Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Mauro_Pagani

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第112回イタリアPOPSフェスタ(2014年9月)レポート(その3/Fabrizio De Andre')

第3部

ムジカヴィータ・イタリア第6号は、待望のFabrizio De Andre'(ファブリツィオ・デ・アンドレ/1940-1999/58歳没/Genova生まれ)特集。2014年はちょうど没後15周年となるが、今もなお現代の偉人として(単なる人気歌手に留まらず)イタリア人たちの心に生き続けている。彼が生まれた育ったGenova、壮年期を過ごしたSardegna、晩年を過ごしたMilanoなどには、彼の名を冠したストリートや地区が存在しているうえ、教科書にも作品が掲載されていることもあって、今もなお、若いファンが生まれ続けているのだ。

イタリア人はほぼ皆、多かれ少なかれFabrizio De Andre'とLucio Battisti(ルーチョ・バッティスティ/1943-1998)の2人のカンタウトーレ作品を聴いて育っているので、最低限彼ら2人を知っていれば、どんなイタリア人とも音楽談義ができるのは間違いない。

musicavitaitalia6

FESTAでは、ムジカヴィータ・イタリア第6号発売を記念して、2部に渡ってFabrizio De Andre'特集を組んだ。前編では、De Andre'が残した数少ない映像でその歴史を辿った。

※当サイトでのFabrizio De Andre'の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_De_Andre'

「La guerra di Piero(意:ピエロの戦争)」(1964)は、De Andre'の反戦/平和主義が感じられる代表作。ある日Pieroが徴兵され、戦場で親近感を感じる男に出会うが、彼が着ていたのは敵の軍服。《撃て!》の命令に躊躇する心優しいPiero。しかし戦場ではこうした人間らしい感情は通用しない。敵は恐れから発砲し、Pieroは戦死してしまう・・・このように戦争は人間を非人道的なものにしてしまうというメッセージがこの歌に込められている。1969年(28歳時)の映像で。

珍しく子供たちとうたった「Girotondo」(1968)。ジロトンドとは、手をつないで輪になって踊る、伝統的なイタリアの童謡&遊びで、De Andre'はそれをモチーフにオリジナル曲を作った。

「Il pescatore(意:漁師)」(1970)は、De Andre'のアナーキズムやリバタリズムが滲み出ている楽曲。ある漁師町に見知らぬ若者が逃げてきて、海辺で昼寝をしていた老漁師に声をかける。《飲み物が欲しい、食べ物が欲しい、急いでいる》それに付け加えて《僕は人殺しだ》と正直に告白する。老漁師は眼を開くと、何の警戒も躊躇もなく、彼にパンを切り分け、ワインを注ぐ。老漁師のひと時のもてなしに温もりを感じて、後ろ髪を引かれつつもあたふたと立ち去る若者。やがて憲兵がやって来て、老漁師に尋ねる《殺人者を見かけなかったか》と。老漁師はいつものように顔に笑い皺を浮かべて、まどろむだけだった。

前出の通り、イタリアでは死後もなお、国民的な人気と知名度を誇るDe Andre'であるが、日本では一般的には無名なのが残念でならない。1980年代に地中海音楽の一環として2枚ほどのアルバムが日本でもリリースされたものの、プログレ・ファンの一部がコレクションするのに留まってしまっただけだった。

イタリア本国に比べれば外国での知名度は落ちるとはいえ、ここまで無名なのは先進国の中では日本ぐらいなのだ。実はまだDe Andre’が存命していた1991年に中国語でカヴァーされ、香港のTVドラマの主題歌に据えられているという驚愕の事実がある。

1974年以来、歌手Dori Ghezzi(ドリ・ゲッツィ/当時28歳/現68歳/Lombardia州Lentate sul Seveso出身)がDe Andre'の伴侶となり、後の1989年に2度目の入籍をすることになる。1977年に2人の間に生まれるLuisa Vittoria(愛称:Luvi/ルヴィ)のに先立って、当時のDe Andre’一家はSardegnaで暮らしていた。1978年にSardegnaの友人たちに囲まれて披露したDori Ghezziとのデュエット「Andrea(アンドレア)」の映像が残っている。隣でギター演奏をするのは、先妻との間に生まれた息子Cristiano De Andre’(クリスティアーノ・デ・アンドレ/当時16歳/現52歳)だ。この楽曲は同性愛者への応援歌だ。

※当サイトでのDori Ghezzi紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Dori_Ghezzi

※当サイトでのCristiano De Andre'の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cristiano_De_Andre'

1978年以来、カンタウトーレMassimo Bubola(マッスィモ・ブボラ/当時26歳/現60歳/Veneto州Verona近郊Terrazzo出身)と長きに渡るコラボを始めたDe Andre'だが、1980年にリリースした「Una storia sbagliata(意:ある間違えられた物語)」を共作者のBubolaと共演したライヴ映像が残っている。

この楽曲は、映画監督&作家のPier Paolo Pasolini(ピエール・パオロ・パゾリーニ)が撲殺死体で発見された殺人事件(未解決)を歌った作品。これはその調査記録のため、依頼されて作った曲で、De Andre’が初めて依頼を受けて作った曲でもあり、そのためかDe Andre’のオリジナル・アルバムに収録されることはなく、ようやく2005年になって制作されたコンピレーション盤に収録された。

Sardegnaでの生活で地元の人々と強い結びつきを持つようになったDe Andre’が、北米先住民族とSardegnaの人々との共通点を見出して制作したアルバム(通称「L'indiano(意:インディアン)」)から、「Fiume sand creek(意:サンド・クリーク川)」(1981)。は独ハンブルグでのTVライヴ映像で。

Mauro Pagani(マウロ・パガーニ/当時38歳/現68歳/Lombardia州Brescia近郊Chiari出身)のサポートのもと、地中海音楽を体言化して金字塔となったアルバム『Creuza de ma(邦題:地中海の道程)』からタイトル曲を。イタリア語(共通語)ではなくジェノヴァ語で歌われ、原題は“海への小道”を意味する。※正確には隣との敷地の境界に作られる人ひとりがやっと通れるほどの小路のことである。Mauro Paganiとの共演で制作されたヴィデオクリップで。De Andre'はギリシャの民族楽器ブズーキを手に歌っている。

※当サイトでのMauro Paganiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mauro_Pagani

2014年はDe Andre’没後15周年となるため、サンレモ音楽祭2014はDe Andre'へのオマージュ企画で幕を上げた。特に初日はちょうどDe Andre’の誕生日でもあったのだ。サンレモ音楽祭の音楽監督を務めたのがMauro Paganiであり、現在のPaganiがサポートしているLigabue(リガブエ/54歳/Emilia-Romagna州Correggio出身)がカヴァーしたのだ。現在、最も集客力のあるLigabueがサンレモに出演し、国民的スターDe Andre'をカヴァーするのだから、イタリアで大きな話題となった。FESTA会場ではもちろん、サンレモ音楽祭出演時の映像で紹介したが、ネット上には放送権の問題で動画は公開されていないため、ここでは静止画で。

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

イタリア音楽専門誌 MusicaVita Italia 第2号 2013/6/29発売!

大変お待たせいたしました。日本語で読めるイタリア音楽情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』第2号、2013/6/29に発売!

MusicaVita Italia N°2

一足先にアマゾンジャパンエルパカBooks(ローソンHMV)エルパカBooks(ローソンHMV)楽天市場店で予約開始しています。

発売以降に開催されるイタリア関連イベントでも紹介、直接お求めいただける機会を設けたりする予定ですが、なる早で入手されたい方は、上記ネットショップでご予約ください。

内容も発表になりました。こうご期待あれ!

・最新ニュース(novita)
・特集1 カンツォーネの妖精〜ジリオラ・チンクェッティ
 チンクェッティ・ヒストリー(Part1)
 日本でのチンクェッティ・ブームの状況
 インタヴュー・アーカイブ(1993年)
 国内盤アルバム・ディスコグラフィ
・サンレモ音楽祭2(1952年)
・イタリアの音楽祭2(カストロカーロ)
・ナポレターナ あれこれ (青木純)
・インタヴュー
 マリオ・マリォーネ
 ステーファノ・ボラーニ
・特集2 イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル[ライヴ・レビュー&インタヴュー]
 マクソフォーネ
 ムゼオ・ローゼンバッハ
 ロヴェッショ・デッラ・メダーリャ
 フォルムラ・トレ
 マウロ・パガーニ
 アレア
・ライヴ・レビュー
 ゼーフィロ
 トウキョウ・ヴィエール・アンサンブル ミモザの日
・イタリアン・ロック名曲100選(1)
・他のイタリア音楽紹介(altri musica)
 ムジカ・ビート
 ラヴ・ロック
・新着CDレビュー (30枚)
・連載コラム
 私のイタリア音楽の旅 (新井健司)
 音楽の合間に読書 (久保耕司)
 イタリア映画の備忘録 (押場靖志)
 鍵盤の彼方の伊太利亜 (難波弘之)
 伊太利亜秘宝館 (高橋理)
 イタリアの車窓から (冨田和磨)

など (掲載内容は変更する場合があります)

なお、本誌において、当サイトの主宰YoshioAntonioは編集長を務めています。

第92回イタリアPOPSフェスタ(2013年1月)レポート(その1/ 2013年来日決定アーティストたち)

第92回Festaは、23名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて1/12(土)に開催されました。参加者の内訳は男性11名 女性12名(うち、イタリア人2名)。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

FESTA2013-01集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏
http://musica.itreni.net/

第1部

2013年来日予定アーティスト特集。

ブルーノート東京で2/13-2/16の4日間に渡り、計8ステージを披露するのは、既に何度も来日しているお馴染みのNicola Conte(ニコラ・コンテ/Bari出身)。音楽プロデューサー、DJ、JAZZ系ギタリストとして幅広いジャンルに渡って、ハイセンスな音楽をプロデュースするNicolaが今回共演相手に選んだのは、ドイツのトラッペッターTill Brönner(ティル・ブレナー)。

NicolaConte2013

※当サイトでの2011年の来日時の記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51983452.html


2011年よりクラブチッタがプロデュースしてきたイタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァルの第三弾は、最終章と題されて公表されました。出演アーティストのラインナップがこちら。 

4/26(金) 第1部 Maxophone(マクソフォーネ)
4/26(金) 第2部 Museo Rosenbach(ムゼオ・ローゼンバッハ)
4/27(土) 第1部 Rovescio della Medaglia(ロヴェショ・デッラ・メダーリァ)
4/27(土) 第2部 Formula 3(フォルムラ・トレ)
4/28(日) 第1部 Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)
4/28(日) 第2部 Area(アレア)

ItaliaProgFes2013
ItaliaProgFes2013-2
ItaliaProgFes2013-Area

Maxophoneは管楽器プレイヤーを2名擁したサウンドが特徴的で、中でも金管奏者はホルンを吹くのが特筆点で、筆者はこのバンド以外にホルン奏者のいるロックバンドを知りません。

Museo Rosenbachには、後にMatia Bazar(マティア・バザール)のメンバーとなるGiancarlo Golzi(ジァンカルロ・ゴルツィ)が在籍していたバンドとしても知られています。そのGolziもこのMuseo Rosenbachの再結成に加わっておりますので、来日メンバーとしてやって来ることでしょう。

Rovescio della Medagliaは、ハードロック出身らしさを感じさせるサウンドが特徴的なバンド。

Formula 3は、今回の来日バンドの中では、イタリア本国で最も有名かつ重要バンドと言えるでしょう。イタリア音楽界を牽引し続けて来た偉大なカンタウトーレLucio Battisti(ルチォ・バッティスティ)御用達のバンドだったし、ギターのAlberto Radius(アルベルト・ラディウス)は、後にIl Volo(イル・ヴォーロ)に参加することになるスーパーギタリストだ。

Mauro Pagani(マウロ・パガーニ/67歳/Brescia近郊出身)は、現代イタリア音楽を支えるVIP格の音楽家。自身はPFMのバイオリン&フルート奏者、ヴォーカリストとして名を馳せた後に脱退し、突然始めた地中海音楽で一大ブームを巻き起こし、音楽プロデューサーとしては、Fabrizio De André(ファブリツィオ・デ・アンドレ)、Massimo Ranieri(マッスィモ・ラニエリ)らの長いキャリアの中で、重要なターニングポイントを作り、近年ではLigabue(リガブエ)やArisa(アリーザ)の人気を決定付けたのもPaganiでした。近年は音楽祭の音楽監督を務めることも多く、2013年のサンレモ音楽祭の音楽監督を務めることも発表になっています。また2009年のイタリア中部復興支援のチャリティソングに選ばれたのは、Paganiのソロアルバムに収められていた"Domani"でした。

※イタリア中部復興支援についてはこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/51664719.html

※当サイトでのMauro Paganiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mauro_Pagani

3日間のフェスティヴァルのオオトリを務めるのは、Area(アレア)。看板ヴォーカリストDemetrio Stratos(デメトリオ・ストラトス)亡き後に存続が難しくなり解散してしまったAreaですが、2010年に再結成した際、ヴォーカルの穴埋めを積極的に代行したのが、前出のMauro Pagani。自身がAreaの大ファンだからというのがPaganiの弁。来日当日のステージでも、コラボを披露してくれるのが大いに期待できます。


5月に再来日が決まったのはMario Maglione(マリオ・マリォーネ/Napoli出身)。5/17に渋谷・伝承ホール、5/26に横浜・かなっくホールの2公演があります。詳細発表とチケット発売開始は1月下旬の予定です。ナポレターナの生き字引・第一級の後継者として評価の高いMario Maglioneですが、日本びいきとしても知られ、これまで何度も来日公演を行っています。前回の松本淳子さんとの共演映像を、Mario自身がYouTubeにUPしています。

※当サイトでのMario Maglioneの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Maglione


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第89回イタリアPOPSフェスタ(2012年10月)レポート(その4/ Ligabue, Mauro Pagani, Corrado Rustici)

第4部

ますます快進撃中のLigabue(リガブエ/52歳/Correggio出身)が、2005年の18万人を集めた歴史的な野外ライヴ『Campovolo(カンポヴォーロ(意:飛行場)』に引き続き、2011年7月16日に同会場で行った野外ライヴ『Campovolo 2.011』は、2005年実施時の反省点から安全面を考慮して11万人に限定して行いましたが、その模様が2011年12月7日より2012年始にかけて3D映画として上映されるなど、再び大きな話題を集めることとなりました。

その映画のセル作品「Campovolo - il film(カンポヴォーロ / 映画)」が2012年3月7日に待望の発売となりました。ブルーレイ版は劇場公開同様の3D版に加え、2D版も収録、DVD版は2D版のみの収録となっています。

Ligabue - campovolo - dvd_bd

※当サイトでのCampovolo 2.011の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51995668.html

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue

そのCampovoloでは、2012年9月22日にも大規模なコンサートが行われました。2012年5月20日に発生したイタリア北部地震の復興のためのチャリティコンサート『Italia Loves Emilia(意:イタリアはエミリアを愛している)』で、15万人超の観衆を集めました。

出場した13アーティストの中では、被災地と同じEmilia Romagna集出身者であり、Campovoloでのコンサートの先駆者と言えるLigabueの存在は大きかったかと推定できます。

ItaliaLovesEmilia

その『Italia Loves Emilia』のDVDが、開催からわずか2ヶ月後の11月中に早くも発売するということですので、その前にLigabueのCampovolo 2.011ライヴをきちんと紹介しておくことにしましょう。

映画の冒頭は、今回のプロジェクトのプロデューサーを務めたClaudio Maioli(クラウディオ・マイォーリ)とのLigabueの2ショットシーンから始まります。その映像から、どうやらこの2人が長年の知己であることが想像できます。

Claudio Maioliは、かつてLucio Battisti(ルチォ・バッティスティ)のバックでピアノを弾いていたミュージシャンで、作曲家としても、カンタウトーレとしても活動歴がある人物です。自作曲を歌って一番ヒットしたのが、アニメ『北斗の拳』のイタリア版『Ken il guerriero(意:戦士ケン)』の主題歌でした。

続いてライヴシーンに突入し、2002年のヒット曲"Questa è la mia vita(意:これが俺の人生)"、そして近作" Un colpo all'anima(意:身体は心へ)"(2010)

映画にも造詣の深いことで知られるLigabueですが、初の監督作品『Radiofreccia(意:ラジオ<矢>)』(1998年作)が、この映画『Campovolo 2.011』の中でも紹介されており、Ligabueの不遇時代から支え続けてきた先輩カンタウトーレFrancesco Guccini(フランチェスコ・グッチーニ)がバリスタ役で登場したシーンや主人公Freccia(意:矢)役のStefano Accorsi(ステーファノ・アッコルスィ)のラジオDJシーンなどが紹介されています。同映画は、2011年イタリア映画祭で日本でも上映されました。

※当サイトでのFrancesco Gucciniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Guccini

続いて登場するCampovoloのライヴシーンで披露するのは、近作のバラード" Ci sei sempre stata(意:いつも君がいた)"

前出のFrancesco GucciniとLigabueが共作した楽曲"Ho ancora la forza(意:俺はまだ力を持っている)"(2000)は、敏腕音楽職人Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)との2人編成で披露され、Mauro Paganiがハーモニカ→フルート→ヴァイオリンと持ち替えていくのが見もの!

※当サイトでのMauro Paganiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mauro_Pagani

"Buonanotte all'Italia(意:お休みなさいイタリア)"(2008)と" Quando canterai la tua canzone(君が君の歌を歌うとき)"(2010)では、なんとCorrado Rustici(コッラド・ルスティチ)とMauro Pagani(マウロ・パガーニ)が同じ舞台に登場するという、イタリア音楽ファン、特にプログレファンには、夢の競演のひとコマですね!

※当サイトでのCorrado Rusticiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Corrado_Rustici

最も盛り上がる楽曲"Il meglio deve ancora venire(意:最も良いモノは再びやってくるはずだ)"(2010) そして未発表曲"Ora e allora(意:現在と当時)"(2011)


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

次回FESTAは: 11月24日(土)に通常のFESTA形態で開催予定です。

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ