2010年12月の来日前にシューティングされたライヴ映像でご覧いただきました。

影響を受けたアーティストとして、故Demetrio Stratos(デメトリオ・ストラトス/1945-1979/33歳没/エジプト生まれのギリシャ人/ex.Area)の名を挙げていることが、充分に感じ取れるパフォーマンスではないでしょうか。

ここで2010年12月来日時の映像で、彼女が敬愛する米国の音楽家Arto Lindsay(アート・リンゼイ)の作品にPatrizia自信がイタリア語詞を付けた"Personaggio(人格者)"を。

そしてPatriziaのオリジナル曲"Per causa d'amore(愛のせいで)"を挟んで、日本のステージ限定で歌ってくれた"上を向いて歩こう"。

ライヴ映像は以下でストリーミングされています。
"Personaggio"は、0:17:15から、"上を向いて歩こう"は、0:26:05から。 
http://italychannel.streamit.jp/?v=ffdefa2ade6b76164cc04011d3a8763a


そして我々日本人ファンにとって、もうひとつのビッグNewsとなったのは、このPatrizia Laquidaraと一緒に来日し、上記の映像でもギターを弾いていたAntonio Pacuzzo(アントニオ・パスクッツォ)が、やはり来日の直前にリリースしたアルバム「ROSSANTICO(ロッソアンティコ/意:古の赤)」(2010)が、Targa Tencoの『Opera prima (最初の作品部門)』のファイナリストとして4位にランクインしたこと。

img332

※日本のiTunesストアでダウンロード購入可能です。

つまり、2010年12月に来日した2名が揃ってファイナリストとなり、1名はTarga Tenco賞を獲得してという快挙を成し遂げてくれたのです!

Antonio Pacuzzoは、Romaの有名なライヴスポット『The Place』の創設者として2001年から2010年まで音楽ディレクションを担当していた人物。

また若手カンタウトーレの旗手Simone Cristicchi(スィモーネ・クリスティッキ/34歳/Roma出身)とToscana州Grosseto近郊の町Santa Fioraのコーラス隊Coro dei Minatori di Santa Fiora(サンタ・フィオーラ炭鉱夫合唱隊)のコラボを企画し、サンレモ音楽祭2010のステージで披露してくれました。

ここでは、Sanremo音楽祭後のイベントステージで、サンレモ出場曲と異なるトラッド曲"Volemo le bambole(俺たちゃ人形が欲しかった)"の映像で。

Antonio Pascuzzoは、Coro dei Minatori di Santa Fioraの中に混ざっていますが、いつもSimone Cristicchiの背後の目立たない位置に立っているのが、彼の控えめな人柄を象徴しているようで微笑ましいところ。

そしてそのAntonio Pascuzzoのプロジェクト『ROSSOANTICO』の初となるアルバム「ROSSOANTICO」から、公式videoclipで"Zitto zitto(静かに 静かに)"。この『zitto(ズィット)』というイタリア語が、日本語の『じっと』と発音も意味も近いことは、イタリア語学習者の間では有名ですね。

そしてもう1曲"Gioia(喜び)"。こちらはAntonio Pascuzzoの古巣RomaのThe Placeでの凱旋ライヴ映像で。


そしてアルバム総合部門の首位を納めてTarga Tencoを勝ち取ったのは、Vinicio Capossela(ヴィニーチォ・カポッセラ/46歳/独Hannover生まれ/伊Emilia-Romagna育ち)の2枚組の意欲作「Marinai, profeti e balene(船乗り、預言者とクジラ)」(2011/4/26発売)

img125

アルバムはイタリアチャートで最高位2位を記録し、既にゴールドディスクを勝ち取るセールスを収めています。またイタリアで大活躍している日本人サウンドデザイナーTAKETO GOHARA氏とVinicio自身がこのアルバムの共同プロデュースを務めている事も特筆する点です。

taketo_gohara_04_milano2007

※当サイトでのVinicio Caposselaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vinicio_Capossela

Vinicio自身はこのアルバムについて『キュクロプスのオペラ』とか『海洋コメディア』と語っており、2枚組のCDのうち、1枚目を『海洋的で聖書的』、2枚目を『ホメロス的で地中海的』であると評しています。

なるほど、ギリシャ神話や旧約聖書に描かれている事柄を題材にした作品が並んでいることが判ります。

※キュクロプスはギリシャ神話に登場する一つ目の巨人

Vinicioは同時に、いくつかの文学からもインスピレーションを得たと語っており、収録曲単位にインスピレーションを得た文学を挙げています。

アルバムの予告編動画を貼っておきます

FESTAの1曲目は、1枚目のCDの1曲目に収録された、このアルバムのオープニングに相応しい荘厳な楽曲"Il Grande Leviatano(巨大なレビヤタン)"。

※レビヤタンとは、聖書に登場する水棲の巨大怪物。
 英語名のLeviathan(リヴァイアサン)の方が、トーマス・ホッブスの国家論(1651年)として、社会の授業で習ったことを覚えている方も多いと思います。

またVinicioはこの楽曲について、米ハーマン・メルヴィル著の『Moby-Dick(邦題:白鯨)』(1851作)からインスピレーションを得て制作した楽曲であると語っています。(復讐に燃えるエイハブ船長が巨大な白鯨モビー・ディックに戦いを挑む小説)

教会の讃美歌的な荘厳な合唱をフィーチュアし、プログレファンをも唸らせるような楽曲で、このような重々しい楽曲から始まるアルバムが、ゴールド・ディスクを獲得するセールスを収めたり、表彰されたりするとは、日本の音楽業界からは想定できないことです。

しかしながら今回もVinicioのアルバムは、いつもの通り『ごった煮』で、全くタイプの異なる曲が数多く収録されており、全ての楽曲が1曲目の荘厳なテイストと同じと言う訳ではありません。

FESTAでの2曲目は、シングル曲となった"Pryntyl(プリンティル)"。アルバムでは1枚目の3曲目に収録されています。

人魚のプリンティルが努力して、尾の代わりに人間の足を得るお話ですが、Vinicioはこの楽曲は仏のリアリズム派作家ルイ=フェルディナン・セリーヌの『Scandale aux abysses』(1950)にインスピレーションを得たとコメントしています。

レトロ感たっぷりの工芸作品を撮影したvideoclipが秀逸です。

FESTAでの3曲目は"Billy Budd(ビリー・バッド)"。アルバムでは1枚目の7曲目に収録。

1曲目同様、米ハーマン・メルヴィル著の遺作となった同名の冒険小説『Billy Budd』(1891作品)からインスピレーションを得たとVinicio談。

なお、Vinicio Caposselaはそのアーティスティックな活動を評価され、2011年10月7日には、Premio Fabrizio De André(ファブリツィオ・デ・アンドレ賞)をもその掌中に収める快挙を成し遂げました。

※イタリア国民に愛されたカンタウトーレ、故Fabrizio De André(ファブリツィオ・デ・アンドレ/1940-1999)を追悼して、彼の逝去した1999年に創設された賞です。

※当サイトでのFabrizio De Andréの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_De_Andre'


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ