Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Mario_Biondi

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第155回イタリアPOPSフェスタ(2018年7月)レポート(第2部:Marcella Bella)

7月Festa第1部に引き続き、Marcella Bella(マルチェッラ・ベッラ/マルチェラ/現66歳/Sicilia州Catania出身)の日本盤CD8枚組『オリジナルアルバムコレクション 1979-1988』。
Marcella Bella - Original Album Collection 1979-1988

アルバム『Senza un briciolo di testa』(1968)のタイトル曲「Senza un briciolo di testa(邦題:一縷[いちる]の望みもない」は、当初女王Mina(ミーナ)に歌ってもらう事を想定してMogol-Bellaのコンビで書かれた楽曲。同年サンレモ音楽祭でMarcellaが歌って上位入賞3位を獲得。Marcellaは以降3年連続サンレモ音楽祭出場を続けた。
Marcella Bella - Senza un briciolo di testa

アルバム『Tanti auguri』(1987)のタイトル曲「Tanti auguri(邦題:ハッピー・バースデイ)」は、同年サンレモ音楽祭6位。アルバムには作者クレジットにGianni Bella名しか書かれていないが、作詞は大御所カンタウトーレGino Paoli(ジーノ・パオリ)。
Marcella Bella - Tanti auguri

アルバム『'88』は同8枚組CDBOXの中で唯一日本盤が発売されていた作品。同年サンレモ音楽祭で4位となった「Dopo la tempesta(邦題:愛の嵐)」収録。作詞は60年代から専業作詞家として活動する大御所Alberto Salerno(アルベルト・サレルノ)、作曲はGianni Bella。
Marcella Bella - '88

以上、第1部&第2部を使って8枚のアルバムから代表曲を厳選して紹介したが、再び『Senza un briciolo di testa』(1986)に戻り、もう1曲「L'ultima poesia(邦題:最後の詩)」。これは実兄Gianni Bellaとのデュエット。ずっとMarcellaに楽曲を提供して来たGianniは、特にクレジットせずにコーラスやデュエット相手として参加していたが、本作が正式にデュエットとしてクレジットされ、しかもGianniから歌い出す本格的なデュエット作品になっている。作詞はMogol。作曲はGianni自身ともう2人のBella兄弟のひとりRosario Bella(ロザリオ・ベッラ)。

Gianni Bellaは'70年代初めに実妹Marcellaへの楽曲提供で頭角を現し、'74年にカンタウトーレとしてソロデビュー。その後他のアーティストにも楽曲を提供を始め、'99年にはイタリア歌謡界のドンAdriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ)のメインコンポーザーに大抜擢され、2007年までAdrianoの新しい代表曲となる美しい楽曲を提供し続け、Adrianoが再ブレイクする転機に導き、事実上、作曲家として頂点に登りつめた。しかし、2010年に病に倒れて長らく闘病生活に入る。

そのGianniが徐々に社会復帰ができるようになってきていたベストなタイミングとなる2015年、Marcella Bellaの発案でTV番組『Una serata…Bella - Per te(意:素晴らしい夜を - あなたに)』がMedia7で放映され、毎回ひとりの大御所ソングライターをテーマに掲げ、その作者にゆかりのあるゲスト陣が代表曲を披露する見応えのある企画となったが、その大御所ソングライターのひとりがもちろんGianni Bellaだった。また同TVシリーズのうちCD化された(アルバムタイトル『Una serata…Bella - Per te, Gianni!』)のも、このGianni Bella特集のみだ。
Una serata...Bella - Per te, Gianni!
Una serata bella per te, Gianni!-rovescio

※当サイトでのGianni Bellaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Bella

このGianni Bella特集番組に出演したMario Biondi(マリオ・ビオンディ/47歳/Bella兄妹と同郷のCatania出身)は、ソロ歌手としては主に英語で歌い、BlueNoteTokyoなどに何度も来日公演を果たす国際的な成功を収めているが、この「L'ultima poesia」をMarcellaとのデュエットで披露した。実はMarioは元々Gianni Bellaのコーラスを担当して手腕を磨いた経歴の持ち主。

さて、そのMario Biondiは2017年、師匠の妹Marcella Bellaの新作アルバム『Meta` amore meta` dolore(意:半分は愛、半分は苦悩)』のプロデュースとソングライティング&アレンジを担当する。Bella3兄弟が書いた新曲も半数ぐらい収録し、古くからのファンをも納得させる完成度の高いアルバムとなった。
Marcella Bella - Meta amore meta dolore

シングル第1弾はMario Biondiが書いた「Non mi basti piu`(意:あなたはもう私には不十分)」

シングル第2弾となったのはアルバムタイトル曲「Meta` amore meta` dolore」は、Mario Biondiとのデュエットだが、書いたのはGianniとRsarioのBella兄弟と作詞家Mogolという粋な計らい。

シングル第3弾「Dimmi dove vai(意:あなたが何処に行くのか私に言って)」はMario Biondi作。

※当サイトでのMario Biondiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Biondi

※当サイトでのMarcella Bellaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marcella_Bella

蛇足だが、数年に一度Marcella Bellaのコンピレーションアルバムがリリースされ、彼女のスーパーヒット曲集となっているが、その中で筆者がコレクター的視点で特にお奨めするのは、2014年にWarnerからリリースされた「3CD Collection」シリーズ。シングル盤でリリースされたものの、その後オリジナルアルバムに収録される事のなかった数曲が収録されているからだ。そのうちの何曲かはおそらく初CD化だ。
Marcella Bella - 3CD Collection (2014)
Marcella Bella - 3CD Collection(2014)-rovescio
【オリジナルアルバム未収録曲】
CD2-02「Tu insieme a lei」(1972/シングル「Montagne verdi」B面)
CD3-01「Un ragazzo nel cuore」(1969/デビューシングルA面)
CD3-02「Il pagliaccio」(1969デビューシングル「Un ragazzo nel cuore」B面)
CD3-03「E` semplice」(1970/シングル「Bocca dolce」B面)
CD3-09「Il vento」(1976/シングル「Abbracciati」B面)
CD3-11「Mi vuoi」(1978/シングルA面)
CD3-12「Lassame」(1978/シングル「Mi vuoi」B面)
CD1-12「Y cuando」(1975/「E quando」スペイン語版)
CD2-12「El ultimo abrazo」(1976/「Abbracciati」スペイン語版)


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。

icon icon

第91回イタリアPOPSフェスタ(2012年12月)レポート(2012年メモリアル/その2)

その2

オリンピックイヤーとなった2012年。オリンピックの直後に始まるパラリンピックで、サンレモ音楽祭優勝経験を 持つ盲目の歌手Annalisa Minetti(アンナリーザ・ミネッティ/36歳/Rho出身)がRun競技で銅メダルを獲得する 快挙を成し遂げました。

AnnalisaMinetti-MedagliaBronzo2012

※当サイトでのAnnalisa Minettiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa_Minetti


2012年9月15日に突然発表されたのは、Laura Pausini(ラウラ・パウズィーニ/38歳/Faenza出身)のご懐 妊のニュースでした。お相手はLauraのアーティスティックプロデューサー、Lauraバンドのギタリストであり、コンポーザ ーでもあるMarco Carta(マルコ・カルタ)。Lauraは出産に向けて休業に入る事となりました。

Laura Pausini Incinta 2012

PaoloCarta-LauraPausini

※当サイトでのLaura Pausiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Laura_Pausini


2012年9月22日には、前出のイタリア北部地震の震災復興のチャリティイベント『Italia Loves Emilia』が Campovoloで開催され、13組のビッグアーティストたちが一堂に会し、15万人超もの観客を動員する一大イベント となりました。

ItaliaLovesEmilia+14Artisti


2012年10月20日には、Mario Biondi(マリォ・ビォンディ/41歳/Catania出身)が、ブルーノート東京でライヴを行いました。

MarioBiondi-BlueNoteTokyo2012


※当サイトでのMario Biondiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Biondi


そして12月4日・5日に渡って在日イタリア商工会議所が招聘したのがSimona Molinari(スィモーナ・モリナリ/日本表記:シモーナ・モリナーリ/29歳/Napoli生まれl'Aquila育ち)。2011年1月のブルーノート東京でのライヴに引き続き、2度目の来日公演となりました。

Simona Molinari a Tokyo 2012

また、当Piccola RADIO-ITALIAは、Simona Molinariから日本のファンの皆さんへのメッセージを預かりました。

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari


2012年メモリアルのオオトリは、2012年に太陽カンツォーネ・コンコルソに出場した、Festaの常連出席者でもある美浪真理子さんのライヴ映像を楽しみました。

※当サイトでの第20回 太陽カンツォーネ・コンコルソ本選会レポートはコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52024919.html


第2部

Natale Specialフェスタの第2部は、レアもの編

Orchestra Volare(オルケストラ・ヴォラーレ)というバンド形式のプロジェクトから発表された楽曲"Un viaggio nella musica italiana(意:イタリア音楽の中の旅)"(2012)

OrchestraVolare

イタリアのファンク=ソウルバンドRidillo(リディッロ)のメンバー、Paolo D'Errico(パオロ・デッリコ/Bass)とClaudio Zanoni(クラウディオ・ザノーニ/Trampet)が参加しているプロジェクトで、タイトル通り『イタリアングラフィティ』の要素が詰め込まれた11分超におよぶVideoclipが制作されています。

※当サイトでのRidilloの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ridillo

イタリアPOPSファンならお馴染みの曲ばかりが取り上げられているのが心憎いですね


そしてRenato Zero(レナート・ゼロ/62歳/Roma出身)の非公式アルバム「Io le canto così(僕はそれら(の曲)をこのように歌う)」(2008)から。

Renato Zero - Io le canto cosi`

同アルバムのタイトル通り、Renato Zeroが意外な曲やアーティストをカヴァーしたものが収められており、例えばEros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ)メドレー、Loredana Berté(ロレダーナ・ベルテ)メドレー、Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)メドレー、Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ)メドレー、Luigi Tenco(ルイジ・テンコ)メドレーや女性歌手メドレーなどが収められています。これも珍しいところでは、Claudio Villa(クラウディオ・ヴィッラ)とのデュエットなども。

Renato Zero - Io le canto cosi`2

Festaではそのうち、筆者が一番秀逸と感じる女性歌手メドレーその1をご紹介しました。

SEMPRE (Gabriella Ferri), IN ALTO MARE (Loredana Berté), UN SORRISO E POI PERDONAMI (Marcella), UN’EMOZIONE DA POCO (Anna Oxa), IL VOLTO DELLA VITA (Caterina Caselli), SE TELEFONANDO (Mina), FORTISSIMO (Rita Pavone)という豪華なメドレー。特に筆者は3曲目のMarcellaの曲を初めて聴いた時に度肝を抜かれたのを今でも記憶に残っています。なぜならCanzonissima出場曲ではありますが、通常、Marcellaの代表曲にあまり挙げられない楽曲だったから。でもこの曲、ツウ好みの良曲なんです。

このアルバムに収められているのは、2008年にTV放映もされたライヴテイクからが主だそうですが、明らかにこうした企画が、2010年のデビュー60周年記念事業『Sei Zero』に発展したんだな、と感じ取れることができるかと思います。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

次回FESTAは、1月12日(土)に通常のFESTA形態で開催予定です。

第90回イタリアPOPSフェスタ(2012年11月)レポート(その4/ Pooh, Claudio Baglioni, Mario Biondi)

第4部

未だ2012年春の来日公演の興奮が日本のオーディエンスたちの心に深く残っているPooh(プー)。

2012年Pooh来日公演レポートはこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/52011751.html

※当サイトでのPoohの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pooh

あの夢のような3夜の日本公演を終え本国に帰ったPoohは、オーケストラ入りでコンサートを行い始め、近作「Dove comincia il sole」の楽曲などをオーケストラ入りで披露するヨーロッパツアーを行っていました。

ブルガリアの首都ソフィアでのコンサート

そして2012年10月9日にオーケストラ入りの企画アルバム「Opera Seconda(意:第二の作品)」がリリースされましたが、全く上記のオーケストラ入りコンサートとは異なる選曲で、11曲収録されている楽曲のうち、ライヴでお馴染みの楽曲は5〜6曲に抑えられており、今までオリジナルアルバム収録時以外のテイクが存在しないような、つまりほとんどライヴでも演奏されていないような隠れた名曲がたくさん選ばれているのが、ヘビーなファンの心を見事にくすぐってくれました。

Pooh-OperaSeconda

1曲目は"Sara nel sole(太陽の中のサラ)"。アルバム「Rotolando respirando(意:転がりながら息をしながら/邦題:ロマンの誕生)」(1977)の1曲目に収められていた楽曲で、その後のベスト盤やライヴ盤にも収録されなかった楽曲です。

しかしながら同アルバムは、1970年代前半にオーケストラ入りRockサウンドを確立し、大きな人気基盤を築いたPoohが、真のライヴバンドとなるために、オーケストラと決別して新たなバンドサウンドを模索始めた最初のアルバムで、"Sara nel sole(太陽の中のサラ)"はその1曲目。当時、このレコードに針を落とした瞬間、冒頭の高らかなギターソロを聴いて、今までのPoohサウンドから大きく脱却し、見事なまでにバンドサウンドを押し出すことに成功した事を実感したものです。

つまりかつてオーケストラサウンドから脱却した記念すべき1曲目が、今回のオーケストラ入りサウンドに立ち返ったアルバムの1曲目に収められたということは、明らかに作為的に置かれたものと思われ、Poohの歴史をリアルタイムに知る者のみがニンマリできるという演出もニクイところです。

1977年オリジナル

2012年オーケストラ入り

アルバム2曲目は、ライヴでもお馴染み"Canterò per te(意:僕は君の為に歌うよ/邦題:あなた色の歌)"。アルバム「...Stop(邦題:Stop...時よ止まれ)」(1980)に収められていたキャッチーな楽曲。

1980年オリジナル

このディスコ調の楽曲をオーケストラバージョンにはどのようにするんだろ?という疑問が湧きますが、見事な交響曲っぽいアレンジで実現してくれました。

Festa2012-11-24Pooh

Festaでは続いて、TV番組出演シーンに合わせて、"Pierre(邦題:ピエール)"、"Se c'è un posto nel tuo cuore(意:もし君の心の中に場所があるなら)"を2曲続けて。前者はアルバム「Poohlover(プーロヴェール/邦題:プーラヴァー)」(1976)に収録されていた、ライヴでもお馴染みの楽曲。後者はアルバム「Asia non Asia」(1985)に収録されていた楽曲。

人気TV番組Domenica In出演時の映像/演奏は4分15秒から

さて、同アルバムにははっきりとクレジットされていないものの、他のアーティストとのデュエットが2曲収められており、そのひとつが、なんとClaudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ/61歳/Roma出身)との共演で、"Maria marea"。Baglioniは、DodiとRedと同い年なんですね。

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni

人気TV番組Domenica In出演時の映像/Claudio Baglioniからのメッセージは6分5秒から

そしてもう一人の共演者はMario Biondi(マリォ・ビォンディ/41歳/Catania生まれ)で、デュエット曲は"Ci penserò domani(意:そのことは明日考えようかな/邦題:ひとりの女)"。アルバム「Boomerang(邦題:ブーメラン)」(1978)に収められていた、ミドルテンポの楽曲で、1970年代後半から1980年代のPoohのサウンドを代表する楽曲で、ライヴでもお馴染みの楽曲。この楽曲を超低音のMario Biondiがどのように歌うのかが聴きどころです。

※当サイトでのMario Biondiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Biondi

1978年オリジナル

人気TV番組Domenica In出演時の映像/Mario Biondiとの共演は3分13秒から

ちなみに同曲は、北イタリア出身者が中心のPoohにしては珍しく遠過去(passato remoto)を多用した歌詞が特徴的で、そのためかロングショットで描いた映画や昔話風の物語の雰囲気が強く感じられる世界観を持っています。馴染みが薄く難解な遠過去の教材としても適していると思います。

それにしても、Pooh、Claudio Baglioni、Mario Biondiと、ここ最近来日公演を行ったばかりのアーティストが一堂に会したアルバムに仕上がっているのは、イタリア人アーティストの来日公演が少ない日本のファンには嬉しい偶然ですね。

11月Festaのラストソングは"Chi fermerà la musica(意:誰がその音楽を止めるのだろう/邦題:永遠[とわ]に向かって)"。アルバム「Buona fortuna(意:幸運あれ/邦題:美しい幻想)」(1981)に収められていたライヴでもお馴染みのヒット曲。

人気TV番組Domenica In出演時の映像/演奏は1分40秒から

このアルバムのオーケストラアレンジを行ったのは、Poohの来日公演でもサポートキーボーディストとしてステージに立っていたDanilo Ballo(ダニーロ・バッロ)。その稀有な才能を今回もまざまざと感じ取ることができましたね。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

次回FESTAは:
12月15日(土)にいつもの会場で、毎年恒例のNatale Special FESTAを開催予定です。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ