Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Marco_Masini

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第101回イタリアPOPSフェスタ(2013年10月)レポート(その4/ Simone Cristicchi, Marco Masini)

第4部

Simone Cristicchi(スィモーネ・クリスティッキ/シモーネ・クリスティッキ/36歳/Roma出身)の4thアルバム『Album di famiglia(意:家族アルバム)』は、文字通り自身の家族に捧げられた内省的な作品集。サンレモ2007優勝の翌年に息子、2011年に娘が生まれていて、ジャケットに採用された子供が描いた絵には、モジャモジャ頭のSimone、長男、ママ、末娘、ネコが描かれています。

SimoneCristicchi-Album Di Famiglia

サンレモ2013で11位となった楽曲が「La prima volta [che sono morto](初めてのこと[僕が死ぬのは])」で、自分が突然死してしまったら・・・を仮定して歌った歌。

サンレモ2013に持ち込んだもう1曲は「Mi manchi(意:君に会いたい)」

いつものSimoneらしいアイロニカルな視点を残しながら、この2曲のように包み込むような暖かな楽曲が多いのがこのアルバムの聴きどころです。ヴァイオリンには、New Trolls(ニュー・トロルス)来日時の指揮者&ヴァイオリン奏者を務めたRoberto Izzo(ロベルト・イッゾ)がクレジットされています。

※当サイトでのSimone Cristicchiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simone_Cristicchi


10月FESTAの最後はMarco Masini(マルコ・マズィーニ/マルコ・マジーニ/49歳/Firenze出身)の『La mia storia...piano e voce(意:僕の来歴…ピアノと声)』(2013)を。デビュー25周年を超えた自身の代表作をピアノの弾き語りを中心に再アレンジ&再録音した作品集ですが、一般的にオリジナルに勝てない再録音盤がほとんどですが、本作品集は、オリジナルとはまた異なった魅力を感じさせる素晴らしい仕上がりとなっています。

piano e voce

2曲の未発表曲も収録されており、シングル化されたのは「Io ti volevo(意:僕は君が欲しかった)」。

初期の大ヒット曲「T'innamorerai(意:君は恋する事だろう/邦題:恋におちて)」(1993)、Milva(ミルヴァ)にもカヴァーされた隠れた名曲「Ci vorebbe il mare(意:海が必要なのかな)」(1990)、「Bella stronza(意:美しきクソ女/邦題:愛しいお前)」(1995)をピアノの弾き語りで歌っているシーンを紹介しましょう。(歌が始まるのは6分50秒ぐらいから、ラスト曲は17分ぐらいから)

映像の中で、Marco Masiniは彼を見出した名作詞&作曲家&プロデューサーの故Giancarlo Bigazzi(ジァンカルロ・ビガッツィ)との想い出を沢山語っています。Masiniの作品には“Parolaccia(パロラッチャ:汚い言葉)”が多用される事が有名で、放送禁止扱いになることも度々あり、Masiniにはこの“パロラッチャ”のイメージが付いて回ることになりましたが、歌詞はBigazziが書いていたので、それがBigazziによるMasiniのプロデュース方針だったのでしょう。戸惑うMasiniに対して『勇気を持って歌え』とBigazziが促していたというようなことが語られています。

また彼のヒット曲「Cenerentola innamorata(意:恋するシンデレラ)」(1991)を題材にしたショートフィルムが最近制作されています。

※当サイトでのMarco Masiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Masini


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

次回のイベントは、11月9日(土)に東京・表参道のベリタリアで『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』で開催されます。詳細情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/52098395.html

11月の通常FESTAは、11月30日(土)に開催予定です。

第84回イタリアPOPSフェスタ(2012年5月)レポート (その1 / Marco Masini, Gianluca Grignani, Antonello Venditti)

第84回Festaは、19名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて5/12(土)に開催されました。参加者の内訳は男性6名 女性13名。

東京スカイツリーを間近に眺める『隠れ家』的なプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

Tokyo Sky Tree 2012-05-12

festa-05-2012集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

 


第1部

2011年秋冬に発売された話題のアルバムから3人のカンタウトーレ作品をピックアップ。

Marco Masini(マルコ・マズィーニ/48歳/Firenze出身)が2011/9/27にリリースしたアルバム「niente d'importante(重要な事は何もない)」は、アルバムチャート初登場で8位にランクインしました。

MarcoMasini-NienteD'importante

今アルバムでは、長年Marco Masiniと楽曲作りしてきた盟友Beppe Dati(ベッペ・ダーティ)との共作を2曲に留め、新たに組んだ作詞家は、Antonio Iammarino(アントニオ・イァンマリノ)。Raf(ラフ)やEnrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ)、Patty Pravo(パッティ・プラヴォ)らに詞を提供して実績を積んだ人物です。

またプロデュースとアレンジはMarco Masini自身とCesare Chiodo(チェーザレ・キォード)が担当。Cesare Chiodoは、全12曲中の半分となる6曲を共作しており、もちろん本業のベーシストとして演奏にも加わる大活躍振りを発揮しています。

アルバム発売に先行し、2011年7月31日にリリースしたシングル曲は、アルバムタイトル曲"Niente d'importante(重要な事は何もない)"。Marco Masiniと新パートナーAntonio Iammarinoが書いた楽曲。人気TV番組『I migliori anni(最良の年月)』出演時の映像で。

シングル第2弾となった楽曲は、"Non ti amo più(もう君を愛していない)"。前出の2人にCesare Chiodoが加わって3人で書いた曲ですが、Marco Masiniらしい、ややネガティヴさが漂う世界観を再現していると感じられます。

※当サイトでのMarco Masiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Masini


2人目のカンタウトーレはGianluca Grignani(ジァンルカ・グリニァーニ/40歳/Milano出身)で、2011年10月25日に発売したアルバム「Natura umana(人間の本質)」。アルバムチャートでは最高5位まで上がりました。

GianlucaGrignani-NaturaUmana

2010年の傑作アルバム「Romantico Rock Show」から2年足らずでリリースされた訳ですが、この間、Gianluca Grignaniは、人気TV番組『Amici』に楽曲を提供、自伝を出版、若手カンタウトーレMassimiliano Lalli(マッスィミリァーノ・ラッリ)をプロデュース、タレントショー番組『Star Academy』のチューター役を務めるなど、大活躍でした。

アルバム発売に先行して、2011年9月30日にリリースされた第1弾シングル曲は"Un ciao dentro un addio(ある別離の中のチャオ)"

シングル第2弾は、アルバムタイトル曲"Natura umana(人間の本質)"。Gianluca Grignaniの端正な顔が特殊メイクが施されて次第に野獣に変わっていくところが見もの。

完成形の野獣をメインにしたDirector's cut版のビデオクリップも公開されています。

シングル第3弾は"Sguardi(まなざし)"。

※当サイトでのGianluca Grignaniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianluca_Grignani


3人目のカンタウトーレはAntonello Venditti(アントネッロ・ヴェンディッティ/63歳/Roma出身)で、2007年の傑作アルバム「Dalla pelle al cuore(皮膚から心へ)」から4年の歳月を経た2011年11月29日に発売したアルバム「Unica(唯一の女性)」。アルバムチャートでは最高6位まで上がりました。

AntonelloVenditti-Unica

アルバム発売に先行して2011年10月28日にリリースされたシングルは、アルバムタイトル曲"Unica [Mio danno ed amore](唯一の女性[僕の損傷と愛])"。息子で俳優/声優のFrancesco Saverio Venditti(フランチェスコ・サヴェリォ・ヴェンディッティ/36歳)を起用した公式ビデオクリップで。

シングル第2弾は、"Forever(永遠)"。Antonelloが愛してやまない故郷Romaの情景をふんだんに盛り込んだ公式ビデオクリップで。

※当サイトでのAntonello Vendittiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Antonello_Venditti


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第76回イタリアPOPSフェスタ(2011年9月)レポート (その4 / Marco Masini)

その3はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51960875.html


9月FESTAの最終となる第4部は、恒例となっている白熱のコンサートライヴ映像で。

今回選んだのはカンタウトーレのMarco Masini(マルコ・マズィーニ/47歳/Firenze出身)のデビュー20周年記念ライブ盤「Un Palco lungo… 20 anni!(長いステージ・・・20年!)」(2010)から。CD2枚+DVDの3枚組で、CDには、DVD収録通りの曲数・順番で音源収録となっています。

img312

※日本のiTunesストアでダウンロード購入可能です。

サンレモ音楽祭2009出場曲だった話題作"L'Italia(イタリア)"(2009)から。美しいオーケストラアレンジのイタリア賛歌のように聞こえますが、『イタリアのダメさ』加減を自虐的に・厭世的に歌った問題作でもあります。

Marco Masiniは、Claudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ)のピアニストとして著名なWalter Savelli(ヴァルテル・サヴェッリ)に師事し、大物プロデューサーであり、作詞作曲家としても大ヒットメーカーであるGiancarlo Bigazzi(ジァンカルロ・ビガッツィ)のもとで修行を重ね、まずはプロのキーボードプレイヤーとしてキャリアをスタートさせます。

※当サイトでのMarco Masiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Masini

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni

ピアニスト時代の有名な録音としては、Umberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)のライヴCD「Royal Albert Hall(ロイヤル・アルバート・ホール」(1988)にそのパフォーマンスが収録されています。

icon icon

また同アルバムで共演していたカンタウトーレRaf(ラフ)のツアーにもバックミュージシャンとして参加するようになります。

※当サイトでのUmberto Tozziの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Umberto_Tozzi

※当サイトでのRafの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raf

そして1990年、26歳の時にソロとして活動を開始することになりますが、その1990年にサンレモ音楽祭で、出場曲"Disperato(絶望した男)"が、いきなり新人部門優勝を勝ち取ってしまいます。サンレモ音楽祭出場時の映像で。

再び20周年ライヴDVDに戻り、近年作の美しい楽曲"Lontano dai tuoi angeli(君の天使から遠く)"(2009)を。

そして華々しいデビューから3年経過した1993年、Marco Masiniは傑作アルバム「T'innamorerai」を発表。同アルバムは日本盤も発売されることになりました。

0000305555_350

アルバムタイトル曲"T'innamorerai(君は恋をすることだろう)"を、Festa会場ではもちろん、20周年ライヴDVDで紹介したのですが、ここでは、発売当時に発表された公式videoclipの映像を貼っておきます。

非常に美しくもエネルギッシュなラヴソングなのですが、1曲目に紹介した楽曲"L'Italia"に代表されるように、Marco Masiniのペシミズムっぽさがこの楽曲にも表れていて、少し歪んだ愛の表現が特徴的です。

タイトル名"T'innamorerai(君は恋をすることだろう)"が未来形で語られている通り、彼女が恋をするのは未来のことであって、現在のことではありません。

現在、彼女は『僕』に恋をしていません。そして近い将来、彼女が噓付きのイケメンに恋をすることを『僕』は予測しています。そしてその噓付き男に裏切られ、恋に破れた後になって、初めて彼女が『僕』への愛に目覚めることだろう・・・でもその時には既に『僕』はもう傍に居ないんだよ・・・その時にはもう手遅れなのさ・・・という哀しくも歪んだ愛の形を歌いあげています。

さて次に紹介したのは、サンレモ音楽祭2004年の優勝に輝いた楽曲"L'uomo volante(空飛ぶ男)"(2004)。そう、Marco Masiniはサンレモ音楽祭で、新人部門優勝(1990年)、総合優勝(2004年)の二冠を達成しているアーティストでもあります。サンレモ音楽祭出場時の映像で。時にMarco Masini40歳。

再び20周年DVDに戻り、2009年のDVD収録時の同曲のパフォーマンスを紹介しました。

そして9月FESTAのフィナーレは、"Bella stronza"と"Vaffanculo"と紹介した時、FESTA会場からはクスクスと苦笑が沸き起こりました。

これはイタリア語やMarco Masiniの世界観を良く判っている人ならではの反応なので、FESTA主宰者としても嬉しく思いました。

どちらの曲もMarco Masiniが多用する『parolaccia(パロラッチャ/きたない言葉)』作品で、それを2曲続けての紹介だったからこそ、沸き起こった苦笑に他なりません。

しかしながら当方で意図した曲順ではなく、この20周年記念DVDのエンディングがまさにこの曲順で収録されているのです。

"Bella stronza(美しきクソ女)"と"Vaffanculo(くそったれ)"、どちらの楽曲も発表当時(1990年代前半)に、放送禁止扱いになったり、社会的に大きな物議をかもしだした問題作ですが、同時にMarco Masiniの代表作でもありますので、ライヴ会場は盛り上がり、フィナーレに相応しい楽曲です。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

次回9月FESTAは、10月8日(土)の開催予定です。

第50回イタリアPOPSフェスタ(2009年5月)レポート (その1 / Tricarico, Gemelli DiVersi, Marco Masini, Pooh)

第50回Festaは、10名の参加者が集まり、東京・水道橋のYou Meにて5/16(土)に開催しました。参加者の内訳は男性3名 女性7名(うち、初参加者2名)。


第1部

3月FESTAでサンレモ2009の受賞者たちを、4月FESTAでは新人部門に出場した女性歌手を中心に紹介しましたので、5月FESTAではベテラン部門に出場した男性歌手を紹介することにいたしました。

Tricarico(トリカリコ/38歳/Milano出身)は、Mia Martini賞(批評家賞)を受賞するという栄冠に輝いた昨2008年に引き続き、連続2回目のサンレモ音楽祭出場となりました。(バイオグラフィは2008年7月FESETAを参照)

しかしながら、サンレモ2009から再び採用されたベテラン部門でも選抜を行う方式に阻まれ、決勝に進めずに途中敗退してしまいました。

昨年の大曲"Vita tranquilla(穏やかな人生)"に比べて、彼の出世作"Io sono Francesco(僕はフランチェスコ)"に通ずるタテノリ系リズムの小気味良さのある楽曲"Il bosco delle fragole(苺の森)"で出場したことがサンレモ向きではなかったうえ、不安定な音程のヴォーカルが彼の持ち味味として訴求しきれなかったのは残念です。弦楽隊のピッツィカートを活かした編曲がイキ!

Tricarico/Il bosco delle fragoleTricaricoの2曲目としては、サンレモ出場曲名をタイトルに据えたアルバム「Il bosco delle fragole(苺の森)"(2009)から、彼の作る美しいタイプの楽曲"Luminosa(明るい)"を紹介しました。



サンレモ2009出場者2番手は、Gemelli DiVersi(ジェメッリ・ディヴェルスィ)の"Vivi per un miracolo(奇跡のために生きろ)。

 

HiPHop系でありながら非常に歌心のある作品が多いGemelli DiVersiは、サンレモ音楽祭の視聴者の枠を広げるために一役買う存在でもあり、ある意味サンレモ向きのHipHop系グループなのかもしれません。

グループのバイオグラフィは、2007年7月FESTAをご覧ください。

サンレモ2009のゲストと共演するステージでは、Orchestra MMB Marching Band(MMBマーチングバンド・オーケストラ)を迎えて、大人数の太鼓とラッパの重厚なサウンドをMIXした豪華なステージを見せてくれました。

続きを読む(leggere la continuazione)
2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ