Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Franco_Battiato

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第95回イタリアPOPSフェスタ(2013年4月)レポート(その1/ Francesco De Gregori, Franco Battiato, Negramaro)

第95回Festaは、18名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて4/13(土)に開催されました。参加者の内訳は男性6名 女性12名(うち、初参加者1名)。

2013-04FESTA

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。2013-04FESTA

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

2012年のイタリア年間チャートから、未紹介のアルバムをピックアップ。

年間チャート38位は、Francesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ/62歳/Roma出身)の「Sulla strada(意:路上で)」(2012)。スタジオ作品としては4年ぶりの作品。

FrancescoDeGregori-SullaStrada

アルバムタイトル曲"Sulla Strada"は、このアルバム全体を象徴するカントリー・ロック調の作品

同アルバムには、若手カンタウトリーチェのMalika Ayane(マリカ・アヤーヌ/29歳/Milano出身)とのデュエットが2曲収められており、Festaでは"Omero al Cantagiro(意:カンタジーロでのホメロス)"を、De Gregoriのソロライヴの映像で紹介。トロピカルの香りがするサウンド。

※当サイトでのFrancesco De Gregoriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_De_Gregori

※当サイトでのMalika Ayaneの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Malika_Ayane


年間チャート26位は、Franco Battiato(フランコ・バティアート/68歳/シチリア州Jonia出身)のアルバム「Apriti sesamo(意:開けゴマ)」(2012)。

FrancoBattiato-ApritiSesamo

28枚目のスタジオ作品で、作詞&編曲をBiattiato自身が行い、作詞は哲学者Manlio Sgalambro(マンリォ・ズガランブロ/89歳)が担当している。幅広い音楽ジャンルを手掛けて来たBattiato らしく、今回はタイトルが示すように、アラブのテイストを加味したサウンドとなっています。

"Testamento(意:旧約聖書)"は、そのタイトル通り、キリスト教の教義的な内容の作品。

アルバム先行シングルとなった"Passacaglia(パッサカリア:バロック音楽の一形式で、スペイン起源のイタリア舞曲)"

※当サイトでのFranco Battiatoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Franco_Battiato


年間チャート12位は、Negramaro(ネグラマーロ)の初の公式ベストアルバム「una storia semplice(意:あるシンプルな物語)」(2012)。

Negramaro-UnaStoriaSemplice

彼らのヒット曲24曲だけでなく、新曲も6曲収めた2枚組CDで、その新曲から"Ti è mai successo?(意:君には起こった事が有るかい?)"。彼ららしい爽やかなサウンドの楽曲

新曲2曲目は"Sole(意:太陽)"。一転して内省的なバラード調の楽曲。

そしてアルバムタイトル曲"Una storia semplice"。もちろん新曲で、公式PV制作前のプレ映像で。

※当サイトでのNegramaroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negramaro


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第83回イタリアPOPSフェスタ(2012年4月)レポート (その1 / Franco Battiato, Joe Barbieri, Gianmaria Testa)

第83回Festaは、22名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて4/21(土)に開催されました。参加者の内訳は男性7名 女性15名。

東京スカイツリーを間近に眺める『隠れ家』的なプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

2012-04festa+TokyoSkyTree

2012-04festa集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

来る2012年4月28日から開催される『イタリア映画祭2012』特集。

内容は、当サイトの記事『イタリア映画祭2012で上映されるイタリアPOPS関連作品』と被りますので、詳細はそちらをご参照ください。

※なお、もう少し長く・広い視点で、イタリア映画とイタリアPOPSの接点を言及しているWebコラム『2012年第1回 イタリア映画とイタリアPOPS』も併せてご参照ください。
http://www.c-light.co.jp/modules/column/index.php/Iwasa_20/iwasa_20_01.html

FESTA会場では、映画『気楽な人生(La vita facile)』(2010年作品)に使われたFranco Battiato(フランコ・バッティアート/67歳/Catania近郊出身)の"La stagione dell'amore(恋の季節)"を、1983年当時の公式ビデオクリップで紹介しました。

一般的なポピュラー音楽の枠の中に収まることなく、クラシックから現代音楽や実験音楽まで幅広いジャンルで活動を続けて来たFranco Battiatoは、今ではイタリア音楽界の重鎮のひとりと称されておりますが、1983年当時まだ38歳だったBattiatoが、ビデオクリップの中では、腰をひねったり、ターンしたりして能天気なぐらい軽快に踊っている姿が収められています。

※当サイトでのFranco Battiatoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Franco_Battiato


第1部後半は、2012年4月27日からの初来日公演が迫ったJoe Barbieri(ジョー・バルビエリ/39歳/Napoli出身)の来日記念盤を中心に特集。

JoeBarbieri-CottonClub2012-solo

※Joe Barbieri来日情報はコチラ。
http://piccola-radio-italia.com/archives/52002162.html

来日記念盤『Respiro(息をする/邦題:静かに、息をするように)』は、2012年4月4日発売。同アルバムはイタリアでも3月20日に発売されたばかりですので、近年の日本では稀な『本国イタリアとほぼリアルタイムで発売されたイタリアPOPS作品』となります。また、日本盤は発売後1週間足らずで初回プレスが売り切れるという上々の滑り出しとなっているようです。

Joe Barbieri - Respiro

本国イタリアでシングル第1弾に抜擢され、ビデオクリップも制作されたのが"Zenzero e cannella(ジンジャーとシナモン)"

同アルバムはゲスト共演者も豪華で、イタリアを代表するJazzメンの2人、Stefano Bollani(ステーファノ・ボッラーニ/日本語表記:ステファノ・ボラーニ/Piano)、Fabrizio Bosso(ファブリツィオ・ボッソ/Trumpet)、イタリアの先輩カンタウトーレGianmaria Testa(ジァンマリア・テスタ)、ウルグアイ人として始めてアメリカでアカデミー賞に輝いたJorge Drexler(ホルヘ・ドレクスレル)らとそれぞれ共演したトラックが収められているのも大きな話題となりました。

この場はイタリアPOPSフェスタなので、Gianmaria Testa(ジァンマリア・テスタ/54歳/Piemonte州Cuneo近郊出身)との共演曲"Le milonghe del sabato(土曜のミロンガ)"を紹介しました。

※当サイトでのGianmaria Testaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianmaria_Testa

そして、日本盤のみに収められたボーナストラックは、Joe Barbieriが日本語で歌った"見上げてごらん夜の星を"。東日本震災に心を痛めたJoe Barbieriから日本人への贈り物として位置付けられています。オリジナルは1960年の同名ミュージカルの主題歌で、1963年の映画化の際、主演の坂本九に歌われ大ヒットした楽曲です。

Joe Barbieriのアルバムはこれまで、イタリアは元より、スイス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、中国、日本で発売された実績があり、今回、初来日公演に至ることになりました。

多くのイタリア音楽ファンにとっては、『イタリアン・プログレッシヴ・ロック2012春の陣』や『イタリア映画祭2012』と日程が重なることもあり、なかなか厳しいところですが、ぜひ今回の生のステージの機会をお薦めいたします。

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe_Barbieri


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

イタリア映画祭2012で上映されるイタリアPOPS関連作品

2001年の『日本におけるイタリア年』に始まったイタリア映画祭ですが、12回目となる『イタリア映画祭2012』が東京会場では2012年4月28日より開始され、14本の作品を後悔してくれることになりました。(大阪会場では、5/12・5/13の2日間に7本のみ上映)

ItaloCinemaFes2012

※上記フライヤーのPDF版はコチラからダウンロードできます。
http://piccola-radio-italia.com/ItaloCinemaFes2012.pdf

筆者が独自の事前調査をしたところ、イタリアPOPSと絡んでいる作品は、5タイトルあると考えられます。


K枠:『何もかも音楽のせい(Tutta colpa della musica)』(2011年作品)では、サンレモ音楽祭2012で2位に輝き、出場者の中で最もヒットしているArisa(アリーザ/30歳)が女優として初登場。2012年発表のNewアルバムに収められた楽曲"Il tempo che verrà(やって来る時)"が採用されています。

※当サイトでのArisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa

なお、実際に本映画を鑑賞しましたところ、他にPaolo Conte(パオロ・コンテ)の"Bartali"が劇中に流れるシーンもありました。


G枠:『錆び(Ruggine)』(2011年作品)では、2008年のアルバムが栄誉あるTarga Tenco賞を獲得したLe Luci della Centrale Elettrica(レ・ルーチ・デッラ・チェントラーレ・エレットリカ)ことVasco Brondi(ヴァスコ・ブロンディ/28歳)とBaustelle(バウステッレ)の紅一点Rachele Bastreghi(ラケーレ・バストレギ/35歳)がデュエットした新曲"Un campo lungo cinematografico(映画のロングショット)"が採用されています。

同曲の歌詞は、主人公たちの心理描写を補完する重要な役割を果たしています。

※Le Luci della Centrale Elettrica(意:発電所の光)は、いわゆる『独りプロジェクト』。 そのプロジェクト名から推察できるように、原子力発電等の環境問題や社会問題をテーマにした作品が目立ちます。

※当サイトでのLe Luci della Centrale Elettricaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Le_Luci_della_Centrale_Elettrica

※当サイトでのBaustelleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Baustelle


B枠:『気楽な人生(La vita facile)』(2010年作品)では、巨匠Franco Battiato(フランコ・バッティアート/67歳)の1983年作品"La stagione dell'amore(恋の季節)"が、出演者の想い出の曲としても、心理描写の補足としても重要な使われ方をしています。

※当サイトでのFranco Battiatoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Franco_Battiato

なお、実際に本映画を鑑賞しましたところ、他にMatia Bazar(マティア・バザール)の"Ti sento(あなたを感じる)"が劇中に流れるシーンもありました。


A枠:『楽園の中へ(Into paradiso)』(2010年作品)では、Avion Travel(アヴィオン・トラヴェル)のFausto Mesolella(ファウスト・メゾレッラ)が音楽を担当。そして、イタリア映画祭でもすっかりお馴染みの怪優Toni Servillo(トニ・セルヴィッロ)の弟で、同Avion Travelのヴォーカリスト・Peppe Servillo(ペッペ・セルヴィッロ)が俳優として出演。

なお、映画に出演したPeppe Servillo(ペッペ・セルヴィッロ)が舞台挨拶のために来日しました。(Paola Randi監督と) 詳細記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52012294.html

※当サイトでのAvion Travelの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Avion_Travel


I枠:『シャッラ/いいから!(Scialla!)』(2011年作品)は、ラッパーのAmir(アミール/34歳)が主題歌を歌ってます。

※タイトルの『Scialla』とは、イタリアで2009年に流行語となった若者言葉で、人気TV番組『Amici』の中で使われたのが発端。意味は、『落ち着いて!』というニュアンスのようです。

※当サイトでのAmirの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Amir


また、当方はノーチェックでしたが、J枠:『バッグにはクリプトナイト(La kryptonite nella borsa)』(2011年作品)をご覧になった方から、同作にはかなり音楽が使われていて、イタリア語曲も3曲ほどあり、来日したIvan Cotroneo(イヴァン・コトロネオ)監督も『この映画では音楽が重要な役割を果たしている』という趣旨の発言をしたそうです。

Mina(ミーナ)/ "Quand'ero piccola(私が小さかった時)"

Dalida(ダリダ)/ "Stivaletti rossi(赤いショートブーツ)"

Peppino Di Capri(ペッピーノ・ディ・カプリ)/ "Nun è peccato(罪な事じゃない/残念じゃない)"

またイタリアのファンクバンドPlanet Funk(プラネット・ファンク)の英語曲"These boots are made for walking"がフィーチュアされているようです。


日本ではイタリアPOPS周りの環境や情報が不足していることもあってか、イタリア映画祭の公式サイトやパンフレットにも、残念な事にイタリアPOPS作品との関連情報・記事が少ない状態に甘んじてしまっておりますが、ぜひ映画のストーリーだけではなく、流れる音楽にも耳を傾けてみてください。中にはその歌詞が映画のストーリーと密接に絡みついている場面も少なくありません。

そして、エンディングロールでメインテーマ曲が流れることも多いので、イタリア映画祭では、ぜひ最後まで着席したままの観賞をお薦めします。ほとんどの場合、流れた楽曲のタイトルや歌手のテロップもエンディングロールの中にクレジットされていますので、読み取っていただけると思います。

エンディングロールは非常に重要な情報の宝庫です。音楽に限らず、美術や衣装、音響、撮影などのクレジットを読み取っている方も多いはず。

そもそも会場が明るくならないうちに途中退出することは、多くの観賞者への迷惑行為です。どうしても途中退出せざるを得ない場合でも、こうして鑑賞している方の前を無頓着に横切らないようご注意いただきたいものです。

さぁ。今年もイタリア映画祭を楽しみましょう! Buon divertimento!

第81回イタリアPOPSフェスタ(2012年2月)レポート (その1 / Ligabue, Tiziano Ferro, Adriano Celentano, Franco Battiato, Negramaro, Jovanotti)

第81回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて2/11(土)に開催されました。参加者の内訳は男性8名 女性9名(うち、初参加者3名、数年ぶりの参加者1名)。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。IMG_8843

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

2011年イタリア年間チャートのベスト10にランクインしたアルバムのうち、まだ当FESTAで紹介していなかった作品をピックアップしました。

2011年・年間アルバムチャート9位に入ったのは、Ligabue(リガブエ/52歳/Correggio出身)の3枚組ライヴアルバム「Campovolo 2.011」。暮れも押し迫った2011年11月22日に発売したものの、2011年の年間チャート9位に入ったのは、快挙と言えるでしょう。

011_cover

2010年の年間アルバムチャートでは、2010年の最新スタジオ録音アルバムが首位に輝いたLigabueですから、2012年のアルバムチャートでもかなりの成績を残すことが予測されます。

Campovoloとは、Ligabueの故郷Correggioにほど近いReggio Emiliaの郊外にある飛行場のことで、2011年7月16日にここを野外ライヴ会場に仕立てて行われたLigabueの大規模なライヴイヴェントを収録したものです。ちなみにLigabueだけのコンサートにも関らず、11万人の動員を記録しています。

2005年にもLigabueはここCampovoloでの歴史的なライヴイベントを開催しており、18万人という破格の動員を記録しているのですが、あまりにも動員が多過ぎて、数々のトラブルが発生した反省から、むしろ今回は11万人に抑えて敢行したライブだったようです。

ちなみに日本で最大級とされるフジロックが100組近いアーティストが出演し、3日間でのべ12〜13万人の動員ということですので、このLigabue単独の動員数がいかに桁外れの規模であることがお判りになれるかと思います。

今回はCD3枚組のみの発売となりましたが、映像の方は、イタリア本国では3D映像の映画として2011年12月7日より封切りされております。

また今回は、Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)やCorrado Rustici(コッラド・ルスティチ)らがバンドに加わってLigabueをサポートしている点も特筆する部分でしょう。

この3枚組ライヴCDには、スタジオ録音の新曲も3曲収められておりますので、そのうちの1曲"Ora e Allora(今とあの頃)"は公式videoclipも制作されています。

上記のようにライヴ映像は映画化されたこともあり、セル作品化されておらず、流出映像もまだロクに存在していない状況ではありますが、このCampovolo2.011の看板曲となっている"Il meglio deve ancora venire(最も良いモノは再びやってくるはずだ)"の映像の一部を紹介しておきましょう。

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue


第1部2人目のアーティストはTiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ/32歳/Latina出身)。2011年イタリア年間アルバムチャート6位にランクインした「L'amore è una cosa semplice(愛は単純な事)」は、2011年9月28日に発売されたアルバム。

front (2)

前作「Alla mia età(僕の年齢で)」(2008)が、2009年の年間アルバムチャートで見事に首位を獲得したTiziano Ferroですので、これまた上位ランクインは当然、期待されていたことでもあります。

しかしながら今作は、ホモセクシャルであることをTiziano自身がカミングアウトした後に初めてリリースしたアルバムであることが、大きく異なるかもしれません。(2010年10月20日にカミングアウト)

シングルカット第1弾となった楽曲"La differenza tra me e te(僕と君の間の違い)"は、2011年10月14日にリリースされ、アーティストとしての苦悩を歌った作品になっているのですが、カミングアウト後の作品なので、その曲名はホモセクシャルの素養について言及しているというパロディのネタにもなっているようです。

2012年1月6日、同アルバムから第2弾のシングルカット曲されたのは"L'ultima notte al mondo(世界の最後の夜)"。

アルバムタイトル曲"L'amore è una cosa semplice"は、人気TV番組『Che tempo che fa』出演時の映像で。(15分20秒ぐらいから)

※当サイトでのTiziano Ferroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tiziano_Ferro


第1部3人目のアーティストは大御所Adriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ/74歳/Milano出身)。2011年11月29日にリリースされた5年ぶりの新作アルバム「Facciamo finta che sia vero(我々はあたかも本当であるかのようなフリをする)」は、2011年イタリア年間アルバムチャートの8位にランクイン。

Adriano-Celentano-Facciamo-finta-che-sia-vero

名実共にイタリアのミュージックシーンを牽引し続けているこのスーパースターは、ロックスターでありながら政治討論番組『RockPolitik(ロックポリティック)』を手掛けているように、今回のアルバムは、原子エネルギーの是非を問うた、かなり社会的な内容のアルバムに仕上がっています。もちろん、2011年3月11日に発生した福島原発事故に端を発する、世界的な原子力発電の是非もこのアルバムのコンセプト誕生に大きな動機をもたらしたのは言うまでもありません。

アルバム発売に先駆けて、2011年10月21日にリリースされた先行シングル曲"Non ti accorgevi di me(君は僕の事に気付いていなかった)"は、若手実力派ロックバンドNegramaro(ネグラマーロ)との共演で、コンポーザーもNegramaroのヴォーカルGiuliano Sangiorgi(ジゥリァーノ・サンジォルジ/ジュリアーノ・サンジョルジ)。

※当サイトでのNegramaroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negramaro

同アルバムからの第2弾シングルカット曲は"Non so più cosa fare(僕はもう何も出来ない)"。Franco Battiato(フランコ・バッティアート)、Jovanotti(ジォヴァノッティ)、前出のGiuliano Sangiorgiの3人との共演が実現しています。

これだけ深刻な内容の楽曲を歌っていながら、その収録時に回された映像では、CelantanoとJovanotti、Giuliano Sangiorgiの3人はかなり能天気なパフォーマンスを示しているのが微笑ましいところ。

※当サイトでのAdriano Celentanoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

※当サイトでのFranco Battiatoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Franco_Battiato

※当サイトでのJovanottiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti


また、今回のFESTAのオープニングでは、日本人SAX奏者・田中靖人(たなか・やすと)氏の2012年2月15日発売予定のアルバム「モリコーネ・パラダイス」をかけました。

tanaka

タイトル通り、イタリアが誇る作曲家・Ennio Morricone(エンニオ・モッリコーネ/日本語表記:エンニオ・モリコーネ)の作品を、田中靖人氏がソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類のSAXを演奏して紡ぎあげた作品集で、イギリスのカリスマSAX奏者John Harle(ジョン・ハール)がプロデュースした話題作となっています。

余談ですが、筆者は学生時代、吹奏学部でテナーSAXを担当していたこともあり、SAXの音色には人一倍の愛着があります。

SAXは管楽器の中では新しい時代に誕生した楽器のため、通常のオーケストラ編成には存在しません。その一方、ポピュラー音楽の中では大活躍するわけなのですが、このスタイルでは、ハーモニックスを多用したり、頬を膨らませたり、喉声を出してダーティーな音色の出し方がもてはやされる傾向があります。

ところが田中靖人氏が奏でるSAXは、クラシカルなキレイな音色。こうした正当派の音色で奏でられるSAX音楽は、ありそうでなかなか耳にすることが出来ない貴重なものだと思います。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めます。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めます。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ