Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Marcella_Bella

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

マルチェラ CD復刻盤企画

1970年代にイタリア本国とリアルタイムで日本でも人気を博したマルチェラことMarcella Bella(マルチェッラ・ベッラ)。

現在も現役で活躍し続けており、2017年9月29日にMario Biondi(マリオ・ビオンディ)プロデュースの全新曲アルバム『Meta` amore meta` dolore』が出たばかり。

そのMarcellaが1979年〜1988年にリリースした8枚のアルバムの復刻CDを日本のSONYが発売する企画が立ちあがっている。
Marcella Bella - Sony_Box

ちなみに1タイトル以外は日本未発売で、イタリア本国でもこの8タイトルは廃盤となっているため、入手困難なタイトルばかり。

Marcellaに多くのヒット曲を書き下ろしてきた実兄Gianni Bella(ジァンニ・ベッラ)とのデュエットで大ヒットした「L'ultima poesia」(1985)

サンレモ音楽祭1986で上位3位入賞した「Senza un briciolo di testa」 (1986)

サンレモ音楽祭1988で4位入賞した「Dopo La Tempesta」 (1988)

2017年11月20日で規定予約数に達していることが発売条件となっているので、ここはぜひイタリア・ファンの底力を結集して、企画を実現させよう!

この企画実現をきっかけに、他のイタリアものCDの発売の道がきっと開く!

詳細:予約は以下SONYサイトまで。
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=3851&cd=DQCP000000707

※当サイトでのMarcella Bellaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marcella_Bella

第80回イタリアPOPSフェスタ(2012年1月)レポート (その3 / Le Orme, New Trolls-UT, Locanda delle Fate, Formula 3, Il Volo, Marcella)

その2はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51989946.html


第3部

2012年4月27日〜29日の3日間に渡り、5バンドがステージを楽しませてくれるという怒涛の企画『イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 春の陣2012』@川崎クラブチッタ。

img193

公演スケジュール

4月27日(金) OPEN 18:00 / START 19:00
Pooh
New Trolls-UT

4月28日(土) OPEN 17:00 / START 18:00
Pooh
Le Orme

4月29日(日) OPEN 16:30 / START 21:30
Pooh
Formula 3
Locanda delle Fate

※チラシのダウンロードはこちらからItaloProgFes2

1月FESTAの第3部では、この5バンドのうち、4バンドをダイジェストで紹介しました。


Le Orme(レ・オルメ/意:足跡)は、1960年代から活動するイタリア古参バンドのひとつ。1966年にビートバンドのスタイルで始まった活動は、1970年代になるとプログレスタイルを取り、1970年代後半からはNew Wave風にイメージチェンジし、サンレモ音楽祭にも出場するなど、イタリア国内での知名度を挙げることに成功しました。

しかしながら、1980年代に活動が行き詰まる憂き目に逢い、事実上活動停止期間を迎えます。やがて1990年代から活動を再開。再びプログレスタイルに立ち返った活動をしています。

Key、Bass&Vocal, Ds.というギターレストリオで活躍したイメージが突出しているため、よく『イタリアのEmerson Lake & Palmer』という補足をされるグループですが、バカテクがシノギを削り合うようなプログレッシヴロック界の中で、決して上手とは言えない演奏力ながら、何故か心にしみるサウンドを奏でることで稀有な存在だったとも言えるでしょう。

現時点では、1970年代の黄金期からのメンバーは、既にDs.のMichi Dei Rossiひとりしか残っておらず、メンバー構成も6名となったため、演奏力は素晴らしく向上している現状ですが、かつての『へたうま』の不思議な魅力を持っていたサウンドを懐かしむファン心理との葛藤もあるかもしれません。

Live In Pennsylvania

日本公演ではもちろん、1970年代初頭のプログ作品群を中心に再現されるということなので、FESTAでは、名作との評判の高いアルバム「Felona e Sorona(フェローナとソローナの伝説)」(1973)から"Sospesi Nell'Incredibile(信じられないまま)"を、2008年にリリースされたDVD「Live in Pennsylvania」の映像でご紹介しました。ここでは1997年のライヴ映像を貼っておきます。


New Trolls - UT(ニュー・トロルス・UT)は、1960年代から活動するイタリア古参バンドのひとつNew Trollsの流れを継承するバンドのひとつ。

New Trollsは、1966年にビートバンドのスタイル活動を始め、1970年代になるとプログレスタイルを取り、1970年代後半からは歌モノを主体としたPOPS路線にシフトしていきました。

またNew Trollsは、バンドメンバーや人数体制がアルバム毎に大きく変化するようなスタイルだったことなどが特徴的で、プログレの黄金時代だった1970年代前半のうち大半がバンドの分裂期に相当するという破天荒な一面を持つバンドなのですが、今回来日するのは、そのNew Trolls分裂期の曲を演奏するためだけに結成されたという限定的な編成の模様。

※当サイトでのNew Trollsの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/New_Trolls

2006年、2007年と、過去2度来日公演を果たしたNew Trollsのメンバーに入っていなかったオリジナルメンバーのGianni Belleno(ジァンニ・ベッレーノ/Ds.&Vocal)と、New Trolls来日時にオーケストラのコンダクターを務めたMaurizio Salvi(マウリツィオ・サルヴィ)の2人の元に、Latte Mieleのメンバーとして2011年に来日を果たしたMassimo Gori(マッスィモ・ゴーリ/Bass&Vocal)、Claudio Cinquegrana(クラウディオ・チンクエグラーナ/Gt.)、Andrea Perrozzi(アンドレア・ペッロッツィ/Key&Vocal)らが集まった編成。

※当サイトでのLatte Mieleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Latte_Miele

※Andrea Perrozziは、Marco Menichiniのサンレモ出場曲"Tra tegole e cielo"(2011)の作曲者でもあります。当サイトでのMarco Menichiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Menichini

UT

バンド名にも添えられたアルバム「UT」(1972)から、歌モノとしての魅力を持ちながら、ギターフリークの耳を釘づけにしてしまう不思議な楽曲"Paolo e Francesca(パオロとフランチェスカ)"をFESTA会場でかけてみました。後半のギターソロがPaoloとFrancescaという2人の男女の会話を模したサウンドと化しています。


Locanda delle fate(ロカンダ・デッレ・ファーテ/意:妖精たちの安宿)は、プログレッシヴ・ロックの隆盛が収まった1970年代後半にデビューしたため、1977年のデビューアルバム「Forse le lucciole non si amano più(蛍たちはもう愛しあうことはない)」1枚で解散してしまったバンドでしたが、ツインキーボード&ツインギターという鉄壁編成のバンドが奏でるサウンドは、後のプログレファンのツボにはまるという皮肉な状況を醸し出すこととなった不遇のバンド。ちなみにイタリア本国では未だに全く無名に近い状態です。

locanda delle fate - forse le lucciole non si amano piu - as

”Sogno di Estunno(邦題:憧れ)"を当時の映像で。 


Formula 3(フォルムラ・トレ)は、イタリア音楽史上の中でとても重要な位置付けを担ったバンド。それはイタリア音楽界に大きな革命をもたらし、死後10年を超えた現在も多くのイタリア人の心に残り、時代を超えて受け継がれている偉大なカンタウトーレ・故Lucio Battisti(ルチォ・バッティスティ)と行動を共にしたバンドであることがその最大の理由です。

※当サイトでのLucio Battistiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Battisti

FESTAでは、Lucio BattistiのDVDに収録された彼らの当時のパフォーマンスをご覧いただきました。シングルのみでリリースされアルバム未収録の"Io ritorno solo(僕はひとり帰る)"(1970)。当時まだ20歳だったアイドル然の風貌をしたTony Cicco(トニー・チッコ)が、ドラムスを叩きながら歌う姿に、FESTA会場の視線は釘付けとなりました。

続いて2ndアルバム「Formula 3」(1971)に収録されていた楽曲で彼らの代表曲のひとつといえるBattisti-Mogol作の楽曲"Eppur mi son scordato di te(それにも関わらず僕は君のことを忘れてしまってる)"。

formula-3-eppur-mi-son-scordato-di-te-numero-uno

Festa会場では1990年の再結成当時の映像でご紹介しましたが、さすがに20年経過し、あのTony Ciccoもすっかりオジサンと化していたのを目の当たりにして、会場にはガッカリ感が漂ってしまいました・・・ いやいや皆さん、現実を見ましょう。実際はそこからさらに20年の歳月が流れているのです。2011年にTV出演したFormula 3の映像はこちら。

Formula 3の3人のメンバーのうち、Alberto Radius(アルベルト・ラディウス/Gt.&Vocal)とGabriele Lorenzi(ガブリエレ・ロレンツィ/Key.)は、その後のイタリア音楽界を支える重要なミュージシャンとして、またプロデューサーとして大活躍していくことになり、Tony Cicco(トニーチッコ/Ds.&Vocal)はソロ歌手としても活躍することとなります。


ここでFormula 3が一旦解散した1974年時点の動きを紹介することにしました。Ds.のTony Ciccoは、Cico(チコ)名義でソロ歌手としてデビュー。秀逸な歌モノアルバム「notte(夜/邦題:夜の闇の中で)」(1974)をリリースします。

172450_1_f

シングル曲となった"Se mi vuoi(もしも私を望むなら)"を当時24歳の映像で。(音と映像のズレが残念ですが)


そしてAlberto RadiusとGabriere Lorenziは、Battistiと共に多くの楽曲を手掛けた巨匠の作詞家Mogol(モゴール)の発案に従い、売れっ子スタジオ&ツアーミュージシャンが6人集まって音楽制作をする夢のプロジェクトIl Volo(イル・ヴォーロ/意:飛翔)に参加します。

凄腕のプロ中のプロのミュージシャンによる、ツインキーボード&ツインギター編成の鉄壁バンドで、その後、各人とも単なるミュージシャンとしてだけでなく、プロデューサーとしてイタリアPOPS界に大きな功績を残して行く大物ばかりが揃っていたのです。

メンバー構成
Alberto Radius (Gt.&Vocal)
Mario Lavezzi (マリォ・ラヴェッツィ/Gt.&Vocal)
Vince Tempera (ヴィンチェ・テンペラ/Key.)
Gabriele Lorenzi (Key.)
Bob Callero (ボブ・カレッロ/Bass)
Gianni Dall'Aglio (ジァンニ・ダッラーリォ/Ds.)

今回の初来日でFormula 3は、このIl Voloの楽曲も演奏するとのことでしたので、ここでIl Voloが残した2枚の秀作アルバムから、より歌モノ要素の強い1stアルバム「Il Volo」(1974)から、"La canzone del nostro tempo(僕らの時代の歌)"を。作曲はAlberto Radius、作詞は偉大なMogol(モゴール)。

Il Volo (1974)


Il Voloはバンドというよりもアルバム制作のために集まったプロジェクトの要素が強かったため、Il Voloとして残したライブ音源は皆無状態なのですが、当時既にスタジオ&ツアーミュージシャンとして大活躍していた彼らが揃ってある人気歌手のライヴアルバムにその生演奏を残しています。

Marcella(マルチェッラ/60歳/Catania出身)のライヴアルバム「L'anima dei matti(狂人の魂/夢中な心)」(1975)がそれで、1970年代当時に絶大な人気を誇っていたMarcellaならでは、このスーパーミュージシャンたちを起用できたと想像する事が出来ます。

1970年代当初からプログレマニアの間でクチコミで話題となり、高値で取引されていたアナログ盤ですが、未CD化ということもあり、さらにプレミアム的な価値となっている模様です。

Senza titolo-1

後記)2012年5月遂にCD化!

このMarcellaの幻のLPから、アルバムタイトル曲"L'anima dei matti"を。時にMarcella23歳。

※当サイトでのMarcellaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marcella_Bella


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第39回イタリアPOPSフェスタ(2008年6月)レポート (その4 / Francesco Rapetti, Lucio Battisti, Carmen Villani, Marcella Bella, Mogol)

その3はコチラ


第4部

再び主宰YoshioAntonioからの紹介スタイルに戻っての第4部です。事前告知通りLucio Battisti(ルチォ・バッテスティ)を紹介するのですが、その前にBattisti人脈のアーティストの紹介を。

Battistiと組んで数々の名曲を作った作詞家Mogol(モゴール/72/Milano出身)。Mina(ミーナ)やAdriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ)といったイタリア音楽界の2大巨頭にも作品を提供する、今もなおイタリアの作詞家の頂点に位置する偉大な作詞家。『イタリア音楽の歴史』といった表現されることも多いです。

また1981年にはイタリア人歌手を集め、『Nazionale italiana cantanti(イタリア代表チーム歌手軍団)』というサッカーチームを結成。自らも選手として大活躍するという、サッカー狂としての側面も有名。

何しろ、Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ)、Umberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)、Enrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ)、Eros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ)、Biagio Antonacci(ビアジォ・アントナッチ)といった大スターたちが、本業の音楽と異なるフィールドで一堂に会するのですから、イタリアで親しまれない理由がありません!

Mogolには4人の子供がおり、上の3人が最初の妻の子供たち。第2子は父と同じ作詞家の道を歩み、Cheope(ケオペ)のペンネームでLaura Pausini(ラウラ・パウズィーニ)やRaf(ラフ)に詩を提供しています。末っ子は、画家&詩人のGabriella Marazzi(ガブリエラ・マラッツィ)との間にできたFrancesco Rapetti(フランチェスコ・ラペッティ/29/Milano出身)。

彼も父と同様サッカー好きで、一時期プロ選手として活躍していた時期もあるようです。音楽の方は15歳ぐらいからギターを弾き始めたそうですが、他のアーティストのヒット曲をコピーして演奏する方向にはあまり興味を示さず、すぐに自作することに注力するようになったとのこと。

22歳の時(2001年)、Gianni Morandiに"Questo Grande Pasticcio(この大きなパイ)"を書き、数ヵ月後にはDennis(デンニス)等を排出したTV番組『Saranno Famosi(彼らは有名になるよ)』に"Never Too Late"を書いて大ヒット。6週間もの間ヒットチャートのNo.1に君臨する記録を作りました。

こうして2000年代前半はソングライターとして、主にTV番組の音楽制作に携わっていたFrancesco Rapettiですが、2008年ついにソロシンガーとして、"Come un'amante(愛人のように)"を歌って、サンレモ音楽祭の舞台に立ちました。

Festaでは、サンレモ音楽祭後に発表されたPVで紹介しました。

FrancescoRapetti
このサンレモ出場曲を収めたデビューアルバム「Francesco Rapetti」(2008)は、全曲の作曲&アレンジをFrancesco自身が手掛け、一部の曲は自身で作詞も手掛けていますが、父Mogolにほとんどの作詞をしてもらっています。サンレモ音楽祭出場時にも偉大な父との共作のことが話題に登り、『偉大なMogolの事を何て呼んでいるの?』という質問に対して、気まじめな顔で『パパ・モゴールだよ』って答えていました。

2曲目は"Libero Come un Gabbiano(ユリカモメのように自由)"をPVで紹介しましたが、ここではライヴ映像を紹介しておきましょう。何といっても、最後に父Mogolが応援に駆け付けるところが見ものです。

ここでも『偉大なMogolと、どうやって共作しているの?』という質問に対して、『いつも家で見つけられるからさー』なんて冗談交じりで答え方しつつも、『父をとても信頼していて、曲を作ると必ず真っ先に父に聴かせるんだよ』と答えていました。

兄&姉たちとも20歳ぐらい離れていますので、父子といっても、祖父と孫ぐらいの年齢差。Mogolも親バカ気味になっちゃうんでしょうね。でもFrancescoの音楽の才能は、親の七光ではなさそうです。父は作詞家ですが、息子は作曲やアレンジ、演奏&歌の方に才能を発揮しているのですから。

Francesco Rapetti最後の曲は、ちょっと路線が異なる楽曲"Robot"



さて、いよいよ6月FESTAのオオトリ。イタリア音楽史に残る大巨匠。現在活躍しているイタリア人歌手のほとんどが、多かれ少なかれ彼の影響を受けていると言われるLucio Battisti(ルチォ・バッティスティ/1943-1998/55歳没/Lazio州Lieti近郊Poggio Bustone出身)。

 

LucioBattisti-Mogol/IlNostroCantoLibero没後10年に当たり、Battistiの代表曲と2曲の未発表曲を2枚のCDに収め、TV番組にもよく出演していた1968年〜1972年の映像をDVDに収めたBoxセット「Battisti Mogol Il nostro canto libero」(2007)が発売されています。

1970年代後半よりコンサートもTV出演も一切しなくなったものの、アルバム制作だけで多くのイタリア人を惹きつけ続け、次第に神格化して語られることが多くなっていくことになります。その『神』の姿を、現在の日本に居ながらにしてDVDで見ることができるのは、まさに夢のような事です。

Battistiが残した数々の名曲の集合体を前にして、これまた選曲に悩みましたが、1曲目は"Pensieri e parole(想いと言葉)"。1971年のTV番組『Tutti insieme』からの映像です。


(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)

2曲目は、死後10年経過して挿入された未発表曲2曲中の1曲"Perché dovrei(なぜ僕はそうしなければならないんだい?)"(1971)。これが未発表曲だったとは信じられないほど良い作品です。メロディも歌詞も曲調も、Battistiの少し崩した歌い方まで!

この曲は、Lucio Battisti自身が歌ったヴァージョンが『未発表』だった訳で、曲自体は1970年にCarmen Villani(カルメン・ヴィッラーニ)のために書かれたものです。Carmen Villani側に何か事情があって2年ほどリリースが遅れたようで、1971年に録音したBattistiによるセルフカバーを先にリリースする訳にいかず、本家の方がお蔵入りしてしまったという経緯のようです。

Battistiの録音やステージでの演奏を務めたのがFormula 3(フォルムラ・トレ)やFlora Fauna & Cemento(フローラ・ファウーナ・エ・チェメント)だったのですが、これらのバンドが後に融合してIl Volo(イル・ヴォーロ)と名乗り、プログレ・ファンにもイタリアPOPSファンにもご機嫌な名作アルバムを2枚残すのですが、このスーパーバンドIl Voloが積極的に録音やライヴをサポートしたアーティストがMarcella(マルチェッラ/56/Catania出身)。

自ら、積極的なBattistiファンだと自称していた当時のイタリアを代表するこの売れっ子歌手も、1974年に"Perché dovrei"のライヴ音源を残しています。もちろん、演奏はIl Voloの面々。

そして名曲"…e penso a te(・・・そして僕は君を想う)"。1曲目と同様、1971年のTV番組『Tutti insieme』からの映像で紹介しましたが、グランドピアノ1本でせつせつと弾き語りするBattistiの姿にうっとりです。どうして彼が歌うと、こうも切ない感じがあふれてくるのでしょうか・・・・決して歌手としては歌はうまくはないのに・・・・

6月FESTAの締めの曲は、参加者の皆さんに選んでいただきました。名曲ばかりのBattistiですから、皆さんも選びきれず苦労していたようで、どの曲も大差ない人気ぶり。僅差で"Emozioni(さまざまな想い)"を選ばれました。

TV番組"Io stasera vado a casa di Ornella(僕は今夜オルネッラの家に行くよ)"(1971)からの映像で紹介しました。12弦ギターの弾き語りをするのが見ものです。


(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)

 



注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2008年に達する年齢で表記しています。

 

次回7月FESTAは、7月12日(土)の開催予定です。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ