Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Silvia_Mezzanotte

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第168回イタリアPOPSフェスタ(2019年9月)レポート(第3&4部:Dodi Battaglia)

2016年末で50年の活動に終止符を打ったPooh(プー)。1968年から48年間に渡りギタリストとして、コンポーザーとして、甘い歌声のヴォーカリストとして活動していたのがDodi Battaglia(ドディ・バッタリァ/68歳/Bologna出身)だ。

そのDodiが2018年、自身のキャリア50周年記念として自身の誕生日に行ったコンサートが『Dodi Day』だ。自身のキャリアのほとんどを占めるPooh時代の楽曲を中心に、ソロとして発表した作品も含めてたっぷりと披露している。これを収録したCD、そしてDVDがリリースされている。
Dodi Battaglia - Dodi Day Bellaria Igea Marina Live

一時期Poohのアレンジャーを務めていたFio Zanotti(フィオ・ザノッティ)がキーボード奏者&バンドリーダーを務めているのもポイントだが、何と言っても多くの大物ゲストがお祝いに駆けつけて共演しているシーンが最大の魅力だ。Enrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ)、Mario Biondi(マリオ・ビオンディ)、Mieta(ミエッタ)、Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ)、Luca Carboni(ルカ・カルボーニ)、Silvia Mezzanotte(シルヴィア・メッツァノッテ/元Matia Bazar)、Marco Masini(マルコ・マジーニ)といった歌手たちだけでなく、イタリアを代表するギタリストMaurizio Solieri(マウリツィオ・ソリエリ)も出演し、その多くは2曲も共演を披露してくれているのだ。

※当サイトでのEnrico Ruggeriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Enrico_Ruggeri

※当サイトでのMario Biondiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Biondi

※当サイトでのMietaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mieta

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio

※当サイトでのLuca Carboniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Luca_Carboni

※当サイトでのSilvia Mezzanotteの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Silvia_Mezzanotte

※当サイトでのMarco Masiniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Masini

※当サイトでのMaurizio Solieriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Maurizio_Solieri

Pooh時代の曲ではもともと彼のパートではなかった部分の歌唱も聞けるし、彼のギターソロがフィーチャーされたPooh時代の名曲「Parsifal(パルシファル)」では、Pooh時代とは異なる演奏法、ライトハンド、ピッキングハーモニックス、スラム奏法、ヴァイオリン奏法などを駆使したフレーズも披露しているのも見どころだ。リードギターを弾きながら安定したヴォーカルを聞かせ、難しいフレーズを弾いている時でさえギターの手元をほとんど見ないという圧巻のパフォーマンスだ。

※当サイトでのDodi Battagliaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Dodi_Battaglia


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

第41回イタリアPOPSフェスタ(2008年8月)レポート (その1 / Little Tony, Gabry Ponte, Silvia Mezzanotte)

第41回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・水道橋のYou Meにて8/9(土)に開催しました。参加者の内訳は男性6名 女性11名(うち、新顔さん2名)。

お盆休みの開始時期と重なったため、少なめの参加者となりましたが、会場スペースをゆったり目に使って、極上の音楽を楽しむひと時は、至福の時となったかと思います。


 

第1部

Little Tony(リトル・トニー/67/Tivoli生まれ-国籍San Marino)。1957年にデビュー以来、休むことなく活躍し続けるロックスター&エンターテイナー。San Marino出身の両親から生まれたためSan Marino国籍ですが、ずっとイタリア国内で育ち、15歳ごろからロックンロールを演じるようになります。当時のアメリカン・スターLittle Richard(リトル・リチャード/76)に憧れて、本名のAntonioの愛称を引用したLittle Tonyと名乗り始めたのがそのまま芸名になりました。

今年のサンレモ音楽祭2008にも出場し、暖かくも渋いステージを見せてくれました。自らの芸能生活を暗示するようなタイトルの楽曲"Non finisce qui(ここで終わらない)"だったのも好印象でした。

LittleTony/NonFinisceQuiそのサンレモ出場曲を含むアルバム「Non Finisce Qui」(2008)は、自身の活動の集大成にような、ベストCD2枚とDVDという3枚組でリリースされました。サンレモ2008出場曲"Non finisce qui"は、PVとして制作されたものが収められています。ややゴスペル調のサウンドとアレンジ。

コーラスガールとして愛娘Cristiana Ciacci(クリスティアーナ・チァッチ)が参加しており、やたらとカメラが向けられ、アルバムジャケットにも大きくコーラス3人娘の写真をフィーチャーするなど、目に入れても痛くないほど愛している様子が伺えます。またギターには、兄弟のEnrico Ciacci(エンリコ・チァッチ)が参加。彼はClaudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ)の名作アルバム「Sabato Pomeriggio」に参加するなど、職人肌のミュージシャンとしても活躍する人物。こうした血縁関係のメンバーにかこまれているせいなんでしょうね、この楽曲になんとなく暖かさが感じられるのは。

続いてDVDに収められた彼の足跡から、1966年の楽曲"Riderà(彼女は笑うだろう)"を。カナダの放送局CHINのライブラリー映像から収録されています。ロッカバラードの情緒たっぷりの楽曲。

Little Tonyの最後は"Figli di Pitagora(ピタゴラスの息子たち)"(2004)。ヒップホップ界のスターGabry Ponte(ガブリィ・ポンテ/35/Torino出身/元Eiffel65)をフィーチャリングしたダンスナンバー。当時既に60歳を過ぎていたLittle Tonyの、老いを全く感じさせないチャレンジ精神あふれる試みはお見事です。


 

SilviaMezzanotte/Lunatica第1部2人目はSilvia Mezzanotte(スィルヴィア・メッツァノッテ/41/Bologna出身)の3rdアルバム「Lunatica(気まぐれ女)」。3rdアルバムとはいっても、1stアルバムは1990年。その後コーラスガール等の下積み経験を積んだ後、2000年にMatia Bazar(マティ・バザール)の3代目歌姫に大抜擢され、2004年まで在籍。脱退後2年後の2006年に2ndアルバムをリリースしていますので、2枚目のソロアルバムと捉えた方が自然かもしれません。

1曲目はシングルカット曲"Non c'è contatto(触れ合いが無い)"をPVで紹介しました。Silviaが曲作りに参加し、自身の低音から高音までの幅広い音域を楽しませてくれる、やや緊張感がある楽曲です。Silvia自身の他、女優Carolina Crescentini(カロリーナ・クレシェンティーニ/28)が出演している映像作品になっています。前半のSilvia Mezzanotteによるカメハメ波攻撃で、階段から男女が転がり落ちて行くところがちょっと見もの?

2曲目もSilviaが曲作りに参加し、自らの名前を取り入れたタイトルの"Silvia che freddo(スィルヴィア なんて寒い)"。心の中にアイスランドがある、という比喩を使って冷えた心を持つSilviaの事を歌い上げています。Silviaはインタビューに際し、『Lunatica(気まぐれ女)というタイトルは、自分の中に秘めた、あらゆる側面を象徴している』と答えているように、Silvia Mezzanotteという女性の中にある一面なのかもしれません。

音楽的にも確かに、自らが曲作りに参加した曲もあれば、様々なタイプのアーティストのカバー曲を収めています。Raf、Riccardo Cocciante、Ronなどなど。FestaではFranco Battiato(フランコ・バッティアート)の"La cura (心遣い)"のカバーを紹介しました。

TV番組で"Silvia che freddo"をピアノ1本で歌い、"Non c'è contatto"のPVを紹介したあと、最後に"La cura"を再びピアノ1本で歌いあげるという映像を紹介しておきましょう。順番こそ違えど、8月FESTAと同じ選曲ですね。



注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2008年に達する年齢で表記しています。

 

Continua alla prossima puntata.(続く)

第37回イタリアPOPSフェスタ(2008年4月)レポート (その4 / Massimo Ranieri, Gianni Togni, Mauro Pagani, Silvia Mezzanotte)

その3はコチラ


 

第4部

4月FESTA最後のアーティストは、ベテラン歌手Massimo Ranieri(マッスィモ・ラニエリ/57/Napoli生まれ)。

2006年暮れにデビュー40周年を記念して発売された2枚組アルバム「Canto perché non so nuotare…da 40 anni(僕は歌う 泳げないから・・・・40年間も)」、そしてそのツアーが大ヒット。

このツアーは楽器演奏者を全員女性で揃えたのが特徴で、特に2007年初期の公演は、ダンサーもゲストアーティストも全員女性に限定して『Tutte donne tranne me(僕以外は皆、女性)』というサブタイトルを付けられて注目を浴びました。この『Tutte donne tranne me』については2007年3月FESTAにて紹介いたしました。(Massimo Ranieriのバイオグラフィも紹介してありますので、ご参照ください)

MassimoRanieri/CantoPerche'NonSoNuotareDa40Anni(Live)翌2008年早々に発売になったのは、『Tutte donne tranne me』以外の時期のライヴ映像を収めた2枚組DVD「Canto perché non so nuotare…da 40 anni」。1枚目は2007年のライヴ映像で、演奏者は全員女性であることは変わりませんが、ダンサーやゲスト・アーティストには男性も出演しています。そして2枚目はデビュー当時からの代表曲の映像を収めた記録集になっています。

FESTAでは時代順に紹介することとし、最初は2枚目の過去の映像資料から。Canzonissima1969出場時、すなわち18歳当時の映像で"Rose rosse(赤いバラ/1969)。Johnny Dorelli(ジョニー・ドレッリ)がMassimo Ranieriの曲紹介をしています。
(DVD商品セールスを阻害しないよう、収録されたものと異なる映像をリンクします)

極貧生活の子供時代を過ごし、遊んだり学校へ通う代わりに下働きをしてきたというだけあって、18歳にはとても見えない落ち着いた雰囲気。でも時折見せる天心爛漫の微笑みは、いかにもナポリっ子らしい明るさに満ちています。結婚式場で歌う仕事をも引き受けていただけあって、既に抜群の歌唱力を見せつけてくれます。この曲はCantagiroのコンテストで、13週間に渡りヒットチャートのNo.1を続けたという大ヒット曲になりました。

続きを読む(leggere la continuazione)
Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

Cronaca161s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

Cronaca161s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ