Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Luca_Barbarossa

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第156回イタリアPOPSフェスタ(2018年8月)参加者募集

紹介予定:
★Giorgia(ジォルジァ/ジョルジア)
『Oronero deluxe edition LIVE』(2018)2017年年間チャート23位
★Jovanotti(ジォヴァノッティ/ジョヴァノッティ)
『Oh, vita! Lorenzo 2018』(2017)2017年年間チャート6位
★Ron(ロン)
『Lucio!』(2018)サンレモ音楽祭2018/4位入賞収録
★Luca Barbarossa(ルカ・バルバロッサ)
『Roma e` de tutti』(2018)サンレモ音楽祭2018ルネツィア賞(文学的歌詞賞)獲得曲収録
★Giovanni Caccamo(ジォヴァンニ・カッカモ)
『Eterno』(2018)サンレモ音楽祭2018出場曲収録
★Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ)
『Il gelato dopo il mare』(2018)サンレモ音楽祭2018出場曲収録。Taketo Goharaプロデュース

2018-08EV

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。

東京スカイツリーを間近に望む夜景と、 来場者持ち寄りの飲食物を一緒に味わえるのも人気です!

なお、Eメールアドレスをお知らせいただいた参加者には、FESTA参加後、もれなく秘密のプレゼントがあります。(注:携帯メールアドレスには、プレゼントのご提供ができない場合あります。)

日時:2018年08月25日(土) 17:00〜21:30(16:30開場)

会費:1,000円

※飲食物のお持ち寄りをお願いいたします:取り分けし易いものがベターです。ご自分がお好きなもの・食べたいものを数人前ぐらいで充分です。

席数:ご予約順の先着20名(要・予約)

会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分(予約者のみに詳細をお知らせいたします

注意事項
※先着20名に達し次第、募集を締め切ります。
※席数に達しなかった場合でも、準備の都合上、予約締切は会期前日とします。
※音楽鑑賞タイムは、音楽を鑑賞する目的の参加者の迷惑とならないよう各自ご注意ください。

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)

※当サイトでのGiorgiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giorgia

※当サイトでのJovanottiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

※当サイトでのRonの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ron

※当サイトでのLuca Barbarossaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Luca_Barbarossa

※当サイトでのGiovanni Caccamoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giovanni_Caccamo

※当サイトでのRenzo Rubinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renzo_Rubino

第43回イタリアPOPSフェスタ(2008年10月)レポート (その3 / Ron, Luca Barbarossa)

その2はコチラ



第3部

Ron/Quando saro' capace d'amare第3部からは、深まる秋を楽しむのにぴったりな楽曲をラインナップ。先鋒を務めるのはRon(ロン/55/Pavia近郊Dorno出身)。2007年に傑作ライヴアルバムをリリースし、その優雅で美しい楽曲の魅力を円熟したパフォーマンスで見せつけてくれたRon(2008年1月FESTAを参照のこと)ですが、2008年はスタジオ盤「Quando sarò capace d'amare」をリリースと、精力的な活動をみせてくれました。

Giorgio Gaber 3CDタイトル曲"Quando sarò capace d'amare(僕が愛することができるだろう時)"は、イタリアの最初期カンタウトーレムーブメントの中心人物だった故Giorgio Gaber(ジォルジォ・ガーベル)のカバー。Giorgio Gaberは、Ligabue(リガブエ)の"Buonanotte all'Italia"のPVにも登場していたり(2008年9月FESTAを参照)、若手カンタウトーレのSimone Cristicchi(スィモーネ・クリスティッキ)が影響を受けたアーティストとして真っ先に名前を挙げるなど、現在のTOPアーティストにも深く影響を与え続けている、イタリア歌謡史に名が残る名カンタウトーレ。

Signor G(スィニョール・ジー)の愛称で親しまれたGaberが晩年の1994年に発表した楽曲を、Ronは丁寧にカバーし、オリジナルよりも光るようなテイストに仕上げることに成功しています。

続きを読む(leggere la continuazione)

第39回イタリアPOPSフェスタ(2008年6月)レポート (その3 / Elisa, Luca Barbarossa, Anastasia Dellisanti, Patty Pravo, Franco Fasano)

その2はコチラ


第3部

6月FESTAのスペシャル企画『参加者からの紹介コーナー』の後半です。

初参加のShowGさんからはElisa(エリーザ/31/Trieste出身)のDVD「Soundtrack Live '96-'06」(2007)より、"Luce/Tramonti a nord est(光/北東への日没)"を紹介してもらいました。それまで英語曲しか発表していなかったElisaが初めて挑戦したイタリア語曲。大御所Zuccheroの協力を得て共作したこの楽曲は、見事、サンレモ音楽祭2001での優勝を勝ち取り、Elisaの分岐点となったとも言えるでしょう。
(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)


2人目はToshieさん。5年ぶりにアルバムをリリースしたLuca Barbarossa(ルカ・バルバロッサ/47/Roma出身)を!とお持込みいただいたのですが、せっかくのNewアルバムをここで1曲だけ紹介するのはもったいないので、初期の作品を紹介していただきました。"La strada del sole(太陽の道)"(1982)。

当時21歳のBarbarossaの声はとてもさわやかで、楽曲も初々しさに満ちています。『デビュー曲」としてご紹介いただいたのですが、調べたところ、デビュー2年目に3枚目のシングル曲として発表された、アルバム未収録曲だったようです。(後にデビューアルバムがCD化された際にボーナストラックとして追加された模様)

近いうちにFESTAで本格的に紹介しましょうね、Toshieさん!


 

3人目はtontoさん。『僕らのような団塊の世代の心の琴線に触れる曲調とグラフィティです。』と紹介してくれたのが、Anastasia Dellisanti(アナスタスィア・デッリサンティ)の"Un'immagine di noi(私たちの偶像)  

この曲には、60年代から70年代にかけて世界中を席巻したアーティストの名前が、走馬灯のように登場します。

Iron Butterfly(アイアン・バタフライ)、Doors(ドアーズ)、Cream(クリーム)、Pink Floyd(ピンク・フロイド)、Bob Dylan(ボブ・ディラン)、Joan Baez(ジョーン・バエズ)、Joe Cocker(ジョー・コッカー), Cat Stevens(キャット・スティーヴンス)、 Leonard Cohen(レナード・コーエン)、Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)、Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン)

これらのアンダーグラウンド・ミュージックを聞きながら
私たちは夢を見ていた・・・
かつてない偶像を夜な夜な創造していた・・・
世界は変わらなかったけど、私は変えたし、君も変えた

でもアンダーグラウンドの時代は終わり
私たちが信じていたヒーローたちも終わった
ジミやジャニスよ、永遠にさようなら
夢は君たちと共に死んでしまった

なんだか、とってもやるせない気持ちになる歌です。


4人目はEmikoさん。イタリアものの品揃えに情熱を注ぐCDショップTACTOのオーナー夫人であります。特に何も用意してこなかったとのことでしたので、リクエストをいただいたところ、再びPatty Pravo(パッティ・プラヴォ/60/Venezia出身)のリクエスト。

近いうちにPatty PravoをFESTAできちんと紹介する予定にしていたので、名曲を外してリクエストしていただき、初期のヒット曲から"Ragazzo triste(哀しき少年)"
(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)

 


さて参加者によるコーナーのオオトリの座を射止めたのは・・・第1回FESTAからのリピーターさんであり、イタポ情報の日本語版百科事典とも言われるPOP! ITALIANOのWebマスターでもあるkazumaさん。イタポの情報量だけでもスゴイのですが、鉄道写真の世界でも、雑誌に車両の形式写真が採用されるほどの鉄道愛好家でもあります。

そんな『歩く字引き』のkazumaさんが紹介してくれたのは、Franco Fasano(フランコ・ファザーノ/47/Liguria州Savona近郊出身)の"Per niente al mondo(世界の何物にも)" Flavia Fortunato(フラヴィア・フォルトゥナート/44/Calabria州Cosenza出身)とのデュエットとなるサンレモ音楽祭1992出場曲です。

Franco Fasanoは作曲家としては、Fausto Leali(ファウスト・レアーリ/64/Brescia出身)に書いた"Mi manchi(君を想う)"や"Ti lascerò(君の思う通りにさせるよ)"などの名曲で知られていますが、歌手としてはあまり表舞台で活躍せず、アルバムも寡作です。近年は子供の音楽祭Zecchino d'Oro(ゼッキーノ・ドーロ)に積極的に曲を書いているようです。

 



注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2008年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)
Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ