Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Nomadi

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第136回イタリアPOPSフェスタ(2016年11月)レポート(第4部:Nomadi)

第4部

第3部に引き続きNomadi(ノーマディ)のロングヒット&チャリティ・ライヴDVD『Exodus- live』(2014)を紹介。第3部同様、DVD収録と同じ動画はネット上に存在しないので、ここでは公式映像を中心に紹介するに留める。

Nomadi - Exodus- live

「Dove si va(意:人はどこへ行くのか)」はサンレモ音楽祭2006出場曲で、グループ部門の首位&総合2位となったヒット曲。当時のヴォーカルは2代目のDanilo Sacco(ダニーロ・サッコ)が務めており、彼はその2年前にParmaにある禅寺・正法山 普伝寺で出家し、"Kakuen"なる法名を得ていたため、作務衣を着ている点に注目。https://youtu.be/kwj226N-Ghs

続いて収録されている「Io voglio vivere(意:僕は生きたい)」(2003)は、当初の紹介予定曲に入っていなかったものの、来場者の要望により紹介。ヴァイオリンの音色が彼らのグループ名Nomadi(放浪民族)を彷彿とさせる楽曲だ。Daniloはまだ出家前なので普通の衣装を着ている。https://youtu.be/2B93Svv1qRI

「Sangue al cuore(意:心臓に血)」 (2002)はNek(ネック/44歳/Sassuolo出身)との共演。ここでは現メンバーが揃った2013年のライヴ映像で。https://youtu.be/teAQw1ePSII

「Dio e` morto(意:神は死んだ)」 (1967)は、彼らの初期時代にコラボしていた社会派カンタウトーレFrancesco Guccini(フランチェスコ・グッチーニ/76歳/モデナ出身)の作品。曲名はもちろんニーチェの有名な言葉を挿しており、アメリカのユダヤ系の詩人アレン・ギンズバーグの『吠える』にインスピレーションを得ているという。サブタイトルには"se Dio muore, e` per tre giorni poi risorge(もし神が死ぬのなら3日間で、そして生き返る)"というフレーズが連なっている。本ライヴDVDではカンタウトーレのLuca Carboni(ルカ・カルボーニ/54歳/Bologna出身)との共演だが、ここでは初代ヴォーカリストAugusto Daolio(アウグスト・ダオリオ)在籍時の映像で。https://youtu.be/pvpoMVAj0XI

「Ho difeso il mio amore(意:僕は自分の愛する人を擁護した)」(1968)は、英バンドMoody Blues(ムーディ・ブルース)の「Nights in white satin(邦題:サテンの夜)」(1967)のカヴァー。本ライヴDVDではAnnalisa(アンナリーザ/31歳/Liguria州Savona出身)との共演だが、ここでは1989年の初代ヴォーカルAugusto Daolioヴァージョンで。https://youtu.be/72bX5XMJE_U

「L'ultima salita(意:最後の上り坂)」(2006)は、2004年に急逝したイタリア自転車界の英雄Marco Pantani(マルコ・パンターニ/1970-2004/34歳没/Cesena出身)に捧げられた楽曲。1998年にイタリアとフランスの2大レースを制し、市場7人目のダブルツールを達成したクライマー(上り坂を得意とする自転車競技者)として著名な選手であったが、翌年にドーピング検査に引っ掛かって以降、疑惑の渦中に晒されてスランプに陥り、2004年にリミニのホテルで死亡しているのが発見された。コカインのオーヴァードースが原因と発表されたが、他殺の可能性の有力な証拠が残っるなど、その死については謎のままだ。

Marco Pantani

このライヴの主旨がExodus30周年であり、Exodusとは麻薬患者救済活動であることから考えても、このライヴには無くてはならない楽曲だったと言える。ここでは2011年の2代目ヴォーカルのDanilo Saccoヴァージョンで。https://youtu.be/M5TfTz93DuI

「Amore che prendi amore che dai(意:君が得る愛・君が与える愛)」(2002)は、1992年に交通事故死した4代目ベーシスト(1984-1992)Dante Pergreffi(ダンテ・ペルグレッフィ/1961-1992/31歳没)に捧げられた楽曲。6代目ベーシストのMassimo Vecchiがリードヴォーカルを取る代表曲のひとつ。ここでは2012年のライヴ映像で。https://youtu.be/_tNvEbiirWA

ちなみに同1992年はNomadi存続危機の年としてファンにはずっと記憶され続けている。年初に初代ヴォーカリストAugusto Daolioの癌が発覚し、5月にベーシストのDanteが事故死。そして10月にAugustoが45歳で永眠するのだから。

Nomadi - Augusto e dante
Augusto Daolio(左)とDante Pergreffi(右)、共に1992年に他界

そのAugustoを讃えるためにNomadiが2016年11月にリリースしたばかりなのが『1965-1979 Il diario di viaggio di Augusto e Beppe(意:アウグストとべッぺの旅行記)』。通常版が4CDでDX版は8CDというボリューム。ちなみにBeppeとは、Nomadiをずっと牽引し続けて来た唯一のオリジナル・メンバーにしてリーダーのキーボード奏者Beppe Carletti(ベッペ・カルレッティ/70歳/Novi di Modena出身)のこと。

Nomadi - 1965-1979-Diario di viaggio di Augusto e Beppe

ライヴの最後はお約束の「Io vagabondo(意:僕は放浪生活をする)」(1972)。Nomadiの最大のヒット曲&代表曲だ。作詞家Alberto Salerno(アルベルト・サレルノ)とLucio Battistiのベーシストとしての活動歴も持つDamiano Dattoli(ダミァーノ・ダットリ)の作曲。本DVD収録の映像とはアングルが異なり、ステージ後方から客席に向けられたカメラからの映像ではあるが、本公演がUPされている唯一の公式映像を貼っておく。ライヴの主題であるExodus活動の主宰であるAntonio Mazzi司祭との共演。司祭の歌はお世辞にもお上手ではないが、主旨としては大事な場面なので、温かく見守ることにしよう。

※当サイトでのNomadiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nomadi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

次回のイベントは、11月26日(土)に東京・表参道のベリタリアに於いて、イタリアン・ポップス・セミナー『百花繚乱』として開催。詳細情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/52236688.html

12月のFESTAは、毎年恒例のNataleフェスタとして12月17日(土)に開催予定。

第136回イタリアPOPSフェスタ(2016年11月)レポート(第3部:L'Aura来日特集, Nomadi)

第3部

在日イタリア商工会議所主催のガラ・パーティ(12/8開催)出演のため、急遽来日が発表されたカンタウトリーチェL'Aura(ラウラ/32歳/Lombardia州Brescia出身)。

一般来日公演情報がリリースされました!
12/9(金)19:30〜 於:六本木バードランド
Il concerto di L'Aura a Tokyo al 9 Dicembre!
詳細情報:http://iccj.or.jp/ja/content/laura-live-tokyo

L'Aura live in Tokyo 2016

17歳の時、アメリカのカリフォルニア州バークレーに移住した経歴のため、21歳時のデビューアルバム『Okumuki』(2005)には英語詞の楽曲が多く収録されているものの、アルバムタイトルは日本語の"奥向(城の大奥など、生活業務を担う女性たちの居場所の事)とのこと。

翌2006年にサンレモ音楽祭2006新人部門に「Irragiungibile(意:達成できない)」で出場し、ファイナリストに残れなかったものの、その後ヒットし、同曲を収録して再発売された前出のアルバムもゴールドディスクに認定される大ヒットとなった。

2年後のサンレモ音楽祭2008では大賞部門に「Basta!(意:充分!)」で出場し、13位となった。ベストアルバム『L'Aura』に収録。https://youtu.be/42jHPOfmr-8

3rdアルバム『Sei come me』(2010)のリリース1年後に、同アルバムに4曲追加したDX盤を出した直後の2011年12月にアートプロデューサーのSimone Bertolottiと結婚。2013年4月には男児を出産している。その間、ソロ活動は中止していたものの、共演や楽曲提供などで度々シーンに登場している。

そのひとつが結婚直後の2012年1月にリリースされたEnrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ/59歳/Milano出身)との共演で、彼がFiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)に書き下ろした楽曲「Quello che le donne non dicono(意:女たちが言わないあのこと)」のセルフカヴァーのデュエット相手にL'Auraを選んだのだった。https://youtu.be/EAXIqT4OZi8

※当サイトでのEnrico Ruggeriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/LEnrico_Ruggeri

さらにLaura Pausini(ラウラ・パウズィーニ)の2014年のコンサートにゲスト出演したり、Pausiniが父に捧げて書いた詞にL'Auraが曲を付けた「Lo sapevi prima tu(意:それを最初に知っていたのはあなた)」(公式ヴィデオクリップhttps://youtu.be/pouWcvZr1_Y)がPausiniのアルバム『Simili(意:似た者たち)』(2015)に収録されたり(L'Auraのセルフカヴァーhttps://youtu.be/VZZY1LP7lhsは現時点では未CD化)のを経て、2016年4月に米のガールズグループRonettes(ロネッツ)の「Be My Baby」(1963)のカヴァーをネット上限定で発表。L'Auraは1番をイタリア語詞、2番をスペイン語詞、サビを得意の英語詞で録音している。

L'Aura - Il contrario dell'amore

※当サイトでのL'Auraの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/L'Aura

来日公演の模様


イタリアの最古参バンドのひとつNomadi(ノーマディ/1963年結成・1965年レコードデビュー)。今回はライヴDVD『Exodus- live』(2014)を紹介。同年の年間DVDチャートで(イタリアものの中で)1位、翌年の年間チャートでも(同条件で)3位と、売れに売れたライヴDVD。

Nomadi - Exodus- live

その売れた理由は、Antonio Mazzi(アントニオ・マッツォ)司祭が主宰する麻薬患者救済活動Exodusの30周年を記念するチャリティ企画であり、Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ)、Nek(ネック)、Luca Carboni(ルカ・カルボーニ)、Annalisa(アンナリーザ)といった豪華なゲストが登場するなどの他、何よりもNomadi自身がデビュー50周年の年であったことであろう。またコンサート会場はMilanoのDuomo広場であったことも特筆する点だ。

FESTAでは第3部後半と第4部を全部使って同DVDのライヴ映像で紹介したが、ここではネット上の公式映像を中心に紹介するに留める。

「Nulla di nuovo(意:新しいことは何も)」は2014年発表の楽曲で、3代目ヴォーカリストCristiano Turato(クリスティァーノ・トゥラート)と1998年加入の6代目ベーシストで強力な2ndヴォーカリストでもあるMassimo Vecchi(マッスィモ・ヴェッキ)のツインヴォーカルが楽しめる楽曲。

「Un pugno di sabbia(砂の拳)」(1970)はRoberto Soffici(ロベルト・ソッフィチ/Piero Sofficiの息子)が書き下ろした楽曲で、Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ/48歳/Udine出身)との共演。https://youtu.be/TD4IeZYdLGY

「Come va la vita(意:暮らし向きはどうだい)」は2014年発表のヒット曲。

※当サイトでのNomadiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nomadi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

第122回イタリアPOPSフェスタ(2015年7月)レポート(第2部:Gianna Nannini)

第2部

Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ/ジャンナ・ナンニーニ/61歳/Toscana州Siena出身)がリリースした『HITALIA』(2014)は、イタリアの2014年間チャート6位にランクイン。

Gianna Nannini - HITITALIA

“ヒット”と“イタリア”を掛け合わせた造語のアルバムタイトル通り、名だたるイタリアのヒット曲をカヴァーしており、世界的なヒット曲となった楽曲も多い。彼女自身が多感な時期を共にした1960年代を中心に選曲されている。

シングル化第1弾は「Lontano dagli occhi(邦題:瞳はるかに)」。まずは作者でもあるオリジナル歌手Sergio Endrigo(セルジォ・エンドリゴ/1933-2005/72歳没/現クロアチア国Pola生まれ)を見てみよう。サンレモ音楽祭1969で第2位となった時の映像。

※当サイトでのSergio Endrigoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Sergio_Endrigo

当時のサンレモ音楽祭はダブルキャスト制を取っており、同曲を歌い分けたのはイギリス人歌手Mary Hopkin(メリー・ホプキン/当時19歳)。その前年に18歳で「Those were the days(邦題:悲しき天使)」を歌い、世界的なヒットとなった。

原曲はロシアの流行歌であり、当時のメリー・ホプキンのプロデューサーがPaul McCartney(ポール・マッカートニー)だったということはあまり知られていない。ところどころに導入された印象的なコーラスワークやオーケストレーションなどを聴けば、当時ビートルズでポールが試みていたサウンドの片鱗が感じられると思う。

ではメリー・ホプキン版の「Lontano dagli occhi」を聴いてみよう。上手なイタリア語の発音に驚きだ。

このセンチメンタルな楽曲をGianna Nanniniがカヴァーすると、一段とカッコ良く、勇ましい曲となる。

Gianna Nanniniが第2弾シングルに選定したのは「L'immensita`(意:広大さ/邦題:涙に咲く花)」。サンレモ音楽祭1969で9位。やはり2人の歌手が歌い分けたが、一人目はJohnny Dorelli(ジォンニー・ドレッリ/ジョニー・ドレルリ/78歳/当時30歳/Lombardia州Meda出身)。

※当サイトでのJohnny Dorelliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Johnny_Dorelli

もう一人のオリジナルの歌い手は同曲の作者でもあるカンタウトーレDon Backy(ドン・バッキー/76歳/当時28歳/Toscana州Santa Croce sull'Arno出身)。

※当サイトでのDon Backyの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Don_Backy

ほぼ同年代のアラサー男が歌った訳だが、大人っぽい落ち着いたDorelli版に比べて、作者のDon Backy版はアヴァンギャルド感に溢れ、スピリチュアルささえ漂う。

実はDon Backyは次の曲に影響されて同曲を書いたと語っている。

イギリスのバンドAnimalsが1964年に放った大ヒット曲「House of the rising sun(朝日のあたる家)」で、三連譜のリズム、印象的なオルガンのリフなどがDon Backy版に取り入れられているのが実感できるだろう。ちなみに、同曲の原曲はアメリカで生まれたもので、娼婦になった女性が人生を振り返る霊歌である。“朝日のあたる家”とは娼館のことのようだ。

Gianna Nannini版のPVの冒頭には、幼いころリヴォルノでDon Backyのコンサートを見た時、歌手になろうと決めたと、Gianna自身が語っている。PVの内容も下積み時代のGiannaの回想録となっている。デビュー当時の写真を見ると、PV同様ロングヘアーの若かりしGiannaが確認できる。

第3弾シングルは「Dio e` morto(意:神は死んだ)」。ヨーロッパ社会の歴史的な危機を表す、ニーチェの著名な言葉であるが、100年近く後の1960年代に盛んに使われるようになった。

オリジナルは作者のFrancesco Guccini(フランチェスコ・グッチーニ/75歳/当時27歳/Emilia-Romagna州Modena出身)で、1967年発表。

※当サイトでのFrancesco Gucciniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Guccini

当時Gucciniと行動を共にしていたNomadi(ノーマディ)版も著名だ。Nomadiの初代ヴォーカリストAugusto Daolio(アウグスト・ダオリオ/1947-1992/45歳没/Emilia-Romagna州Novellara出身)の貴重な映像で。

※当サイトでのNomadiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nomadi

Gianna Nannini版は格調高く&雄々しく仕上げられている。

※当サイトでのGianna Nanniniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianna_Nannini


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ