Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Patty_Pravo

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

MusicaVita Italia誌創刊記念イベント@イタリア文化会館レポート

ItaliaBookFair20132013年3月30日(土)、『MusicaVita Italia誌創刊記念〜誌面掲載内容を音と映像で紹介します!』と題したイベントをイタリア文化会館(東京)のB2Fホワイエにて行いました。

イタリア文化会館(東京)主催の春季恒例のイタリアブックフェアの中のスペシャルイベントとしての位置付けで、入場無料、全席自由席で行われました。

100席ほど用意された会場でしたが、ほぼ全ての席が埋まり、途中退席者もほとんどおらず、特に第1部は立ち見が出るほどの大盛況の来場者となりました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

MusicaVitaItalia-IIC2013-2

MusicaVitaItalia-IIC2013

MusicaVitaItalia-IIC2013-3

※イタリア音楽情報誌『MusicaVita Italia』についてはこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/52063370.html

第1部では、本誌〜P2〜3に掲載されたイタリアのアーティストからの創刊おめでとうコメントとそのアーティストたちの代表曲などを紹介しました。(New Trolls、Peppe Servillo、Agnese Manganaro、Amalia Grè、Simona Molinari)

そして本誌P4〜7に掲載されたサンレモ音楽祭2013の上位入賞曲(新人部門4曲、ベテラン部門3曲)を。
※サンレモ2013については、当サイトの記事を参照ください
http://piccola-radio-italia.com/archives/52065335.html

また巻末のコラムから、P80掲載の新井健司氏執筆の『私のイタリア音楽の旅』から、在りし日のAurelio Fierroを映像で。

P69の『ラブ・ロックへの誘い』から、Daniel Sentacruz Ensembleの"Soleado"を。

P82〜83掲載の押場靖志氏執筆の『イタリア映画の備忘録』からPatty Pravoの"Pensiero stupendo"を映画のシーンを添えて紹介。"Peccato(残念ね)"というセリフに重要な意味が有った事、そしてこのPatty Pravoが歌う"Pensiero stupendo"の歌詞も重要なファクターになっていた事について言及されています。

※映画『あしたのパスタはアルデンテ』についてはこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/51930430.html

第1部の最後は、P58〜59掲載のインタビュー記事から、日本で初公演中のミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』とその作曲者Riccardo Coccianteについて紹介。
※ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』とその作曲者Riccardo Coccianteについて
http://piccola-radio-italia.com/archives/52067131.html

『ノートルダム・ド・パリ』のメインテーマ曲をイタリア語で歌うRiccardo Coccianteの映像。


第2部は、本誌のメイン特集となったLucio Battistiについて、P20〜38におよぶバイオグラフィに沿って、映像を中心に紹介しました。多くが記事中に登場する場面や番組出演時の映像で紹介できましたので、とても貴重な機会になったかと思います。

もちろん最後は、Minaとの伝説のライヴ映像で締めました。

第76回イタリアPOPSフェスタ(2011年9月)レポート (その2 / Nina Zilli, Patty Pravo, Ludovico Einaudi)

その1はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51960372.html


2011年8月27日より日本で公開されたイタリア映画『Mine Vaganti(浮遊機雷/邦題:あしたのパスタはアルデンテ)』(2010年制作)。

img162

日本版予告編

イタリア版Trailer

主題歌"50 mila(5万)"を歌うのは、Nina Zilli(ニーナ・ズィッリ/28歳/33歳説も?/Piacenza出身)。

※当サイトでのNina Zilliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nina_Zilli

劇中にはさらに、Patty Pravo(パッティ・プラヴォ/63歳/Venezia出身)の自身の代表曲のひとつ"Pensiro stupendo(素敵な考え)"が流れるシーンもありました。FESTAでは、DVD「Circola un video su di me(私の上でビデオが回る)」(2009)のライヴ映像でご覧いただきました。

img156

ここでは、1977年当時の映像を貼っておきます。

そして映画のエンディングでは、同じくPatty Pravoが歌う新曲"Sogno(夢)"をバックに、劇中のシーンがフラッシュバックして行く演出となっていました。

※当サイトでのPatty Pravoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Patty_Pravo


9月FESTA第2部後半は、いよいよ10月に来日公演を行うLudovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ/56歳/Torino出身)特集。

img160
img159

当Piccola RADIO-ITALIAサイトの中でも、Ludovico Einaudi来日情報ページが、ここ数ヶ月間に渡りアクセス数のTOPを記録更新中ということからも、単なる『イタリア音楽』というキーワードを超えて、日本でもLudovicoの音楽世界に関心を持つ方が多いことが実感できている状況です。

※当サイトでのLudovico Einaudiの来日情報ページはコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51930992.html

9月FESTAでは、Ludovico唯一の映像作品としてリリースされている「The Royal Albert Hall Concert
London, 2nd March 2010」(2010)のDVDから紹介いたしました。Londonの名門中の名門といわれるRoyal Albert Hallのステージを収録した作品です。

img115

※日本のiTunesストアでダウンロード購入可能です。

DVDのオープニングは、Ludovicoのチームメンバーと言える4人の弦楽隊と電子楽器プレイヤーの5人のメンバーが楽器を奏でながらステージに登場する楽曲"The planets(惑星)"。そしてLudovicoが加わって始まる楽曲"Lady Labyrinth(迷路婦人)"

そして"Tu sei(あなたは)"では、客席に優しく会釈するLudovicoの仕草に、客席からも笑みがこぼれます。Ludovicoの温和でお茶目な人柄を垣間見れるようなシーンが見もの。

なお、Ludovico Einaudiは2005年にイタリア国家より勲章を受勲し、『Ufficiale(ウッフィチァーレ/意:士官)』の称号を得ています。

また、Ludovicoは2011年初夏に自身のベストセレクションと言える2枚組のアルバム「Islands(島々)」をEssential Eunaudi名義でリリースしており、これからEunaudi作品に触れる方には特にお勧めのタイトルと言えるでしょう。

img143

HMV

Amazon Japan

2011年10月5日には来日記念盤(日本盤)も発売予定です。

また、Ludovico Einaudiは日本盤も2タイトル発売されております。
☆「光、溢れる日々(原題:La Scala Concert 03.03.03)」(2003年作品)
HMV

Amazon Japan

☆「希望の扉(原題:Divenire)」(2006年作品)
HMV

Amazon Japan


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第48回イタリアPOPSフェスタ(2009年3月)レポート (その3 / Patty Pravo, Ornella Vanoni, Luigi Tenco)

その2はコチラ



第3部

 

サンレモ音楽祭2009は、昨2008年の視聴率不振の巻き返しの使命を負っており、司会者も往年のサンレモ音楽祭を支えた名司会者Pippo Baudo(ピッポ・バウド)から、Paolo Bonolis(パオロ・ボノリス)にバトンタッチ。

サンレモ音楽祭の司会者は、単に決められた台本通りに会の進行役を務めるのではなく、企画段階から中心者として参画するため、司会者の思惑やカラーが色濃く反映し、音楽祭そのものの成否に強く影響するからですね。

そして2009年は、ベテラン部門からも落選するという緊張感のある方式や、新人部門にもゲストを招いてのステージの機会を提供したりと、昨2008年にはなかった要素を取り入れました。しかもこの新人部門のゲストが凄かった。

Massimo Ranieri(マッスィモ・ラニエリ)、Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)、Gino Paoli(ジーノ・パオリ)、Roberto Vecchioni(ロベルト・ヴェッキオーニ)といったベテラン中のベテランの歌手が、まだまだ駆け出しの新人歌手たちのパートナー役を買って出たのです。

もちろん新人にはそんな大それた人脈はないですから、音楽祭の成功を真剣に願った運営者側(おそらくは司会Paolo Bonolis)の手引きが大きく働いたと思います。

Karima(カリマ)は、海外からなんとBurt Bacharach(バート・バカラック)を招いてのステージを見せてくれましたし、Irene(イレーネ)は、父親のZucchero(ズッケロ)、PoohのDodi Battaglia(ドディ・バッタリア)、Maurizio Vandelli(マウリツィオ・ヴァンデッリ/元Eqipe 84)、Fio Zanotti(フィオ・ザノッティ/名アレンジャー)をバンドメンバーとして引き連れた豪華な編成。

出場曲を書き下ろしたうえにゲストステージへも登場しのが、Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)、Lucio Dalla(ルチォ・ダッラ)、Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ)といった面々。

Sanremo 2009ベテラン部門も第4夜にゲストを招いたステージを見せてくれましたが、新人部門に比べて、少々派手さには掛けがち。

ところがひとりだけ、最も派手なステージを見せたベテラン歌手がいました。Patty Pravo(パッティ・プラヴォ/61歳/Venezia出身)です。Pattyは、海外から世界を股に掛けて活躍するスーパーTOPミュージシャンをバックバンドに従えて登場したのです。

ドラムがDave Weckl(デイヴ・ウェックル/チック・コレアのサポートで有名)、ベースがNathan East(ネイサン・イースト/エリック・クラプトンやスティーヴィー・ワンダーのサポートで有名)、ギターにTodd Rungren(トッド・ラングレン/アヴァンギャルド作品の名プロデューサー、ユートピアのリーダー&ギタリスト)という夢の顔合わせ。

これらの天才たちは、それぞれ異なるフィールドで実力を光らせているため、通常ならば同じステージに立ってひとつの曲を奏でることは、まず見られないかと思います。

これだけの鬼才を招集した割に、それを活かし切るアレンジの楽曲ではないのが残念でしたが、楽曲自体はとても芸術性を感じる佳曲でした。"E io verrò un giorno là(そして私はいつかあそこに行くだろう)"

なんといっても後日、盗作疑惑が沸き上がるというケチがついてしまったのが残念。何でもインディーズバンドがPatty Pravoを意識して作って歌った楽曲に瓜二つなんだとか。


 

3日目の新人部門の歌手たちのサポート役として招かれた大御所たちは、自身のステージも披露していったのですが、Simona Molinari(スィモーナ・モリナリ)のステージのゲストを務めたOrnella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ/75歳/Milano出身)は、亡くなったカンタウトーレたちに捧げるステージを見せてくれました。

1967年に他界したLuigi Tenco(ルイジ・テンコ)の"Vedrai vedrai(君には解るだろう 解るだろう)"、2009年初頭に他界してしまったMino Reitano(ミーノ・レイターノ/1944-2009/64歳没)の"Una ragione di più(もっと理性を)"をメドレーで歌ってくれました。どちらの楽曲もOrnellaの50年に渡る長い歌手人生の中で大事に歌ってきた楽曲です。

前者のLuigi Tencoは、1967年のサンレモ音楽祭出場中でしたが、落選に対して抗議をする目的で、その晩、ひとりホテルで自殺してしまった伝説のカンタウトーレ。

ダブルキャスト制が組まれていた同年のサンレモ音楽祭で、Luigi Tencoのパートナーを務めたのが、第1部でも紹介したフランスで活躍するイタリア人歌手Dalida(ダリダ)でしたが、単なる歌のパートナーではなく、1年足らずの間に急速に新しい恋を育て始めていた2人。そしてそのTencoの死の第一発見者となってしまったのもDalidaという悲劇が襲いかかったのです。

この日のNews映像が記録に残っています。『もうあの曲(出場曲)は聴きたくない』と泣き崩れるDalidaの痛々しさ。後半にチラと映るTencoの遺体の生々しさ。

続きを読む(leggere la continuazione)

第42回イタリアPOPSフェスタ(2008年9月)レポート (その2 / Renato Zero, Patty Pravo)

その1はコチラ



Piper Club (Box第1部にてご紹介したRibelli(リベッリ)が活躍していたRomaのPiper Club(パイペル・クラブ・・・イタリア人の発音で表記しています)は、1960年代のイタリアPOPカルチャーの最前線発信地であり、後に大物になる多くのアーティストがしのぎを削っていた聖地であったということは、2007年にリリースされたその名もずばり「Piper Club」(2007)という4枚組CDBOXに集約して収められております。

 

1965年のオープン以来、Teddy Reno、Rokes、Equipe 84、Fred Bongusto、Dik Dik、Renato Zero、Romina Power、Gabriella Ferri、Rita Pavone、Caterina Caselli、Mal、Mia Martini、Loredana Berté、Patty Pravo、New Trolls、Le Orme、Mino Reitano、Pooh、Formula Tre、Lucio Battisti、Ricchi e Poveriなど、実に多くの才能と個性を排出しました。

いわゆる外タレのライヴ会場にも良く使用され、Procol Harum、Birds、Pink Floyd、Genesis、David Bowie、Sly and the family Stone、Duke Ellingtonなどがステージを踏んでおります。60年代は彼らもまだ、国外営業に力を入れる売り出し中のバンドだったのでしょう。

第2部では、そんなPiper Clubから育った2人の大物歌手にスポットライトを当てることにしました。

今では誰にも追随できない唯一の世界観と存在感を確立した大物歌手Renato Zero(レナート・ゼロ/58歳/Roma出身)。彼もまた若き日には、RomaのPiper Clubで精進する若者だったようです。(来歴は2007年2月FESTA記事をご参照ください)RenatoZero/NonBastaSai

Mia MartiniらBerté姉妹との交流もこのPiper Clubから始まっていたのは、今では有名な話。(2007年3月FESTA2008年7月FESTAの記事をご参照ください)

そんなRenato Zeroのデビューシングル盤(1967)と言われる楽曲が、このアルバム「Piper Club」に収録され、17歳の頃のRenato Zeroの声が楽しめます。FESTAではA面の"Non basta sai(充分じゃないよ)"を紹介しました。(B面の"In mezzo ai guai(厄介事の中に)"も収録されています)。17歳とはいえ、低い声とPOPな楽曲センスに、すでにZeroらしさを漂わせているのが充分に感じ取れました。Zero40Live

さて時代は飛んで1990年。70年代後半に奇抜なルックスと楽曲センスでブレイクしたZeroも40歳を迎え、大人のエンターテイナーへのターニングポイントとなった頃の映像を、DVD化されたばかりの当時のライヴ映像「Zero 40 live」(1991/2008)からお届けしました。タイトルの『40』は『Zeroの40歳の誕生日』の意。

DVDのオープニング曲として収録された名曲"Amico(友人)"。ストレートのロングヘアーをなびかせたZeroに赤いジャケットが映え、まるで上品な奥様のように見えます。タイトルの"Amico"は、ノーマルな『友人』の意味とともに、イタリア語ではホモセクシャルの相方を示す単語でもありますので、Renato Zeroが歌うと、ダブルミーニングのニュアンスが出るところもミソ。実際の歌詞は、同性愛に偏ることなく、男同士の友情を歌うとともに、少女に教え諭すような部分もあり、普遍的な大きな友情を歌っているところが、名曲たるところかもしれません。

 


(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)

続いてはこれまた名曲中の名曲"Il cielo(空)"。奇抜な化粧と衣装を身にまとったイロモノ的な70年代のZeroが放ったとは信じられないぐらいの大いなる楽曲です。Pavarotti & Friendsに出演した時に、故Luciano Pavarottiとデュエットしたことから、イタリア外でも知られるようになった楽曲で、日本のカラオケシステムにラインナップされていたこともありました。


(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)

曲の後半、観客の暖かな声援に感極まったのか、Zeroは頭を覆って男泣き感動的なシーンです。曲が終わるとステージには巨大なケーキが用意され、観客全員で たんてぃ・あうぐ〜り・あ・て の大合唱。そして続けて楽曲"Giorni(日々)"へ。タイトル通り、Zeroが歩んできた足跡が、当時の写真と共にフィードバックされる演出が小粋です。



PattyPravo2人目のPiper Club出身の大スターは、Patty Pravo(パッティ・プラヴォ/60歳/Venezia出身)。別名 - la ragazza del Piper - と呼ばれるほど、Piperのシンボル的な存在でした。

 

Piper時代のPattyの映像と楽曲は2008年6月FESTAで紹介したので、少しだけ流すに留め、今回は1970年代以降のPattyの活躍に焦点を当てることにしました。映像ソースはBoxセット「Patty Pravo」(2007)のDVDから。

"Pazza idea(狂った思いつき/1974)"はPattyの最も有名な代表曲で、『Patty Pravoと言えばPazza idea』とイメージされることが多いです。26歳当時のPattyは美しく、モノクロの映像ながらもその魅力が時代と空間を越えて溢れ出て来そうです。上品な佇まいがまた格別です。

ところが、前出のRenato Zeroもそうでしたが、どうやらPiper出身者は奇抜な格好をしたがる傾向があるようで、続いての楽曲"Pensiero stupendo(素晴らしい考え/1978)"では、まるでヘビメタ? 往年のX Japan? といういで立ちに・・・・・またステージアクションが魔術的で、魔女の儀式といった感じ・・・楽曲が良いだけに、そのミスマッチ感が不思議で堪りません。カラー映像で記録された30歳当時のPattyです。

時代を大きく飛び越えて1997年。Sanremo音楽祭に出演した49歳のPatty Pravoが歌う"e dimmi che non vuoi morire(死にたくないと私に言いなさい)"。大物RockスターVasco Rossiが曲作りに参加した極上のメロディに乗せて、美しく年齢を重ねたPattyが大人の愛を歌い上げます。サビに向かっての躍動感。エモーショナルな心の動きを見事に表しています。間奏のソプラノ・サックスの響きも美しい。



注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2008年に達する年齢で表記しています。

 

Continua alla prossima puntata.(続く)

2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ