Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

New_Trolls

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第98回イタリアPOPSフェスタ(2013年7月)レポート(その3/ New Trolls)

第3部

9月21日(土)、9月22日(日)に来日公演が決定したArea(アレア)とNew Trolls(ニュー・トロルス)。

New Trolls-Area2013

今回のFESTAではNewアルバム『Concerto Grosso n°3(コンチェルト・グロッソ・ヌメロ・トレ)』を発表したばかりのNew Trollsの来日記念特集を行いました。

New Trollsは1967年結成のイタリアの歴史的なバンド。ビートロックから始まり、カンタウトーレ作品、バロック音楽、プログレ、コーラスグループ、POPバンドなど、イタリア音楽のほとんどのジャンルを演奏して来ています。

その長い歴史の中では、メンバーチェンジ、分裂、バンド名継承権利の訴訟などなどあり、近年は中心メンバーがそれぞれ3つのNew Trollsを名乗るユニットが存在する状態となりましたが、2011年にオリジナルメンバー4人、Vittorio De Scalzi(ヴィットリオ・デ・スカルツィ)、Nico Di Palo(ニコ・ディ・パーロ)、Gianni Belleno(ジァンニ・ベッレーノ)、Giorgio D'Adamo(ジォルジォ・ダダモ)が40年ぶりに揃って、La leggenda New Trollsと名乗り、第1作〜第2作でもタッグを組んだ作曲家・編曲家・指揮者のLuis Bacalov(ルイス・バカロフ)と共に『Concerto Grosso n°3』を制作したのです。『Concerto Grosso n°2』から実に37年振りの続編です。

La leggenda New Trolls & Luis Bacalov - Concerto Grosso n°3

ところがこの『Concerto Grosso n°3』はなぜか寝かされることとなり、2013年になってようやく発売されましたが、この2年間にそのオリジナルメンバーが再び分裂してしまいました。2011年当時の4名が揃った姿の公式映像は、Renato Zeroの60周年記念DVD『Sei Zero』の中で拝むことが出来ます。

img119

NewTrolls-SeiZero-tutti

では、今回の来日公演で披露されるConcerto Grosso3部作をダイジェストで紹介。n°1〜n°2は、2007年時点のメンバー編成でのライヴ映像で。まずはn°1から「Cadenza -Andante con Moto」

同ライヴ映像からn°2「Secondo Tempo:Andante - Most dear lady」を。オーボエがリードする美しい楽曲です。

ではいよいよ、『Concerto Grosso n°3』からFESTAでは「The Magical City」を紹介しましたが、ここではよりシンフォニックな「The Mythical City」を。Luis Bacalov自身もタクトを振るっています。

Concerto Grossoは伝統的に英語詞の組曲形式を取っているものの、組曲以外のピース曲は比較的自由な枠で制作されており、今回のn°3ではイタリア語詞曲も多く収められました。その中で白眉なのは何と言っても「Per Nico(意:ニコへ)」でしょう。かつてNew Trollsの看板ギタリストであり、ハイトーンヴォーカルとしても中心人物だったNico Di Paloですが、1998年の交通事故で瀕死の重傷を負い、再起不能とまで噂されていた人物ですが、ギターは弾けなくなったものの、右手でキーボードを押さえて歌えるところまで回復したのです。もうひとりの中心人物Vittorio De Scalziは、オリジナルベーシストのGiorgio D'Adamoと共にこの楽曲を創り上げてこのアルバムに投入しました。

New Trolls - Nico Di Palo - Vittorio De Scalzi

『Concerto Grosso n°3』には、事故に遭遇する2年前の1996年にNico Di Paloによって書かれ、ギター演奏された楽曲も2曲挿入されています。

New Trollsの歩んで来た道のり、奏でて来た音楽は、イタリア音楽の集大成といっても過言ではありません。あらゆるイタリア音楽ファンに生で聴いていただく事をお薦めいたします。

なお、9月30日発売のMusicaVita Italia第3号は、New Trolls特集! 最新バイオグラフィ、来日直前インタビュー、公式ディスコグラフィ外のNew Trolls参加アルバム等についても紹介しています。

※当サイトでのNew Trollsの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/New_Trolls


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

第91回イタリアPOPSフェスタ(2012年12月)レポート(2012年メモリアル/その1)

第91回Festaは、15名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて12/10(土)に開催されました。参加者の 内訳は男性5名 女性10名(うち、イタリア人1名)。

2012-12Festa-32012-12Festa
2012-12Festa-22012-12Festa-4

今回は毎年恒例のNatale Festaとして、いつもの音楽紹介中心のFESTAとは趣向を変え、全体的にクリス マスパーティモードで行いました。

集合写真撮影
kazuma氏

第1部

2012年の日本に於いて、イタリアPOPS周りの出来事の振り返りコーナー。

いつものように新年を迎え、2月にはサンレモ音楽祭もいつものように開催された2012年ですが、このサンレモ 音楽祭の直後となる2012年3月1日に大きな訃報が舞い込みました。その直前のサンレモ音楽祭に出場していた Lucio Dalla(ルチォ・ダッラ/1943-2012/68歳没/Bologna出身)が、突然、この世を去りました。心臓マヒだったよ うです。

rip-lucio-dalla

このイタリアを代表する重鎮カンタウトーレの予兆のない訃報に、イタリア全土が泣き、その早過ぎる逝去を 惜しんだものです。

※当サイトでのLucio Dallaの訃報記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52001543.html

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla


Lucio Dallaの訃報から1週間もたたない2012年3月7日にはまたしても訃報。戦中から戦後にかけて、歴史 的な4人組歌手グループQuartetto Cetra(クァルテット・チェトラ)の紅一点であり、最後の生存者だったLucia Mannucci(ルチア・マンヌッチ/1920-2012/91歳没/Bologna出身)が他界し、Quartetto Cetraのメンバー全員 が天に召されたことになりました。

quartettocetra

※当サイトでのLucia Mannucciの訃報記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52001602.html

※当サイトでのQuartetto Cetraの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Quartetto_Cetra

奇遇な事にこの3月初旬に亡くなった2人の歌手Lucio DallaとLucia Mannucciは、共に『光』を表す同じ 語幹を持つ名前で、同じBologna出身だった事は偶然の一致だったはずですが、その後5月20日と5月29日の2 度に渡って、Bologna近郊を震源地とするイタリア北部地震(Terremoto dell'Emilia del 2012)の被災が発生 するなど、2012年のイタリアではBolognaが鬼門だったのではないかと思えるような悲しい報せが続きました。


2012年4月7日には、イタリア文化会館主催のイタリアブックフェア2012において、昨年に引き続き当Piccola RADIO-ITALIA主宰YoshioAntonioが音楽イベントを2部構成で担当いたしました。

img215
img218

※レポート記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52007476.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/52007579.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/52007819.html


2012年4月27日〜29日の3日間に渡ってクラブチッタ川崎で開催されたのが、『イタリアン・プログレッシヴ・ロ ック・フェスティヴァル 春の陣2012:ロマンの誕生』。4バンドが来日ステージを見せてくれました。

img193

4月27日に出演したのは、New Trolls - UT(ニュー・トロルス - ウト)でした。2人のオリジナルメンバー Gianni Belleno(ジァンニ・ベッレーノ)とMaurizio Salvi(マウリツィオ・サルヴィ)を中心に、美声のカンタウトーレ Andrea Perrozzi(アンドレア・ペッロッツィ)ら新メンバー3名を向かい入れた編成での来日公演でした。

UT

※当サイトでのNew Trollsの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/New_Trolls

4月28日に出演したのは、Le Orme(レ・オルメ)でした。オリジナルメンバーMichi Dei Rossi(ミキ・デイ・ロッスィ)を中心に、基本のトリオ編成に、vocalのJimmy Spitaleri(ジミー・スピタレリ)らサポートメンバーを加えた編成での来日公演でした。

LeOrme

4月29日に出演したのは、Locanda delle Fate(ロカンダ・デッレ・ファーテ)でした。イタリア本国では無名に 近い彼らですが、初の日本公演日のチケットはソールドアウトになるほどの絶大的な歓迎を受けて感激したようで 、facebookやYouTubeに日本公演の動画や写真を自ら多数発信しています。

LocandaDelleFate

そして4月27日〜29日の全3日間のステージを務めたのがPooh(プー)

1966年のデビュー以来、休むことなく常に第一線を走り続けて来た、イタリアPOPS界現役の最重鎮バンド であり、そのあまりにも大物ぶりから来日公演が絶望視されていただけに、まさに夢のような来日公演となりました。

SD_1P_web_cut_800
ItaloProgFes2012Primavera

※当サイトでのPooh来日公演レポート記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52011751.html

※当サイトでのPoohの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pooh


この川崎クラブチッタの夢の3公演と全く同じ期間となる4月27日〜29日に、東京Cotto Clubで、Joe Barbieri(ジョー・バルビエリ/39歳/Napoli出身)の初来日公演が行われました。

JoeBarbieri-CottonClub2012-solo

Joe Barbieriから日本のファンへのメッセージ

※当サイトでのJoe Barbieri来日公演レポート記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52012516.html

※当サイトからのJoe Barbieriインタビュー記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52012800.html

また2012年12月19日には、日本独自編集盤アルバム「二人だけの小さな庭(Microcosmo)」が発売になります。新曲4曲と国内未発表ライヴ音源を含むベスト盤的な内容となっています。

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe_Barbieri


そしてこのダブルブッキングとなったイタリア人アーティストたちの3日連続公演の最終日となった2012年4月29 日は、イタリア映画祭のゲストにAvion Travelの歌手Peppe Servillo(ペッペ・セルヴィッロ/52歳/Arquata Scrivia生まれNapoli育ち)が俳優として来日し、舞台挨拶を行いました。つまり4月29日は、実はトリプルブッキングとなっていたんですね。

Paola Randi e Peppe Servillo a Tokyo 2012

※当サイトでのAvion Travelの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Avion_Travel


2012年5月27日と6月24日の2回に渡って、当Piccola RADIO-ITALIA主宰のYoshioAntonioは、日伊 文化交流サロン・アッティコにて『イタリア音楽&イタリアブランチ』と題されたイベントを敢行しました。2回目の6月 24日には、スペシャルゲストとして、イタリア国家から受勲された歌手・青木純さんをお招きして、ナポレターナのラ イヴもお届けいたしました。

ItaliaPopsCorso-attico

※『イタリア音楽&イタリアブランチ』レポート記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52017503.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/52022869.html

また、この2回の講座が終わった直後、数日後に行われるAttico初夏の『イタリアン・パーティー』のDJ役の依 頼を受け、イタリアPOPSだけのご機嫌なダンスナンバーを連続&MixしてPlayする楽しい体験ができました。

※レポート記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52023523.html


2012年7月5日には、日本盤CD4枚組「ジリオラ・チンクェッティ/シングル・コレクション」が発売開始となりまし た。

※当サイトでのリリース記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52020804.html

なお、この作品の企画・制作において、当Piccola RADIO=ITALIA主宰のYoshioAntonioが原詩チェック と対訳の監修を行いました。

Gigliola Cinquetti - Single Collection#0
IMG_2621

※当サイトでのGigliola Cinquettiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigliola_Cinquetti


2012年8月25日には、プログレッシヴ・ロック・フェス 2012の出演バンドとしてGoblin(ゴブリン)が2度目の来日公演を日比谷野外音楽堂で行いました。

ItalianProgFes2012Summer

※当サイトでのGoblinの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Goblin


 

注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第81回イタリアPOPSフェスタ(2012年2月)レポート (その4 / Renato Zero, Andrea Bocelli, Rita Pavone, Raffaella Carra`, Mario Biondi, Michele Zarrillo, New Trolls)

その3はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51996077.html


第4部

2月FESTAのフィナーレは、第3部に引き続きRenato Zero(レナート・ゼロ/62歳/Roma出身)。

2010年、Renato Zeroの満60歳を祝う記念事業として行われたコンサートを収録した3枚組DVDセット「Sei Zero(君はゼロ/60歳)」は2011年5月10日に発売され、2011年イタリア年間DVDチャートで見事1位を獲得しました。

img119

4.5cmの厚みの豪華なBOXに、DVD3枚、分厚いブックレット、15枚のミニポスター、そして印刷とはいえ、Renato Zeroからの4枚の手紙が封書に収められて封入されています。もちろんメモリアル企画だけあって、ロットナンバーが打たれており、筆者の手元にあるのは03373番。

ブックレットはハードカヴァー仕様で、デビュー当時から現在に至るまでもRenato Zeroの軌跡が写真と文章で丁寧に綴られています。

さて、当FESTAではこの見どころ満載の3枚組DVDの中から厳選に厳選を重ねて、最低限紹介すべきセットリストを組んだのですが、それでも約60分の内容となりました。

コンサートでもDVDでもオープニング曲となったのは、Renatoが愛してやまない町を歌った"Roma(ローマ)"。ちょうどこの記念コンサート開催した2010年に発表された楽曲で、Romaの町のイメージスライドをステージ上のスクリーンに大きく投射して披露されました。

1枚目のDVDからもう1曲選んだのは、"Siamo eroi(僕らは英雄)"。1987年に発表のピアノとストリングスで奏でられる楽曲ですが、今回は美しいコーラス隊を引き連れたヴァージョンで披露してくれました。

さて、2枚目のDVDからは、ゲストを迎えた楽曲の中から厳選して2曲を選びました。

ますはAndrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ/54歳/Lajatico出身)との共演で、"Più su(もっと上に)"。1981年にライヴアルバム「Icaro(イカロス)」で初めてライヴヴァージョンとして発表され、同年のシングル盤のB面としてスタジオ録音盤がリリースされたものの、2006年の公式コンピレーションアルバム「Renatissimo」に収録されるまで長らくアルバム未収録&未CD化が続いていた幻の楽曲です。

そして歌い終わった後には、Andrea Bocelliから60歳を迎えたRenato Zeroへのバースデイソングのプレゼントが添えられるおまけ付き。

さらに、「この観衆とこのオーケストラがついてれば、100歳も迎えられるよ」という祝辞も。 

2枚目のDVDからのゲスト歌手パートからは、Rita Pavone(リタ・パヴォーネ/67歳/Torino出身)。

1960年代にイタリア本国で大人気を博したビートの女王Rita Pavoneですが、当時世界的なカンツォーネブームの中で、イタリア本国での人気の高さに比べ、日本での知名度や人気はいまひとつだった感がありました。

往年の彼女のヒット曲のCDすらイタリア本国で入手が難しくなっていただけに、今回Renato Zeroと共演し、当時65歳という年齢を感じさせない、素晴らしいステージを魅せてくれたのは、まさに嬉しい予想外のことでした。

Rita Pavoneの往年のヒット曲を、Renato Zeroと絡みながら披露してくれました。

"Alla mia età(私の年齢で/Ennio Morricone作曲")、大ヒット曲"Come te non c'è nessuno(あなたのような人はいない)"、"Cuore(心)"、"Che m'importa del mondo(世界の何が私と関係あるの/Luis Bacalov作曲)"、"Fortissimo"のメドレー。そして最後にはRenatoの1977年のヒット曲"Mi vendo(私は自分を売る)"をRita Pavoneひとりでカヴァーしたシーン。

さて3枚目のDVDからも引き続きゲストを迎えたステージから。

まずはRaffaella Carrà(ラッファエッラ・カッラ/69歳/Bologna出身)とのデュエットで1978年のヒット曲"Triangolo(三角関係)"

Mario Biondi(マリォ・ビォンディ/41歳/Bari近郊出身)を迎えて、1994年の名曲"Nei giardini che nessuno sa(誰も知らない庭で)"

ここでRenato Zeroひとりのパフォーマンスに戻り、超名作曲"I migliori anni della nostra vita(我が人生最良の年月)"。1995年の作品ですが、現在も同名の人気TV番組が存在するほどイタリアでは有名な楽曲です。

そしてこのDVDの目玉とも言える、数多のゲストアーティストたちの出演シーンをメドレーで繋いだパート。12曲を約15分に集約してDVDに収められていますが、残念ながらインターネット上に映像がろくに挙がっておりませんので、ここではMichele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)の出演シーンの映像み貼っておきます。

※当サイトでのMichele Zarrilloの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Michele_Zarrillo

"Figli della guella"/Michele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)

この目玉となるゲスト陣のメドレーパートには、以下のアーティストたちのパフォーマンスが収録されています。

"Oltre ogni limite(あらゆる限界を超えて)"/Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッスィォ)

GigiD'Alessio-SeiZero

"Fermati(止まれ)"/Avion travel(アヴィォン・トラヴェル)

AvionTravel-SeiZero

"Per non essere così(こうならないように)"/Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)

MarcoMengoni-SeiZero

"Gli ex(元カレたち)"/Ron(ロン)

Ron-SeiZero

"Una Miniera(鉱山)"/La Leggenda dei New Trolls(ラ・レッジェンダ・デイ・ニュー・トロルス)

NewTrolls-SeiZero-tutti

"Pionieri(先駆者)"/Solisti dell'Accademia di S.Cecilia(サンタ・チェチリア・アカデミーのソリストたち)

"I commedianti(喜劇役者たち)"/Sabrina Ferilli(サブリナ・フェリッリ/朗読)

SabrinaFerilli-SeiZero

"Figli della guella(戦争の子どもたち)"/Michele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)

MicheleZarrillo-SeiZero

"Arrendermi mai(決して屈服しないこと)"/Mattia De Luca(マッティア・デ・ルカ)

MattiaDeLuca-SeiZero

"Spalle al muro(壁に肩を=安全)"/Mariella Nava(マリエッラ・ナーヴァ)

MariellaNava-SeiZero

"Ave Maria(アヴェ・マリア)"/Al Bano(アル・バーノ)

AlBano-SeiZero

"Arrivederci a Roma(ローマよさようなら)"/Amedeo Minghi(アメデオ・ミンギ)

AmedeoMinghi-SeiZero

基本的にRenato Zeroの楽曲をカヴァーして歌うアーティストばかりですが、例外はNew TrollsとAmedeo Minghi。後者はRomaを歌ったスタンダードナンバーなのですが、不思議なのはNew Trolls。歌った"Una miniera"は彼らのヒット曲であり、Renato Zeroとは縁もゆかりもない楽曲だからです。

しかしながらその出演メンバーは、近年実現していないNew Trolls初期のオリジナルメンバー構成で、Nico Di Paloもしっかりソロパートを歌っている、非常に貴重なシーンとなっています。

New Trolls出演メンバー:
NewTrolls-SeiZero-tutti2

Vittorio De Scalzi(ヴィットリォ・デ・スカルツィ)
NewTrolls-SeiZero-titlo

Nico Di Palo(ニコ・ディ・パーロ)
NewTrolls-SeiZero-Nico

Giorgio D'Adamo(ジォルジォ・ダダモ)
NewTrolls-SeiZero-Giorgio

Gianni Belleno(ジァンニ・ベッレーノ)
NewTrolls-SeiZero-Gianni

※当サイトでのNew Trollsの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/New_Trolls

そしてコンサートでもDVDでも最後の収録曲となっているのは、名曲"Il cielo(空)"。Luciano Pavarotti(ルチァーノ・パヴァロッティ)、Mina(ミーナ)、New Trolls(ニュー・トロルス)らの大物にカヴァーされるなど、既に充分な有名な楽曲となったこの楽曲ですが、Renato Zeroがまだ派手なルックスと芸風で売っていた1977年に発表された楽曲である点が特筆するところ。

Sorcini(ソルチーニ/意:ネズミ/Renato Zeroファンの愛称)たちの期待を裏切らず、Renato Zeroはこの曲が生まれた当時を彷彿させる派手な衣装で登場し、この一大スペクタクルの幕を閉じます。

エンディングには、客席の中に居た巨匠Ennio Morricone(エンニオ・モッリコーネ/日本語表記:エンニオ・モリコーネ/84歳/Roma出身)を誇らしげに紹介するシーンも収録されています。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

次回3月FESTAは、3月10日(土)の開催予定です。

第80回イタリアPOPSフェスタ(2012年1月)レポート (その3 / Le Orme, New Trolls-UT, Locanda delle Fate, Formula 3, Il Volo, Marcella)

その2はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51989946.html


第3部

2012年4月27日〜29日の3日間に渡り、5バンドがステージを楽しませてくれるという怒涛の企画『イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 春の陣2012』@川崎クラブチッタ。

img193

公演スケジュール

4月27日(金) OPEN 18:00 / START 19:00
Pooh
New Trolls-UT

4月28日(土) OPEN 17:00 / START 18:00
Pooh
Le Orme

4月29日(日) OPEN 16:30 / START 21:30
Pooh
Formula 3
Locanda delle Fate

※チラシのダウンロードはこちらからItaloProgFes2

1月FESTAの第3部では、この5バンドのうち、4バンドをダイジェストで紹介しました。


Le Orme(レ・オルメ/意:足跡)は、1960年代から活動するイタリア古参バンドのひとつ。1966年にビートバンドのスタイルで始まった活動は、1970年代になるとプログレスタイルを取り、1970年代後半からはNew Wave風にイメージチェンジし、サンレモ音楽祭にも出場するなど、イタリア国内での知名度を挙げることに成功しました。

しかしながら、1980年代に活動が行き詰まる憂き目に逢い、事実上活動停止期間を迎えます。やがて1990年代から活動を再開。再びプログレスタイルに立ち返った活動をしています。

Key、Bass&Vocal, Ds.というギターレストリオで活躍したイメージが突出しているため、よく『イタリアのEmerson Lake & Palmer』という補足をされるグループですが、バカテクがシノギを削り合うようなプログレッシヴロック界の中で、決して上手とは言えない演奏力ながら、何故か心にしみるサウンドを奏でることで稀有な存在だったとも言えるでしょう。

現時点では、1970年代の黄金期からのメンバーは、既にDs.のMichi Dei Rossiひとりしか残っておらず、メンバー構成も6名となったため、演奏力は素晴らしく向上している現状ですが、かつての『へたうま』の不思議な魅力を持っていたサウンドを懐かしむファン心理との葛藤もあるかもしれません。

Live In Pennsylvania

日本公演ではもちろん、1970年代初頭のプログ作品群を中心に再現されるということなので、FESTAでは、名作との評判の高いアルバム「Felona e Sorona(フェローナとソローナの伝説)」(1973)から"Sospesi Nell'Incredibile(信じられないまま)"を、2008年にリリースされたDVD「Live in Pennsylvania」の映像でご紹介しました。ここでは1997年のライヴ映像を貼っておきます。


New Trolls - UT(ニュー・トロルス・UT)は、1960年代から活動するイタリア古参バンドのひとつNew Trollsの流れを継承するバンドのひとつ。

New Trollsは、1966年にビートバンドのスタイル活動を始め、1970年代になるとプログレスタイルを取り、1970年代後半からは歌モノを主体としたPOPS路線にシフトしていきました。

またNew Trollsは、バンドメンバーや人数体制がアルバム毎に大きく変化するようなスタイルだったことなどが特徴的で、プログレの黄金時代だった1970年代前半のうち大半がバンドの分裂期に相当するという破天荒な一面を持つバンドなのですが、今回来日するのは、そのNew Trolls分裂期の曲を演奏するためだけに結成されたという限定的な編成の模様。

※当サイトでのNew Trollsの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/New_Trolls

2006年、2007年と、過去2度来日公演を果たしたNew Trollsのメンバーに入っていなかったオリジナルメンバーのGianni Belleno(ジァンニ・ベッレーノ/Ds.&Vocal)と、New Trolls来日時にオーケストラのコンダクターを務めたMaurizio Salvi(マウリツィオ・サルヴィ)の2人の元に、Latte Mieleのメンバーとして2011年に来日を果たしたMassimo Gori(マッスィモ・ゴーリ/Bass&Vocal)、Claudio Cinquegrana(クラウディオ・チンクエグラーナ/Gt.)、Andrea Perrozzi(アンドレア・ペッロッツィ/Key&Vocal)らが集まった編成。

※当サイトでのLatte Mieleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Latte_Miele

※Andrea Perrozziは、Marco Menichiniのサンレモ出場曲"Tra tegole e cielo"(2011)の作曲者でもあります。当サイトでのMarco Menichiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Menichini

UT

バンド名にも添えられたアルバム「UT」(1972)から、歌モノとしての魅力を持ちながら、ギターフリークの耳を釘づけにしてしまう不思議な楽曲"Paolo e Francesca(パオロとフランチェスカ)"をFESTA会場でかけてみました。後半のギターソロがPaoloとFrancescaという2人の男女の会話を模したサウンドと化しています。


Locanda delle fate(ロカンダ・デッレ・ファーテ/意:妖精たちの安宿)は、プログレッシヴ・ロックの隆盛が収まった1970年代後半にデビューしたため、1977年のデビューアルバム「Forse le lucciole non si amano più(蛍たちはもう愛しあうことはない)」1枚で解散してしまったバンドでしたが、ツインキーボード&ツインギターという鉄壁編成のバンドが奏でるサウンドは、後のプログレファンのツボにはまるという皮肉な状況を醸し出すこととなった不遇のバンド。ちなみにイタリア本国では未だに全く無名に近い状態です。

locanda delle fate - forse le lucciole non si amano piu - as

”Sogno di Estunno(邦題:憧れ)"を当時の映像で。 


Formula 3(フォルムラ・トレ)は、イタリア音楽史上の中でとても重要な位置付けを担ったバンド。それはイタリア音楽界に大きな革命をもたらし、死後10年を超えた現在も多くのイタリア人の心に残り、時代を超えて受け継がれている偉大なカンタウトーレ・故Lucio Battisti(ルチォ・バッティスティ)と行動を共にしたバンドであることがその最大の理由です。

※当サイトでのLucio Battistiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Battisti

FESTAでは、Lucio BattistiのDVDに収録された彼らの当時のパフォーマンスをご覧いただきました。シングルのみでリリースされアルバム未収録の"Io ritorno solo(僕はひとり帰る)"(1970)。当時まだ20歳だったアイドル然の風貌をしたTony Cicco(トニー・チッコ)が、ドラムスを叩きながら歌う姿に、FESTA会場の視線は釘付けとなりました。

続いて2ndアルバム「Formula 3」(1971)に収録されていた楽曲で彼らの代表曲のひとつといえるBattisti-Mogol作の楽曲"Eppur mi son scordato di te(それにも関わらず僕は君のことを忘れてしまってる)"。

formula-3-eppur-mi-son-scordato-di-te-numero-uno

Festa会場では1990年の再結成当時の映像でご紹介しましたが、さすがに20年経過し、あのTony Ciccoもすっかりオジサンと化していたのを目の当たりにして、会場にはガッカリ感が漂ってしまいました・・・ いやいや皆さん、現実を見ましょう。実際はそこからさらに20年の歳月が流れているのです。2011年にTV出演したFormula 3の映像はこちら。

Formula 3の3人のメンバーのうち、Alberto Radius(アルベルト・ラディウス/Gt.&Vocal)とGabriele Lorenzi(ガブリエレ・ロレンツィ/Key.)は、その後のイタリア音楽界を支える重要なミュージシャンとして、またプロデューサーとして大活躍していくことになり、Tony Cicco(トニーチッコ/Ds.&Vocal)はソロ歌手としても活躍することとなります。


ここでFormula 3が一旦解散した1974年時点の動きを紹介することにしました。Ds.のTony Ciccoは、Cico(チコ)名義でソロ歌手としてデビュー。秀逸な歌モノアルバム「notte(夜/邦題:夜の闇の中で)」(1974)をリリースします。

172450_1_f

シングル曲となった"Se mi vuoi(もしも私を望むなら)"を当時24歳の映像で。(音と映像のズレが残念ですが)


そしてAlberto RadiusとGabriere Lorenziは、Battistiと共に多くの楽曲を手掛けた巨匠の作詞家Mogol(モゴール)の発案に従い、売れっ子スタジオ&ツアーミュージシャンが6人集まって音楽制作をする夢のプロジェクトIl Volo(イル・ヴォーロ/意:飛翔)に参加します。

凄腕のプロ中のプロのミュージシャンによる、ツインキーボード&ツインギター編成の鉄壁バンドで、その後、各人とも単なるミュージシャンとしてだけでなく、プロデューサーとしてイタリアPOPS界に大きな功績を残して行く大物ばかりが揃っていたのです。

メンバー構成
Alberto Radius (Gt.&Vocal)
Mario Lavezzi (マリォ・ラヴェッツィ/Gt.&Vocal)
Vince Tempera (ヴィンチェ・テンペラ/Key.)
Gabriele Lorenzi (Key.)
Bob Callero (ボブ・カレッロ/Bass)
Gianni Dall'Aglio (ジァンニ・ダッラーリォ/Ds.)

今回の初来日でFormula 3は、このIl Voloの楽曲も演奏するとのことでしたので、ここでIl Voloが残した2枚の秀作アルバムから、より歌モノ要素の強い1stアルバム「Il Volo」(1974)から、"La canzone del nostro tempo(僕らの時代の歌)"を。作曲はAlberto Radius、作詞は偉大なMogol(モゴール)。

Il Volo (1974)


Il Voloはバンドというよりもアルバム制作のために集まったプロジェクトの要素が強かったため、Il Voloとして残したライブ音源は皆無状態なのですが、当時既にスタジオ&ツアーミュージシャンとして大活躍していた彼らが揃ってある人気歌手のライヴアルバムにその生演奏を残しています。

Marcella(マルチェッラ/60歳/Catania出身)のライヴアルバム「L'anima dei matti(狂人の魂/夢中な心)」(1975)がそれで、1970年代当時に絶大な人気を誇っていたMarcellaならでは、このスーパーミュージシャンたちを起用できたと想像する事が出来ます。

1970年代当初からプログレマニアの間でクチコミで話題となり、高値で取引されていたアナログ盤ですが、未CD化ということもあり、さらにプレミアム的な価値となっている模様です。

Senza titolo-1

後記)2012年5月遂にCD化!

このMarcellaの幻のLPから、アルバムタイトル曲"L'anima dei matti"を。時にMarcella23歳。

※当サイトでのMarcellaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marcella_Bella


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めます。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

cronaca139-s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力作品 /
Lavori che abbiamo collaborato

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

cronaca139-s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ