Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Gianni_Togni

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第132回イタリアPOPSフェスタ(2016年7月)レポート(第4部:Gianni Togni)

第4部

第3部に引き続きGianni Togni(ジァンニ・トーニ/60歳/Roma出身)特集。第4部では、彼の過去の話題曲やその曲が与えた影響などを紹介。

Gianni Togniはイタリア本国で人気に火が付いたリアルタイムとなる1981年に来日している。ヤマハ世界歌謡祭に出場するためだった。その時、本国に先駆けて披露したのが「Vivi(邦題:恋するビビ)」で、最優秀賞を獲得し、日本盤シングルも発売された。

そしてTogniと共に、彼を支えるMaurizio Fabrizioをはじめとする主要バンドメンバーが揃って来日したのも画期的な出来事だった。

現存する公式ヴィデオクリップには、当時世界で初めて日本企業が開発し、世界中で爆発的にヒットしていた"初代ウォークマン"をフィーチャーしている点にも注目したい。

同曲は、イタリアでは翌1982年のアルバム『Bollettino dei naviganti(意:航行報告書)』に収録された。

Gianni Togni - Bollettino dei naviganti_1982

1984年のヒット曲「Giulia」もTogniの代表曲のひとつとなった。

第3部で紹介したように、21世紀になってリミックスされてダンス音楽としてリバイバルヒットしたGianni Togniの楽曲のうちのひとつだ。

さらに1981年のヒット曲「Semplice(意:シンプルな)」はさらに大きなリバイバルヒット&独自の発展を遂げる。まずは原曲から。

同曲はイタリアのプロサッカーチームのサポーターの間で替え歌が応援歌として定着する。最初に採用したのはTogniの地元SS Lazio(ラツィオ)。

続いてさらに歌詞を変えて新採用したのがSerieBのSalernitana(サレルニターナ)。

Gianni Togniの原曲に合わせて歌って踊る若い女の子たちの海辺のパーティの動画などもネットにUPされている事から、原曲自体の新たな世代の認知度もかなりのものと推測できる。

E' festa "Semplice"

7月FESTAのラストは、Gianni Togniが楽曲提供&プロデュースを行っていたこともあるベテラン歌手&俳優Massimo Ranieri(マッスィモ・ラニエリ/マッシモ・ラニエリ/65歳/Napoli出身)のTV番組に、2016年にTogniが共演した時のシーンを。「Luna」、「Giulia」、「Per noi Innamorati(意:僕ら恋する者たちのために)」、「Mi troverai(意:君は僕を見つける事だろう)」をデュエット。

Massimo Ranieri e Gianni Togni

※当サイトでのMassimo Ranieriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Massimo_Ranieri

※当サイトでのGianni Togniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Togni


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

第132回イタリアPOPSフェスタ(2016年7月)レポート(第3部:Gianni Togni)

第3部

Gianni Togni(ジァンニ・トーニ/60歳/Roma出身)の9年振りの新作アルバム『Il bar del mondo(意:世界のバール)』から。

Gianni Togni - Il bar del mondo

「La cosa piu normale(意:最も普通のこと)」は、アルバムジャケットデザインに採用されたレンガの壁に投影された本人の映像を撮影した作風。

1980年代に瑞々しい感性で一世を風靡しただけでなく、アイドル並みのルックスを誇ったカンタウトーレだったが、次第にソロとして表舞台に立つよりも、プロデューサーや作曲者、特にミュージカルの分野でのこれらの業績を積み重ねるようになった経歴の実力者。

60歳となる今でも充分に男前なのだが、かつてが麗し過ぎただけに、このヴィデオクリップの製作方針は正解だったかも。

1980年に初めてブレイクし、彼の代表曲となったのが「Luna(意:月)」(1980)だ。Togni24歳。

ブレイク前は19歳にしてジャズ系ミュージシャンを起用してガットギターを中心とした渋いサウンドの音楽をやっていたTogniだが、Pooh(プー)の前座を務めるようになって刺激を受け、ピアノで楽曲を作り、ピアノを弾いて歌うスタイルに大きくイメチェンしたのが功を奏した。実際に初期の何曲かはPoohのRedがプロデュースしたり、Dodiがギターで参加するなどしていた。

そしてPoohの元プロデューサーだったGiancarlo Lucariello(ジァンカルロ・ルカリエッロ)の元で、Togniはポップス歌手として輝かしい80年代を迎える事になる。

また最初期からTogniの楽曲の作詞はGuido Morra(グイド・モッラ)が担当していたことも特筆する点だ。事実Morraの作詞家デビューはTogniの1stアルバムなのだ。MorraはTogniと数々のヒット曲を生み出しただけでなく、その後、Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)のサンレモ1982優勝曲「Storie di tutti giorni」や、Renato Zero(レナート・ゼロ)の名曲「I migliori anni della nostra vita」(1995)などを生み出すこととなるのだ。

そしてLunaを出した時のTogniの陣営はアレンジャー&ギターにMaurizio Fabrizio(マウリツィオ・ファブリツィオ)、ベースにGigi Cappellotto(ジジ・カッペッロット)、ドラムにAndy Surdi(アンディ・スルディ)、ギターにRoberto Puleo(ロベルト・プレオ)と、1970年代後半にAngelo Branduardi(アンジェロ・ブランドゥアルディ)をブレイクさせた、言わばチームMaurizio Fabrizioの面々が!

Maurizio Fabrizioの後は、当時はまだ若きFio Zanotti(フィオ・ザノッティ)が引き継ぐ。彼は後にPoohやAdriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ)、Claudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ)、Zucchero(ズッケロ)など超大物を手掛けるアレンジャーとして大成する。

このように初期の頃からTogniの周りには、当時の新進気鋭の面々や、後に大成する大物人脈が多いことが実感して貰えるだろう。これも彼の才能や持って生まれた資質なのかもしれない。

そしてTogniは90年前後からソロとして表舞台に立つことがなくなっていくのだが、21世紀になって新進気鋭のDJたちが次々にTogniの80年代の代表曲をリミックスして発表。本人の関与しないところでディスコの定番曲となっていく第二次ブームが発生する。かくしてGianni Togniのことは知らなくても、Togniの往年の曲を歌って踊る、若い世代が育成されることになる。

さて、Togniの新作アルバムの紹介に戻り、「Invisibili ma eroi(意:目には見えないヒーローたち)」はアルバムタイトル名をフィーチャーした、役者が演技する格調高い公式ヴィデオクリップ。

「Nel '66(意:1966年に)」は、世界に散らばるTogniのファンクラブメンバーが歌詞の一部を掲げて次々に登場する公式ヴィデオクリップ。

「La comparsa(意:登場)」

「Il giocatore(意:遊び人)」

最後の2曲は、ミュージカルを手掛ける最近のTogniの実力が感じられる作風。

※当サイトでのGianni Togniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Togni


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

第37回イタリアPOPSフェスタ(2008年4月)レポート (その4 / Massimo Ranieri, Gianni Togni, Mauro Pagani, Silvia Mezzanotte)

その3はコチラ


 

第4部

4月FESTA最後のアーティストは、ベテラン歌手Massimo Ranieri(マッスィモ・ラニエリ/57/Napoli生まれ)。

2006年暮れにデビュー40周年を記念して発売された2枚組アルバム「Canto perché non so nuotare…da 40 anni(僕は歌う 泳げないから・・・・40年間も)」、そしてそのツアーが大ヒット。

このツアーは楽器演奏者を全員女性で揃えたのが特徴で、特に2007年初期の公演は、ダンサーもゲストアーティストも全員女性に限定して『Tutte donne tranne me(僕以外は皆、女性)』というサブタイトルを付けられて注目を浴びました。この『Tutte donne tranne me』については2007年3月FESTAにて紹介いたしました。(Massimo Ranieriのバイオグラフィも紹介してありますので、ご参照ください)

MassimoRanieri/CantoPerche'NonSoNuotareDa40Anni(Live)翌2008年早々に発売になったのは、『Tutte donne tranne me』以外の時期のライヴ映像を収めた2枚組DVD「Canto perché non so nuotare…da 40 anni」。1枚目は2007年のライヴ映像で、演奏者は全員女性であることは変わりませんが、ダンサーやゲスト・アーティストには男性も出演しています。そして2枚目はデビュー当時からの代表曲の映像を収めた記録集になっています。

FESTAでは時代順に紹介することとし、最初は2枚目の過去の映像資料から。Canzonissima1969出場時、すなわち18歳当時の映像で"Rose rosse(赤いバラ/1969)。Johnny Dorelli(ジョニー・ドレッリ)がMassimo Ranieriの曲紹介をしています。
(DVD商品セールスを阻害しないよう、収録されたものと異なる映像をリンクします)

極貧生活の子供時代を過ごし、遊んだり学校へ通う代わりに下働きをしてきたというだけあって、18歳にはとても見えない落ち着いた雰囲気。でも時折見せる天心爛漫の微笑みは、いかにもナポリっ子らしい明るさに満ちています。結婚式場で歌う仕事をも引き受けていただけあって、既に抜群の歌唱力を見せつけてくれます。この曲はCantagiroのコンテストで、13週間に渡りヒットチャートのNo.1を続けたという大ヒット曲になりました。

続きを読む(leggere la continuazione)
Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ