Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Loredana_Berte'

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第87回イタリアPOPSフェスタ(2012年8月)レポート(その3/Gigi D'Alessio, Loredana Berte', Samuele Bersani)

第3部

第2部に引き続き、サンレモ音楽祭2012出場者の中から、まだ当FESTAで紹介していなかったアルバムを。

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッスィォ/45歳/Napoli出身)は、Loredana Berté(ロレダーナ・ベルテ/62歳/Calabria州Bagnara Calabra出身)と組んで、Vincenzo D'Agostinoと共作した楽曲"Respirare(息をする)"で出場し、最終ファイナリストに次ぐ総合4位という成績を残しました。出場曲の中で最も耳残りするサビを持った、ノリの良い楽曲だったかと思います。同曲はヒットチャートで最高11位というセールスを残しました。

そのアーティスト人生の中でいつもエキセントリックなオーラを発し続けるLoredanaは、今回も『60歳過ぎてもゴスロリOK!?』 という雄姿を見せ付けてくれました!

※当サイトでのLoredana Bertéの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Loredana_Berte'

また、亡き姉Mia Martini(ミア・マルティーニ/1947-1995/47歳没/Calabria州Bagnara Calabra出身)の栄誉を称えた『Premio Mia Martini(ミア・マルティーニ賞/批評家賞)』が設けられているサンレモ音楽祭に出場することは、Loredana本人にとっても、イタリア社会に取っても意義があり、話題性も充分だったようです。

※当サイトでのMia Martiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mia_Martini

そして、その期待に応えるかのように、第3夜の特別企画『Viva l'Italia nel Mondo(世界の中のイタリア万歳)』(イタリア国外でもヒットしたイタリアの歌を披露する企画)において、生前のMia Martiniが1989年のサンレモ音楽祭で歌い、当時の批評家賞を獲得した名高い名曲"Almeno tu nell'universo(宇宙の中で少なくともあなたは)"を披露してくれました。出場パートナーのGigi D'Alessioに加えて、アメリカからネオ・ソウルの女王の異名を取るMacy Gray(メイシー・グレイ)を招いての共演で、Macy Grayは英語版"Flame(炎)"の英語詞で歌っています。

同曲は1972年に故Bruno Lauzi(ブルーノ・ラウツィ/1937-2006/69歳没/アフリカ・エリトリア国Asmara生まれ)とMaurizio Fabrizio(マウリツィオ・ファブリツィオ/60歳/Milano出身)によって書かれたものの、当時の時代を先行し過ぎているという理由で、17年間も引き出しの中で熟成されたのち、ようやく1989年に披露されたという曰く付きの楽曲。

※当サイトでのBruno Lauziの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Bruno_Lauzi

Gigi D'Alessioは、前出のサンレモ2012出場曲"Respirare"を収めたフルオリジナルアルバム「Chiaro(明らかな)」(2012)をリリースし、アルバムチャートで最高4位まで登るヒットを記録しました。

GigiD'Alessio-Chiaro

シングル第2弾に選ばれた楽曲は、アルバムタイトル曲"Chiaro"。ちょっとした映画仕立ての公式ヴィデオクリップで。曲が終わった瞬間にビックリさせられるシーンがあるので、気を抜かずにご覧ください。

シングル第3弾は"Sono solo fatti miei(単なる個人的なことさ)"。Gigiらしいメローな歌のエッセンスが詰まった良質な楽曲に仕上がっています。公式ヴィデオクリップで。

同アルバムには、Gigiがこの4年間封印していたナポリ弁の楽曲が2曲収められていることも追記しておきます。

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio


8月FESTA第3部で紹介する2人目のサンレモ音楽祭2012出場者は、Samuele Bersani(サムエレ・ベルサーニ/42歳/Rimini出身)。

"Un pallone(球)"という、不思議な雰囲気の自作曲で出場し、栄誉ある『Premio Mia Martini(ミア・マルティーニ賞/批評家賞)』を獲得しました。

同曲を公式ヴィデオクリップで。ヒットチャートでは最高25位に留まる結果となりました。

このサンレモ2012出場曲に加えて、未発表曲1曲と過去の自身の作品26曲の全28曲を収めた2CDアルバム「Psyco - 20 anni di canzoni(精神分析 - 歌の20年)」(2012)をリリース。そのサブタイトルが示すように、自身のデビュー20周年記念作品として、Special版は厚手の紙質48ページの豪華なブックレット仕様となっています。アートプロデュースをSamuele自身が努め、エグゼクティヴ・プロデューサーにGianni Maroccolo(ジァンニ・マロッコロ)を迎えています。アルバムチャートでは最高17位。

SamueleBersani-Psyco-20anniDiCanzoni

アルバムタイトル曲であり、未発表曲の"Psyco(精神分析)"は、第2弾シングル曲。公式ヴィデオクリップで。

8月FESTA会場ではさらに、人気TV番組『Che tempo che fa』出場時の映像で、"Un periodo pieno di sorprese(驚き一杯の時期)"(2009年作品)をご紹介しましたが、ネット上では同映像は既に削除されているようですので、ここでは公式ヴィデオクリップで。

※当サイトでのSamuele Bersaniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Samuele_Bersani


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

『イタリアPOPSスペシャル』2012@イタリア文化会館レポート(その1 / イタリア最新ヒット曲コーナー:10位〜4位)

2012年4月7日(土)は、『イタリアPOPSスペシャル』と題した音楽イベントをイタリア文化会館(東京)のB2Fホワイエにて行いました。

イタリア文化会館(東京)主催の春季恒例のイタリアブックフェアの中のスペシャルイベントとしての位置付けで、入場無料、全席自由席で行われました。

ItaliaBookFair2012
写真撮影:参加者のるりらさん

10代から高齢者層までの幅広い年齢層の参加者が集まってくださり、熱気に満ちたイベントとなりました。

ItaliaPopsSpecial

ItaliaPopsSpecial

ちなみに2011年に続いて連続2年目の出展となりました。

『イタリアPOPSスペシャル』2011
http://piccola-radio-italia.com/archives/51916897.html

[レポート]
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921017.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921025.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921255.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921495.html


第1部 /13:00-14:30 イタリア最新ヒット曲コーナー(最新アルバムチャート10位〜4位)

ItaliaPopSpecial2012イタリアの最新アルバムチャート(2012年4月初頭付け)を基にしたヒット曲をずらりと揃えたラインナップとしました。

[アルバムチャート10位]

Facciamo finta che sia vero(我々はあたかもそれが本当のことである振りをする)
/ Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ/74歳/Milano出身)

Adriano-Celentano-Facciamo-finta-che-sia-vero

1950年代後半にデビューして以来、現代のイタリアPOPS界の頂点に君臨し続けてきた首領(ドン)の最新アルバム。その意味深なタイトルとアルバムジャケットの背景の戦争シーンは、現代社会に対するレジスタンス精神を表しているようです。

2011年11月29日発売ながら、同年の年間アルバムチャートで8位に入ったアルバムでもあります。

同アルバムから"Ti penso e cambia il mondo(僕は君を想う、すると世界が変わる)"をビデオクリップで。

また2012年のサンレモ音楽祭出演時に司会を務めたGianni Morandi(ジァンニ・モランディ)と共演した際の映像も紹介しました。

※当サイトでのAdriano Celentanoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi


[アルバムチャート9位]

Sarò libera(私は自由になるわ)/ Emma(エンマ/28歳/Firenze生まれLecce近郊育ち)

_SL500_AA240_

2011年9月20日発売のアルバムですが、2012年2月にサンレモ音楽祭優勝曲を追加した『Sanremo edition』仕様で再発売されています。

サンレモ音楽祭2012優勝曲"Non è l'inferno(地獄ではない)"を、サンレモ2012優勝発表時の映像で。

※当サイトでのサンレモ音楽祭2012の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51997210.html

なお、Emmaはデビューアルバム「Oltre」(2010)が2010年間アルバムチャート2位という記録があります。タレントオーディションタイプの人気TV番組『Amici』出身の歌手です。

※当サイトでのEmmaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma


[アルバムチャート8位]

Chiaro(明らかな) / Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッスィオ/45歳/Napoli出身)

GigiD'Alessio-Chiaro

サンレモ音楽祭2012でLoredana Berté(ロレダーナ・ベルテ/62歳/Bagnara Calabra出身)と組んで出場し、4位入賞となった楽曲"Respirare(息をすること)"を、サンレモ2012出場時の映像で。

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio

※当サイトでのLoredana Bertéの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Loredana_Berte'


[アルバムチャート7位]

Amami(私を愛してちょうだい) / Arisa(アリーザ/30歳/Genova生まれBasilicata州Pignola育ち)

Arisa-Amami

どちらかというと今まで少々『色モノ路線』に近かったArisaが、その外見も含めてアーティスティックに衣替えした事が当たったようです。

同アルバムに収録された楽曲で、サンレモ音楽祭2012で2位に輝いた"La notte(夜)"は、シングルチャートでは現在首位。名匠Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)プロデュースということも功を奏しましたね。ここでは公式ビデオクリップで。

また、同アルバムからはもう1曲"Il tempo che verrà(やってくる時)"を選曲。これはイタリア映画『Tutta colpa della musica(邦題:何もかも音楽のせい)』(2011年作品)の主題歌に抜擢され、Arisa自身も同映画で女優としてのデビューを飾りました。

なお、同映画は、2012年のイタリア映画祭の中で、『K』枠で上映されますので、お見逃しなく

ItaloCinemaFes2012

※上記フライヤーのPDF版はコチラからダウンロード出来ます。
http://piccola-radio-italia.com/ItaloCinemaFes2012.pdf

[Trailer]

"Il tempo che verrà(やってくる時)"

同年のサンレモ出場組の中で、現在一番セールス面で成功しているのがArisaということになります。

※当サイトでのArisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa


[アルバムチャート6位]

Ovunque(至る所に) / Virginio(ヴィルジーニォ/27歳/Fondi出身)

Virginio-Ovunque

TV番組Amici出身カンタウトーレのVirginioが、2012年3月26日にリリースしたばかりのアルバムで、シングル第1弾となった"Alice (Elis)"は自作曲。公式ビデオクリップで。

※当サイトでのVirginioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Virginio


[アルバムチャート5位]

L'amore è una cosa semplice(愛はシンプルな事) / Tiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ/31歳/Latina出身)

front (2)

2011年9月28日発売で、2011年間アルバムチャート6位に入ったアルバム。

ちなみに前作「Alla mia età(僕の年齢で)」(2008)は、2009年の年間アルバムチャートの首位に輝いた記録を持っている、若手ながら人気と実力を兼ね備えたアーティストです。

同アルバムからの第2弾シングルとなった"L'ultima notte al mondo(世界の終りの夜)"を公式ビデオクリップで。

※当サイトでのTiziano Ferroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tiziano_Ferro


[アルバムチャート4位]

Mentre tutto cambia(全てが変わる間に) / Annalisa(アンナリーザ/27歳/Savona出身)

annalisa-mentre-tutto-cambia

2011年にTVのタレントオーディション番組『Amici』に出演して一躍脚光を浴びたAnnnalisaのソロ第2作目のアルバムで、2012年3月27日に発売されたばかり。

前作では正統派っぽい女性ヴォーカルを聴かせてくれましたが、今回はややRock寄りのワイルドテイストが加味された形になった印象です。シングルカットされた"Senza riserva(蓄えなしで/ためらわずに)"を公式ビデオクリップで。

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第73回イタリアPOPSフェスタ(2011年6月)レポート (その1 /Valerio Scanu, Loredana Errore, Loredana Berte' Emma)

web第73回Festaは、23名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて6/11(土)に開催されました。参加者の内訳は男性8名 女性15名(うち、初参加者1名)。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、間近
に東京スカイツリーを望みながら極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

集合写真撮影
るりら氏



第1部

200px-Amici_Logo2001年の放送開始から10周年を迎えた人気テレビ番組『Amici di Maria De Filippi(アミーチ・ディ・マリア・デ・フィリッピ)』は、すっかりイタリア音楽界の台風の目となる存在となり、様々な人気歌手やカンタウトーレ、ダンサーを排出する人気タレントショーとして定着するようになりました。

そんなAmici出身の歌手を3人ピックアップして、6月FESTAの第1部で紹介いたしました。

1人目はValerio Scanu(ヴァレリオ・スカーヌ/21歳/Sardegna州La Maddalena出身)。2008年の
Amiciで惜しくも2位となったものの(1位はAlessandra Amoroso)、その後、サンレモ音楽祭2010で優勝に輝く快挙を成し遂げたValerio Scanu。

2010年11月9日にリリースした3rdアルバム「Parto da qui(僕はここから出発する)」では、ヒゲを蓄えてイメージチェンジし、ボーナスDVDと24ページに渡るカラーブックレットを付け、イタリアのアルバムチャートで最高2位に付ける実績を残しました。
img275

付属のボーナスDVDには、自身の出世作"Sentimento(感情)"の他、アルバム未収録だったカバー曲数曲を歌っているスタジオライヴの映像が収められています。

2010年10月15日にリリースされた先行シングルは、"Mio(僕のもの)"。シングルチャートでは最高8位となりました。

Festaでは、CDに合わせて付属DVD収録のPhoto Galleryを楽しんで貰いましたが、ここではライブ映像を貼っておきます。


このアルバム「Parto da qui」を掲げたツアーを行ったValerioは、イタリア国内だけに留まらず、スイスやスロヴァキア、そしてカナダでもライヴする実績を残しました。

そして2011年4月19日には、元のアルバムにNewシングル"Due stelle(2つの星)"を追加し、新たにボーナスDVDを加えた「Parto da qui (TOUR edition)」を発表し、アルバムチャート6位に付けました。
img094

ボーナスDVD内には、『Love Show』と名付けられたミニライヴの様子が収められ、CDに追加されたNewシングル"Due stelle(2つの星)"は、同アルバムに収録されている英語曲"Chances"のイタリア語版となります。

FESTAではTVライヴ映像でご覧いただきました。後半はサンレモ音楽祭2010優勝曲"Per tutte le volte che...(…する度に)"も歌っています。


※当サイトでのValerio Scanuの紹介記事はコチラ



Amici出身歌手2人目は、Loredana Errore(ロレダーナ・エッローレ/27歳/ルーマニア国Bucarest生まれ→Sicilia州Agrigento育ち)。

彼女は2010年のAmiciで2位となった歌手で、実力&人気を誇るカンタウトーレBiagio Antonacciがプロデュース&楽曲を書き下ろすという幸運をつかみました。

プラティナディスクとなる大ヒットを記録したデビュー作がミニアルバムだったので、1stアルバムと呼べるフルアルバム「L'errore(意:エラー)」は、2011年3月8日に満を持してのリリースとなりました。
img053

今回もBiagio Antonacciプロデュースで、全曲Antonacci自身の書き下ろし・共作となっており、共作者としてLoredanaの名前がクレジットされた曲も2曲ほど収められました。

また演奏面では、売れっ子スタジオミュージシャンとして頭角を現してきたDavide Tagliapietra(ダヴィデ・タリァピエトラ)が、ギターもベースも弾き、アレンジにも参加と大活躍をしています。
※父は元Le OrmeのAldo Tagliapietra(アルド・タリァピエトラ)

先行シングル第1弾となった"Il muro(壁)"は、2011年1月21日リリース。Gigi D'AlessioのNew York公演に客演した際のライヴの映像で紹介いたしました。


そして先行シングル第2弾として2011年2月26日リリースされたのは、同じLoredanaという名前を持つ大先輩Loredana Berté(ロレダーナ・ベルテ/61歳/Calabria州Bagnara Calabra出身)とのデュエットで話題となった"Cattiva(悪い女)"。

※当サイトでのLoredana Bertéの紹介記事はコチラ

FESTA会場では、映像無しで見た方が良い曲と判断してCD音源で聴いていただきましたが、その『見ない方がいいライヴ映像』がこちら。音質と画質の悪さもありますが・・・あまりにも見た目に注意が持っていかれてしまい、音楽自体を訊けなくなりそうな映像なので・・・(苦笑)


※当サイトでのLoredana Erroreの紹介記事はコチラ



そして2010年のAmiciで、Loredana Erroreを押さえて優勝したのがEmma(エンマ/27歳/Firenze生まれPuglia州Lecce近郊育ち)。

デビュー盤となったミニアルバム「Oltre」(2010年3月16日発売)は、イタリア年間チャートの2位に収まるという大ヒットとなり、一躍人気スターとなったEmmaは、2010年10月19日に待望のフルアルバム「A me piace così(私はこんなのが好き)」をリリース。前作同様、瞬く間にプラティナディスクを勝ち取りました。
img271

同アルバムからのシングル第1弾"Con le nuvole(雲と共に)"は、既に4月に開催した『イタリアPOPSスペシャル@イタリア文化会館』でご紹介しましたので、6月FESTAでは、シングル第2弾となった"Cullami(私を惑わして)"を公式videoclipで紹介いたしました。


上記2曲とも、カンタウトーレRoberto Casalino(ロベルト・カザリーノ/32歳/Campagna州Avellino出身)が書き下ろした楽曲で、彼は、Amiciと並ぶタレントショー番組X Factorで2008年にブレイクしたGiusy Ferreriの出世作"Non ti scordar mai di me"をTiziano Ferroと共作したことで脚光を浴びました。

Emmaは2010年11月になると、同アルバムに9曲を加えたSpecial Editionを追加リリースしました。

年が明けて2011年になると、EmmaはModà(モダー)と組んでサンレモ音楽祭2011に出場し、惜しくも2位となったものの、出場曲"Arriverà(やってくるよ)"は、5週間に渡ってヒットチャートの首位を続け、結果としては同年のサンレモ出場曲の中で一番のヒットとなりました。

そしてそのサンレモ出場曲を含む3曲をオリジナル盤に追加して15曲入りとしたSanremo Editionを2011年2月16日にリリース。
A-me-piace

新たに追加された3曲は全て、サンレモ音楽祭でパートナーを組んだModà(モダー)のvocalistのKekko(ケッコ)こと、Francesco Silvestre(フランチェスコ・スィルヴェストレ)のペンになる楽曲。

6月FESTAの第1部の最後の楽曲はそのKekko作の3曲の中から"Io son per te l'amore(私は愛するあなたの為にいる)"を公式videoclipで紹介いたしました。


※当サイトでのEmmaの紹介記事はコチラ


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

第49回イタリアPOPSフェスタ(2009年4月)レポート (その1 / Loredana Berte', Ivana Spagna, Irene Fornaciari, Chiara Canzian, Arisa)

IMG_3358第49回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて4/18(土)に開催しました。参加者の内訳は男性8名 女性9名(うち、初参加者1名)。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむと同時に、極上の音楽を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。


第1部

第1部は女性歌手だけをラインナップ。

Lola & Angiolina ProjectTopバッターはLola & Angiolina Project(ローラ&アンジォリーナ・プロジェクト)。その正体はLoredana Berté(ロレダーナ・ベルテ/59歳/Reggio Calabria近郊生まれ)とIvana Spagna(イヴァーナ・スパーニャ/53歳/Verona近郊出身)のデュオ。

昨2008年にLoredanaがサンレモ音楽祭出場の際、そのゲストステージでIvana Spagnaを迎え、共にゴスロリファッションに身を包んだセンセーショナルなステージが強烈な印象を残し、評判を呼んだことから、発展的に生まれた企画モノと言えるでしょう。

思えば、サンレモ音楽祭の開催中に失格扱いになりながらも、最終的には亡姉の名前が冠されたMia Martini賞(批評家賞)を受けることになるなど、最も大衆から喝采を浴び、優勝レースに参加した歌手たちよりも大きな話題をさらったのがLoredana Bertéでした。

Lolaとは、その亡姉Mia MartiniがLoredanaを呼ぶ時によく使っていた愛称であり、Angiolinaとは、Ivana Spagnaのミドルネームとのことです。

2009年2月9日に発売されたアルバム「Lola & Angiolina Project」(2009)は6曲入りですから、ミニアルバムと言っても良いかもしれません。LoredanaとSpagnaの2人の共同プロデュースで、コーラスにAida Cooper(アイダ・クーペル/60歳/Piacenza近郊出身)の協力を得ています。5曲をLoredanaが作詞&作曲を手掛け、Spagnaが1曲作詞を担当。メインボーカルはお互いに3曲ずつという構成。

昨2008年のサンレモ音楽祭の話題をさらった"Musica e parole"も、新しいバージョンで収められており、イントロにスペクタクル風のファンファーレが入り、エンディングはLoredana自身によるRAPが収められています。最後はマイケル・ジャクソン風に決めています。

アルバムの代表曲としてシングルカットされたのは、Loredanaの作詞作曲でSpagnaがボーカルを取る"Comunque vada(ともかくお行きなさい)"。アルバムの1曲目に収められています。

Festaでは、人気TV番組Scaro76出演時の映像で楽しんでいただきました。50を超えてもなお妖艶な色気が漂うSpagnaのルックスが最高ですね。


 

さてここからは、サンレモ音楽祭2009の新人部門(Nuove proposte)に出場した女性歌手たちを続けて紹介しました。

続きを読む(leggere la continuazione)
2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ