Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Malika_Ayane

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第130回イタリアPOPSフェスタ(2016年4月)レポート(第2部:Giovanni Caccamo,Mario Maglione)

第2部

日伊国交樹立150周年記念事業「イタリア・アモーレ・ミオ!」で来日し、ステージを披露することとなった、もうひとりは、サンレモ音楽祭2015新人部門優勝者にして、同音楽祭2016で大賞部門第3位に輝いた、Sugar Music期待の大型新人Giovanni Caccamo(ジォヴァンニ・カッカモ/Sicilia州Modica出身/26歳)だ。

超大御所Franco Battiato(フランコ・バッティアート)に見出され、Sugar MusicのCaterina Caselli(カテリーナ・カゼッリ)に託され、鳴り物入りでシーン登場した次世代スターで、その楽曲作りのセンスも好評で、クラシック・スタイルのイケメン青年だ。

サンレモ音楽祭2016では、Amici優勝のDeborah Iurato(デボラ・ユラート/Sicilia州Ragusa出身/25歳)と組んで、ベテラン勢の出場者の中で、最終上位3組に残る実績を残した。出場曲「Via da qui(意:ここから向こうへ)」はCaccamoではなく、人気バンドNegramaro(ネグラマーロ)のフロントマンGiuliano Sangiorgi(ジゥリアーノ・サンジォルジ)が書き下ろしている。

サンレモ2016第3夜のカヴァー大会で彼らが披露したのは故Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ)の隠れた名曲「Amore senza fine(意:終わりなき愛)」。

以上のサンレモ2016関連2曲を含むCaccamoの2ndアルバムが『Non siamo soli(意:僕らは二人っきりじゃない)』。

Giovanni Caccamo - Non siamo soli

FESTA直後の4/11に発表されたNewシングルはアルバムタイトル曲「Non siamo soli」だ。

さて、では1年前のデビューアルバム『Qui per te(意:ここは君のため)』(2015)から。

Giovanni Caccamo - Qui per te

何と言ってもサンレモ2015出場曲にして自作曲「Ritornero` da te(意:僕は君の所に戻るだろう)」は、新人部門優勝の栄冠に輝いただけでなく、名誉あるMia Martini賞(批評家賞)、Lucio Dalla賞(記者クラブ賞)、Emanuele Luzzati賞など、新人部門の副賞のほとんどを独り占めする大躍進を遂げて、いきなり赤丸最重要大型新人として注目を浴びる事になったのだ。

しかも同音楽祭の大賞部門に出場した先輩歌手Malika Ayane(マリカ・アヤン/32歳/Milano出身)が歌った「Adesso e qui [nostalgico presente](意:今とココ[郷愁的現在])」の作曲者のひとりとしても名を連ねていたCaccamo。ちなみに同曲は大賞部門3位に留まったものの、栄誉あるMia Martini賞を受賞。つまり同年のサンレモ音楽祭は大賞部門&新人部門の両部門とも、Caccamoが書いた楽曲が批評家賞を受賞するという快挙となった。往々にして、このMia Martini賞こと批評家賞が、真の優勝曲と噂される事が多いという事実を鑑みれば、その凄さが想像できるだろう。

※当サイトでのMalika Ayaneの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Malika_Ayane

同アルバムからの2ndシングル「Oltre l'estasi(意:恍惚の向こうに)」。

3rdシングル「Distante dal tempo(意:時間から隔たって)」。

アルバムデビュー前の2013発表の楽曲「L'indifferenza(意:無関心)」。

※当サイトでのGiovanni Caccamoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giovanni_Caccamo


さて、5月31日からは、正調ナポレターナの第一人者Mario Maglione(マリオ・マリォーネ/Napoli出身)が、3年ぶりの日本ツアーを行う。

Mario Maglione2016

2014年のライヴ映像で名曲「Era de maggio(意:五月だった)」

2011年の来日公演の映像で、松本淳子との共演曲「'O marenariello(意:船乗り/邦題:舟人の歌)」。

※当サイトでのMario Maglioneの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Maglione


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第124回イタリアPOPSフェスタ(2015年9月)レポート(第2部:Grazia Di Michele,Malika Ayane)

第2部

1970年代後半から活動を続け、ソフィスティケイトされた作品で定評のあるカンタウトリーチェGrazia Di Michele(グラツィア・ディミケーレ/60歳/Roma出身)のアルバム『Il mio blu(意:私の青)』は3年振りにリリースされた新作集。Grazia自身とPaolo Di Sabatinoとの共同プロデュースで、シチリア出身の画家Fabio Salafiaが各曲にインスピレーションを得て描いた作品がブックレット内に収められている。

Grazia di michele - Il mio blu

同アルバムに収録された美しいバラード「Io sono una finestra(意:私は窓)」は、サンレモ音楽祭2015にMauro Coruzzi(マウロ・コルッツィ/60歳/Emilia Romagna州Langhirano出身)とペアを組んで出場し、総合16位に留まったものの、ルネツィア賞(最優秀作詞賞)が贈られ、栄誉あるミア・マルティーニ賞(批評家賞)の次点となり、惜しくも受賞を逃した作品。

同性愛嫌悪の風潮をテーマにしており、そこが最優秀作詞賞を贈られたゆえんでもある。なお、Graziaにとって4回目のサンレモ出場であったが、実に22年振りのこととなった。また指揮を務めたのは元PFMメンバー&サポートメンバーであり、プロデューサーとしても定評のあるLucio Fabbri(ルーチォ・ファッブリ)が務めた。

サンレモ2015第3夜のカヴァー大会で彼らが披露したのは、Giuni Russo(ジゥニ・ルッソ/1951-2004/53歳没/Sicilia州Palermo出身)の1986年ヒット「Alghero(アルゲーロ/※サルデーニャ州の都市名)」。

※当サイトでのGiuni Russoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giuni_Russo

Algheroの守護聖人が大天使ミカエル(イタリア語でミケーレ)であるので、Grazia Di Michele("大天使ミカエルの恩寵"と訳せる)らしい選曲だ。

そして何と言っても、Mauro Coruzziが彼が演じる人気キャラクターPlatinette(プラティネット)の扮装で登場したことも特筆するところ。

なお、同曲のスタジオ録音テイクは、サンレモ2015のコンピCD(1回生産のみ)のみの収録となっている。

※当サイトでのPlatinetteの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Platinette

Super Sanremo 2015

※当サイトでのGrazia Di Micheleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Grazia_Di_Michele


サンレモ2015で3位&ミア・マルティーニ賞(批評家賞)に輝いた「Adesso e qui [nostalgico presente](今そしてここ [郷愁の現在])」を歌ったMalika Ayane(マリカ・アヤン/31歳/Milano出身)。

実力派カンタウトーレPascifico(パチフィコ/51歳/Milano出身)や同大会の新人部門優勝に輝いたGiovanni Caccamo(ジォヴァンニ・カッカモ/25歳/Sicilia州Modica出身)らとMalika自身が書きあげた楽曲で、公式videoclipは、仏映画『La fille sur le pont(邦題:橋の上の娘)』(1998)にインスピレーションを得て製作された。

Malikaはサンレモ2009新人部門優勝後、2010年5位、2013年4位、そして2015年3位と確実にステップを登って来ている。

サンレモ2015第3夜のカヴァー大会で披露したのは、Vasco Rossi(ヴァスコ・ロッスィ/ヴァスコ・ロッシ/63歳/Emilia Romagna州Zocca出身)の1993年の作品「Vivere(意:生きる)」。当時Vasco 41歳。

※当サイトでのVasco Rossiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vasco_Rossi

なお、同曲はCDには収録されておらず、デジタルダウンロード限定販売となっている。

サンレモ2015出場曲を収録したMalikaの4thアルバムが『Naif(※本来の表記はiの上にトレマ¨が付される。/意:自然な/仏語)』。彼女の父の生まれた国モロッコを訪れた時に、新しいアルバムのコンセプトにピッタリだと感じたキーワードだそうだ。以前のサウンドから大きくスタイルを変え、特にアフリカや南米の舞踊のリズムを取り入れたことが特徴的。収録曲は、現在を生きることや継続的に視点を変えることの重要さについて、そしてそれらをいかに楽しむかが大切だと歌っている。チャート最高9位。

Malika Ayane - Naif

サンレモ出場曲に続く、同アルバムからのシングル曲は「Senza fare sul serio(意:本気ですることなく)」。公式videoclipはハンガリーのブタペストで撮影された。

続くシングル曲は「Tempesta(意:嵐)」。公式videoclipは、インド人監督Raja Nawatheのスリラー映画『Gumnaam』(1965)にインスピレーションを得て製作された。

※当サイトでのMalika Ayaneの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Malika_Ayane


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

イタリア音楽専門誌 MusicaVita Italia 第4号 2014/1/31発売!

大変お待たせいたしました。日本語で読めるイタリア音楽情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』第4号、2014年1月31日に発売決定!

musicavitaitalia4

今回、各ネットショップでの発売は2月初旬となります。また発売日以降に開催されるイタリア関連イベントの一部でも紹介、直接お求めいただける機会を設けたりする予定です。ムジカヴィータ・イタリア編集部から直接お求めいただくことも可能です。

内容も発表になりました。こうご期待あれ!

  • 特集1: クラウディオ・バリオーニ
    • ロング・ヒストリー
    • 来日公演レビュー&インタヴュー
    • アルバム・ディスコグラフィ
  • 特集2: アーティスト名鑑 90年代編
    • ラウラ・パウジーニ / リガブエ / パオロ・ヴァレージ / アンドレア・ボチェッリ / アレアンドロ・バルディ / ジョルジア / ルカ・カルボーニ / エリオ・エ・レ・ストーリエ・テーゼ / リトゥフィーバ / パオラ・トゥルチ / ネリ・ペル・カーゾ / ミエッタ / 883 / ミケーレ・ザリッロ / イレーネ・グランディ / ネック / マルコ・マジーニ / ビアージョ・アントナッチ / ジャンルカ・グリニャーニ / ジョヴァノッティ / ヴァスコ・ロッシ
  • インタビュー(GOB / ラファエル・グアラッツィ / マリカ・アヤーヌ)
  • 来日公演レビュー(ニュー・トロルス / アレア)
  • 第4回サンレモ音楽祭 1954 年
  • ナポレターナ あれこれ 「帰れソレントへ《Parte 2》」/青木 純
  • No.63 カンツォーネ大集合/レビュー
  • altri musica 〜その他の音楽〜
    • ムジカ・ビート(Musica Beat)
    • カンタウトーレ(Cantautore)
  • 新着ディスク・レビュー
  • 最新ニュース(Novita’)
  • 2013年アルバム年間チャート
  • 連載コラム
    • 私のイタリア音楽の旅 新井健司
    • イタリア映画の備忘録 押場靖志
    • 鍵盤の彼方の伊太利亜 難波弘之
    • 音楽の合間に読書 久保耕司
    • 伊太利亜秘宝館 高橋 理
    • イタリアの車窓から 冨田和磨
  • 読者プレゼント

など (掲載内容は変更する場合があります)

なお、本誌において、当サイトの主宰YoshioAntonioは編集長を務めています。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ