Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

New_Trolls

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

イタリア音楽専門誌 MusicaVita Italia 第6号 2014/8/27発売!

大変お待たせいたしました。日本語で読めるイタリア音楽情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』第6号、2014年8月27日に発売決定!全面カラーページ!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号

第5号より税抜2,000円(税込2,160円)に価格改定となっておりますが、 定期購読される場合は税込2,000円でご優待!また発売日以降に開催されるイタリア関連イベントの一部でも紹介、直接お求めいただける機会を設けたりする予定です。

内容も発表になりました。こうご期待あれ!

  • 特集1: ファブリツィオ・デ・アンドレ
    • ヒストリー
    • 特別寄稿:ヴィットリオ・デ・スカルツィ(ニュー・トロルス)
    • 歌詞の世界
    • ディスコグラフィ
  • 特集2:PFM
    • ヒストリー
    • 全来日公演レビュー
    • 2014年来日時インタヴュー
    • ディスコグラフィ
  • 来日公演レビュー&インタヴュー
    • ジョー・バルビエリ
    • ファブリツィオ・ボッソ
    • マックス・イオナータ&ダード・モローニ
    • ジョヴァンニ・アレヴィ
  • 第22回太陽カンツォーネ・コンコルソ本選会/結果レポート
  • 第6回サンレモ音楽祭 1956年
  • ナポレターナ あれこれVol.5 〜“カンツォーネ”以前のカンツォーネ〜/青木 純
  • altri musica 〜その他の音楽〜
    • ビート:イ・クエッリ
    • カンタウトーレ:フランチェスコ・デ・グレゴーリ
  • 新着ディスク・レビュー
  • 最新ニュース(Novita)
  • 最新のイタリア・アルバム・チャート(FIMI)
  • 連載コラム
    • 私のイタリア音楽の旅 新井健司
    • イタリア映画の備忘録 押場靖志
    • 鍵盤の彼方の伊太利亜 難波弘之
    • 音楽の合間に読書 久保耕司
    • 伊太利亜秘宝館 高橋 理
    • イタリアの車窓から 冨田和磨
    • 映画を聴く 二宮大輔
  • 読者プレゼント

など (掲載内容は変更する場合があります)

なお、本誌において、当サイトの主宰YoshioAntonioは編集長を務めています。

イタリア音楽専門誌 MusicaVita Italia 第4号 2014/1/31発売!

大変お待たせいたしました。日本語で読めるイタリア音楽情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』第4号、2014年1月31日に発売決定!

musicavitaitalia4

今回、各ネットショップでの発売は2月初旬となります。また発売日以降に開催されるイタリア関連イベントの一部でも紹介、直接お求めいただける機会を設けたりする予定です。ムジカヴィータ・イタリア編集部から直接お求めいただくことも可能です。

内容も発表になりました。こうご期待あれ!

  • 特集1: クラウディオ・バリオーニ
    • ロング・ヒストリー
    • 来日公演レビュー&インタヴュー
    • アルバム・ディスコグラフィ
  • 特集2: アーティスト名鑑 90年代編
    • ラウラ・パウジーニ / リガブエ / パオロ・ヴァレージ / アンドレア・ボチェッリ / アレアンドロ・バルディ / ジョルジア / ルカ・カルボーニ / エリオ・エ・レ・ストーリエ・テーゼ / リトゥフィーバ / パオラ・トゥルチ / ネリ・ペル・カーゾ / ミエッタ / 883 / ミケーレ・ザリッロ / イレーネ・グランディ / ネック / マルコ・マジーニ / ビアージョ・アントナッチ / ジャンルカ・グリニャーニ / ジョヴァノッティ / ヴァスコ・ロッシ
  • インタビュー(GOB / ラファエル・グアラッツィ / マリカ・アヤーヌ)
  • 来日公演レビュー(ニュー・トロルス / アレア)
  • 第4回サンレモ音楽祭 1954 年
  • ナポレターナ あれこれ 「帰れソレントへ《Parte 2》」/青木 純
  • No.63 カンツォーネ大集合/レビュー
  • altri musica 〜その他の音楽〜
    • ムジカ・ビート(Musica Beat)
    • カンタウトーレ(Cantautore)
  • 新着ディスク・レビュー
  • 最新ニュース(Novita’)
  • 2013年アルバム年間チャート
  • 連載コラム
    • 私のイタリア音楽の旅 新井健司
    • イタリア映画の備忘録 押場靖志
    • 鍵盤の彼方の伊太利亜 難波弘之
    • 音楽の合間に読書 久保耕司
    • 伊太利亜秘宝館 高橋 理
    • イタリアの車窓から 冨田和磨
  • 読者プレゼント

など (掲載内容は変更する場合があります)

なお、本誌において、当サイトの主宰YoshioAntonioは編集長を務めています。

イタリア音楽専門誌 MusicaVita Italia 第3号 2013/9/30発売!

大変お待たせいたしました。日本語で読めるイタリア音楽情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』第3号、2013年9月30日に発売決定!

musicavitaitalia3

今回、各ネットショップでの発売は10月初旬となります。また発売日以降に開催されるイタリア関連イベントの一部でも紹介、直接お求めいただける機会を設けたりする予定です。ムジカヴィータ・イタリア編集部から直接お求めいただくことも可能です。

内容も発表になりました。こうご期待あれ!

  • 特集1: ニュー・トロルス
    • ニュー・トロルス ヒストリー
    • ヴィットリオ・デ・スカルツィ インタヴュー
    • アルバム ディスコグラフィ
  • 特集2: アーティスト名鑑 '80 年代編
    • ミア・マルティーニ、アル・バーノ&ロミナ・パワー、アメデオ・ミンギ、リッカルド・フォッリ、フィオレッラ・マンノイア、ロン、ウンベルト・トッツィ、ズッケロ、ロッサーナ・カザーレ、エンリコ・ルッジェーリ、イヴァーノ・フォッサーティ、ロレダーナ・ベルテ、マティア・バザール、ジャンナ・ナンニーニ、ジャンニ・トーニ、アンナ・オクサ、マンゴ、ラフ、ファビオ・コンカート、ルカ・バルバロッサ、エロス・ラマゾッティ
  • ニュー・カルテット(GNU Quartet) インタヴュー
  • 注目のイタリアン・ピアニスト(フランチェスコ・リベッタ & ヴィンチェンツォ・マルテンポ)
  • 第3回サンレモ音楽祭 1953 年
  • ナポレターナ あれこれ Vol.2 「帰れソレントへ《Parte 1》」/青木 純
  • 第21回 太陽カンツォーネ・コンコルソ本選会
  • ライヴ・レビュー:ジョヴァンニ・アレヴィ
  • altri musica 〜その他の音楽〜
    • ムジカ・ビート(Musica Beat)
    • カンタウトーレ(Cantautore)
  • ディスク・レビュー (25枚)
  • 最新ニュース(Novita)
  • 訃報(R.I.P.)
  • 連載コラム
    • 私のイタリア音楽の旅 新井健司
    • イタリア映画の備忘録 押場靖志
    • 鍵盤の彼方の伊太利亜 難波弘之
    • 音楽の合間に読書 久保耕司
    • 伊太利亜秘宝館 高橋 理
    • イタリアの車窓から 冨田和磨
  • 読者プレゼント

など (掲載内容は変更する場合があります)

なお、本誌において、当サイトの主宰YoshioAntonioは編集長を務めています。

第98回イタリアPOPSフェスタ(2013年7月)レポート(その3/ New Trolls)

第3部

9月21日(土)、9月22日(日)に来日公演が決定したArea(アレア)とNew Trolls(ニュー・トロルス)。

New Trolls-Area2013

今回のFESTAではNewアルバム『Concerto Grosso n°3(コンチェルト・グロッソ・ヌメロ・トレ)』を発表したばかりのNew Trollsの来日記念特集を行いました。

New Trollsは1967年結成のイタリアの歴史的なバンド。ビートロックから始まり、カンタウトーレ作品、バロック音楽、プログレ、コーラスグループ、POPバンドなど、イタリア音楽のほとんどのジャンルを演奏して来ています。

その長い歴史の中では、メンバーチェンジ、分裂、バンド名継承権利の訴訟などなどあり、近年は中心メンバーがそれぞれ3つのNew Trollsを名乗るユニットが存在する状態となりましたが、2011年にオリジナルメンバー4人、Vittorio De Scalzi(ヴィットリオ・デ・スカルツィ)、Nico Di Palo(ニコ・ディ・パーロ)、Gianni Belleno(ジァンニ・ベッレーノ)、Giorgio D'Adamo(ジォルジォ・ダダモ)が40年ぶりに揃って、La leggenda New Trollsと名乗り、第1作〜第2作でもタッグを組んだ作曲家・編曲家・指揮者のLuis Bacalov(ルイス・バカロフ)と共に『Concerto Grosso n°3』を制作したのです。『Concerto Grosso n°2』から実に37年振りの続編です。

La leggenda New Trolls & Luis Bacalov - Concerto Grosso n°3

ところがこの『Concerto Grosso n°3』はなぜか寝かされることとなり、2013年になってようやく発売されましたが、この2年間にそのオリジナルメンバーが再び分裂してしまいました。2011年当時の4名が揃った姿の公式映像は、Renato Zeroの60周年記念DVD『Sei Zero』の中で拝むことが出来ます。

img119

NewTrolls-SeiZero-tutti

では、今回の来日公演で披露されるConcerto Grosso3部作をダイジェストで紹介。n°1〜n°2は、2007年時点のメンバー編成でのライヴ映像で。まずはn°1から「Cadenza -Andante con Moto」

同ライヴ映像からn°2「Secondo Tempo:Andante - Most dear lady」を。オーボエがリードする美しい楽曲です。

ではいよいよ、『Concerto Grosso n°3』からFESTAでは「The Magical City」を紹介しましたが、ここではよりシンフォニックな「The Mythical City」を。Luis Bacalov自身もタクトを振るっています。

Concerto Grossoは伝統的に英語詞の組曲形式を取っているものの、組曲以外のピース曲は比較的自由な枠で制作されており、今回のn°3ではイタリア語詞曲も多く収められました。その中で白眉なのは何と言っても「Per Nico(意:ニコへ)」でしょう。かつてNew Trollsの看板ギタリストであり、ハイトーンヴォーカルとしても中心人物だったNico Di Paloですが、1998年の交通事故で瀕死の重傷を負い、再起不能とまで噂されていた人物ですが、ギターは弾けなくなったものの、右手でキーボードを押さえて歌えるところまで回復したのです。もうひとりの中心人物Vittorio De Scalziは、オリジナルベーシストのGiorgio D'Adamoと共にこの楽曲を創り上げてこのアルバムに投入しました。

New Trolls - Nico Di Palo - Vittorio De Scalzi

『Concerto Grosso n°3』には、事故に遭遇する2年前の1996年にNico Di Paloによって書かれ、ギター演奏された楽曲も2曲挿入されています。

New Trollsの歩んで来た道のり、奏でて来た音楽は、イタリア音楽の集大成といっても過言ではありません。あらゆるイタリア音楽ファンに生で聴いていただく事をお薦めいたします。

なお、9月30日発売のMusicaVita Italia第3号は、New Trolls特集! 最新バイオグラフィ、来日直前インタビュー、公式ディスコグラフィ外のNew Trolls参加アルバム等についても紹介しています。

※当サイトでのNew Trollsの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/New_Trolls


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

Bell'Italia11/8開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 6』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ