Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Ornella_Vanoni

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

イタリア音楽専門誌 MusicaVita Italia 第8号 2015/4/30発売!

大変お待たせいたしました。日本語で読めるイタリア音楽情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』第8号、2015年4月30日に発売!全面カラーページ!

musicavitaitalia8b

第5号より税抜2,000円(税込2,160円)に価格改定となっておりますが、 定期購読される場合は税込2,000円でご優待!また発売日以降に開催されるイタリア関連イベントの一部でも紹介、直接お求めいただける機会を設ける予定です。

[内容]
  • 巻頭特集「小さな村の物語 イタリア」
    番組プロデューサー 田口和博氏へのインタヴュー
  • 特集1:オルネラ・ヴァノーニ
    • ヒストリー
    • 「逢いびき」のルーツとは?
    • オルネラ・ヴァノーニ デビューから「逢いびき」まで/山岸伸一
    • オルネラ・ヴァノーニの70 〜80 年代/片山伸
    • 90 年代以降のオルネラ・ヴァノーニ/冨田和磨
    • オルネラと仲間たち
    • 幻のヴァノーニ来日公演に向けて/新井健司
    • アルバム・ディスコグラフィ
  • 特集2:エロス・ラマゾッティ
    • エロス・ラマゾッティ ヒストリー
    • ミラノでエロスに会った/中原仁
    • エロスと仲間たち
    • アルバム・ディスコグラフィ
  • 来日公演レビュー&インタヴュー
    • リガブーエ
    • エレーナ・ボネッリ
    • レンツォ・ルビーノ
    • キアーラ・チヴェッロ
  • 2014年 年間チャート
  • 第65回サンレモ音楽祭 2015年
  • 第8回サンレモ音楽祭 1958年
  • ナポレターナ あれこれVol.7 「やっぱりナポリだ! “ 昔の仕事の歌” その2」〜/青木 純
  • altri musica 〜その他の音楽〜
    • カンタウトーレ:マリオ・ラヴェッツィ
  • R.I.P.(訃報):マンゴ、ピーノ・ダニエレ
  • 新着ディスク・レビュー
  • 最新ニュース(Novita)
  • 連載コラム
    • 私のイタリア音楽の旅 新井健司
    • イタリア映画の備忘録 押場靖志
    • 鍵盤の彼方の伊太利亜 難波弘之
    • 音楽の合間に読書 久保耕司
    • 伊太利亜秘宝館 高橋理
    • イタリアの車窓から 冨田和磨
    • 映画を聴く 二宮大輔
  • 読者プレゼント
  • など (掲載内容は変更する場合があります)

なお、本誌において、当サイトの主宰YoshioAntonioは編集長を務めています。


リガブーエ、エレーナ・ボネッリ、キアラ・チヴェッロ(キアラ・シヴェロ)、レンツォ・ルビーノからムジカヴィータ・イタリアの読者の皆様へスペシャルメッセージ。
Videomesssaggio ai lettori della MusicaVita Italia da Ligabue, Elena Bonelli, Chiara Civello, Renzo Rubino a Tokyo 2014 - 2015.


La rivista dedicata alla musica italiana, che si chiama "MusicaVita Italia", l'unica rivista scritta in giapponese in questo settore.

Ecco dei contenuti del ottavo numero:

[Contenuti]

  • Articolo iniziale di testa: l'intervista a l produttore del programma televisivo "La vita dei piccoli borghi d'Italia",
  • Articolo speciale n°1 "Ornella Vanoni"
    • Biografia
    • Radici del brano "L'appuntamento"
    • Dal suo debutto fino al brano "L'appuntamento" / Shinichi Yamagishi
    • Gli anni '70 e '80 / Shin Katayama
    • Dagli anni '90 / Kazuma Tomita
    • Ornella e suoi compagni
    • Per il concerto non realizzato in Giappone / Kenji Arai
    • Discografia degli album
  • Articolo speciale n°2 "Eros Ramazzotti"
    • Biografia
    • L'incontro con Eros a Milano / Jin Nakahara
    • Eros e suoi compagni
    • Discografia degli album
  • Interviste e articoli dei concerti in Giappone
    • Ligabue
    • Elena Bonelli
    • Renzo Rubino
    • Chiara Civello
  • Classifica degli album annuale del 2014
  • 65°festival della canzone italiana (Sanremo 2015)
  • 8°festival della canzone italiana (Sanremo 1958)
  • Tante cose per Napoletana "Vecchie canzoni dei lavoratori - vol.2" - Jun Aoki
  • Presentazioni delle altre musiche italiane
    • Cantautore: Mario Lavezzi
  • R.I.P.: Mango, Pino Daniele
  • Dischi nuovi
  • Novita
  • Rubriche a puntate
    • I miei viaggi con la musica italiana / Kenji Arai
    • Quaderno da indimenticabile sul film italiano / Yasuji Oshiba
    • Italia al di la delle tastiere / Hiroyuki Nanba
    • Lettura tra le musiche / Kouji Kubo
    • Tesoro nascosto italiano / Makoto Takahashi
    • Dai finestrini in Italia / Kazuma Tomita
    • Ascoltare il cinema / Daisuke Ninomiya
  • Regali ai lettori
  • ecc.

日伊協会会報『CRONACA』第145号(2015年春号)発刊!

公益財団法人 日伊協会が発行している会報誌『CRONACA』第145号(2015年春号)が発刊されました。

Cronaca145

巻頭特集は『永遠の名車FIAT500』

連載コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』は、『80歳の現役トップスター! オルネラ・ヴァノーニ』です。

Cronaca145-2

第138号の巻頭特集『豊穣なるイタリアンポップスの世界』(11ページ)から、イタリアPOPS記事が連載されていますので、併せてご覧いただければと思います。

日伊協会の会員・受講者には無償配布されますが、一般の方にも分けてくれるそうです。

詳細・お申込みは、日伊協会のサイトまで。:
https://www.aigtokyo.or.jp/?page_id=51

第110回イタリアPOPSフェスタ(2014年7月)レポート(その3/Renzo Rubino)

第3部

2014年サンレモ音楽祭大賞部門で第3位となったのは、Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ/26歳/Taranto出身)が歌った「Ora(意:今)」。

2曲持込み制だった同年のサンレモ音楽祭に持ち込んだもう1曲は「Per sempre e poi basta(意:永遠にそして充分)」。歌詞字幕付きの公式videoclipで。

また、サンレモ第4夜の余興"Sanremo Social"でRenzoが披露したのは、故Giorgio Gaber(ジォルジォ・ガーベル/ジョルジョ・ガーベル)の「Non arrossire(意:恥ずかしがらないで)」(1960)で、Simona Molinari(スィモーナ・モリナリ/シモーナ・モリナーリ/31歳/Napoli生まれL'Aquila育ち)とのデュエットで魅せた。

1980年代生まれの2人が、生まれる20年以上前の楽曲をカヴァーするシーンは、曲が使い捨てにされず、世代を超えて歌い継がれるイタリア文化を充分に感じさせてくれた。FESTA会場ではサンレモ出場時の映像で紹介したが、現在のネット上には権利関係の問題もあって公開されていないので、ここでは割愛。

この2人のプロデューサーは同じCarlo Avarello(カルロ・アヴァレッロ)であることなどから、音楽的親交が増えているようで、お互いのコンサートで客演しているようだ。そこで、Renzoが2013年の同サンレモ音楽祭新人部門で3位&ミア・マルティーニ賞を獲得した出世作「Il Postino [Amami Ancora](意:郵便配達人 [男よ僕を愛せ])」を、Musicultura2014で2人が共演しているシーンを紹介。RenzoのパートをSimonaが歌い、テノールのパートをRenzoが歌っている。このゲイ賛歌の曲を美人のSimonaが歌うと、また異なる世界観が描かれるのが見事だ。

Simona Molinariは2014年10月に3度目の来日公演を果たす。来日情報はこちら。
ブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

先の2曲を含む公式2ndアルバム『Secondo Rubino(意:ルビーノ第2弾/ルビーノによると)』(2014)は、軽快な楽曲を中心に収録されており、もちろん全曲をRenzoが単独で作曲を手掛け、ピアノも弾いている。

Renzo Rubino - Secondo Rubino

同アルバムからのシングル第3弾は「Sottovuoto(意:真空状態で)」。

若手カンタウトーレの中で、Renzoがひときわ大きな注目と期待を受けていることは、超大御所Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ/80歳/Milano出身)が出演したTV番組にRenzo Rubinoがゲストとして登場したことでも実感できる。Renzoが登場した瞬間、Ornellaがなんと、前出の「Il postino [Amami uomo]」のサビを口ずさむのだ!

2人が出演する最後のシーンでは、RenzoのピアノでOrnellaが駆け出しの頃(1950年代後半)に舞台で歌っていた曲「Mami`」を披露する。同曲は舞台演出家の故Giorgio Strehler(ジォルジォ・ストレレール)がミラノ語で書いた曲で、ミラノの暗黒街をテーマにしている。Ornellaの当時の交際相手とも言われており、Ornellaは彼の舞台で実績を積み、やがて歌手として1960年代のサンレモ音楽祭等で花開くことになる。

最近はイスに座ったままのステージが多かったOrnellaだったが、ここではさっと立ちあがって歌っているのが嬉しい。それにしても80歳にして、Ornellaのしっかりとしたヴォーカルは素晴らしい。

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

※当サイトでのRenzo Rubinoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renzo_Rubino


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第105回イタリアPOPSフェスタ(2014年2月)レポート(その2/Neffa,Ornella Vanoni,Lorenzo Vizzini)

第2部

Neffa(ネッファ/47歳/Campania州Salerno近郊Scafati出身)の4年振りの新作アルバム『Molto calmo(意:とても穏やか)』。そのブランクの4年間はソロ活動を停止し、ラッパーJ-Axと組んでDue di Picche(ドゥエ・ディ・ピッケ)名義で活動したり、ソングライターとして他者に曲を提供する活動をしていた。

Neffa - Molto calmo

シングル第1弾のアルバムタイトル曲「Molto calmo」は爽やかな楽曲。

シングル第2弾「Quando sorridi(意:君が微笑む時)」は、Neffaらしいエレポップサウンドの中でほのぼのとした雰囲気のヴォーカルを重ねた、ウキウキさせるご機嫌な楽曲。

シングル第4弾「Per sognare ancora(意:もう一度夢みるために)」は、微笑ましいアニメーションの公式ヴィデオクリップ。

※当サイトでのNeffaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Neffa


イタリア歌謡界の現役トップスターの最長老と言えるOrnella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ/80歳/Milano出身)のアルバム『Metici [Io mi fermo qui](混血児たち[私はここで止まる])』は、4年振りのスタジオ作品集で7年振りの新作アルバムだが、そのサブタイトルが示す通り、新曲集としては最後のアルバムになると発表された。

Ornella Vanoni - Meticci

2014年度の劇場ツアーやニュー・ヨーク公演が発表されているので、歌手としてはまだまだ現役で活動して行く模様。

本アルバムのプロデュースはMario Lavezzi(マリオ・ラヴェッツィ)で、Vanoniも多くの楽曲の作詞に取り組んでいる。そのLavezziとVanoniの共作曲「Basta poco(意:少しで充分)」が先行シングル化された。人気TV番組Che tempo che faに2014年1月18日出演時の映像で。

同アルバム収録曲の作曲者には、Franco Battiato(フランコ・バッティアート)やNada(ナーダ)の名もある。また2013年秋冬のイタリア人アーティストのアルバムは、2012年3月1日に急逝した偉大なカンタウトーレLucio Dalla(ルーチョ・ダッラ)に捧げられた作品がたくさんリリースされたのが一つの傾向であったが、Vanoniの本作にもDalla作品「4 marzo '43(1943年3月4日/邦題:みなし児)」が収められ、Dallaに追悼を捧げている。生前のDallaとVanoniによる、2008年の共演映像を掲載する。

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

Lorenzo Vizzini - Unoまた同アルバムは、当時僅か20歳のカンタウトーレLorenzo Vizzini(ロレンツォ・ヴィッツィーニ/21歳/Sicilia州Ragusa出身)が過半数の8曲を書いていることも注目点である。VanoniはかつてNew Trollsを抜擢して3枚のアルバム制作を行い、双方にプラスの経験・結果をもたらすなど、若手アーティストを登用・育成する実績を持っていることを思い起こさせる。Lorenzo Vizziniが18歳時にリリースしたアルバム『Uno(意:1)』から「L'amicizia(意:友情)」を。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

Bell'Italia2015/9/12開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part11』@ベリタリア

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第8号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第8号

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Bell'Italia2015/9/12開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part11』@ベリタリア

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Bell'Italia2015/7/11開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart3』@ベリタリア

Bell'Italia2015/6/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 10』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第8号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第8号

Bell'Italia2015/4/4開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart2』@ベリタリア

Bell'Italia2015/3/14開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 9』@ベリタリア

Bell'Italia2015/2/21開催『みんなで歌おう イタリアンポップス』@ベリタリア

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

Bell'Italia2015/1/24開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 8』@ベリタリア

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

Bell'Italia2014/11/8開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 6』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

Bell'Italia2014/9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Bell'Italia2014/6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia2014/4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2014/2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ