Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Marcella_Bella

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第39回イタリアPOPSフェスタ(2008年6月)レポート (その4 / Francesco Rapetti, Lucio Battisti, Carmen Villani, Marcella Bella, Mogol)

その3はコチラ


第4部

再び主宰YoshioAntonioからの紹介スタイルに戻っての第4部です。事前告知通りLucio Battisti(ルチォ・バッテスティ)を紹介するのですが、その前にBattisti人脈のアーティストの紹介を。

Battistiと組んで数々の名曲を作った作詞家Mogol(モゴール/72/Milano出身)。Mina(ミーナ)やAdriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ)といったイタリア音楽界の2大巨頭にも作品を提供する、今もなおイタリアの作詞家の頂点に位置する偉大な作詞家。『イタリア音楽の歴史』といった表現されることも多いです。

また1981年にはイタリア人歌手を集め、『Nazionale italiana cantanti(イタリア代表チーム歌手軍団)』というサッカーチームを結成。自らも選手として大活躍するという、サッカー狂としての側面も有名。

何しろ、Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ)、Umberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)、Enrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ)、Eros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ)、Biagio Antonacci(ビアジォ・アントナッチ)といった大スターたちが、本業の音楽と異なるフィールドで一堂に会するのですから、イタリアで親しまれない理由がありません!

Mogolには4人の子供がおり、上の3人が最初の妻の子供たち。第2子は父と同じ作詞家の道を歩み、Cheope(ケオペ)のペンネームでLaura Pausini(ラウラ・パウズィーニ)やRaf(ラフ)に詩を提供しています。末っ子は、画家&詩人のGabriella Marazzi(ガブリエラ・マラッツィ)との間にできたFrancesco Rapetti(フランチェスコ・ラペッティ/29/Milano出身)。

彼も父と同様サッカー好きで、一時期プロ選手として活躍していた時期もあるようです。音楽の方は15歳ぐらいからギターを弾き始めたそうですが、他のアーティストのヒット曲をコピーして演奏する方向にはあまり興味を示さず、すぐに自作することに注力するようになったとのこと。

22歳の時(2001年)、Gianni Morandiに"Questo Grande Pasticcio(この大きなパイ)"を書き、数ヵ月後にはDennis(デンニス)等を排出したTV番組『Saranno Famosi(彼らは有名になるよ)』に"Never Too Late"を書いて大ヒット。6週間もの間ヒットチャートのNo.1に君臨する記録を作りました。

こうして2000年代前半はソングライターとして、主にTV番組の音楽制作に携わっていたFrancesco Rapettiですが、2008年ついにソロシンガーとして、"Come un'amante(愛人のように)"を歌って、サンレモ音楽祭の舞台に立ちました。

Festaでは、サンレモ音楽祭後に発表されたPVで紹介しました。

FrancescoRapetti
このサンレモ出場曲を収めたデビューアルバム「Francesco Rapetti」(2008)は、全曲の作曲&アレンジをFrancesco自身が手掛け、一部の曲は自身で作詞も手掛けていますが、父Mogolにほとんどの作詞をしてもらっています。サンレモ音楽祭出場時にも偉大な父との共作のことが話題に登り、『偉大なMogolの事を何て呼んでいるの?』という質問に対して、気まじめな顔で『パパ・モゴールだよ』って答えていました。

2曲目は"Libero Come un Gabbiano(ユリカモメのように自由)"をPVで紹介しましたが、ここではライヴ映像を紹介しておきましょう。何といっても、最後に父Mogolが応援に駆け付けるところが見ものです。

ここでも『偉大なMogolと、どうやって共作しているの?』という質問に対して、『いつも家で見つけられるからさー』なんて冗談交じりで答え方しつつも、『父をとても信頼していて、曲を作ると必ず真っ先に父に聴かせるんだよ』と答えていました。

兄&姉たちとも20歳ぐらい離れていますので、父子といっても、祖父と孫ぐらいの年齢差。Mogolも親バカ気味になっちゃうんでしょうね。でもFrancescoの音楽の才能は、親の七光ではなさそうです。父は作詞家ですが、息子は作曲やアレンジ、演奏&歌の方に才能を発揮しているのですから。

Francesco Rapetti最後の曲は、ちょっと路線が異なる楽曲"Robot"



さて、いよいよ6月FESTAのオオトリ。イタリア音楽史に残る大巨匠。現在活躍しているイタリア人歌手のほとんどが、多かれ少なかれ彼の影響を受けていると言われるLucio Battisti(ルチォ・バッティスティ/1943-1998/55歳没/Lazio州Lieti近郊Poggio Bustone出身)。

 

LucioBattisti-Mogol/IlNostroCantoLibero没後10年に当たり、Battistiの代表曲と2曲の未発表曲を2枚のCDに収め、TV番組にもよく出演していた1968年〜1972年の映像をDVDに収めたBoxセット「Battisti Mogol Il nostro canto libero」(2007)が発売されています。

1970年代後半よりコンサートもTV出演も一切しなくなったものの、アルバム制作だけで多くのイタリア人を惹きつけ続け、次第に神格化して語られることが多くなっていくことになります。その『神』の姿を、現在の日本に居ながらにしてDVDで見ることができるのは、まさに夢のような事です。

Battistiが残した数々の名曲の集合体を前にして、これまた選曲に悩みましたが、1曲目は"Pensieri e parole(想いと言葉)"。1971年のTV番組『Tutti insieme』からの映像です。


(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)

2曲目は、死後10年経過して挿入された未発表曲2曲中の1曲"Perché dovrei(なぜ僕はそうしなければならないんだい?)"(1971)。これが未発表曲だったとは信じられないほど良い作品です。メロディも歌詞も曲調も、Battistiの少し崩した歌い方まで!

この曲は、Lucio Battisti自身が歌ったヴァージョンが『未発表』だった訳で、曲自体は1970年にCarmen Villani(カルメン・ヴィッラーニ)のために書かれたものです。Carmen Villani側に何か事情があって2年ほどリリースが遅れたようで、1971年に録音したBattistiによるセルフカバーを先にリリースする訳にいかず、本家の方がお蔵入りしてしまったという経緯のようです。

Battistiの録音やステージでの演奏を務めたのがFormula 3(フォルムラ・トレ)やFlora Fauna & Cemento(フローラ・ファウーナ・エ・チェメント)だったのですが、これらのバンドが後に融合してIl Volo(イル・ヴォーロ)と名乗り、プログレ・ファンにもイタリアPOPSファンにもご機嫌な名作アルバムを2枚残すのですが、このスーパーバンドIl Voloが積極的に録音やライヴをサポートしたアーティストがMarcella(マルチェッラ/56/Catania出身)。

自ら、積極的なBattistiファンだと自称していた当時のイタリアを代表するこの売れっ子歌手も、1974年に"Perché dovrei"のライヴ音源を残しています。もちろん、演奏はIl Voloの面々。

そして名曲"…e penso a te(・・・そして僕は君を想う)"。1曲目と同様、1971年のTV番組『Tutti insieme』からの映像で紹介しましたが、グランドピアノ1本でせつせつと弾き語りするBattistiの姿にうっとりです。どうして彼が歌うと、こうも切ない感じがあふれてくるのでしょうか・・・・決して歌手としては歌はうまくはないのに・・・・

6月FESTAの締めの曲は、参加者の皆さんに選んでいただきました。名曲ばかりのBattistiですから、皆さんも選びきれず苦労していたようで、どの曲も大差ない人気ぶり。僅差で"Emozioni(さまざまな想い)"を選ばれました。

TV番組"Io stasera vado a casa di Ornella(僕は今夜オルネッラの家に行くよ)"(1971)からの映像で紹介しました。12弦ギターの弾き語りをするのが見ものです。


(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)

 



注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2008年に達する年齢で表記しています。

 

次回7月FESTAは、7月12日(土)の開催予定です。

第28回イタリアPOPSフェスタ(2007年7月)レポート (その3 / Marcella Bella, Gianni Bella, Patrizia Laquidara)

その2はコチラ

 


第3部

第3部は題してシチリア州カターニア特集。
その歴史上、ギリシャ、イスラム世界、スペイン、北欧ノルマンジーのバイキングらに侵略を受け、複雑な混血、異文化の流入・融合をもたらしたシチリア州。人種&文化のるつぼと化した背景ゆえに、芸術分野では鬼才が誕生しやすい土地と言われています。

その代表格は、Franco Battiato(62/Catania近郊出身)ですが、Cataniaはヨーロッパ有数の活火山であるエトナ山の麓の町。雄大で荒々しい自然に抱かれて生きてきた骨太の気質を持つ人間が多い町でもあります。

そのカターニアで初代ビートの女王・Caterina Caselli(61/Emilia Romagna州Modena近郊出身)に憧れて育った少女が、ビートの女王の名を継承し、1970年代の初頭、一台ムーブメントを起こしました。

その少女の名はMarcella(55/Catania出身)。ローティーンの頃からいくつかの音楽祭に参加しては優秀な成績を修めてきた彼女は、20歳の時、現在よりもはるかに求心力を持っていたサンレモ音楽祭の新人部門に出場。田舎の素朴な女の子が都会に出てきて、都会の孤独さを味わい、懐かしく故郷を振り返るという、自身の生い立ちと重なるセンセーショナルな楽曲"Montagne Verdi(緑の山脈/邦題:青い山脈)"の大ヒットで、いきなりブレイクしました。

1960年代には世界の音楽の中心として、世界的なヒット曲を量産していたサンレモ音楽祭が、イタリアのバブル経済の破たんとともに、急速にその影響力を弱めていった最後の時代だったので、Gigliola Cinquetti(60/Verona出身)の次の時代を担う、すなわち外貨を稼げるタレントとして、Marcellaは業界の期待を一身に受けていた、といっても過言はないでしょう。

彼女の楽曲のほとんどを作曲していたのが兄のGianni Bella(60/Catania出身)。まだ音楽界にその作曲能力を見せ付ける機会に恵まれなかった彼にとっても、妹の成功こそが、自らの活躍の場を広げる事に他ならなかった事でしょう。ちなみに他にAntonioとSalvatoreという2人の兄弟が居て、彼らもGianniと共に妹に曲を書くこともありました。

何と言ってもMarcellaがイタリアの音楽界の中で期待の星だったことは、兄弟以外のスタッフに強力なラインナップが用意されたことに他なりません。Caterina Caselliのマネージャーだった Ivo Callegariのマネージングのもと、ヒットメーカーの作詞家Giancarlo Bigazzi(67/Firenze出身)、アレンジに天才Franco Monardi、バックミュージシャンにはVince Tempera、Mario Lavezziらのトップスタジオミュージシャン(伝説のプログレバンドIl Voloの面々)が集まって、Marcellaの売り出しに心血を注いでくれたのです。いわば、世界の中心地から離れつつあるイタリアの大衆音楽の存続をかけて、業界をあげて取り組んだ素材がMarcellaだったとも言えるかもしれません。

したがって『単に少しだけ歌のうまいだけのアイドル歌手の歌』の枠に収まらない、すぐれた楽曲に恵まれたのがMarcellaの1970年代の作品となります。また、日本にもリアルタイムに来日し、2度目の来日時にはソロコンサートを成功させるなど、日本でまともに売れた最後のイタリアPOPS歌手だったとも言えます。

兄のGianni Bellaは、妹のヒット曲でその作曲センスが認められるようになると、時代の追い風が吹いていたカンタウトーレブームに自らが乗りたくなり、ソロデビュー。70年代後半から80年代初頭にかけて、Festivalbarで優勝するなど、目立った成功を収めます。

1980年代になり女性としての人生の岐路に立つ年齢に達したMarcellaは、結婚&出産の道を選びます。その後カムバックはするものの、スローペースな活動となり、結婚前の小気味よいパンチの利いたヴォーカルの魅力が薄れた分、女の色気で聴かせるタイプに転向して今日に至ります。

兄はソロ活動を次第に終息させつつ、90年代後半からは、Lucio Battisti(1943-1998/55歳没)とともにイタリア音楽界の革命に一躍買った有名な作詞家Mogol(71)と組み、イタリア音楽界の首領Adriano Celentano(69)に曲を書き下ろす活動を開始。Celentanoのアルバムがリリースされる毎に大ヒットを記録して、今では作曲家の重鎮に位置するような存在になりつつあります。

2001年に「Finalmente insieme(とうとう一緒に)」というアルバムで、デュエットを披露してくれたBella兄妹は、2007年に再びタッグを組み、サンレモ音楽祭に"forever per sempre(いつまでも いつまでも)"で出場しました。ゲストナイトには英語圏のスターThe Supremesをコーラス隊に従えて、国際的な雰囲気の中、堂々としたステージを見せてくれました。

当然そのサンレモ音楽祭のステージの映像をFestaでも紹介しました。ややゴスペルっぽいエッセンスが入った曲ではありますが、変にアメリカっぽくなり過ぎず、イタリア語の歌としての良さが光る楽曲に仕上がっています。

Marcella&GianniBella/ForeverPerSempreそのサンレモ曲を収めたアルバム「forever per sempre」(2007)がMarcella e Gianni Bellaの名義で発売になりましたので、もう1曲兄妹のデュエットで、"Vendetta Tremenda Vendetta(復讐・恐ろしい・復讐)"を紹介。最近のGianni Bellaが得意とする、サウンドも声も低く抑えたカッコ良さが光るタイプの楽曲です。

ちなみにイタリアで話題となったのは、GianniがCelentanoに書き下ろした曲をMarcellaがカバーしている"Apri il cuore(心を開いて)"や"Confessa(告白しろ)"のようです。  

Bella兄妹はこの新作デュエットアルバムの発売に先駆けて、サンレモ音楽祭開催中の時期に「Tutto Bella(全部Bella)」(2007)というお互いの往年のヒット曲のオリジナル音源を収めた2枚組ベストアルバムを発表。

Marcella&GianniBella/TuttoBellaFestaでは、兄Gianni Bellaの代表曲として"Dolce uragano(優しい嵐)"(1980)を選択。iTunesItaliaにおいて、Gianni Bellaのダウンロード数が最も多かったのがこの曲でもありました。高音域を駆使したヴォーカルスタイルのGianni Bellaらしさのある楽曲といえます。当時の最先端楽器だったドラムシンセサイザーの『いかにも』という使われ方が時代を感じさせるものの、安心して聞いていられるサウンドの曲ですね。当時の映像を重ねてお届けしました。小柄で痩せこけた体つきながら、カーリーヘアーにした、マッチ棒のようなシルエットの若き日のGianniの動く姿はなかなか貴重な映像です。

さて、妹のMarcellaは、たくさんのヒット曲も、心に沁み入る隠れた名曲も数あるので選曲に迷いましたが、アレンジの見事さと、それを支える演奏力が味わえる曲の中で、会場のClub ACIDにちなんで、ダンサブルな大ヒット曲"Negro(黒人)"(1975)を選びました。ノリの良さはもちろんのこと、Franco Monardiの指揮するストリングスの緩急ついた挿入が素晴らしいうえ、曲全体を通して暴れまわる複雑なフレーズを奏でるベースのテクニック、派手派手なきらめきサウンドで被さるシンセサイザーなどの掛けあいが見事な楽曲です。

Marcellaをもう1曲。大ヒット曲ではないものの、聞けば聞くほど味が出る隠れた名曲"L'avvenire(将来)"(1974)。イントロのボンゴの響き、生のストリングスの大胆な導入が美しく、歌い出しの抑え気味の歌唱からサビに向けてソウルフルに盛り上がっていく曲調は、まさに1970年代のMarcellaの魅力が凝縮されたような楽曲です。これもまた貴重な1974年当時の、まさに"L'avvenire"を歌うMarcellaの映像を重ねてご紹介しました。イタリアは1970年代半ばでもまだモノクロだったんですねぇ。



こうして、Bella兄妹の大活躍の後も、彼らの成功の後を追っていく、Sicilia出身のミュージシャンが多数頭角を現します。Mario Venuti(44/Siracusa出身)、Carmen Consoli(33/Catania出身)、Filippa Giordano(33/Palermo出身)、今回のFestaの第1部でも紹介したSilvia Salemi(29/Siracusa出身)、Sugarfree(Catania出身)など枚挙に暇がありません。

 

Sugarfree

 

PatriziaLaquidaraそして同じCataniaからは、Patrizia Laquidara(35)が登場します。
後に北イタリアのVeneto州に移り住み、ポルトガルのリスボンにも一時期暮らすようになり、やがてイタリアで一番有名な作詞家Mogol(71)の音楽学校で、Veneto&Lombardiaのトラッドコースの奨学金を獲得したのが26歳の時。その後、ポルトガル、アラブ、ギリシャなどのトラッドソングをレパートリーに取り入れて、数々の音楽祭に参加するようになります。それだけ彼女の音楽の興味が多岐に渡るエスノ・ミュージックに及んでいたことが、イタリアを超越した彼女の現在の音楽性のルーツになると思います。

とりわけブラジルの音楽に愛情を注ぎ、ブラジルを代表するシンガーソングライターCaetano Veloso(65)に敬愛を評したアルバムでデビューします。28歳と言う、女性アーティストとしては遅咲きのスタートとなりました。

30歳の時、Bungaro(43/Puglia州Brindisi出身)と共作した"Agisce(実行する)"がスマッシュヒット。この曲はRecanati(Marche州)音楽祭にて、批評家賞を受賞します。この音楽祭での優勝者がそのままサンレモ音楽祭で優勝する快挙(Povia(35)、Simone Cristicchi(30))が続いている事で一躍脚光を浴びるようになった、新人アーティストの登竜門の様相を呈した注目株のフェスティヴァル。

Bungaro

PoviaSimone Cristicchi

 

 

 

 

 

Patriziaも翌2003年、31歳にてサンレモ音楽祭の新人部門に参加し、批評家賞にあたるMia Martini賞およびAlex Baroni賞を勝ち取ります。

PatriziaLaquidara/-indirizzo-portogheseこうしてようやくスポットライトを浴びるようになったPatriziaは、自身名義の2作目であり、カンタウトリーチェとしてはファーストアルバムとなる「Indirizzo Portoghese(ポルトガルの住所)」をリリース。Avion TravelのギタリストFausto Mesolella、Mario VenutiのサポートバンドArancia SonoraのギタリストTony Cantoらと共作しています。また、Mario Venutiとデュエットした"Per causa d'amore(愛のせいで)"をヒットさせます。

ManualeD'Amoreこうして2004年から2006年の長期に渡り、Indirizzo Portogheseツアーに明け暮れ、その間、彼女のオリジンであるトラッドミュージックのイベントも並行して行う多忙な日々を送るようになるPatriziaですが、2005年(33歳)、Giovanni Veronesi監督の映画『Manuale d'amore(恋愛マニュアル/邦題:イタリア的、恋愛マニュアル)』のサントラに採用されるというチャンスを掴み、ポルトガル語詩の"Noite e Luar(夜と月明かり)"を吹き込みます。

2007年になって、ようやく新作アルバム「Funambola(綱渡り女芸人)」を発表。POPSアルバムテイストに仕上げていますが、彼女の複雑な音楽バックグラウンドのエッセンスが散りばめられた、無国籍風ボッサノヴァ的な雰囲気でまとめられています。シングル曲"Le cose(物事)"は、フランスPOPS風とも、ピチカートファイヴ風にも感じる雰囲気の作品。Patriziaのライヴのバックステージの映像を重ねて紹介しました。リハーサルなのか、お楽しみモードなのか判りませんが、3人のミュージシャンが奏でるアコースティック楽器(ダブルベース、アコーディオン、ガットギター)に合わせて、Patrizia自身もトライアングルを手にとって、とてもリラックスモードの中、楽しんで演奏している雰囲気が彼女の人柄の良さを感じさせる映像です。

第3部のラストは、前出の"Noite e Luar(夜と月明かり)"を映像でご紹介。心に染み入る美しいメロディと心が休まる癒し系のアレンジ。そこにウィスパー系のPatriziaのヴォーカルは、とても耳障りが良く、しかも映像では、Patriziaの美しさが一段と引き立っていて、目も耳も充分に楽しませてくれました。

イタリアに限らずヨーロッパや南米の女性歌手を愛する常連tonto氏は、狙い通り心打たれてくれました。また美女マニアの常連さんPunto氏の心のムシも掻き立ててしまったようで(笑)

PatriziaLaquidara_gruこのPatriziaのアルバムジャケットやリーフレットには、隠す部分は隠しているものの、大胆なオールヌードの写真を使用しているのも、男の心に胸騒ぎを起こさせているのも間違いありません。「Funambola(綱渡り女芸人)」というタイトルどおり、『綱渡り』をテーマにしたアルバムらしく、糸で吊るされた折鶴がそのモチーフとしており、Patriziaはヌード姿でその折鶴のポーズを取っているという事のようです。

Continua alla prossima puntata.(つづく)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ