Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Goblin

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

【来日公演】Goblin映画『ゾンビ』シンクロ生演奏&大阪公演ベスト・ヒット・ショー

2016年に始まった『映画上映&サントラのシンクロ生演奏』企画が好評なGoblin(ゴブリン)来日公演だが、同企画3回目となる2018年の来日が決定した。

映画作品を全編上映し、彼らが映画に忠実にシンクロさせた生演奏を行うという凝った企画で、第1弾&2弾ともチケットがすぐにソールド・アウトとなった大好評企画の第3弾。

ちなみに第1弾となる2016年にはDario Argento(ダリオ・アルジェント)監督作品で初の世界的大ヒットとなった『Suspiria(サスペリア)』(1977年作品)、2017年には同監督の『Profondo Rosso(サスペリア 2)』(1975年作品/実は続編ではなく『サスペリア』より2年前に製作された作品)
第1弾のライヴの様子はこちら

Goblin-citta_lite

今回の第3弾は世界の"マスターズ・オブ・ホラー"映画『ゾンビ(Zombie/Dawn of the Dead)』(1978年作品/George A. Romeo監督)が上映される。当時世界中にゾンビ・ブームを巻き起こした大ヒット作品&ロメオ監督の出世作で、オリジナルの英語版は著作権フリー音楽が使われているが、Dario Argentoが監修したイタリア語吹き替え版『Zombi』にはGoblinのオリジナル曲が採用され、迫りくる恐怖がこれでもかと押し寄せる強烈なサウンドでひしめいており、映画作品そのものを別モノと認識させる出来映えだ。Goblin側のたっての希望で、今回の公演では本邦初上映となるイタリア語吹き替え版+日本語字幕での上演という嬉しいセレクションとなる!

音響は川崎チネチッタに新導入された、噂の最新鋭ハイエンド音響装置「LIVE ZOUND」を使い、『ゾンビ』の恐怖の異次元世界が蘇るという。川崎チネチッタ(映画館)と、創立30周年を迎えるライヴ会場クラブチッタが揃ったラ・チッタデラならではの、ここでしか実現できないライヴ・スペクタクルとなるのは必至だ。

参考:「LIVE ZOUND」で実際に映画を観た体験者の声によると、
> 一般的なサラウンドを遥かに超える臨場感だった
> 微細な音がよりクリアにハッキリ聴こえた
> 音のカタマリがぶつかって来るフィーリングは正に『衝撃波』 だった
結果、その映画の世界により深く浸ることができた、という多くの称賛の声多数。

さらにはGoblinの名盤たる2ndアルバム『Roller(ローラー)』(1976)もライヴで完全再現するという嬉しいサービスも。このアルバムはサントラ盤ではなく、彼ら初のオリジナルアルバムで、バンドとしての本領を発揮した渾身の作品集というところが人気の秘密だ。さらにはGoblinベスト・ヒット・ショー(過去の来日時に演奏されなかった曲もあるという噂)&製作中のNewアルバムから蔵出しの新曲披露もあるという。

2015年以降のGoblinは、メンバーがそれぞれのバンド名を名乗り、3〜4グループに別れて活動しており、今回来日するのはバンド創始者のひとりClaudio Simonetti(クラウディオ・シモネッティ/Key・Gt・Programming)が率いるClaudio Simonetti's Goblinで、Bruno Previtali(ブルーノ・プレヴィターリ/Gt・ブズーキ)、Cecilia Nappo(チェチリア・ナッポ/B)、Titta Tani(ティッタ・タニ/Ds・Perc)の4人編成。昨年までの来日公演はトリオ編成だったが、今年新加入となった女性ベーシストCeciliaの存在が光り、さらにライヴ感溢れる生演奏になるという前評判だ。
SIMONETTI'S-GOBLIN-lite

【川崎公演情報】
日時:2018年10月27日(土)Open 16:00 / Start 17:00 (終演予定20:30)
会場:CLUB CITTA'(クラブチッタ) 神奈川県川崎市川崎区小川町5-7 Tel:044-246-8888
チケット代:¥13,000(前売/税込)
※特別記念CD付き:アーティスト秘蔵のアウトテイク音源収録の完全限定盤ミニCD(公演当日渡し)
※入場の際にドリンク代¥500が必要となります。
席数:全席指定600席限定

【TICKET INFO】
━チケット先行販売情報━
【bayfm78「POWER ROCK TODAY」特別電話先行】
◎6/2(土)深夜 bayfm78「POWER ROCK TODAY」番組内にてチケット特別電話先行の受付実施が決定致しました!
番組用にご用意致しました"最前列を含む 優先的なお席"の受付となります。お聞き逃しなく!!
※お申込頂いたチケットは、翌日より、お近くのチケットぴあ窓口にてお引換頂けます。

【CLUB CITTA'ホームページ先行受付】※抽選制
申込URL:http://clubcitta.co.jp/ticket/
受付期間 6/2(土)午前0:00〜6/7(木)23:59 抽選日:6/8(金) 振込締切:6/12(火)
受付期間◆6/10(日)午前0:00〜6/14(木)23:59 抽選日:6/15(金) 振込締切:6/19(火)

【SHOP店頭先行販売】 6/9(土)〜
ディスクユニオン新宿プログレッシヴ・ロック館:03-3352-2141
目白ワールド・ディスク:03-3954-5348
RECOfan 渋谷BEAM店:03-3463-0171
タワーレコード川崎店:044-245-9522

━チケット一般発売情報━
【チケット 6月23日(土)一般発売開始】
★チケットぴあ 0570-02-9999 http://t.pia.jp/【Pコード:119-120】
★ローソンチケット 0570-084-003 http://l-tike.com/【Lコード:70683】
★イープラス http://eplus.jp/
★楽天チケット http://r-t.jp

-チケット購入者限定-
【来日記念!!! 豪華特典付き 公演プレミアム・パッケージを販売】
20名〜25名限定 ¥20,000(税込)
<内容>
1. 本番前のリハーサルを見学して参加者だけに特別に演奏されるステージを間近で鑑賞。
2. 開演前のステージ上でアーティストと一人ずつ記念撮影。(特製ブロマイドにしてプレゼント!)
3. 公演アーティスト オフィシャルTシャツ
4. 公演記念パンフレット(サイン色紙付)
 (*売切れ必至の上記2アイテムをあらかじめ確保いたします。) 5. 公演アーティスト・オリジナル記念品。(非売品)
◎公演チケットをご購入の来場者の方を対象に抽選予約販売となります。
◎受付方法は、チケット一般発売開始(6/23(土)後に公演オフィシャル・サイト(http://best-italianrock.com/)に掲載させて頂きます。


【大阪公演情報】
バンド側のたっての希望により"手が届く距離"でのオールスタンディング会場で 大阪公演だけのベスト・オブ・ゴブリン・ヒット・ショー!

「サスペリア」「サスペリア2」「ゾンビ」「シャドー」「フェノミナ」などの歴代ホラー映画サウンドトラックの名曲を中心に、秀逸の作品「ローラー」「マークの幻想の旅」からのヒット曲を網羅し、大阪公演だけのために特別にセレクトするベスト・オブ・ゴブリン 特別拡大版!!映画ファン、イタリアン・ロック・ファン必聴&必見の熱狂のパフォーマンスを至近距離で体験!!

【演奏予定曲】 Suspiria / Profondo Rosso / Zombi / Roller / Demon / Non ho sonno / Tenebre

★大阪公演詳細情報
http://best-italianrock.com/special-osaka/
Goblin-osaka-lite

日時:2018年10月26日(金)Open 18:00 / Start 19:00
会場:梅田Shangri-La 大阪市北区大淀南1-1-14 TEL 06-6343-8601
チケット代:¥8,500(前売/税込)オールスタンディング
※入場の際にドリンク代¥600が必要となります。

【TICKET INFO】
━チケット先行販売情報━
【CLUB CITTA'ホームページ先行受付】※抽選制
http://clubcitta.co.jp/ticket/
☆受付期間:
6/2(土)午前0:00〜6/7(木)23:59 抽選日:6/8(金) 振込締切:6/12(火)
6/10(日)午前0:00〜6/14(木)23:59 抽選日:6/15(金) 振込締切:6/19(火)

━チケット一般発売情報━
【7月14日(土) 一般発売開始】
★チケットぴあ  0570-02-9999 http://t.pia.jp/ 【Pコード:118-910】
★ローソンチケット  0570-084-005 http://l-tike.com/【Lコード:57197】
★CNプレイガイド  0570-08-9999 http://www.cnplayguide.com/
★イープラス  http://eplus.jp/
★楽天チケット  http://r-t.jp
★Yahoo!チケット https://ticket.yahoo.co.jp/

第144回イタリアPOPSフェスタ(2017年7月)レポート(第2部:Gigliola Cinquetti、Delirium、Semiramis、Raccomandata Ricevuta Ritorno、Goblin)

11月に24年振りの来日公演が決まったGigliola Cinquetti(ジリオラ・チンクェッティ/70歳/Verona出身)
Gigliola Cinquetti
来日公演情報:http://piccola-radio-italia.com/archives/52254728.html

今回のFestaでは来日予習編その1として、歌詞を見ながら歌って覚え、歌手と観客が一緒に歌うイタリアスタイルのコンサートを来日公演当日に行えるような試みとした。

彼女がスターダムにのし上がるきっかけとなった「Non ho l'eta`(邦題:夢みる想い)」(1964)は、前回のFESTAでも紹介し、7/25開催のイタリア音楽セミナー@青山ベリタリアで掘り下げて解説するので、今回はその後の彼女の代表曲中の代表曲を4曲。まずはサンレモ音楽祭1966で2度目の優勝を勝ち取った「Dio, come ti amo(邦題:愛は限りなく)」。サンレモ音楽祭でパートナーを組み同時優勝したのは、この曲の作者でもあるDomenico Modugno(ドメニコ・モドゥーニョ)。

そしてサンレモ1969で6位に留まったものの、大ヒット曲となった「La pioggia(邦題:雨)。その印象的なイントロベースラインや管楽器を多用したアレンジは今聴いても秀逸な作品だ。日本では2002年にトヨタヴィッツのCM曲に抜擢され(しかも楽曲の2番を採用するマニアックさ!)リバイバルヒットとなった。


サンレモ1972で9位となった「Gira l'amore(邦題:恋よまわれ)。70年代に入り、カンタウトーレ・ブームが到来したことなどの影響で、1音符あたり1音節ではなく、言葉が早口で乗せられていく傾向を反映しているため、サビの部分はかなり練習をしないと自然に歌えない。またブリッジ部分が挿入されるなど、凝った楽曲構成になって来ている。

1951年から現在も継続して開催されているサンレモ音楽祭に対抗して、1956年に始まったもうひとつの重要なコンテストがCanzonissima(カンツォニッシマ)で、1973年のCanzonissimaで優勝して、Cinquettiの(イタリアでの)最大のヒット曲となったのが「Alle porte del sole(邦題:太陽のとびら)」だ。一聴ではノリのいいポップス作品だが、当時のプログレブームを反映してか、バスドラムのキックが変則的なのも聴きどころのひとつ。

※当サイトでのGigliola Cinquettiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigliola_Cinquetti


今年もまたイタリアからは来日公演ラッシュとなっており、Gigliola Cinquetti公演の前の8/12・13、同じクラブチッタに於いて『ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.5,6』として、Delirium(デリリウム)、Semiramis(セミラミス)、Raccomandata Ricevuta Ritorno(ラッコマンダータ・リチェヴータ・リトルノ)が来日する。DeliriumにはかつてIvano Fossati(イヴァーノ・フォッサーティ)が在籍していたバンドであり、サンレモ音楽祭出場歴もある。SemiramisにはMichelle Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)が在籍していたバンドとしても知られる。
17081213-summerfes

チケット取り扱いプレイガイド
チケットぴあ
ローチケ

また10/28には『ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.7』としてGoblin(ゴブリン)が来日公演を行う。昨年、彼らがサントラを担当した映画『Suspiria(サスペリア)』(1977)を全編上映し、彼らが映画にシンクロさせた生演奏を行うという凝った企画が大成功し、すぐにソールド・アウトとなった公演の第2弾。今回は『サスペリア2』として公開された映画にシンクロさせて演奏する。実は『サスペリア2』は『サスペリア』の続編ではなく、『サスペリア』の前に同じDario Argento(ダリオ・アルジェント)監督が手掛けた『Profondo rosso(意:赤い深淵)』(1975)だ。映画としてもスプラッター・ムーヴィーの代表格と言われる『サスペリア』よりも、心理的恐怖を主軸にしたツウ好みの作品で、Goblinファンにも人気の作品だ。今回も早期完売が必至なので、早めにチェックされたし。
171028-goblin


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第128回イタリアPOPSフェスタ(2016年2月)レポート(第3部&第4部:Antonello Venditti, Briga, Biagio Antonacci)

第3部&第4部

大御所カンタウトーレAntonello Venditti(アントネッロ・ヴェンディッティ/67歳/Roma出身)のアルバム『Tortuga(トルトゥガ/注:カリブ海に浮かぶ島の名前)』(2015)。

Antonello Venditti - Tortuga

そのライヴ盤『Tortuga un giorno in paradiso - Stadio Olympico 2015(意:トルトゥガ いつか天国に - スタジオ・オリンピコ 2015年)』(2015)は、そのサブタイトル通り、ローマの巨大なオリンピック・スタジアムで行われた一大スペクタクルを丸々収録したDVD+2CDに、上記のスタジオ録音盤をも追加封入されたお得&豪華なライヴ盤となっている。2月FESTAは第3部&第4部をたっぷり使ってこのライヴ盤DVDからピックアップした、聴きどころ楽曲や見どころシーンを紹介した。

Antonello Venditti - Tortuga - Stadio Olimpico 2015

数十年の長きに渡って、イタリアのスタジアムを満員にできる、指折りのアーティストのひとりとして君臨してきたVendittiの人気&実力が全く衰えていないことは、映像を一目見ればすぐに判る。長年のファンだけでなく、20代前後の観客も多く、いかに老若男女に渡って絶大な支持を受けている事が実感できる。60代後半の、失礼ながら決してグッド・ルッキンとは言えないアーティストに若い女性が歓声を上げているシーンなど、日本ではまずお目にかかれないはずだ。

さて、2月FESTAのテーマであるGigi D'Alessio来日公演つながりとは何なのか?

それはキーボード奏者のひとりがAngelo Abate(アンジェロ・アバテ)であること。そう、Gigi D'Alessioがワールド・ツアーに帯同し、日本のステージにも立ったあのキーボード奏者が、Vendittiの巨大スタジアム公演も支えていたのだ!

Angelo Abate

さらにはBriga(ブリガ/27歳/Roma出身)がゲストとして生出演し、「Dalla pelle al cuore(意:皮膚から心へ)」そして初期のヒット曲「Roma capoccia(意:ローマのリーダー)」の2曲で共演している。そう、Gigi D'Alessioのワールド・ツアーのタイトルとなったアルバム『Malaterra』の代表曲のひとつ「Guaglione(意:子供/"小僧"の意に近い)」で共演している、Amici2015から躍り出た新人ラッパーだ。

さらには人気カンタウトーレBiagio Antonacci(ビアージョ・アントナッチ/53歳/Milano出身)もゲスト出演し、「Che fantastica storia e` la vita(意:人生とはなんと素敵な物語)」 「Amici mai(意:この上ない友人)」の2曲をVendittiとデュエット。

※当サイトでのBiagio Antonacciの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Biagio_Antonacci

他にもこのライヴには見どころが多くあり、アルバム『Tortuga』をVendittiと共同プロデュースし、共作もしているカンタウトーレ&プロデューサーのAlessandro Canini(アレッサンドロ・カニーニ)が、そのマルチ・プレイヤーとしての才能を発揮し、ドラム、パーカッション、ギターなどを演奏している(他にベース、キーボードも演奏できる)。マルチ・プレイヤー自体は珍しくは無いが、大御所のバックバンド・メンバーとして、他の専門の楽器プレイヤーと共演するのは、余興程度の中途半端なマルチ・プレイヤーでは勤まるはずがない。

そして巨大なスタジアムでのコンサートのためか、多くの楽曲がAlessandroとDerek Wilson(デレク・ウイルソン)によるツイン・ドラム編成になっている事も見ごたえ充分だ。

そのドラマーDerek Wilsonはスコットランド出身ながら、東京にも住んでいたことがあるそうで、Vendittiのデビュー盤『Theorius campus』からの付き合い。バンドとしてはプログレ・バンドGoblin(ゴブリン)にも参加していたことがあり(1982年のアルバム『Volo』)、Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)のドラマーも務めていた経歴の持ち主。

Goblinネタでは、Dario Argento(ダリオ・アルジェント)監督の世界的大ヒット映画『サスペリア』シリーズのサントラにGoblinの音楽がこぞって採用されたため、世界中で最も聴かれたイタリアのバンドとも言える。そのGoblinが最も注目を集めた時期のベーシストだったFabio Pignatelli(ファビオ・ピニャテッリ)が、このVendittiのライヴでベースを弾いているのは、日本のプログレ・ファンには涙を流すほど嬉しいはず。

Angelo Abateの他のもうひとりのキーボード奏者Danilo Cherni(ダニーロ・ケルニ)は、現在のGoblin系列バンド(3つのバンドが存在)のうち、Fabio PignatelliとAgostino Marangolo(アゴスティーノ・マランゴロ/Ds./Pino Danieleのドラマーとしても活躍)が率いるGoblin Rebirth(ゴブリン・リバース)のキーボード奏者も務めている。また、アルバム『Tortuga』でVendittiと共作も行っている。

つまり、プログレ・サウンドとは無縁のAntonello Vendittiのライヴを支えるドラム、ベース、キーボードという重要パートは、実はプログレ系ミュージシャンで支えられているという不思議な図式が見て取れる訳だ。

※当サイトでのGoblinの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Goblin

さらにはギタリストのToti Panzanelli(トティ・パンザネッリ)は、なぜか英ニュー・ウエイヴバンドSigue Sigue Sputnik(ジグ・ジグ・スパトニック)の再結成&初来日時の日本語のチラシをプリントしたTシャツを着てステージに立っており、知る人ぞ知るバンドの、しかも日本語のTシャツを着ているのか?そのTシャツはどこで入手したのか?などの謎が渦巻く(笑)。イタリア繋がりがあるとすれば、Giorgio Moroder(ジョルジョ・モロダー)プロデュースのバンドだったことか? Toti自身は、ジャズやブルースも奏でる渋いギタリストなのだが・・・

ジグジグスパトニック

Sigue Sigue Sputnik

また同ライヴの中には、一時期Vendittiのバックを務め、後にバンドStradaperta(ストラーダペルタ/意:開けた道)として独立した面々がバックを務めているパートもある。そして観客の中にRenato Zero(レナート・ゼロ)がいるのも確認できる。Vendittiの元妻の女優Simona Izzo(シモーナ・イッゾ)の姿も。

2月FESTAで紹介した楽曲は以下の通り。

「Raggio di luna(意:ひと筋の月光)」
「Stella(意:星)」
「Non so dirti quando(意:君にいつを言えない/『Tortuga』収録)」
「Sotto il segno dei pesci(意:うお座のもとで)」
「Sara(サーラ)」
「Nottte prima degli esami(意:試験前夜)」
「Cosa avevi in mente(意:君は心に何を持っていたの/『Tortuga』収録)」
「Dalla pelle al cuore(意:皮膚から心へ)」 /feat.Briga
「L'ultimo giorno rubato(意:奪われた最後の日/『Tortuga』収録)」
「Ogni volta(意:毎回)」
「Che fantastica storia e` la vita(意:人生とはなんと素敵な物語)」 /feat.Biagio Antonacci
「Amici mai(意:この上ない友人)」 /feat.Biagio Antonacci
「In questo mondo di ladri(意:この泥棒世界の中で)」
「Roma capoccia(意:ローマのリーダー)」 /feat. Briga
「Grazie Roma(意:ありがとうローマ)」 /feat.Carlo Verdone

コンサート最後の楽曲「Grazie Roma」には、映画監督&俳優のCarlo Verdone(カルロ・ヴェルドーネ/『グレート・ビューティー 追憶のローマ』『イタリア的、恋愛マニュアル』シリーズなどに出演)がドラムを叩いて出演(つまり同曲はトリプル・ドラム状態!で演奏される)。また映画プロデューサーのMassimo Ferrero(マッシモ・フェッレロ)もステージに引っ張り出されてVendittiとデュエットする。

同曲はVenditti作のローマ応援歌だが、現代のRomaを超えて、古代ローマ文化の末裔たち=イタリア応援歌として、W杯時にも大いに歌われる準国歌なみの人気を誇る楽曲だ。ちなみに2002年の日本と韓国で開催されたFIFAワールドカップ時には、Vendittiはイタリアのナショナル・チームを応援するためだけに来日し、チームのキャンプ地仙台に赴いて、選手たちの前で同曲を歌って労っている。

また、同曲の3番はローマ弁で歌われており、ローマ歌謡の伝承者Elena Bonelli(エレーナ・ボネッリ)によれば、"現在のところ最後に作られたロマーナ(ローマ語で歌われた楽曲)"とのこと。

※当サイトでのAntonello Vendittiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Antonello_Venditti


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

次回のイベントは、2月27日(土)に東京・青山のベリタリアに於いて『第13回 百花繚乱』として開催。詳細情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/52207127.html

3月の通常FESTAは、3月12日(土)に開催予定。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳を監修いたしました!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳を監修いたしました!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ