Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Marco_Mengoni

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第99回イタリアPOPSフェスタ(2013年8月)レポート(その3/ Marco Mengoni, Moda`)

第3部

Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/25歳/Lazio州Ronciglione出身)が歌ったサンレモ2013優勝曲「L'essenziale(意:本質的要素/大切なもの)」。

サンレモ2013に持ち込んだもう1曲「Bellissimo(意:最も美しい)」は、Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ)とPacifico(パチフィコ)という2人のカンタウトーレとプロギタリストのDavide Tagliapietra(ダヴィデ・タリアピエトラ/元レ・オルメのアルドの息子)が共作した楽曲で、共にサンレモ出場後1ヵ月経過後の2013年3月19日にリリースしたCD+DVD『#Prontoacorrere(意:走る準備完了)』に収録。DVDにはサンレモ期間中の映像日記を収録。

marco-mengoni-pronto-a-correre

そしてアルバムタイトル曲「Pronto a correre」

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni


同サンレモ2013で3位となった「Se si potesse non morire(意:死ぬことがないなら)」/Moda`(モダー)。

サンレモ2013に持ち込んだもう1曲「Come l'acqua dentro il mare(意:海の中の水のように)」と併せてアルバム『Gioia(ジョイア/喜び)』に収録し、2013年2月14日発売。これは短なるCDアルバムではなく、2012年の素晴らしいライヴを収録したDVDが付属している(後述)。

Moda-Gioia

アルバムタイトル曲「Gioia」はシングル第2弾。Gioiaとは、グループのヴォーカル&コンポーザーのKekko(ケッコ)ことFrancesco Silvestre(フランチェスコ・シルヴェストレ/35歳)の生まれたばかりの娘の名前。


シングル第3弾「Dimmelo(意:僕にそう言ってくれ)」。

※当サイトでのModa`の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

第94回イタリアPOPSフェスタ(2013年3月)レポート(その3/ "4 Marzo" per Lucio Dalla parte1)

第3部

2013年3月4日に行われたライヴイベント"4 Marzo(意:3月4日)"を紹介。

4-marzo

2012年3月1日に急逝した偉大なカンタウトーレLucio Dalla(ルチォ・ダッラ/1943-2012/68歳没/Bologna出身)の一周忌と、ちょうど生誕70年(1943/3/4生まれ)を記念してのコンサートで、Lucioの盟友Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ)が司会を務め、30組弱のアーティストたちがLucio Dallaの残した偉大な作品を歌い、彼の死を悼むとともにその偉大な功績を称えたコンサートになりました。

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi

出場したアーティストは以下の通り。新人から超ベテランの幅広い世代に渡っての出演で、Lucio Dallaが与えた大きな影響範囲を伺い知ることが出来ます。

Renato Zero(レナート・ゼロ)、Marco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)、Stefano Di Battista(ステーファノ・ディ・バッティスタ)、I Calciatori del Bologna(ボローニャのサッカー選手団)、Iskra Menarini(イスクラ・メナリーニ)、Zucchero(ズッケロ)、Andrea Bocell(アンドレア・ボチェッリ)、Samuele Bersani(サムエレ・ベルサーニ)、Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ)、Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッスィオ)、Negramaro(ネグラマーロ)、Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)、Ron(ロン)、Luca Carboni(ルカ・カルボーニ)、Angela Baraldi(アンジェラ・バラルディ)、Stefano Ligi(ステーファノ・リージ)、Paolo Fresu(パオロ・フレス)、Paolo Rossi(パオロ・ロッスィ)、Stadio(スターディオ)、Pierdavide Carone(ピエルダヴィデ・カローネ)、Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)、Chiara Galiazzo(キァーラ・ガリアッツォ)、Mario Biondi(マリォ・ビオンディ)、Il Cile(イル・チーレ)、Antonio Maggio(アントニオ・マッジォ)、Paolo Simoni(パオロ・スィモーニ)

会場となったのは、Lucio Dallaの大ヒット曲"Piazza Grande(意:大広場)"の舞台となったBolognaのPiazza Maggiore(マッジョーレ広場)。

イタリアで3時間超に渡ってTV生中継もされたコンサート映像を、僅か4日後の東京のFESTAで紹介する快挙となりましたが、実質3時間のコンサートですので、名シーンに絞って紹介しました。

Renato Zero(レナート・ゼロ/63歳/Roma)はGianni Morandi(ジァンニ・モランディ/69歳/Bologna近郊Monghidoro出身)との共演で"L'anno che verrà(やって来る年)"を披露。イタリアでは年末年始時期の定番楽曲。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero

Lucio DallaのJazzクラリネットの映像に合わせてソプラノ・サックスの演奏を披露したStefano Di Battista(ステーファノ・ディ・バッティスタ/44歳/Roma出身)。そしてそのStefanoの演奏をバックに"Tu non mi basti mai(意:君は僕には全く充分ではない)"を歌ったのは、2013年のサンレモ音楽祭優勝から僅か2週間後の出演となったMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/25歳/Lazio州Ronciglione出身)

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

プロサッカーチームBologna Football Club 1909(ボローニャFC)の選手団が登場し、ダンスを披露したのは"Attenti al lupo(意:オオカミに気を付けて)"。インストラクター役を買って出たのは、Lucioのバックで長年コーラスを務めたIskra Menarini(イスクラ・メナリーニ/67歳)。東京のFESTA会場でも参加者全員で踊って楽しみました。

※当サイトでのIskra Menariniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Iskra

このコンサートのタイトルにもなった"4 marzo 1943(1943年3月4日)"。Lucio Dallaの誕生日をそのままタイトルに据えたこの楽曲は、Lucio Dallaの音楽人生の中で大きなターニングポイントとなったと語るGianni Morandi。1960年代の音楽シーンは今と全く異なり、Lucio Dallaは自身のオリジナリティを発揮できずにスランプに陥っていた際、この曲が降って来たとのこと。Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ/55歳/Toscana州Lajatico出身)を招いて披露。

※当サイトでのAndrea Bocelliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Andrea_Bocelli

Samuele Bersani(サムエレ・ベルサーニ/43歳/Rimini出身)は"Canzone(意:歌)"をカヴァー。

※当サイトでのSamuele Bersaniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Samuele_Bersani

Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ/58歳/Napoli出身)は、世界的な名曲となった"Caruso(カルーソー)"を歌とギターで披露。

※当サイトでのPino Danieleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pino_Daniele

Lucio Dallaと数々の共作・共演を果たしたRon(ロン/60歳/Pavia近郊Dorno出身)を中心に、LucioのコーラスガールとしてキャリアをスタートさせたAngela Baraldi(アンジェラ・バラルディ)、Samuele Bersani、Luca Carboni、Stefano Ligiらが歌ったのは"Cosa sarà(意:どうなるかな)"。

※当サイトでのRonの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ron

※当サイトでのAngela Baraldiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Angela_Baraldi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第94回イタリアPOPSフェスタ(2013年3月)レポート(その1/ Sanremo 2013 parte1)

第94回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて3/9(土)に開催されました。参加者の内訳は男性6名 女性11名(うち、初参加者1名)。

Tutti Insieme2013-03まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

イタリアの国民的音楽イヴェント『63°Festival della Canzone Italiana di Sanremo / 第63回サンレモ・イタリアの歌フェスティヴァル(通称:サンレモ音楽祭)』が開催されました。

司会&アート・ディレクターにイタリアの人気TV番組の司会者として著名なFabio Fazio(ファビオ・ファツィオ)が抜擢され、彼とTV番組でよく共演しているLuciana Littizzetto(ルチァーナ・リッティツェット)との息の合ったコンビでこのビッグイベントを盛り上げました。またイタリア音楽ファンには、イタリア音楽界のマエストロ、Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)が音楽監督&オーケストラ指揮を務めたことも特筆するところでしょう。

sanremo-2013-FabioFazio

SR2013-MC

MauroPagani

MusicaVita Italia n°1

平均視聴率が45%前後と好調で、会期後に悪く批評される点もなく(例年、多いのですが)、大成功のサンレモ音楽祭だったと言って良いでしょう。

このサンレモ音楽祭2013の全結果と詳細については、イタリア音楽情報誌『MusicaVita Italia』創刊号に掲載されますので、そちらをご参照ください。

※イタリア音楽情報誌『MusicaVita Italia』についてはこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/52063370.html

まずは新人部門(categoria GIOVANI)から。8組の新人部門から、例年通り4組が本選に進み、順位を争うルールで行われました。

sanremo-2013-giovani

新人部門第4位となった楽曲は"Dietro l'intima ragione(意:きわめて内面的な道理の後ろに)"、歌ったのはオルタナバンドのBlastema(ブラステマ/1997年Emilia-Romagna州で結成)。公式ヴィデオクリップで。

新人部門第3位となった楽曲は"Il postino[amami uomo](意:郵便配達人[ 男よ私を愛せ])"、自作して歌ったのはRenzo Rubino(レンツォ・ルビノ/25歳/Puglia州Martina Franca出身)。新人部門のMia Martini賞(批評家賞)も受賞。公式ヴィデオクリップで。

新人部門第2位となった楽曲は"In equilibrio(意:平衡して)"、自作して歌ったのはIlaria Porceddu(イラリア・ポルチェッドゥ/26歳/Sardegna州Assemini出身)。公式ヴィデオクリップで。

新人部門の優勝に輝いた楽曲は"Mi servirebbe sapere(意:知るのに役立つかな)"、自作して歌ったのはAntonio Maggio(アントニオ・マッジォ/27歳/Puglia州San Pietro Vernotico出身)。X Factor2008で優勝したAram Quartet(アラム・クアルテット)の元メンバー。公式ヴィデオクリップと、サンレモのステージで優勝する瞬間の映像で。

※当サイトでのAram Quartetの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Aram_Quartet

そして本選部門(categoria CAMPIONI)。今回は新ルールが導入され、それぞれの歌手が候補曲2曲を持ち寄り、2曲続けて披露し、第2夜目までに1曲に絞って、フィナーレに進む方式となり、その先は例年のように上位3組が上位入賞者としてフィナーレに進み、最終的に優勝を掛けて競い合う方式が採用されました。

sanremo2013_campioni

本選部門3位となった楽曲は"Se si potesse non morire(意:もし死ぬことが無いなら)"、歌ったのはModà(モダー/Milanoで結成)。フロントマンのKekko(ケッコ)は、昨2012年サンレモ音楽祭優勝曲"Non è l'inferno(意:地獄ではない)"の作曲者。公式ヴィデオクリップで。

※当サイトでのModàの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`

本選部門2位となった楽曲は"La canzone mononota(意:モノトーンの歌)"、歌ったのはElio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ/Milanoで結成)。メンバー全員が音楽院で教育を受けた実力派ながら、一貫してコミックバンドとしての体面を装い続けているベテランバンド。今回はタイトルが意味する通り、ほぼドの音だけで歌うというチャレンジングな楽曲ながら、Mia Martini賞(批評家賞)とSergio Bardotti賞(作詞賞)を独占。オーケストラ票を集めたり、記者団に大受けするなど、特にツウから絶大な評価を受けました。

※当サイトでのElio e le Storie Teseの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elio_e_le_Storie_Tese

そして総合優勝に輝いた楽曲は"L'essenziale(意:本質的要素)"、自作して歌ったのはMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/25歳/Lazio州Ronciglione出身)。下馬評通りの結果となった。公式ヴィデオクリップと、サンレモのステージで優勝する瞬間の映像で。

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

以上のように、サンレモ音楽祭2013は、ベテラン部門優勝、新人部門優勝&2位をタレントショー番組『X Factor』出身者に牛耳られる形となりました。

また現在までのサンレモ音楽祭での活躍を『キャリア賞』として称えたサンレモ市賞が4人の功労者Toto Cutugno(トト・クトゥーニョ)、Ricchi e Poveri(リッキ・エ・ポーヴェリ)、Al Bano(アル・バーノ)、Pippo Baudo(ピッポ・バウド/司会者)に贈られました。うち、2人がゲストアーティストとしてステージを披露してくれました。

Toto Cutugno(トト・クトゥーニョ/70歳/Toscana州Fosdinovo出身)は、Albatros(アルバトロス)時代の出場を含めると15回のサンレモ音楽祭出場と、歴代最多出場者の3人(他2人:Milva、Peppino Di Capri)に名を連ね、うち優勝1回、準優勝6回を誇る活動を評価されました。

今回はロシアからil Coro dell'Armata Rossa(赤軍コーラス団)を招いて、1983年の名曲"L'italiano(イタリア男)"を披露。国際的なヒット曲であることを示唆してくれました。

※当サイトでのToto Cutugnoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Toto_Cutugno

そしてAl Bano(アル・バーノ/70歳/Puglia州Cellino San Marco出身)は、サンレモ音楽祭出場14回を数え、うち優勝1回、準優勝2回、3位3回という戦績を残しています。今回は"Nostalgia Canaglia(意:郷愁感という悪者/1987出場曲-3位)"、"È la mia vita(意:これが僕の人生/1996年参加曲)"、そして"Felicità(意:幸福/1982年準優勝曲)"を歌ってくれました。

"Felicità"では、あまりにもAl Banoの地声が大きくて、デュエットした司会のLucianaが耳を塞ぐシーンが笑えます。

※当サイトでのAl Banoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Al_Bano


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第78回イタリアPOPSフェスタ(2011年11月)レポート (その1 / Studio 3, Vasco Rossi, Marco Mengoni)

第78回Festaは、23名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて11/12(土)に開催されました。参加者の内訳は男性8名 女性15名。

IMG_8622まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

 


第1部

11月FESTAは、男声ヴォーカルもの3組からスタート。

男性3人組グループのStudio 3(ストゥディオ・トレ)は、2005年に結成されたボーイバンド。

メンバーは、ソングライティングとピアノとギターを担当する通称Vetro(ヴェトロ/29歳/Milano近郊出身)、ピアノを担当するMarco(マルコ/30歳/Milano出身)、そしてメインヴォーカルとギター担当の通称Gabriel(ガブリエル/27歳/エクアドル出身)。

エクアドル人のGabrielは、人気タレントショー番組『Amici di Maria De Filippi』出身者でもあります。

彼らの2005年のデビューから2010年までの活動をまとめたベスト盤「Peter Pan...e la storia [2005/2010] (ピーター・パン・・・そして物語 [2005〜2010])」が2011年にリリースされました。

img148

※日本のiTunesストアでダウンロード購入可能です。
icon icon

このアルバムは、彼らの代表曲10曲を集めただけの単なるベスト盤ではなく、新曲を1曲加えた11曲入CDに、未発表のビデオクリップ4曲を収録したDVDを追加した、CD+DVDの2枚組仕様での発売となりました。

DVDに収められた4曲は、以下の通り。

新曲の"Peter Pan(ピーター・パン)"は、ウクレレのリズムが心地良い楽曲。
"Senza un se(ためらわずに)"は、落ち着いた曲調ながらもスキップするような軽快な気分になる楽曲。
"Sto quasi bene(僕はほとんど大丈夫さ)"、
"Cambierà...l'aria(変わるよ・・・空気が)"は、バラード調の楽曲。

4曲のどれもが親しみ易い彼らの音楽世界を伝えてくれる適切なDVDディスク構成となっています。


2人目は、イタリアのRockの王様・Vasco Rossi(ヴァスコ・ロッスィ/59歳/Zocca出身)が2011年3月、3年ぶりにリリースしたスタジオ録音アルバム「Vivere o niente(生きるか無か)」(2011)。

img106

毎度のことながら、今回のアルバムも発売と同時にアルバムチャートの首位となり、その後22週間中、19周に渡って首位を記録するという、尋常ではない数値をもって、イタリア最高峰のビッグスターぶりを見せつけてくれたVasco。当然、ゴールドディスクやプラティナディスクに収まらず、ダイアモンドディスクに輝く事となりました。

アルバムに先駆けて発売されたシングル曲が"Eh...già(そうだなぁ・・・もう)"。

第2弾シングルとなったのは"Manifesto futurista della nuova umanità(新人類のはっきりとした未来主義者)。

※日本のiTunesストアでダウンロード購入可能です。

※当サイトでのVasco Rossiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vasco_Rossi


3人目の男声ヴォーカルは、近年、急速に注目を集め始めた若手のロックスターMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/23歳/Lazio州Ronciglione出身)。

2010年のサンレモ音楽祭に出場し、総合3位に甘んじたものの、年間アルバムチャート9位と、同年の全出場者の中で、最も優れたアルバムセールスを収め、一躍期待の星となったMarco Mengoniの待望の新作スタジオ録音アルバム「SOLO2.0(ソロ2.0)」(2011)。

marco-mengoni-cover-album-solo

シングル第1弾となった楽曲"Solo"は、秀逸な公式ビデオクリップも制作されました。

またTV出演時には、弦楽トリオを従えた素敵な楽曲"Tanto il resto cambia(残りはこんなに変わる)"。第2弾シングル曲にも選ばれました。

2011年後半から2012年にかけてのイタリアPOPS界では、オーケストラ導入がひとつのトレンドとなり始めていることが実感できるステージではないでしょうか。

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めます。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めます。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ