Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Gianna_Nannini

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第133回イタリアPOPSフェスタ(2016年8月)レポート(第2部:Annalisa、Biagio Antonacci)

第2部

第1部に引き続きAnnalisa(アンナリーザ)特集。2016年のアルバム『Se avessi un cuore(意:もし心があるなら)』はエレポップ調にシフトし、アルバムチャート最高4位まで登った。

Annalisa - Se avessi un cuore

サンレモ音楽祭2016に出場し11位となった楽曲「Il diluvio universale(意:全世界の大雨・洪水)」は、Diego Calvettiと共作した自覚の歌。

サンレモ2016の第3夜カヴァー大会でAnnalisaがカヴァーしたのは、Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ/現62歳/当時25歳/Siena出身)の初のヒット曲「America」(1979)。Annalisaのカヴァー版はサンレモ2016のコンピCDにのみ収録されている。

※当サイトでのGianna Nanniniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianna_Nannini

シングル第2弾はアルバムタイトル曲「Se avessi un cuore」で、Davide Simonettaとの共作。Simonettaは人気ボーイズグループDear Jack(ディアー・ジャック)への楽曲提供で大きな注目を集める売れっ子。

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa


Biagio Antonacci(ビァージォ・アントナッチ/53歳/Milano出身)の「Biagio」(2015)は、3枚組のベスト盤だが、4曲の新曲と2曲の再アレンジ曲を収録している。

Biagio Antonacci - Biagio

新曲としてシングル化された「Ci stai(意:君がいる)」は、Tiromancino(ティロマンチーノ)のフロントマンFederico Zampaglione(フェデリコ・ザンパリォーネ)が映像監督を務めた公式ヴィデオクリップが製作された。

シングル第2弾「Cortocircuito(意:短絡/ショート)」。

「One day (Tutto prende un senso/意:全てが感覚を得る) 」は、故Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ/1955-2015/59歳没/Napoli出身)とのデュエットで、かつてアルバム『Sapessi dire no』(2012)のスペシャル版に追加収録されていた楽曲。

2016年になって人気俳優Raoul Bova(ラウル・ボーヴァ)と共演する公式ヴィデオクリップが製作された。

※当サイトでのPino Danieleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pino_Daniele

※当サイトでのBiagio Antonacciの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Biagio_Antonacci


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

第122回イタリアPOPSフェスタ(2015年7月)レポート(第2部:Gianna Nannini)

第2部

Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ/ジャンナ・ナンニーニ/61歳/Toscana州Siena出身)がリリースした『HITALIA』(2014)は、イタリアの2014年間チャート6位にランクイン。

Gianna Nannini - HITITALIA

“ヒット”と“イタリア”を掛け合わせた造語のアルバムタイトル通り、名だたるイタリアのヒット曲をカヴァーしており、世界的なヒット曲となった楽曲も多い。彼女自身が多感な時期を共にした1960年代を中心に選曲されている。

シングル化第1弾は「Lontano dagli occhi(邦題:瞳はるかに)」。まずは作者でもあるオリジナル歌手Sergio Endrigo(セルジォ・エンドリゴ/1933-2005/72歳没/現クロアチア国Pola生まれ)を見てみよう。サンレモ音楽祭1969で第2位となった時の映像。

※当サイトでのSergio Endrigoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Sergio_Endrigo

当時のサンレモ音楽祭はダブルキャスト制を取っており、同曲を歌い分けたのはイギリス人歌手Mary Hopkin(メリー・ホプキン/当時19歳)。その前年に18歳で「Those were the days(邦題:悲しき天使)」を歌い、世界的なヒットとなった。

原曲はロシアの流行歌であり、当時のメリー・ホプキンのプロデューサーがPaul McCartney(ポール・マッカートニー)だったということはあまり知られていない。ところどころに導入された印象的なコーラスワークやオーケストレーションなどを聴けば、当時ビートルズでポールが試みていたサウンドの片鱗が感じられると思う。

ではメリー・ホプキン版の「Lontano dagli occhi」を聴いてみよう。上手なイタリア語の発音に驚きだ。

このセンチメンタルな楽曲をGianna Nanniniがカヴァーすると、一段とカッコ良く、勇ましい曲となる。

Gianna Nanniniが第2弾シングルに選定したのは「L'immensita`(意:広大さ/邦題:涙に咲く花)」。サンレモ音楽祭1969で9位。やはり2人の歌手が歌い分けたが、一人目はJohnny Dorelli(ジォンニー・ドレッリ/ジョニー・ドレルリ/78歳/当時30歳/Lombardia州Meda出身)。

※当サイトでのJohnny Dorelliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Johnny_Dorelli

もう一人のオリジナルの歌い手は同曲の作者でもあるカンタウトーレDon Backy(ドン・バッキー/76歳/当時28歳/Toscana州Santa Croce sull'Arno出身)。

※当サイトでのDon Backyの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Don_Backy

ほぼ同年代のアラサー男が歌った訳だが、大人っぽい落ち着いたDorelli版に比べて、作者のDon Backy版はアヴァンギャルド感に溢れ、スピリチュアルささえ漂う。

実はDon Backyは次の曲に影響されて同曲を書いたと語っている。

イギリスのバンドAnimalsが1964年に放った大ヒット曲「House of the rising sun(朝日のあたる家)」で、三連譜のリズム、印象的なオルガンのリフなどがDon Backy版に取り入れられているのが実感できるだろう。ちなみに、同曲の原曲はアメリカで生まれたもので、娼婦になった女性が人生を振り返る霊歌である。“朝日のあたる家”とは娼館のことのようだ。

Gianna Nannini版のPVの冒頭には、幼いころリヴォルノでDon Backyのコンサートを見た時、歌手になろうと決めたと、Gianna自身が語っている。PVの内容も下積み時代のGiannaの回想録となっている。デビュー当時の写真を見ると、PV同様ロングヘアーの若かりしGiannaが確認できる。

第3弾シングルは「Dio e` morto(意:神は死んだ)」。ヨーロッパ社会の歴史的な危機を表す、ニーチェの著名な言葉であるが、100年近く後の1960年代に盛んに使われるようになった。

オリジナルは作者のFrancesco Guccini(フランチェスコ・グッチーニ/75歳/当時27歳/Emilia-Romagna州Modena出身)で、1967年発表。

※当サイトでのFrancesco Gucciniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Guccini

当時Gucciniと行動を共にしていたNomadi(ノーマディ)版も著名だ。Nomadiの初代ヴォーカリストAugusto Daolio(アウグスト・ダオリオ/1947-1992/45歳没/Emilia-Romagna州Novellara出身)の貴重な映像で。

※当サイトでのNomadiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nomadi

Gianna Nannini版は格調高く&雄々しく仕上げられている。

※当サイトでのGianna Nanniniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianna_Nannini


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

2013年 イタリア・年間ヒットチャート

2013年の年間イタリア国内でのヒットチャートです。(FIMI / GFK調査)

なお、イタリアのチャートは国内・国外混合のチャートですので、イタリアものだけを抜き出したランキングに手直しし、括弧内に本来のチャート内順位を入れておきました。


[Album chart]

N°1
MONDOVISIONE / LIGABUE
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue

Ligabue - Mondovisione

N°2
GIOIA … NON E' MAI ABBASTANZA! / MODA`
http://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`

N°3
BACKUP 1987-2012 IL BEST / JOVANOTTI
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

N°4
STECCA / MORENO

N°5
SCHIENA VS SCHIENA / EMMA
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

N°6
SIG. BRAINWASH - L'ARTE DI ACCONTENTARE / FEDEZ

N°7
#PRONTOACORREREILVIAGGIO / MARCO MENGONI
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

N°8 (実際は9位)
20 THE GREATEST HITS / LAURA PAUSINI
http://piccola-radio-italia.com/tag/Laura_Pausini

N°9 (実際は10位)
MAX 20 / MAX PEZZALI
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Pezzali

N°10 (実際は11位)
AMO / RENATO ZERO
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero


[Download chart]

N°1 (実際は3位)
L'ESSENZIALE / MARCO MENGONI
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

N°2 (実際は19位)
SOTTO CASA / MAX GAZZE'
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Gazze`

N°3 (実際は23位)
L'ANIMA VOLA / ELISA
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

N°4 (実際は28位)
L'UNIVERSO TRANNE NOI / MAX PEZZALI
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Pezzali

N°5 (実際は31位)
LA NUOVA STELLA DI BROADWAY / CESARE CREMONINI
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cesare_Cremonini


[DVD chart]

N°1
ADRIANOLIVE / ADRIANOLIVE
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

N°2 (実際は6位)
CAMPOVOLO 2.0 / LIGABUE
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue

N°3 (実際は7位)
INDVDBILE / MINA
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mina

N°4 (実際は8位)
LA MIA THULE / FRANCESCO GUCCINI
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Guccini

N°5 (実際は9位)
POOH BOX / POOH
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pooh

※詳細は雑誌『ムジカヴィータ・イタリア』第4号に掲載中。

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia2016/4/23開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア

Bell'Italia2016/2/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part13』@ベリタリア

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

Bell'Italia2015/9/12開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part11』@ベリタリア

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Bell'Italia2015/7/11開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart3』@ベリタリア

Bell'Italia2015/6/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 10』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Bell'Italia2015/4/4開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart2』@ベリタリア

Bell'Italia2015/3/14開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 9』@ベリタリア

Bell'Italia2015/2/21開催『みんなで歌おう イタリアンポップス』@ベリタリア

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

Bell'Italia2015/1/24開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 8』@ベリタリア

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

Bell'Italia2014/11/8開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 6』@ベリタリア

Bell'Italia2014/9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Bell'Italia2014/6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

Bell'Italia2014/4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2014/2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ