Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Ligabue

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第170回イタリアPOPSフェスタ(2019年11月)レポート(第1部:Silvia Mezzanotte, Ligabue)

1975年デビューで、サンレモ音楽祭で2度優勝経験を持つ唯一のグループMatia Bazar(マティア・バザール)の3代目(1999-2004)&5代目(2010-2016)のヴォーカリストを務めたSilvia Mezzanotte(シルヴィア・メッツァノッテ/52歳/Bologna出身)。11年ぶりのソロアルバムが『Aspetta un attimo(意:ちょっと待って)』(2019)
Silvia Mezzanotte - Aspetta un attimo

※当サイトでのMatia Bazarの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Matia_Bazar

アルバムタイトル曲「Aspetta un attimo」

Silviaはもともとソロ歌手としてサンレモ音楽祭1990新人部門に出場したこともあったが、あまり芽が出ず、コーラスガールとして活動。Laura Pausini(ラウラ・パウジーニ)やFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)、Mia Martini(ミア・マルティーニ)らをサポートしていたところに、Matia Bazarの3代目ヴォーカリストに抜擢されブレイク。同バンドの2度目のサンレモ音楽祭優勝(2002年)に貢献する。

最近はモノマネ歌手としても活躍し、そのピカイチの歌唱力を駆使した本物と間違えかねないほどの完成度を誇るパフォーマンスが見ものだ。

※当サイトでのSilvia Mezzanotteの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Silvia_Mezzanotte


観客動員数のヨーロッパ記録を持つLigabue(リガブエ/59歳/Emilia Romagna州Correggio出身)のアルバム『Start』(2019)は発売以来20週以上に渡ってチャートの1位2位に君臨する大ヒットを記録。息子LennyことLorenzo Ligabue(21歳)が何曲かのドラマーとコーラスに参加していることも話題になった。
Ligabue - Start

「Luci d'America(意:アメリカの光)」は米カリフォルニア州ロケのヴィデオクリップが製作された。

「Certe donne brillano(意:いくらかの女たちは輝く)」は、Reggio Emiliaのディスコテックでロケ。タイトルに倣ってバンドメンバーも観客も女性ばかり。狭いステージとハコはLigabue来日公演を思い出させる。来日時のインタヴューでは、駆け出しの頃の気持ちにさせてくれる新鮮な体験になったと語っていたが、その体験をもとに製作されたヴィデオクリップかと思うと日本のファンには喜びもひとしおだ。

「Polvere di stelle(意:星くず)」

2020年にはソロデビュー30周年記念公演として三度目のCampovolo公演を開く計画中。広大な飛行場をライヴ会場にした公演で、Ligabueは1995年に16.5万人動員し、ソロアーティストの有料コンサートとして観客動員数ヨーロッパ記録を樹立している。まだまだ衰えを知らないスーパースターとして躍進している。

※当サイトでのLigabueの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

第170回イタリアPOPSフェスタ(2019年11月)参加者募集

紹介予定:
★Red Canzian(レッド・カンツィアン)『Testimone del tempo tour』(2018)
 元Poohのベーシストがサンレモ音楽祭2018出場を機にリリースしたアルバムを掲げたツアーを収録したDVDから。実娘Chiara Canzianがコーラス、義息子Phil Merがドラムにピアノを演奏。自身の音楽キャリアを丁寧に網羅した選曲も興味深い。
★Marcella Bella(マルチェッラ・ベッラ)『50 anni di Bella musica』(2019)
 マルチェラがデビュー50周年を迎えた記念に新曲入り公式コンピレーションアルバムをリリース。
★Ligabue(リガブエ)『Start』(2019)
 観客動員数のヨーロッパ記録を持つロッカーの最新アルバムから。
★Silvia Mezzanotte(シルヴィア・メッツァノッテ)『Aspetta un attimo』(2019)
 元Matia Bazarの歌姫のソロ3作目。最近はモノマネ歌手としてもブレイク。

2019-10EV

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。

東京スカイツリーを間近に望む夜景と、 来場者持ち寄りの飲食物を一緒に味わえるのも人気です!

なお、Eメールアドレスをお知らせいただいた参加者には、FESTA参加後、もれなく秘密のプレゼントがあります。(注:携帯メールアドレスには、プレゼントのご提供ができない場合あります。)

日時:2019年11月23日(土) 17:00〜21:00(16:30開場)

会費:1,000円

※飲食物のお持ち寄りをお願いいたします:取り分けし易いものがベターです。ご自分がお好きなもの・食べたいものを数人前ぐらいで充分です。

席数:ご予約順の先着20名(要・予約)

会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分(予約者のみに詳細をお知らせいたします

注意事項
※先着20名に達し次第、募集を締め切ります。
※席数に達しなかった場合でも、準備の都合上、予約締切は会期前日とします。
※音楽鑑賞タイムは、音楽を鑑賞する目的の参加者の迷惑とならないよう各自ご注意ください。

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)

※当サイトでのRed Canzianの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Red_Canzian

※当サイトでのMarcella Bellaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marcella_Bella

※当サイトでのLigabueの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue

※当サイトでのSilvia Mezzanotteの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Silvia_Mezzanotte

第143回イタリアPOPSフェスタ(2017年6月)レポート(第2部:Ligabue, Gigliola Cinquetti)

Ligabue(リガブーエ/57歳/Correggio出身)のアルバム『Made in Italy』(2016)は、意外にもLigabue初のコンセプトアルバムで、あらゆることが上手く行かない人生を生きるRiko(リコ)という名の男性の物語(注:Liga曰くRikoとは自分のミドルネームRiccardoのことで、すなわち、ミュージシャンにならなかった場合の自分とのこと)を通じて、イタリアに対する欲求不満な愛を綴っているが、《でもこのアルバムを聴けば、自分の人生を自身の手に取り戻すことができることが判るよ》とLigaは語っている。チャート最高首位、年間チャート3位。2015年の来日公演時とほぼ同じメンバーで録音され、来日に同行したClaudio Maioli(クラウディオ・マイオーリ)がエグゼクティヴ・プロデューサー、キーボード奏者も務めるLuciano Luisi(ルチァーノ・ルイージ)がプロデュースと録音技師も務めている。30ページのブック型パッケージで、全楽曲の歌詞が、手書き文字と活字の両方で記載されている。
Ligabue - Made in Italy

ちなみに今回のFESTA開催日の5日前の6月12日に同アルバムを元にした映画が製作される事が発表されたばかりで、しかも15年ぶりにLigabue自身が映画監督を務める3作品目となる。

2018年4月、イタリア映画祭2018で映画『Made in Italy』(2018)とLigaの監督処女作『Radiofreccia』(1998)が上映され、舞台挨拶のためLigabueが再来日を果たした。

制作された公式ヴィデオクリップのうち、演奏シーンが登場するものは、一貫してLigabueはグレッチのホワイトファルコンを弾き、骸骨マイクを使い、サポートギタリストたちもフェンダー・ジャガーなどを弾いていることから、レトロなサウンド&イメージを漂わせる方法論を取っているものと推察できる。

シングル第1弾は「G come giungla(意:ジャングルのG)」。電話や無線で綴りを説明する時などに使う言い回しで、通常は“A come Ancona(アンコーナのA)”、“B come Bologna(意:ボローニャのB)・・・と言うように都市名を使うの。公式ヴィデオクリップではLigabue流のアルファベット対応表がAからZまで画面に現れるのも見どころ。

シングル第2弾はアルバムタイトル曲「Made in Italy」。主人公Rikoの2番目の新婚旅行が歌われている。様々なイタリアの都市名が歌詞に登場し、公式ヴィデオクリップでは銀河鉄道のようにLigabueが列車に乗り、模型のコマ撮り映像と重ねて作られている。Bolognaが歌われる冒頭から38秒あたりで映し出される時計が10:25を指しているのは、1980年に起きたボローニャ駅爆破テロ事件を示している(実際のBologna駅でも10:25を指したままの時計が残されている)。そこでLigabueが歌っている歌詞は“Bologna ha nel cuore una vecchia stazione(ボローニャの心には古い駅舎がある)”だ。

シングル第3弾「E` venerdi`, non mi rompete i coglioni(意:金曜日だ。君たちは僕をうんざりさせない)」。公式ヴィデオクリップにはレトロな映像のダンスシーンが差し込まれており、楽しい雰囲気を醸し出している。歌詞で歌われているのは、Rikoが金曜日の夜、男友達とカーニヴァルに行き、いろいろな人物と冒険をするのだが、実は彼らはRikoに死を強要するようになるワルたちだったのだ。

シングル第4弾は「Ho fatto in tempo ad avere un futuro間に合うように〜する [che non fosse soltanto per me](僕は未来に間に合うようにした[自分のためだけでないかのように])」。公式ヴィデオクリップでは、首つりロープをかけられてそれから逃れられないRikoが、同世代の女性との出会いで救われるシーンが描かれている。

Liga Rock Parkツアー映像から「Dottoressa(意:女学士さん/=高学歴女性への呼称)」。

※当サイトでのLigabueの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue

Ligabue来日公演時(2015年)のインタビュー記事掲載。ムジカヴィータ・イタリア第8号


http://piccola-radio-italia.com/archives/52254728.html

2017年11月18・19日の来日公演が発表されたGigliola Cinquetti(ジリオラ・チンクェッティ/70歳/Verona出身)。
Gigliola Cinquetti

24年振りの来日公演となるので、今回のFESTAではその24年前の1993年東京公演の映像から。弱冠16歳でサンレモ音楽祭1964優勝し、一躍世界中のアイドルになった記念すべき楽曲「Non ho l'eta`(邦題:夢みる想い)」、Francesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)のカヴァーで「Viva Italia(意:イタリア万歳)」(1979)、Avion Travel(アヴィオン・トラヴェル)のカヴァーで「Abbassando(意:ひそめながら)」(1990)。特に最後の曲は、Avion Travelがイタリア本国でもまだ知る人ぞ知る存在だったメジャーデビューアルバムの収録曲。彼らはサンレモ音楽祭1998年に初出場し、2000年に優勝してから本国で名を上げたのであって、それより前の1993年時点のでは、イタリア音楽通にさえ存在を知られていない状態であったのに日本公演で披露していたとは。。。オーラの選曲の妙に改めて感心することとなった。

※当サイトでのGigliola Cinquettiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigliola_Cinquetti


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

Cronaca161s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

Cronaca161s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ