↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Mina

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第179回イタリアPOPSフェスタ(2020年10月)レポート(第3部:Mina Fossati, Tre per Una)

Mina(ミーナ/80歳/Cremona育ち)とIvano Fossati(イヴァーノ・フォッサーティ/69歳/Genova出身)の奇跡のコラボでリリースされたデュオ・アルバム『mina fossati』(2019)。
Mina Fossati(2019)

Minaは1950年代にデビューすると、その卓越した歌唱力でスター歌手となった。1970年代に隠遁生活に入るも、レコーディング活動を続け、現在もトップクラスであり続ける他に例を見ないベテラン歌手。Ivano Fossatiはソロ・カンタウトーレとしての活動と並行して、多くの歌手に楽曲を提供する重鎮ソングライターとして活躍するも2012年に歌手活動を引退。こうした実力&人気を兼ね備えながら、俗世間と一線を画した2人がタッグを組んだのだから、大きな驚愕と注目を集めることとなった。

このコラボは1997年に両アーティストが意思疎通のうえ合意に至ったものの、レコード会社が乗らなかったため頓挫。それから20年後の2017年にMinaからFossatiに再オファーするも、Fossatiは既に引退していたために躊躇する。しかしFossatiの妻が背中を押して実現に至ったというエピソードが伝えられている。Fossatiはこのコラボのために12曲の新曲を書き下ろし、うち11曲がアルバムに収録されている。

Minaは大衆の前に姿を現さない隠遁生活を貫いているため、製作されたミュージックヴィデオもすべてイメージ映像だ。

1stシングル「Tex-Mex」

シングル第2弾「Luna diamante(意:月ダイヤモンド)」は、フェルザン・オズペテク監督映画『幸運の女神(La dea fortuna)』(2019/イタリア映画祭2020で上映予定)のサントラに採用されている。

シングル第3弾「L'infinito di stelle(意:星々の無限さ)」
https://youtu.be/nCR0NhxWF4Q

※当サイトでのMinaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mina

※当サイトでのIvano Fossatiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ivano_Fossati


そのMinaが寵愛して登用する3人のミュージシャンたちが結集し、ジャズのキーでMinaの楽曲をカヴァーする企画アルバムが『Tre per Una - nelle canzoni di Mina(意:ひとりの女性のための3人 - ミーナの歌の中で)』(2019)
Danilo Rea, Massimo Morini, Alfredo Golino - Tre pe una(2019)

その3人のミュージシャンとは、Danilo Rea(ダニーロ・レア/ピアノ)、Massimo Moriconi(マッシモ・モリコーニ/ベース)、Alfredo Golino(アルフレード・ゴリーノ/ドラムス)の3人。
https://youtu.be/mo2MSGQMpBs

第179回イタリアPOPSフェスタ(2020年10月)紹介曲PlayList


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

第179回イタリアPOPSフェスタ(2020年10月/公開オンライン)のお知らせ

日時:2020年10月25日(日) 13:00〜17:00

使用ツール:ZOOM(開催日時に以下のリンクをクリックするだけで参加可能)。
https://us02web.zoom.us/j/86929562557?pwd=NGs5cEdxL0tIaXlJNTBCaEhrWWt6QT09

2020-10EV

紹介予定:
★Mina Fossati(ミーナ・フォッサーティ)『mina fossati』(2019)

 40年以上も隠居したままレコーディング活動を続けるミーナと歌手活動を引退して8年になるイヴァーノ・フォッサーティがタッグを組んだ奇跡のデュオ・アルバム。収録曲は全曲、フォッサーティがミーナのために書き下ろした新曲。
★Biagio Antonacci(ビァージォ・アントナッチ)『Chiaramente visibili dallo spazio』(2019)
 ベテラン・カンタウトーレの15thアルバム。
★Of New Trolls (オヴ・ニュー・トロルス)『50.0』(2018)
 ニュー・トロルスのオリジナルメンバーNico Di PaloとGianni Bellenoが中心となったグループの、ニュー・トロルス結成50周年記念ライヴ盤。新曲2曲と往年の名曲が披露されている。
★Al Bano & Romina Power(アル・バーノ & ロミナ・パワー)『Raccogli l'attimo』(2020)
 25年ぶりとなるデュエット・アルバムで、2013年のコンビ再開後初となるスタジオ録音アルバム。
★Leo Gassmann(レオ・ガスマン)『Strike』(2020)
 サンレモ音楽祭2020新人部門優勝曲を含む1stアルバム。祖父はヴィットリオ・ガスマン、父はアレッサンドロ・ガスマンと、イタリアの名優の直系でもある。
★Fasma(ファズマ)『Io sono Fasma』(2020)
 サンレモ音楽祭2020新人部門3位となったラップ系カンタウトーレの2ndアルバム。
★Matteo Faustini(マッテオ・ファウスティーニ)『Figli delle favole』(2020)
 サンレモ音楽祭2020新人部門出場するも選外に終わったものの、歌詞の文学性が評価されて栄誉あるルネツィア賞に選ばれた実績を持つ、現役の小学校教諭のカンタウトーレ。

会費は設定なしですが、この活動を長く続けていくために、別途 "投げ銭・寄付金” を賜れれば幸甚です(目安として1,000円ぐらい)。投げ銭を頂いた方にはFESTA終了後、もれなく秘密のプレゼントをemail経由で送付いたします。(注:携帯メールアドレスではプレゼントが受け取れない場合があります)

投げ銭はPayPayで。(送金時にメッセージを書ける機能がありますので、秘密のプレゼントの送付を希望されるEmailアドレスとお名前をご記入ください)
https://qr.paypay.ne.jp/gfsIihpnvWQ01sNV PayPay

その他の投げ銭方法を希望される場合はコチラからお訊ねください。

※当サイトでのMinaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mina

※当サイトでのIvano Fossatiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ivano_Fossati

※当サイトでのBiagio Antonacciの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Biagio_Antonacci

※当サイトでのNew Trollsの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/New_Trolls

※当サイトでのAl Banoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Al_Bano

※当サイトでのLeo Gassmannの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Leo_Gassmann

※当サイトでのFasmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fasma

※当サイトでのMatteo Faustiniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Matteo_Faustini

第164回イタリアPOPSフェスタ(2019年4月)レポート(第2部:Mina, Vincenzo Incenzo)

1978年を最後に大衆の前に姿を現さないままレコーディング活動のみを続けるイタリア最高峰ディーヴァのMina(ミーナ/79歳/Lombardia州Busto Arsizio生まれCremona育ち)が、Lucio Battisti没後20周年にリリースした『Paradiso [Lucio Battisti Songbook](意:天国)』(2018)。今日まで続くBattistiブームが起こるきっかけとなったMinaによるBattistiカヴァーを集めた公式コンピレーション(CD2枚組)だが、新録音ヴァージョンも2曲収録されている。
Mina - Paradiso(Lucio Battisti songbook)

新録音の1曲「Il tempo di morire(意:死んじゃいそうな時)」。1970年に発表されたBattisti作・歌唱曲だが、タイトルに使われた“morire(死ぬ)”は生死の“死”ではなく、エクスタシーの隠喩。他の男を愛している女への横恋慕という設定の詞だ。歌い出しの詞から別名「Motocicletta(意:オートバイ)」と呼ばれている。原曲ではイントロのパワフルなギターリフが特徴的な楽曲で、演奏していたのは後にPFMを結成する面々(ギター:Franco Mussida、ドラム:Franz Di Cioccio、ベース:Giorgio Piazza)

1972年のTV番組Teatro 10で実現したMinaとBattistiの共演は、歴史的名演と語り継がれているのだが、その濃い内容にも関わらず僅か9分程度の長さ。この9分がその後のイタリア音楽を変えたと言われている。

7曲のBattisti作品がメドレーで歌い継がれていくのだが、その中には貴重なテイクも含まれている。例えば冒頭の「Insieme」はMinaの歌唱のみでリリースされ、Battistiのセルフカヴァーは存在しない。

セットリスト
Insieme(意:一緒に) / Battisti
Mi ritorni in mente(意:君が僕の心に帰って来る) / Mina + Battisti
Il tempo di morire / Mina + Battisti
E penso a te(意:そして君を想う) / Mina
Io e te da soli(意:僕と君ふたりだけ) / Battisti
Eppur mi son scordato di te(意:それでも僕は君のことを忘れてしまった) / Mina + Battisti
Emozioni(意:情緒) / Mina + Battisti

また“Cinque amici da Milano(意:ミラノから来た5人の友人たち)”と紹介されるバンドメンバーは後にイタリアRock界で大活躍する人物たちばかり。ドラムがGianni Dall'Aglio(ジャンニ・ダッラリオ)、キーボードがGabriele Lorenzi(ガブリエレ・ロレンツィ)。両者とも伝説のロックバンドIl Volo(イル・ヴォーロ)のメンバーとなる。後者はその直前にFormula 3(フォルムラ・トレ)でも活躍している。向かって右側のギタリストMassimo Luca(マッシモ・ルーカ)はBattistiのお抱えギタリストとしても他の歌手のギタリストとしても活躍し続ける。

※当サイトでのLucio Battistiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Battisti

※当サイトでのMinaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mina


Vincenzo Incenzo(ヴィンチェンツォ・インチェンツォ/54歳/Roma出身)は、1986年にカンタウトーレとしてデビューするも、すぐに女性歌手Tosca(トスカ)への楽曲提供を始め、やがてMichele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)そしてRenato Zeroのメイン共作者として知られるようになった人物。

その職人肌の作曲家が再びカンタウトーレとしての活動を再開し、アルバム『Credo(意:僕は信じる)』(2018)をリリース。長年の共作相手Renato Zero(レナート・ゼロ)がプロデュースを担当している。
Vincenzo Incenzo - Credo

「Je suis(意:僕は)」

「Dal paese reale(意:現実世界から)」

「Il primo giorno dell'estate(意:夏の最初の日)」はVincenzo IncenzoがZeroやZarrilloに書いて来たタイプの楽曲。

このアルバムの最大の目玉はMichele Zarrilloがサンレモ音楽祭1994で歌ってZarrilloの代表曲のひとつとなった「Cinque giorni(意:5日間)」(Zarrillo-Inconzoの共作)をこのアルバムのプロデューサーを務めたRenato Zeroがカヴァーしたヴァージョンが収録されている事だ。

遡ること1997年、Zarrilloのライヴ中にZeroが乱入して同曲を一瞬デュエットしたこともある。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero

※当サイトでのMichele Zarrilloの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Michele_Zarrillo

※当サイトでのVincenzo Incenzoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vincenzo_Incenzo


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ