Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Ron

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第135回イタリアPOPSフェスタ(2016年10月)レポート(第2部:Gianluca Grignani,Ron)

第2部

カンタウトーレのGianluca Grignani(ジァンルカ・グリニャーニ/44歳/Milano出身)のデビュー20周年企画アルバム『Una strada in mezzo al cielo(意:空の真ん中にある道)』(2016)は、過去の自身の曲を再録音し、何曲かは他のアーティストたちと共演している。参加アーティストにはElisa(エリーザ)、Carmen Consoli(カルメン・コンソリ)、Ligabue(リガブーエ)、Annalisa(アンナリーザ)、Briga(ブリガ)、Luca Carboni(ルカ・カルボーニ)、Fabrizio Moro(ファブリツィオ・モーロ)、Max Pezzali(マックス・ペッツァーリ)、Federico Zampaglione(フェデリコ・ザンパリォーネ/Tiromancinoティロマンチーノのフロントマン)がいる。

Gianluca Grignani - Una strada in mezzo al cielo

2曲の新曲も収録され、その第1弾が「Una donna cosi`(意:こんな女性)」。https://youtu.be/Ef_tTEk7ruc

第2弾はアルバムタイトル曲「Una strada in mezzo al cielo」

話題の中心となる他のアーティストとの共演曲だが、現在のところ公式ヴィデオクリップは制作&公開されていないため、ここでの紹介は割愛する。

Gianluca Grignani - A volte esagero (Sanremo edition)

前作アルバム「A volte esagero(意:度々僕は大げさにする)」(2014)には、2015年のサンレモ音楽祭出場曲などを追加した、サンレモエディション盤(2015)が発売されたが、元のアルバムに収録されていた「Fuori dai guai(意:厄介事の外)」をラッパーのEmis Killa(エミス・キッラ/27歳/Lombardia州Vimercate出身)との共演でリメイクしたテイクも新たに収録された。https://youtu.be/q6SX1ZrhrYE

※当サイトでのGianluca Grignaniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianluca_Grignani


サンレモ音楽祭優勝経験もあるベテラン・カンタウトーレRon(ロン/63歳/Lombardia州Dorno出身)も他のアーティストとの共演満載の企画アルバム『La forza di dire si`(意:はいと言う力)』(2016)をリリース。

Ron - La forza di dire si

これはALS(筋萎縮性側索硬化症/イタリアではSLAと呼ばれる)対策運動のチャリティ企画で、その意図に賛同する26人のアーティストたちの参加で実現した。

多数の参加アーティストたちが歌い回していく形で録音された楽曲「Una citta` per cantare(意:歌う為の街)」は、原曲は米シンガーソングライターDanny O'Keefe(ダニー・オキーフェ)の「The Road」(1972)だが、1980年にLucio Dalla(ルーチョ・ダッラ)がイタリア語詞を書き、愛弟子Ronに歌わせてヒット。Ronの代表曲になった楽曲だ。

Francesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)、Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)、Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ)、Lorenzo Fragola(ロレンツォ・フラーゴラ)、Emma(エンマ)、Nek(ネック)、Luca Barbarossa(ルカ・バルバロッサ)、Elio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ)、Malika Ayane(マリカ・アヤン)、Arisa(アリーザ)、Loredana Berte`(ロレダーナ・ベルテ)、Jovanotti(ジォヴァノッティ)、La Scelta、Giusy Ferreri(ジュズィ・フェッレーリ)、Neri Marcore`(ネリ・マルコレ)、Niccolo Fabi(ニッコロ・ファビ)、Syria(シリア)、Giuliano Sangiorgi(ジュリァーノ・サンジォルジ)、Bianca Atzei(ビアンカ・アッゼイ)、Kekko Silvestre(ケッコ・スィルヴェストレ/Moda`のヴォーカリスト)、Max Pezzali(マックス・ペッツァーリ)、Mario Biondi(マリオ・ビオンディ)、Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッスィオ)、Biagio Antonacci(ビァージォ・アントナッチ)らが参加している。

これだけの豪華アーティストが一堂に会することはまずないので、ライヴやTV出演等で再現されることはないものの、10人近くが揃ったWind Muisc Awards2016の会場で再現された。Francesco De Gregori、Francesco Renga、Emma、Nek、Lorenzo Fragola、Luca Carboni、Max Pezzali、Mario Biondi、そしてCDには参加していないElisaも参加。https://youtu.be/i60ExWv-tmg

次に公式ヴィデオクリップが制作されたのは新曲「Aquilone(意:凧)」。ローマのバンドLa Scelta(ラ・シェルタ)との共演。https://youtu.be/PjmWYJCmnsw

話題の中心となる他のアーティストとの共演曲だが、このアルバムでも現在のところ公式ヴィデオクリップは制作&公開されていないため、ここでの紹介は割愛する。

※当サイトでのRonの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ron


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第116回イタリアPOPSフェスタ(2015年1月)レポート(第2部:Elena Bonelli来日、Pino Daniele追悼)

第2部

ローマ歌謡の伝承者Elena Bonelli(エレーナ・ボネッリ/57歳/Roma出身)が来日。1/16公演&1/19セミナー(どちらも要予約/参加無料)ご予約はイタリア文化会館まで。

1/16公演:
http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=643&citta=Tokyo

1/19セミナー:
http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=644&citta=Tokyo

Elena Bonelli

エレーナ・ボネッリは、故ガブリエッラ・フェッリの後継者とみなされる、ローマ歌謡の第一人者にして、女優としても活躍している。

2002年のFIFAワールドカップ(日本&韓国にて開催)でイタリア国歌を斉唱するなど、公式の場での活躍でも知られる。

随行する演奏者もそれぞれ著名なマエストロなのも貴重。

アデルモ・ムッソ(ピアノ):1980年代初頭にヤマハ世界歌謡祭出場曲の作曲者として来日歴もある、ハモンド・オルガン使いの巨匠。

ジャンドメニコ・アネッリーノ(ギター):クラウディオ・バリオーニ、レナート・ゼロ、アメデオ・ミンギらのオーケストラ指揮者としても活躍するマエストロ。


そして、2015年1月4日に心臓発作で急逝したPino Daniele(ピーノ・ダニエレ/1955-2015/59歳没/Napoli出身)。

1970年代にシーンに登場し、新しい歌を自作して一貫してナポリ語で歌う活動を開始。80年代に入るとブルーズやジャズとナポリ語を融合する独自のスタイルを提唱して、新時代のナポレターナの立役者となり、その名声はナポリに留まらず、イタリア全土はもとより、ヨーロッパや北米大陸まで及ぶことになるスーパースターとなった。

※当サイトでのPino Danieleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pino_Daniele

1980年にリリースした3rdアルバム『Nero a meta`(意:半分ブラック)』は、先に述べたように、新しいスタイルを樹立する転機となった記念すべきアルバムで、2014年はそのアルバムをリマスターして再リリースし、1980年レコーディング時のミュージシャンを帯同したコンサートを精力的に行っていただけに、突然の急死はショッキングだった。

Pino Daniele - Nero a meta

折しも約1ヶ月前にMango(マンゴ)が急死していたため、イタリアで最も重要なクリスマスシーズンの始まりと終わりが、奇しくも2人の偉大なPinoの死で括られたことになった。

Mangoの追悼記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52158776.html

FestaではPino Danieleに哀悼の意を表して、彼の代表曲を中心に振り替えることにした。

「Quanno chiove(意:雨が降る時)」(1980)は、2014年のツアーで掲げられたアルバム『Nero a meta`』収録のミドルテンポバラード。2008年のTutta n'ata storiaツアーのNapoli公演映像から。同公演が行われたプレビシート(意:国民投票)広場は、彼の葬儀でも使用されることになる。

Pino Danieleはギタリストとしても優れていたが、「Maria」という楽曲では、リードギターを奏でながらヴォーカルを取る離れ業をさりげなく行っている。『Iguana cafe`』(2005)に収録。

初期の傑作「Je so' pazzo(意:私は狂人)」(1979)。ナポリ人民の守護者として崇拝されているマザニエッロことTommaso Aniello d'Amalfi(トンマーゾ・アニエッロ・ダマルフィ/1620-1647/27歳没)に捧げられた有名な歌。1983年のスイスのTV局で放映されたスタジオライヴ映像で。時にPino28歳。

同ライヴ映像からこれも彼の代表曲「Napule e(意:ナポリは)」

Pinoは亡くなる4日前となる2014年の大みそかのTV番組「L'anno che verra` 2015(意:来る年2015)」に生出演してステージを披露していたので、彼の急死は誰もが予想だにしていなかった。

また偶然にもその前日の12月30日には1時間のPino Danieleの特集番組が放映されていたので、あたかも追悼番組が先行して放映されたかのような状況になってしまった。

2002年にFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)、Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)、Ron(ロン)の4人で行った伝説のジョイントツアーの映像から、Pinoの中期の代表曲のひとつ「Quando(意:いつ)」。Pino47歳。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第113回イタリアPOPSフェスタ(2014年10月)レポート(その1/Diodato, Ron)

第112回Festaは、18名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて10/4(土)に開催。参加者の内訳は男性8名 女性10名、うち初参加者1名。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となった。


第1部

サンレモ音楽祭2014新人部門に出場して第2位となった「Babilonia」を歌ったカンタウトーレ、Diodato(ディオダート/33歳/Aosta生まれTaranto育ち)。

圧倒的な審査員票を集め、最有力優勝候補だったが、一般投票で覆されたため、2位に甘んじた。このため、真の優勝曲とささやかれることとなった。ロマンティックでスケールの大きな楽曲だ。

同曲を含むアルバムが『E forse sono pazzo(意:そしておそらく僕は狂ってる)』(2014)。

Diodato - E forse sono pazzo

同アルバムに収録されたもう一つの注目曲は「Amore che vieni, amore che vai(意:やって来る愛、過ぎゆく愛)」。Fabrizio De Andre'(ファブリツィオ・デ・アンドレ/1940-1999/58歳没)が1966年に発表した楽曲のカヴァーで、ダニエレ・ルケッティ監督映画『ハッピー・イヤーズ(Anni felici)』(2013)のサントラに採用され、2014年のファブリツィオ・デ・アンドレ賞を受賞した。

映画は子供の回想で始まる。1974年の両親グイドとセレーナ。グイドは前衛芸術家で、ブルジョワの家庭を牢獄のように感じてる。でもセレーナはグイドを愛している。2人の息子は不安定な家族のいいこと悪いことを数え上げて、結局合計は幸せじゃないかと感じている。でもグイドの芸術生活にスランプが訪れるが、セレーナはフランスでヴァカンス。2人は破局。グイドはますます苦しむ。でも突然、グイドの芸術は成功し、幸せの予感を感じ始めるが・・・・

ディオダートが歌う「Amore che vieni, amore che vai(意:やって来る愛、過ぎゆく愛)」は、まさにこの夫婦関係を歌っているようで、観客の心を捉えるのだ。

オリジナルのFabrizio De Andre'ヴァージョンも紹介しておこう。

※当サイトでのDiodatoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Diodato

※当サイトでの Fabrizio De Andre'の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_De_Andre'


サンレモ音楽祭2014大賞部門出場曲「Sing in the Rain」を歌ったのはRon(ロン/61歳/Dorno出身)。1996年大会の優勝経験を持つベテラン・カンタウトーレだ。FESTA会場ではサンレモ出場時の映像で紹介したが、現在サンレモ2014の映像はネット上から削除されてしまっているので、ここでは静止画動画で。

同曲を含むアルバムが『Un abbraccio unico(意:ただひとつの抱擁)』(2014)で、サンレモに持ち込んだもう1曲「Un abbraccio unico」も収録。アルバム・タイトル曲でもあるし、サンレモに持ち込んだ2曲のうち、Ron自身の本命はこっちの曲だったのだろう。人気TV番組Domenica In出演時の映像で。

Ron - Un abbraccio unico

サンレモ2014第4夜目は余興の日となり、イタリアを代表する楽曲を出場アーティストたちがカヴァーを歌ったが、Ronが選んだのは師匠Lucio Dalla(ルーチォ・ダッラ/1943-2012/68歳没)の「Cara(意:いとしの女性)」だった。イタリア国内で最後のステージとなったサンレモ音楽祭のステージで披露することに大きな意味があり、観客も偉大なカンタウトーレをしのんだ。

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

サンレモ出場後にリリースしたシングル曲が「America」

※当サイトでのRonの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ron


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ