Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Raphael_Gualazzi

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

3/16開催 音楽セミナー『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア

アペリテイーヴォスタイルのイタリア音楽セミナー【イタリアンポップスセミナー&フェスタ 百花繚乱】

2018 festa di canzione 20

サブテーマは“歌から読み取ろう!使えるイタリア語 Canzoni e frasi utili”
歌詞から情景・状況を読み取るレッスンですが、イタリア語に興味さえあれば、参加者のイタリア語力は問いません。

【課題曲】
Ermal Meta e Fabrizio Moro(エルマル・メータ & ファブリツィオ・モーロ)/「Non mi avete fatto niente(意:君たちは僕に何もしなかった/2018)
2月に開催された伝統ある第68回サンレモ音楽祭の優勝曲。新進気鋭のMetaと中堅になりつつあるMoroがこの音楽祭のためにタッグを組んだ。社会派の2人が歌詞に込めた意味とは??を探ります。

Francesco Gabbani(フランチェスコ・ガッバーニ)/「Occidentali's Karma(意:西洋のカルマ[業])/2017」
昨2017年のサンレモ音楽祭優勝曲。能天気なダンス曲が優勝したと物議をかもしだした迷作。西洋文化をシニカルに揶揄しながら東洋文化をリスペクトしている内容だが、東洋人ならどんなことが歌われているのかチェックすべし。

Raphael Gualazzi(ラファエル・グァラッツィ)/「La fine del mondo(意:世界の終わり/2017)」
3月23日に再来日公演がせまったGualazziの最新シングル曲。今回のセミナーではペシミズムの香りがする3曲が続くが、この曲はタイトルに反して・・・を解説します。

お申し込みは直接ベリタリアTel.03-3404-6116まで。
Bell'Italia【詳細】
開催日:2018年3月16日(金)
時間:19:00−20:30
会場:ベリタリア イタリア語・文化教室
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-15-12
電話:03-3404-6116
最寄駅:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」A4番出口より徒歩3分
参加費:4,200円※ドリンク&軽食付

東京・南青山でイタリアの香りを醸し出し続けて20余年の『ベリタリア イタリア語・文化教室』の素敵なサロンにて、イタリア女性が腕を振るった軽食&ドリンクを味わいながら楽しめます。

音楽の国イタリアでは、ポップスはクラシックと同等の評価を得る芸術です。しかし日本ではイタリアのポップスがマスメディアから流れる事が少なく、情報も少ないため、残念ながら多くの方がその魅力に触れる機会を逸しています。

こうした日本人に知られざるイタリアン・ポップスの魅力を、音と映像でご紹介いたします。貴重な音源・映像・ネタも満載! イタリアン・ポップス初心者の方も、熱烈なファンの方も、共に楽しめるイヴェントです。ぜひこの機会に体験してみてください。※日本語で解説しますので、受講者のイタリア語力は問いません。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』各号もBell'Italiaの1F受付で優待価格でお求めいただけます。

MusicaVita1-8tw

第151回イタリアPOPSフェスタ(2018年2月)レポート(第3部:Amara, Paolo Vallesi, Raphael Gualazzi)

Amara(アマーラ/34歳/Toscana州Prato出身)のアルバム『Pace』(2017)から。
Amara - Pace

サンレモ音楽祭2015新人部門に「Credo(意:私は信じる)」で出場し3位となって知られるようになったカンタウトリーチェだが、大歌手Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)に「Che sia benedetta」を書き下ろし、同曲でFiorellaが29年ぶりのサンレモ音楽祭となった2017年大会に出場して第3位という高成績を残したことで、作曲家としての大きな躍進を始めている。

そのサンレモ音楽祭2017にAmara自身も出場予定だったのだが、諸事情により実現しなかった。しかし最終夜にゲスト出演し、アルバムタイトルの自作曲「Pace(意:平和)」をPaolo Vallesi(パオロ・ヴァッレージ)とのデュエットで披露した。タイトルと公式ヴィデオクリップの映像で想像できるように現代の反戦歌だ。

※当サイトでのAmaraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Amara


Amaraと「Pace」を共演したカンタウトーレPaolo Vallesi(54歳/Firenze出身)も、同曲を収録したアルバム『Un filo senza fine(意:終わりなき繋がり)』(2017)をリリース。
Paolo Vallesi - Un filo senza fine

サンレモ音楽祭1992で第3位となった彼の代表曲「La forza della vita(意:人生の力)」を25周年として収録している。

その前年のサンレモ音楽祭1991新人部門の優勝曲「Le persone inutili(意:役立たずの人たち)」も"simphonic orchestra"ヴァージョンを収録している。

※当サイトでのPaolo Vallesiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Paolo_Vallesi


さて、再来日が発表されたばかりのRaphael Gualazzi(ラファエル・グァラッツィ37歳/Marche州Urbino出身)

【公演情報】
2018年3月23日(金)[1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm
Blue Note東京
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/raphael-gualazzi/

来日記念盤『ラファエル・グアラッツィ / Best of (来日記念盤)』も3月21日発売となる。

2013年に初来日公演を行っている。(今回は2回目の来日公演)
http://piccola-radio-italia.com/archives/52104350.html?ref=popular_article&id=323056-153028

最新シングル曲は「La fine del mondo(意:世界の終わり)」(2017)

「L'estate di John Wayne(意:ジョン・ウエインの夏)」(2016)

「Buena fortuna(意:幸運を)」(2016)は、同じSugar Music所属で2016年に一緒に初来日したMalika Ayane(マリカ・アヤン/34歳/Milano出身)とのデュエットだ。

※当サイトでのMalika Ayaneの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Malika_Ayane

2010年ごろには既に英語歌唱で国外で注目を集めつつあったRaphaelだが、サンレモ音楽祭2011新人部門で「Follia d'amore(意:愛の狂気)」を披露して優勝を飾る(ゲスト・トランペッターはFabrizio Bosso/ファブリツィオ・ボッソ)。これが自身のイタリア語歌唱初のヒット曲となる。同曲の2番を英語詞に置き換えた「Madness of love」でイタリア代表としてEurovisionにも出場し、2位となる高成績を収める。

3年後のサンレモ音楽祭2014には「Liberi o no(意:自由か否か)」(feat. The Bloody Beetroots)で出場し、2位を勝ち取っている。

※当サイトでのRaphael Gualazziの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raphael_Gualazzi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。

第106回イタリアPOPSフェスタ(2014年3月)レポート(その2/Sanremo 2014)

第2部

p38-0

第1部に引き続き、2014年2月18日〜22日の5日間で開催されたサンレモ音楽祭の表彰曲の紹介。第2部は大賞部門を紹介して行こう。

昨年同様、大賞部門は各自2曲を持ち寄り、より良い1曲を審査&投票で選んでもらい、決勝に進出する方式が取られた。大賞部門全14名の顔ぶれと決勝進出曲をダイジェスト映像で。

第1夜(Arisa,Frankie hi-ngr,Antonella Ruggiero,Raphael Gualazzi & The Bloody Beetroots,Cristiano De Andre',Perturbazione,Giusy Ferreri)

第2夜(Francesco Renga,Giuliano Palma,Noemi,Renzo Rubino,Ron,Riccardo Sinigallia,Francesco Sarcina)

この14名の大賞部門出場者の中から、上位入賞と副賞受賞曲を紹介。FESTA会場ではサンレモ出場時の実映像で紹介したものの、ここでは基本的に公式ヴィデオクリップ映像を貼っておこう。

Lucio Dalla賞(記者クラブ賞)を獲得したPerturbazione(ペルトゥルバツィオーネ/Piemonte州Torino近郊Rivoliで結成)の「L'unica(意:唯一の)」。女性チェリストを擁するのが特徴的な結成25周年のインディー・バンド。

Mia Martini賞(批評家賞)とSergio Bardotti賞(最優秀作詞賞)を獲得したのはCristiano De Andre'(クリスティアーノ・デ・アンドレ/52歳/Genova出身)の「Invisibili(意:不可視の)」。何とこの受賞曲は第1夜で落とされた方の楽曲。クリスティアーノ自身はこちらが本名曲だったようで、その意思が審査委員たちに評価されたと言えよう。1970年代終わり頃のジェノヴァを呟くように歌い、途中、ジェノヴァ方言の歌詞もでてくるなど、実父Fabrizio De Andre'を彷彿させる楽曲。

※当サイトでのCristiano De Andre'の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cristiano_De_Andre'

本サンレモ音楽祭初日はFabrizio De Andre'の誕生日であり、没後15周年にあたることもあり、スーパー・ロック・スターLigabueがMauro Paganiのブズーキに併せて「Creuza de ma(邦題:地中海への道程)」を披露し、Cristianoも第4夜のSanremo Clubと題されたイタリア音楽界の巨匠作品のカヴァーを披露するイヴェントで実父の作品をカヴァーするなど、Fabrizio De Andre色の強いサンレモだったとも言える。

大賞部門3位となったのはRenzo Rubino(レンツォ・ルビーノ/26歳/Taranto出身)の「Ora(意:今)」。最優秀アレンジ賞も獲得。

※当サイトでのRenzo Rubinoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renzo_Rubino

大賞部門2位はRaphael Gualazzi(ラファエル・グアラッツィ/33歳/Urbino出身) & The Bloody Beetroots(ザ・ブラッディ・ビートルーツ/37歳/Veneto州Bassano del Grappa出身)の「Liberi o no(意:自由か否か)」。通常はそれぞれ別に活動しているが、このサンレモ出場に当たって共作&共演で出場した。Raphaelは2013年に初来日公演を行っており、The Bloody BeetrootsはSir Bob Cornelius Rifo(サー・ボブ・コーネリウス・リフォ)ことSimone Cogo(スィモーネ・コーゴ)のプロジェクト名。彼はスパイダーマン黒ヴァージョンの覆面がトレードマークのマルチプレイヤー&DJ。

※当サイトでのRaphael Gualazziの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raphael_Gualazzi

大賞部門優勝を飾ったのは、Arisa(アリーザ/32歳/Genova生まれBasilicata州Pignola育ち)の「Controvento(意:風に向かって)」。

※当サイトでのArisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa

サンレモ 2014の大賞部門上位3名は、2009年から昨2013年の同音楽祭新人部門の上位入賞者(うち2人は優勝者)で占められ、結果、新人部門の方が若干平均年齢が高くなる結果となった。また、近年サンレモ音楽祭を席巻していたタレント・オーディション番組出身者は新人部門を含めて上位入賞者は果たせなかった。

サンレモ音楽祭 2014の詳細記事は雑誌ムジカヴィータ・イタリア第5号(2014年4月末発売予定)に掲載!


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ