Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Franco_Califano

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第140回イタリアPOPSフェスタ(2017年3月)レポート(第1部:Tiziano Ferro, Giorgia)

まずは2017年2月に開催された第67回サンレモ音楽祭のオープニング映像から。前年のオープニングは歴代優勝曲のオムニバス映像だったが、その流れを受けた第2弾とも言える、"優勝しなかったもののヒットした楽曲"のオムニバス映像。どちらも素晴らしい。

そしてそのオムニバス映像の最後は、50年前の1967年に巻き戻され、Luigi Tenco(ルイジ・テンコ/1938-1967/28歳没)にスポットが当てられて終了する。そう、67年間に渡る長大なサンレモ音楽祭史上、最も忌まわしい大事件となったCaso Tenco(テンコ事件)から50年が経ったのだ。

Luigi Tencoは当時イタリア音楽界に革命を起こしつつあったジェノヴァ派に属する気鋭のカンタウトーレだったが、影的な立ち位置だったこともあり、一般大衆にはあまり支持されていなかった。サンレモ音楽祭1967に出場したものの、予選敗退となってしまった晩、ホテルの自室で拳銃自殺を遂げたのだ。その傍らには、彼の楽曲を落選させた審査員や大衆への抗議文を残していたと言われている。

自らの命を賭した彼の抗議は結果として成功し、死後ようやく彼の作品は大きな評価を受けることとなる。その後のサンレモ出場曲の中には、同様に予選敗退したり、最下位で終わったものの、そのアーティストの代表曲となるほど大ヒットしたり、優勝曲よりも良いセールスを示した楽曲は枚挙にいとまがない。それも受けて、サンレモ2017のオープニングは、"優勝しなかったヒット曲"オムニバスとなったのだろう。

※当サイトでのLuigi Tencoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Luigi_Tenco

Luigi Tenco没後50周年を受けて、Tencoの「Mi sono innamoto di te(意:僕は君に恋をした/邦題:君に恋して)」のカヴァーを披露したのは、初日のスーパーゲスト出演を果たしたTiziano Ferro(ティツィァーノ・フェッロ/37歳/Lazio州Latina出身)。

Tiziano Ferroはその後、サンレモ2017のステージで自身の持ち歌2曲を歌う。アルバム『Il mestiere della vita(意:人生の仕事)』(2016)収録曲で、同アルバムは2016年12月2日発売なので、集計期間僅か1ヶ月足らずにも関わらず、年間アルバムチャートの第2位にランキングする大ヒットとなっている。フルオリジナルアルバムとしては5年振り。16歳の時の気持ちに戻って、急がずに丁寧にアルバム制作にあたったと本人の弁。敏腕プロデューサーMichele Canova Iorfida(ミケーレ・カノーヴァ・イォルフィダ)の監修。アルバムジャケットは米国Los Angelesロケで撮影された。
Tiziano Ferro - Il mestiere della vita

FESTAではサンレモ2017ゲスト出演時の映像で紹介したが、現時点では本家RAIサイトから削除され、大手動画サイトにもUPされていないため、ここでは公式ヴィデオクリップで紹介する。「Potremmo ritornare(意:僕らは戻れるのかも)」。米国Californiaロケでシュートされている。

同曲は、Tiziano本人の弁に寄ると、「Alla mia eta`(意:僕の年齢で)」(2008)の続編であり、Franco Califano(フランコ・カリファーノ/1938-2013/74歳没)のサンレモ2005出場曲(Califano自身とTiromancino/ティロマンチーノとの共作)「Non escludo il ritorno(意:僕は戻ることを否認する)」に影響を受けて書いた楽曲とのこと。

※当サイトでのFranco Califanoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Franco_Califano

そして2曲目は「Il conforto(意:心の支え)」。アルバム収録内容と同様、Carmen Consoli(カルメン・コンソリ/43歳/Sicilia州Catania出身)をサンレモのステージに招いて共演した。

Tizianoの弁に寄ると、Carmenは彼のお気に入りの歌手とのこと。2人の初コラボはCarmenのアルバムに収録された楽曲「Guarda l'alba(意:夜明けをごらん)」(2010)を共作したことに遡る。Carmenの故郷Cataniaでレトロなディーゼル列車を動かしてシュートされた秀逸な公式ヴィデオクリップも話題となった。

※当サイトでのCarmen Consoliの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Carmen_Consoli

※当サイトでのTiziano Ferroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tiziano_Ferro


第1部2人目に紹介したのはGiorgia(ジォルジァ/46歳/Roma出身)。アルバム『Oronero(意:黒い黄金→石油)』(2016)。アルバムチャート最高2位、2016年・年間アルバムチャート25位(総合28位)にランクイン。
Giorgia - Oronero

前出のTiziano Ferroも手掛けている敏腕プロデューサーMichele Canova Iorfidaとのコラボを始めた前2作『Dietro le apparenze(意:見かけの後ろに)』(2011)、『Senza paura(意:恐れずに)』 (2013) に続く3作目にして、この3部作の完結編になるアルバムとのこと。この3部作の共通コンセプトは、今までの成功に甘んじることなく、新たな境地に挑むことであり、その象徴として、3作とも過度な厚化粧をしていない自身の顔を大きく映し出したアルバムジャケットとし、今までの成功を脱ぎ捨てる意を込めた裸の背中を見せるなどの決意を表明している。
Giorgia-DietroLeapparenze
Giorgia - Senza Paura

シングル第1弾はアルバムタイトル曲「Oronero」。これは造語で直訳すると"黒い黄金"だが、本人の弁に寄ると、石油を意味しており、人類にとって貴重な資源であるけれど、使い方を間違えると毒にもなりうる、というニュアンスを込めているとのこと。Giorgiaの8歳年下の婚約者で、カンタウトーレ&ダンサーでもあるEmanuel Lo(エマヌエル・ロー)が書き下ろしている。

Giorgiaもサンレモ2017の第2夜のスーパーゲスト出演を果たし、前出のアルバムからのシングル第2弾「Vanita`(意:うぬぼれ)」、そして自身のサンレモ出場曲の中から「E poi(意:そしてそれから)」(1994/新人部門7位)〜「Come saprei(意:どうしたらいいの)」(1995/優勝)〜「Di sole e d'azzurro(意:太陽の、そして青空の)」(2001/第2位)のメドレーを披露した。途中ドレスがずり落ちてきて、バストが露出しそうになるハプニングが発生し、あわや生放送ゆえの放送事故になりかねなかった。ずり落ちそうなドレスの胸元を押さえながら、Giorgiaが発したコメント「scusate, non sono molto dotata(ゴメンなさい私、あまり天分に恵まれていないの(=ナイスバディじゃないの)」が粋だった。そのこともあってか、ネット上でこの動画は大方削除されているので、ここでは公式ヴィデオクリップを掲載する。

なお、前出のメドレー曲のうち、サンレモ2001出場曲「Di sole e d'azzurro」はZucchero(ズッケロ)が書き下ろした楽曲で、同年の優勝曲はElisaが歌った「Luce [tramonti a nord est](意:光[北東への日没])」であったが、この楽曲もまたZuccheroの書き下ろし。つまり歌い手は違えど、Zuccheroの楽曲が1位&2位を独占する偉業を達成した年となった。そんなZuccheroの来日公演が2017年5月29日に行われる。その予習を兼ねて、FESTA第2部はZucchero特集に移る。

※当サイトでのZuccheroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

※当サイトでのGiorgiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giorgia


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第95回イタリアPOPSフェスタ(2013年4月)レポート(その3/ Enzo Jannacci, Franco Califano, Emilio Pericoli)

第3部

第3部は追悼コーナー。

2013年3月29日に他界してしまったのは、ベテランカンタウトーレのEnzo Jannacci(エンツォ・ヤンナッチ/1935-2013/77歳没)。イタリア音楽に重要な歴史を記した重鎮カンタウトーレであっただけでなく、名門ミラノ音楽院を卒業した来歴も持ちながら、1967年(32歳)になってミラノ大学医学部を卒業し、総合外科医の資格を得た才人でもありました。

Enzo jannacci

理数系高校卒業後、名門ミラノ音楽院に進み、和声・作曲・指揮を修了した後、Jazzや当時生まれたてのロックン・ロールに興味を持ち始め、1956年(21歳)、Tony Dallara(トニー・ダッララ/日本語表記:トニー・ダララ)がヴォーカルを務めるRocky Mountains(ロッキー・マウンテンズ)のキーボーディストとしてキャリアをスタートさせます。

すぐにAdriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ)に出会い、彼のバンドRock Boys(ロック・ボーイズ)にキーボーディストとして参加、同バンドには故Giorgio Gaber(ジォルジォ・ガーベル)、故Luigi Tenco(ルイジ・テンコ)といった、後にきら星のように輝くカンタウトーレたちが集っていたといいます。

彼らと共にイタリアで初めてロックン・ロールを演奏し始めた先駆者のひとりと言われています。

後の1997年にノーベル文学賞を受賞する作家Dario Fo(ダリオ・フォ)とコンビでヒット曲を作りだしたことでも知られており、彼との共作曲でブレイクすることとなります。

"Vengo anch'io, no, tu no(意:僕も行くよ、いや、君はダメだよ)"は、1968年のシンボル的な作品。

同じ1968年にDario Foと共作した"Ho visto un re(僕は王様を見た)"も、代表曲の一つ。

※当サイトでのEnzo Jannacciの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Enzo_Jannacci


Enzo Jannacciが他界した翌日、2013年3月30日に他界してしまったのは、これまたベテランカンタウトーレのFranco Califano(フランコ・カリファーノ/1938-2013/74歳没/アフリカ・リビア国トリポリ生まれ〜イタリアCampania州Pagani育ち)。

Franco Califano

Sanremo音楽祭1988にToto Cutugno(トト・クトゥーニョ)との共作曲"Io per le strade di quartiere"で出場。他に1994年、2005年と計3度出場しています。

カンタウトーレとしての活動以上に作詞家(時には作曲も)としての活動が特に有名で、イタリア音楽史に残るような数多の名曲を創出したことが、彼の特筆するキャリアだったと言えるでしょう。彼のニックネームが苗字から取られたCaliffoの他にも、maestroという通り名だったことも納得できることでしょう。

サンレモ音楽祭1967でOrnella Vanoniが歌った"La musica è finita(邦題:音楽は終わったのに)"

Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)に歌われた"Una ragione di più(意:もっと理性を)"(1969)は、歌い手のOrnella Vanoniと歌詞を共作し、Mino Reitano(ミーノ・レイターノ)らが作曲した楽曲。

Peppino Di Capri(ペッピーノ・ディ・カプリ)に歌われたサンレモ音楽祭1973の優勝曲"Un grande amore e niente più(ある偉大な愛、そしてもう何も)"(1973)。

Mia Martini(ミア・マルティーニ)に歌われた"Minuetto(意:メヌエット)"(1973)

フランスのMichel Fugain(ミシェル・フュガン)作の"Une belle histoire(意:ある美しい物語)"は、日本でも"Mr.サマータイム"の邦題&日本語歌詞でヒット曲となりましたが、この曲のイタリア語版"Un'estate fa(意:ひと夏前)"の歌詞はFranco Califanoが書いています。Mina(ミーナ)やHomo Sapiens(ホモ・サピエンス)、Delta V(デルタ・ヴー)、Pago(パーゴ)ら、たくさんのイタリア人歌手たちにもカバーされるスタンダードナンバーになっていますが、ここでは、オリジナルのMichel FugainとCaterina Caselli(カテリーナ・カセッリ)が共演したTV出演時の映像で。

Franco Califanoが"Una ragione di più"、"Un grande amore e niente più"、"La musica è finita"、"Minuetto"をカヴァーした映像がこちら。


2013年4月9日に他界してしまったのは、Emilio Pericoli(エミリオ・ペリコーリ/1928-2013/85歳没/Emilia-Romagna州Cesenatico出身)。

Emilio Pericoli

1960年代前半に活躍した甘いマスクと声の歌手で、Betty Curtis(ベティ・クルティス)とLuciano Tajoli(ルチァーノ・タヨーリ)によって歌われたサンレモ音楽祭1961の優勝曲"Al di là(意:彼方に/邦題:アル・ディ・ラ)"を世界的に有名にした功労者だったのは、実はEmilio Pericoliの歌唱だったと言っても過言ではないでしょう。

アメリカ映画『Rome Adventure(意:ローマ冒険/邦題:恋愛専科)』(1962)の印象的なシーンで、この楽曲を歌っていたイタリア人歌手が実はEmilio Pericoliその人だったのです。

1962年にTony Dallara(トニー・ダララ)と組んでサンレモ音楽祭に出場し、大ヒット曲となる"Quando quando quando(意:いつ、いつ、いつ/邦題:クァンド・クァンド・クァンド)"を歌い、翌1963年には、同じコンビで再出場し、"Uno per tutte(全ての女性のためのある男/意:ぼくの選ぶ人)"を歌い、見事優勝を飾り、同年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストでも3位となる健闘を果たし、彼の代表曲となりました。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第37回イタリアPOPSフェスタ(2008年4月)レポート (その3 / Enrico Giaretta, Franco Califano, Paolo Conte, Jovanotti)

その2はコチラ


 

第3部

第3部はイタリアPOPSフェスタらしからぬ英語のJAZZからスタート。何も情報を出さずに、まずは見聞きしてもらいました。


これは2007年10月、日本のFMチャートでNo.1を記録した"Back In Town(バック・イン・タウン)"という楽曲。USA、カナダ、オーストラリア、オランダでも成功を収めました。歌ったのはカナダ人の新星JazzシンガーMatt Dusk(マット・ダスク/30/Canada Tronto出身)。昨今の世界的なクルーナー(crooner)ブームに乗り、2007年7月に日本でCDがリリースされたアーティスト。

Il Divo(イル・ディーヴォ)やPatrizio Buanne(パトリツィオ・ブアンネ)といった、どちらかというとビング・クロスビーやフランク・シナトラタイプのアーティストに注目が集まっていたブームに対し、Jazzをベースにしたスタイルを打ち出したのが、Matt Duskの最大の特徴と言えます。なるほど、昨今のクルーナーブームは、懐古趣味やリバイバル的な手法でもあるので、Matt Duskの音楽には、デキシーランドやスウィングといった往年のJazzの要素が取り入れられています。

カナダ人歌手が歌う英語Jazzを、イタリアPOPSフェスタで紹介するのには理由があります。作曲者がイタリア人カンタウトーレだからなのです。しかもまだイタリア国内でメジャーデビューしていない、無名のカンタウトーレだったので、イタリア社会は大騒ぎになりました。2007年暮れ頃のイタリアのメディアは、こぞって:

無名のイタリア人アーティストが世界を制覇した!

日本を席巻した曲を作ったイタリア人とは??

といった見出しの記事が大量にリリースされていました。

そのカンタウトーレとはEnrico Giaretta(エンリコ・ジァレッタ/38/Latina出身)。

幼少時にベートーベンに魅了され、地元の音楽院のピアノ科を卒業したEnricoは、旧友のヴァイオリニストOlen Cesari(オーレン・チェザーリ)と共に、中国、日本、フィリピン、ヴェトナム、タイ、オーストラリア、インド、アラブ、アフリカ、アルゼンチン、ペルー、キューバ、ドミニカ、プエルト・リコ、USA、モーリシャス、セイシェル、モルディヴ等、文字通り世界中を演奏旅行する経験を持ちます。

やがてFranco Califano(フランコ・カリファノ)と知り合ったEnricoは、その後8年もの間、Franco Califanoのピアニスト&共同作曲者を主とした活動に入ります。

こうして世界中を回り、マエストロCalifanoの元で修業を積んだ経験は、Enrico Giarettaの音楽を成熟させることになり、やがてEnricoは旧友Olenと共に、クラシックとJazzのエッセンスを取り入れた創作活動に取り組むことになります。

ピアノを弾きながら歌うJazzシンガーのスタイルを取りますが、哀愁を漂わせたSergio Cammariere(セルジォ・カンマリエーレ)とは異なり、Enricoの音楽スタイルはPaolo Conte(パオロ・コンテ)といった、ちょっと賑やか系のJazzに主軸を置いています。なるほど、Paolo Conte(パオロ・コンテ)の口から:

Finalmente ho trovato un allievo!

(とうとう後継者を見付けたゾ!)

というセリフが漏れただけのことがあります。

Paolo ConteやFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)、Avion Travel(アヴィォン・トラヴェル)を見出したLilli Greco(リッリ・グレコ)を通じて、2ndアルバムのプランを練っていたカナダのMatt DuskからEnricoの曲に白羽の矢が当たり、英語カバーが先に世の中に知れ渡る、という事態を引き起こしたのが簡単な経緯です。

またEnrico Giarettaが今まで表舞台で脚光を浴びなかった原因の一つに、彼の本業が飛行機のパイロットというのがあります。現在は中型機のパイロットですが、もうすぐボーイング787クラスを操縦できる資格が取れるところまで来ているそうです。

元々カンタウトーレという言葉が、cantatore(歌手)+autore(作家)のから作られた造語でありますが、Enrico Giarettaを表現するのに、イタリア社会は早速、cntatore(歌手)+aviatore(飛行士)=cantaviatore(カンタヴィアトーレ)という新たな造語を生み出しています。『空飛ぶ歌手』といったところでしょうか。

EnricoGiaretta/sulle ali della musicaこうして逆輸入の形でイタリア国内にもたらされたEnrico Giarettaの評判は、2008年にメジャーデビュー盤「sulle ali della musica(音楽の翼の上に)」(2008)を発売させることになります。

旧友Olen Cesariがプロデューサーを務め、10曲が収められたこのアルバムには、さらに2曲のPVも収められています。

4月FESTAではこの2曲のPVを紹介。

続きを読む(leggere la continuazione)
Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ